PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr
スペース

ScanSave/e-Success 改訂情報

このページでは『ScanSave』と『e-Success』の改訂情報をご提供いたします。

e-Success

2022年5月24日

○ScanSave-V4.1.3 からの機能修正について

ScanSave、Web検索機能、リンクビュー、外部アプリ「自動タイムスタンプ付与(ScanSaveTimestamp.exe)」「自動一括取込(ScanSaveBulkImport.exe)」

  • PAdES式タイムスタンプ付与のライブラリを更新。
    それに伴い、各種アプリのタイムスタンプ付与機能と検証機能におけるXMP解析処理を回避するよう修正。
    (更新することにより、タイムスタンプが付与できなかったり、その時のエラー内容が直ぐに判別が付かない状態が、是正されます。)

ScanSave、Web検索機能、リンクビュー

  • 注釈、描画などの外部アプリケーションで加工したPDFファイルの階調、色、解像度も解析できるようライブラリを更新
※「Microsoft Visual C++ Runtime 2015-2022 (x86)」がインストールされていない場合は、アプリケーションが上手く動作しないことがあります。 下記のURLよりダウンロードするか、セットアップファイルの「SETUP」の「VC_redist.x86.exe」を起動してインストールしてください。

ダウンロードURL: https://aka.ms/vs/17/release/vc_redist.x86.exe

2022年3月23日

○V5.1.9 からの機能修正について

e-Success、Web検索機能、リンクビュー、外部アプリ「自動タイムスタンプ付与(e-SuccessTimestamp.exe)」「自動一括取込(e-SuccessBulkImport.exe)」

  • PAdES式タイムスタンプ付与のライブラリを更新。
    それに伴い、各種アプリのタイムスタンプ付与機能と検証機能におけるXMP解析処理を回避するよう修正。
    (更新することにより、タイムスタンプが付与できなかったり、その時のエラー内容が直ぐに判別が付かない状態が、是正されます。)
※「Microsoft Visual C++ Runtime 2015-2022 (x86)」がインストールされていない場合は、アプリケーションが上手く動作しないことがあります。 下記のURLよりダウンロードして、インストールしてください。

ダウンロードURL: https://aka.ms/vs/17/release/vc_redist.x86.exe

2022年2月25日

○V5.1.8 からの機能修正について

e-Success

  • 「他システムデータ一括取込」「書類データの先行取込」「電子ファイルの取込」で、Microsoft Office のWord, Excel PowerPointのファイルを取り込めるよう機能を追加。
    対象の拡張子(.doc, .docx, .xls, .xlsx, .ppt, .pptx)
    ※タイムスタンプ種類が、XAdESの場合のみ取込が可能
  • 「データベースメンテナンス」画面で、バックアップや復元などの処理でエラーが発生した後、バックアップログが最新情報に更新されていなかったため、これを最新情報に更新されるように修正
    ※e-Success-Lite のみ対象

Web検索機能、外部アプリ「自動一括取込アプリ(e-SuccessBulkImport.exe)」

  • 「他システムデータ一括取込」で、Microsoft Office のWord, Excel, PowerPointのファイルを取り込めるよう機能を追加。
    対象の拡張子(.doc, .docx, .xls, .xlsx, .ppt, .pptx)
    ※タイムスタンプ種類が、XAdESの場合のみ取込が可能

一括取込フィルター(e-SuccessImportFilter.exe)

  • Microsoft Office のWord, Excel, PowerPointのファイルをフィルタリングできるように機能を追加。。
    対象の拡張子(.doc, .docx, .xls, .xlsx, .ppt, .pptx)

外部アプリ「自動タイムスタンプ付与 (e-SuccessTimestamp.exe)」

  • 「タイムスタンプ種類」が「XAdES」で設定されている場合は、ウィンドウ下部に電子証明書の有効期限が表示されるよう追加。設定した場合は、ドライブの容量等の計算されることなく非表示になる。

外部アプリ「データベースメンテナンスツール (e-SuccessDBManagementApp.exe)」

  • バックアップや復元などの処理でエラーが発生した後、バックアップログが最新情報に更新されていなかったため、これを最新情報に更新されるように修正。
  • 「指定の月の削除」における、SQL文のコーディングミスを修正。

