ScanSave-V4 導入コンサルティング

PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

体験版のお申し込み

カタログPDFのダウンロード

ScanSave-V4 導入コンサルティング

コンサルティングのメニュー(金額は全て税別表記)

  1. スポットコンサルティング
    ¥50,000~
    • 1時間30分打合せ2回(東日本橋の弊社にご来社が条件です)
  2. 「診断パック」
    \180,000~
  3. 「スタンダード」コンサルティング
    \320,000~
    • ScanSave-V4用導入支援コンサルティング
    • デスクトップアプリケーション(1台のPCにインストールして、1人がログインして利用)の場合の導入支援コンサルティングを対象にします。
  4. 「プレミアム」コンサルティング
    \900,000~
    • ScanSaveネットワーク接続版-V4を対象
    • 1企業で数台のPCから同時に運用される場合を対象にしています。
  5. 「プレミアム+」コンサルティング
    「スキャナ保存」「電子取引」対象の証憑保管に関わる業務分析
    \200,000~
    • 全4回
    • お客様より対象業務の処理手順書をご提出頂き、保管現場を見学させて頂き、スキャナ保存要件確保の検討を支援します。
  6. 「スキャナ保存導入メリットシュミレーションツール」
    「実は、紙証憑保存で大きな経費ロスが出ている」ことをご存知ですか?
    ~「スキャナ保存導入メリットシュミレーションツール」は、紙保存とスキャナ保存での損得を数値化して説明します!~
    • 当社は長年のスキャナ保存研究からExcelシートを利用した「スキャナ保存導入メリットシュミレーションツール」を開発しました。
    • 本ツールは様々なパラメータ(数値)を対話式で入力することで個別企業毎の紙保存とスキャナ保存(ScanSaveを前提にしています)の数値化の比較を簡単に出来るものです。
    • 本ツールのお問い合わせ先:scansave@antenna.co.jp まで。

コンサルティングの流れ

<ステップ1>

  1. 電子帳簿保存法の「スキャナ保存」制度について
  2. 「スキャナ保存」承認申請までの流れ
  3. e-文書法、電子帳簿保存法の重要性と最新動向
  4. e-文書法と電子帳簿保存法の具体的な関係と国税関係帳簿書類の定義
  5. スキャナ保存」の各入力方式と条件など
  6. 「スキャナ保存」のメリット

<ステップ2>

  1. 電子化(検討)希望のヒアリング
    1部署・2書類まで
  2. 電子化のガイドライン説明

<ステップ3>

  1. 調査報告
  2. 改善提案の作成

詳細は下記までお問合わせください。
sis@antenna.co.jp

専門コンサルタント

コンサルタント アンテナハウス株式会社 営業部 益田康夫
資格 文書情報管理士 2級 2011年 2月取得
文書情報管理士 1級 2011年 9月取得
CompTIA CDIA+  2011年 11月取得
文書情報管理士 上級 2012年 2月取得
行政書士(第16100249号)
日商簿記 3級 2015年 3月合格
文書情報管理士とは?
CompTIA CDIA+とは?
その他取組
JIIMA 法務委員会 副委員長
JIIMA e-文書法ワーキンググループ リーダー
「e- 文書法の導入と税務調査への対応」2013年3月7日セミナー報告
http://www.antenna.co.jp/news/2013/gekkan-im-201305.pdf
JIIMA 増補改訂版「e-文書法入門」2013年5月刊行編集
http://www.jiima.or.jp/publishing/edoc_manual.html
一般財団法人日本データ通信協会インタビュー
タイムビジネスの担い手 国税関係帳簿書類のスキャナ保存で拡大するタイムスタンプ利用
コンサルタント アンテナハウス株式会社 E1グループ 勝田信子
資格 JIIMA 文書情報マネージャー 2018年 3月取得
コンサルタント アンテナハウス株式会社 E1グループ 太田貴之
資格 文書情報マネージャー 2016年11月取得
その他取組 自社および外部セミナー講師として活動。
主なセミナー講演として
『証憑書類の電子化と原本廃棄を実現する「スキャナ保存」制度の最新動向 ~新スキャナ保存で何が緩和され、どう変わったのか~』
『ScanSaveハンズオンセミナー』
『38万円からタイムスタンプ付で簡単運用可能な"適時入力"用ScanSave-Liteの実力!』など。

