PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr
スペース

ScanSave 改訂情報

このページでは『ScanSave』の改訂情報と、アップデータをご提供いたします。

ScanSave-V4.1(V4.1.0)

2019年1月17日

  • 「処理設定(運用設定タブ)」に「自動処理ログ参照の[エラーあり]アイコンの表示」の設定項目を追加しました。
    メニュー画面の「自動タイムスタンプ付与ログの参照」と「サーバーサイド一括処理ログの参照」の右側に表示される[エラーあり]アイコンの表示/非表示を「システム管理者のみ」または「すべてのユーザー」で切り替えます。
  • 「自動タイムスタンプ付与ログの参照」と「サーバーサイド一括処理ログの参照」画面で、[エラーのクリア]または[エラーとアラートのクリア]をシステム管理者でログインしたときのみ表示するようにしました。
  • 「検索用項目の一括更新」機能を追加しました。
    管理責任者のみ利用可能となります。CSVファイルの列は以下の通りです。
    "日付","金額","取引先名","品名","その他1","その他2","その他3","その他4","備考"
  • 「CSVデータの仮取込」のインポートした後の仮取込データの処理状況一覧で、件数の右側に連携方法と対象列と表示するようにしました。
  • 「他システムデータの一括取込」の実行中などに表示されるプログレスバーの外枠の色を緑色に変更しました。
  • 「システムの利用開始」で論理削除(delete)のときも、物理削除(start)のときと同様に、同意して処理を実行する機能を追加して操作ログに記録するようにしました。
  • SQL Server 2017でScanSaveが動作することを確認しました。
  • 「CSVデータの仮取込」の連携方法の選択肢に「ファイル名(拡張子あり)で自動マッチング」を追加して、拡張子を含めたファイル名を利用可能にしました。
  • 「他システムデータの一括取込」とWeb機能の「他システムデータの一括取込」に「電子ファイルの拡張子」(あり or なし)を追加して、拡張子を含めたファイル名を利用可能にしました。
  • 「自動一括取込」に起動パラメータとして“/extension”を追加しました。この起動パラメータを追加することで、拡張子を含めたファイル名を利用して処理することができます。
  • 「書類種類マスタ」の一覧画面に「書類種類ID」列を追加しました。
  • リンクビューURLの個別出力機能を追加しました。
    「書類表示」画面の「書類番号」欄の右に[URL]アイコンを追加しました。クリックすることで、URLをクリップボードに保存します。
    [URL]アイコンの表示/非表示は「処理設定(運用設定タブ)」の「リンクビューURLの個別出力機能」設定することができます。
  • URL情報出力について ScanSaveURLDataOutput.exeから出力されるCSVファイルに「削除フラグ」列が追加されます。
    ScanSaveアプリケーションから書類データを変更または削除すると、URLが出力済みであっても、URL情報出力CSVファイルに再出力されるようになります。

ScanSave-V3(V3.1.0)

2017年12月12日

  • PDF解像度表示の一部不具合の修正
  • 「他システムデータ一括取込」利用時の「金額」「品名」選択取込チェックの追加

『ScanSaveネットワーク接続版-V2.5』の機能強化点

  • 書類番号の付番処理機能を強化して、大量の接続クライアントでも安定して動作するように変更しました。
  • ご購入時に許諾された内容によって、同時接続ユーザー数が設定されます。
  • 自動ログアウト機能を追加しました。
  • ファイルリストの並び順を変更しました(拡張子なしの文字列でソート)。
  • スキャンファイル一括チェックの一覧の並び順を変更しました(拡張子なしの文字列でソート)。
  • 入力値コピー機能で、「その他1」と「その他2」に機能を追加しました。
  • 「書類番号」をコピー可能にしました。
  • タイムスタンプ設定テスト機能を追加しました。

ScanSave/ScanSave-Lite/ScanSave適時入力導入支援パック/ScanSave業務サイクル入力導入支援パック V1.0.1

2016年6月20日

改訂内容

『ScanSave/ScanSave-Lite/ScanSave適時入力導入支援パック/ScanSave業務サイクル入力導入支援パック V1.0.1』は、下記の改良・修正を行いました。

  • ユーザーマスタ編集、新規登録において、パスワード要件を適用しました。
  • 金額のマイナス値入力を許可しました。
  • 操作ログ取得機能を強化して、「同意して登録」の設定変更などの操作情報もログ対象に加えました。
  • エラー発生時のエラーログ情報を「log」フォルダに出力するようにしました。
  • タイムスタンプの一括付与、一括検証を高速化しました。
  • タイムスタンプの一括付与、一括検証時にネットワーク接続されていない場合に、エラーメッセージを出力するようにしました。
  • 長期署名を2日後から処理可能に変更しました(修正前は3日後)。
  • ウィンドウに最大化ボタン、最小化ボタンを装備しました(ウィンドウによって利用可能なボタンは異なります)。
  • 高解像度の画像ファイルの場合のメモリ不足について、エラーメッセージ対応を行いました。
  • その他不具合を修正しました。

改訂版配布サービスの対象

  1. 『ScanSave/ScanSave-Lite/ScanSave適時入力導入支援パック/ScanSave業務サイクル入力導入支援パック V1.0.0』保守期間中の登録ユーザー様

ご注意 保守期間が過ぎてからバージョンアップすると動作しません。バージョンアップの前に必ず保守期間をご確認ください。保守期間が不明の場合は、保守担当(hosyu@antenna.co.jp)へ、お問い合わせください。

バージョンアップの方法

同等製品へのバージョンアップは無償です。
また、上位エディション(ScanSave-LiteからScanSave)へのバージョンアップは有償(製品価格の差額分)にて承ります。
『ScanSave/ScanSave-Lite/ScanSave適時入力導入支援パック/ScanSave業務サイクル入力導入支援パック V1.0.0』の保守期間中でアップデート※の案内が届いていない登録ユーザー様は、弊社サポート窓口まで、インストーラをご請求ください。

※なお、アップデート用のファイルサイズが約1.3GB程度あります。お客様のネットワーク環境でダウンロード出来ない場合は、別途保守担当(hosyu@antenna.co.jp)へ、お問い合わせください。

スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.