マニュアルを更新

  • e-Success-V5.1_Standard/Pro操作マニュアル.pdf
  • e-Success-V5.1_Standard/Pro導入・運用マニュアル.pdf
  • e-Success-V5.1_Standard/ProWebサービス_導入・操作マニュアル.pdf
  • e-Success-V5.1_Lite_導入・操作マニュアル.pdf
  • e-success-V5_一括取込フィルター操作マニュアル.pdf

2022年2月4日

○V5.1.7 からの機能修正について

e-Success

  • 注釈、描画などの外部アプリケーションで加工したPDFファイルの階調、色、解像度も解析できるようライブラリを更新
  • 「書類検索・検証」画面の一覧部分に「備考」の項目を追加
  • 「書類検索・検証」画面に「検索項目入力完了日」「スキャン画像確認日」「タイムスタンプ付与日時」「初回登録日時」で検索する機能を追加。
  • 「書類検索・検証」画面に「書類データの全出力」機能を追加。
  • 「書類データの先行取込」画面に、取り込むCSVファイルと先行取込で取り込んだ書類データの重複をチェックする機能を追加
  • 「電子ファイルの取込」画面に、「CSV全出力と削除」を追加。
    ⇒「書類データの先行取込」画面で取り込んだ書類データを全てCSVファイルに出力し、先行で取り込んだ書類データを全て削除する機能
    ⇒ 削除した件数は「操作ログ」にも残る
  • 「お問い合わせ」画面に「お問い合わせ内容を出力」ボタンを追加
    ⇒お問い合わせ内容のメールテンプレートと、e-Successの全てのログファイルを圧縮ファイルとして指定先に出力する機能
  • 「メニュー」画面から「URL情報出力」を非表示。また「処理設定」画面から「リンクビュー」に関する設定を全て非表示
    ※e-Success-Lite のみ対象
  • 「データベースメンテナンス」画面で、「バックアップフォルダ」をネットワークドライブ or クラウドストレージに設定した場合は、ドライブの容量等の計算されることなく非表示になるよう、処理を修正。
    ※e-Success-Lite のみ対象

e-Success Web検索機能

  • 「書類検索・検証」画面の一覧部分に「備考」の項目を追加
  • 「書類検索・検証」画面に「検索項目入力完了日」「スキャン画像確認日」「タイムスタンプ付与日時」「初回登録日時」で検索する機能を追加。

外部アプリ「DB構築ツール (e-SuccessDB_Create.exe)」

  • 「その他1~4のラベル名」で初回構築時に入る値を「その他項目1~4」から「その他1~4」に変更

外部アプリ「自動タイムスタンプ付与 (e-SuccessTimestamp.exe)」

  • 「タイムスタンプ種類」が「XAdES」で設定されている場合は、ウィンドウ下部に電子証明書の有効期限が表示されるよう追加。設定した場合は、ドライブの容量等の計算されることなく非表示になる。

外部アプリ「データベースメンテナンスツール (e-SuccessDBManagementApp.exe)」

  • 「バックアップフォルダ」をネットワークドライブ or クラウドストレージに設定した場合は、ドライブの容量等の計算されることなく非表示になるよう、処理を修正。

マニュアルを更新

  • e-Success-V5.1_Standard/Pro操作マニュアル.pdf
  • e-Success-V5.1_Standard/Pro導入・運用マニュアル.pdf
  • e-Success-V5.1_Standard/ProWebサービス_導入・操作マニュアル.pdf
  • e-Success-V5.1_Lite_導入・操作マニュアル.pdf
  • e-success-V5_一括取込フィルター操作マニュアル.pdf

2021年11月30日

○V5.1.6 からの機能修正について

e-Success、外部アプリ「データベースメンテンナンスツール(e-SuccessDBManagementApp.exe)」

  • ログアウト時の差分バックアップを実施するか否かメッセージ文を追加修正しました。
    ⇒ 合わせて、同梱のマニュアル内の「B. e-Success データベースを手動で差分バックアップする」の一部画像を差し替えました。
  • バックアップ先がネットワークドライブである場合、ドライブの容量を取得、算出、表示の処理を行わないように修正しました。
    ※この修正は、データベースメンテナンスツールのみ