『ScanSave』は、平成28年3月26日に所轄税務署の”みなし承認”を得て、本番運用がされているスキャナ保存制度要件を確保したシステムです。

2016年セミナー実績

開催日 タイトル 主催
2016年1月15日 【経営者・経理責任者必見】e-文書法(スキャナ保存)を活用で、こんなに『経営力』が向上! アンテナハウス
2016年1月26日 スキャナ保存「東京国税Q&A詳細解説」有料・ミニセミナー JIIMA
2016年2月5日 領収書・請求書等の新「スキャナ保存」対応用新パッケージ「AH ScanSave」発表会 アンテナハウス
2016年2月12日 電子帳簿保存法の最新動向。スキャナ保存の要件緩和ポイントはここだ NTTデータビジネスブレインズ様
2016年3月4日 ◆経理部門向け◆規制緩和された電子帳簿保存法 新「スキャナ保存制度」の最新情報と最新事例&製品紹介セミナー 帝国データバンク様
2016年3月11日 e-文書法の最新動向とアンテナハウスが提供する「スキャナ保存」製品開発秘話や拘りの便利機能とは!?新製品の税務署申請体験談 ユーザックシステム様
2016年4月7日 ◆経理部門向け◆規制緩和された電子帳簿保存法 新「スキャナ保存制度」の最新情報と最新事例&製品紹介セミナー 帝国データバンク様
2016年4月14日 電子帳簿保存法の最新動向。スキャナ保存の要件緩和ポイントはここだ NTTデータビジネスブレインズ様
2016年4月14日 ScanSaveハンズオンセミナー アンテナハウス
2016年5月17日 証憑書類の電子化と原本廃棄を実現する「スキャナ保存」制度の最新動向 富士ゼロックス東京様
2016年5月19日 e-文書法の最新動向とアンテナハウスが提供する帳簿類電子化促進ソフトウェア「ScanSave」の税務署申請体験談 アンテナハウス
2016年5月24日 証憑書類の電子化と原本廃棄を実現する「スキャナ保存」制度の最新動向 富士ゼロックス様
2016年5月26日 スマートフォン等による税務書類記録の要件について JIIMA
2016年5月26日 中小企業のペーパレス経理を支えるアンテナハウスScanSaveとは!! アンテナハウス
2016年5月30日 証憑書類の電子化と原本廃棄を実現する「スキャナ保存」制度の最新動向 富士ゼロックス東京様
2016年6月6日 証憑書類の電子化と原本廃棄を実現する「スキャナ保存」制度の最新動向 富士ゼロックス東京様
2016年6月7日 証憑書類の電子化と原本廃棄を実現する「スキャナ保存」制度の最新動向 富士ゼロックス様
2016年6月16日 電子帳簿保存法 勉強会 さくら中央税理士法人様
2016年6月17日 ScanSaveハンズオンセミナー アンテナハウス
2016年6月24日 証憑書類の電子化と原本廃棄を実現する「スキャナ保存」制度の最新動向 富士ゼロックス神奈川様
2016年7月7日 証憑書類の電子化と原本廃棄を実現する「スキャナ保存」制度の最新動向 富士ゼロックス埼玉様
2016年7月14日 証憑書類の電子化と原本廃棄を実現する「スキャナ保存」制度の最新動向 富士ゼロックス静岡(沼津)様
2016年7月15日 証憑書類の電子化と原本廃棄を実現する「スキャナ保存」制度の最新動向 富士ゼロックス福岡様

セミナー風景 セミナー風景2
【セミナー風景】

“税務書類”電子化の説明会

アンケートにお答えいただいた方を対象に、個別で税務関係書類の電子化の解説と質疑にお答えする説明会をさせて頂きます。

メリット (1)電子帳簿保存法4条3項スキャナ保存の要件の基本
(2)スキャナ保存対応のシステムを導入する際の手順
(3)予定される規制緩和の要件
 などの概要が短時間で理解できます。
費  用 無償(1時間まで)
参加人数 1名~6名
会社場所 弊社 東日本橋 本社 セミナールームにて
http://www.antenna.co.jp/company/address.html
日  時 個別調整(弊社より連絡させて頂きます)
申込条件 アンケートの回答をお願いします。
受講証 アンケートを確認させて頂き、後日メールさせて頂きます。
テキスト 「国税関係書類の電子化保存ガイドライン」JIIMA発行を活用します。
講  師 上級文書情報管理士 益田康夫

お申し込み方法

個別説明会をご希望の方は、以下の手順で電子メールを利用して、PDFのアンケートの送付と、個別説明会のお申し込みをしてください。

  1. 次のPDFファイルをダウンロードしていただき、PDFの入力フォームにご記入ください。
    ※PDFのフォームの入力には Adobe AcrobatまたはAdobe Readerをご利用ください。
    アンケートPDF: ah-edoc-mgr-questionnaire_s.pdf
    
  2. ご記入の内容に間違いがなければ、PDFの3ページ目にある「記入内容を保存」ボタンをクリックして新規保存してください。
  3. 新規保存したPDFを電子メールに添付して sis@antenna.co.jp 宛てにお送りください。
    電子メールを送信する際、電子メールの件名に次の件名と、本文に個別説明会の開催希望日 第一候補~第三候補と、参加予定人数を記載してください。

送信先電子メールアドレス:

sis@antenna.co.jp
※上記メールアドレスをクリックすると通常ご利用の電子メールソフトで、メールの送信先、件名、本文が設定された新規メール作成画面が表示されます。
対応していない電子メールソフトやWebメールなどをご利用の場合は sis@antenna.co.jp まで件名と本文をコピーして必要な内容を記載した後、PDFのアンケートを添付してお送りください。

電子メール件名:

スキャナ保存 個別説明会申し込みとアンケート

電子メール本文:

・開催希望日
 第一候補日時:
 第二候補日時:
 第三候補日時:

・予定人数  :  人

送信メールの到着後、アンケートPDFの入力内容および開催希望日などを確認したのちに弊社担当より連絡差し上げます。

お問い合わせ

次の様なお問い合わせや相談にも対応させて頂きます。

  • 自社導入を前提に検討したいので連絡欲しい。
  • コンサルティングだけでも先行して受けてみたい。
  • 導入ユーザーの見学をしたい。
  • 『ScanSave-V4』を紹介して販売したい。
  • 『ScanSave-V4』をベースにe-文書法対応のシステムを作りたい。
  • 『ScanSave-V4』と会計システム等と連携して効果的な提案をしたい。

お問い合わせ先
電話番号
: 03-5829-9021
電子メール

スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.