Standard/Pro のインストーラー(e-Success_Setup.exe)

  • 以下の再配布パッケージの追加しました。
    • .Net Fremework 3.5
    • Microsoft Report Viewer 2012
    • Microsoft System CLR Types for SQL Server for 2012
  • 不具合を修正
    • V5.1.2以前のバージョンからV5.1.4_V5.1.5 へ一度アップデートすると、以降のアップデートが反映されない不具合を修正。詳細は、同梱「e-Success-V5.1.2以前から5.1.4_V5.1.5 にアップデートされたお客様へ.txt」を確認してください。

マニュアル

  • 「e-Success-V5.1.2以前からV5.1.4_V5.1.5 にアップデートされたお客様へ.txt」を追加しました。

2021年10月20日

○V5.1.5 からの機能修正について

e-Success

  • 「書類入力・確認」「書類表示」で、登録した書類データを更新できない不具合が発生していたため、これを修正しました。
  • 「データベースメンテナンス」の「データベースの移行処理」について、タイムスタンプ付与が全て完了していない状態で「データベースの移行処理」ボタンを押すと、これまでは移行処理ができていました。しかし、その後「データの連携取込」と「電子ファイルの全出力」が機能しなくなることを確認したため、タイムスタンプ付与が完了できていない状態で「データベースの移行処理」を実行しようとした場合は、移行処理ができないよう通知が入るように修正しました。
  • 「データの連携取込」で、複数のファイルデータベースで構成された出力フォルダ(e-SuccessExport)を取り込もうとすると、例外エラーが起きて失敗していたため、これを修正しました。

外部アプリ「データベースベースメンテナンスツール(e-SuccessDBManagementApp.exe)」

  • 「データベースメンテナンス」の「データベースの移行処理」について、タイムスタンプ付与が全て完了していない状態で「データベースの移行処理」ボタンを押すと、これまでは移行処理ができていました。しかし、その後「データの連携取込」と「電子ファイルの全出力」が機能しなくなることを確認したため、タイムスタンプ付与が完了できていない状態で「データベースの移行処理」を実行しようとした場合は、移行処理ができないよう通知が入るように修正しました。
  • 「データの連携取込」で、複数のファイルデータベースで構成された出力フォルダ(e-SuccessExport)を取り込もうとすると、例外エラーが起きて失敗していたため、これを修正しました。

2021年7月28日

○V5.1.4 からの機能修正について

  • 各種アプリケーションの不具合を修正しました。
  • 「e-Success」と外部アプリ「自動タイムスタンプ付与(e-SuccessTimestamp.exe)」のタイムスタンプライブラリを最新版に更新しました。
  • 「e-Success」と外部アプリ「データベースベースメンテナンスツール(e-SuccessDBManagementApp.exe)」で設定したバックアップフォルダが見つからない場合、通知が入るように設定しました。また、同問題でアプリが落ちないように修正しました。
  • データベース構築アプリ(e-SuccessDB_Create.exe)のアップグレード処理において、V5.0からのデータベースのアップグレード時に、「コントロールマスタ」で不足していた「[バックアップエラーログ最終確認日時][datetime] NULL」を追加しました。
  • 外部アプリ「データベースベースメンテナンスツール(e-SuccessDBManagementApp.exe)」のコマンドライン実行時のバックアップを分割しました。
    ⇒ コマンドライン実行時のバックアップを、完全バックアップと差分バックアップで分割しました。差分バックアップを実行する場合は、「/diff」を追加してください。
    例: e-SuccessDBMaintenanceApp.exe /id=1 /diff
  • e-Success on ONeSaas のみ、お問い合わせ画面で一部表示項目を削除しました。
    ⇒ お問い合わせ画面の「■PC情報」と「■データベース」を項目の内容も含めて削除しました。
  • マニュアル更新
    e-Success-V5.1_Standard/Pro操作マニュアル.pdf
    e-Success-V5.1_Standard/Pro導入・運用マニュアル.pdf

2021年3月3日

○V5.1.3 の更新について

  • マニュアルを更新
    e-Success-V5.1_Standard/Pro操作マニュアル.pdf

2021年2月18日

○V5.1.0 ~ V5.1.2 にかけての追加機能について

  • 書類種類マスタの金額の単位に「なし」という項目を登録できるようになりました。
    ⇒ 「書類ビュー」「書類入力・確認」「入力履歴」の金額の単位が非表示になります。
  • 同時接続数の計算時の誤った値を算出していたため、この不具合を修正しました。
  • 書類種類マスタにおきまして、金額の単位の変更機能を追加しました。また、金額の単位を外貨に選択している場合、小数入力ができるように機能を追加しました。

※小数の入力は、小数第3位までとなります。小数第4位以下の桁を入力した場合は、小数第4位に対して「四捨五入」「切り上げ」「切り捨て」を実行します。
小数第4位に対する「四捨五入」「切り上げ」「切り捨て」の設定は、書類種類マスタの編集画面より「外貨の小数第4位の対応」で設定することが可能です。

※金額の単位を「円」で設定している場合、強制的に小数第1位以下を「切り捨て」して処理されます。

※詳細は、マニュアル「e-Success-V5.1_Standard/Pro操作マニュアル.pdf」の「導入・設定編」の「6. 書類種類マスタ管理」にて確認できます。

  • 書類種類マスタで各書類種類に設定した「金額の単位」は、「書類入力・作業」「書類検索」内の「書類ビュー画面」、Web検索機能内の「書類ビュー画面」、リンクビュー内の「書類ビュー画面」にて、単位の表示が反映されます。
  • 書類種類マスタで各書類種類に設定した「金額の単位」と「外貨の小数第4位の対応」は、「書類データの仮取込」「他システムデータの一括取込」「書類データの先行取込」、外部アプリ「自動インポートアプリ」、Web検索機能内の「他システムデータの一括取込」でも反映されるようになりました。
  • Web検索機能とリンクビューの書類ビュー画面において、ファイル名のボタンを押すと表示している電子ファイルをダウンロードする機能を追加しました。
    詳細は、マニュアルの「e-Success-V5.1_Standard/ProWebサービス_導入・操作マニュアル.pdf」の「書類作業編」の「2.書類検索・検証・表示」の「B. タイムスタンプ処理が終了したファイルを表示する」で確認できます。
  • DB構築ツール内「アップグレード」機能において、ScanSave-V3/V3.1からe-Success-V5.1へのデータベースへアップグレードする処理で、書類種類マスタの引継ぎプログラムの不具合を修正しました。

2020年9月7日

  • 初期バージョン(V5.0.0)をリリース

ScanSave-V4.1(V4.1.0)

2019年1月17日

  • 「処理設定(運用設定タブ)」に「自動処理ログ参照の[エラーあり]アイコンの表示」の設定項目を追加しました。
    メニュー画面の「自動タイムスタンプ付与ログの参照」と「サーバーサイド一括処理ログの参照」の右側に表示される[エラーあり]アイコンの表示/非表示を「システム管理者のみ」または「すべてのユーザー」で切り替えます。
  • 「自動タイムスタンプ付与ログの参照」と「サーバーサイド一括処理ログの参照」画面で、[エラーのクリア]または[エラーとアラートのクリア]をシステム管理者でログインしたときのみ表示するようにしました。
  • 「検索用項目の一括更新」機能を追加しました。
    管理責任者のみ利用可能となります。CSVファイルの列は以下の通りです。
    "日付","金額","取引先名","品名","その他1","その他2","その他3","その他4","備考"
  • 「CSVデータの仮取込」のインポートした後の仮取込データの処理状況一覧で、件数の右側に連携方法と対象列と表示するようにしました。
  • 「他システムデータの一括取込」の実行中などに表示されるプログレスバーの外枠の色を緑色に変更しました。
  • 「システムの利用開始」で論理削除(delete)のときも、物理削除(start)のときと同様に、同意して処理を実行する機能を追加して操作ログに記録するようにしました。
  • SQL Server 2017でScanSaveが動作することを確認しました。
  • 「CSVデータの仮取込」の連携方法の選択肢に「ファイル名(拡張子あり)で自動マッチング」を追加して、拡張子を含めたファイル名を利用可能にしました。
  • 「他システムデータの一括取込」とWeb機能の「他システムデータの一括取込」に「電子ファイルの拡張子」(あり or なし)を追加して、拡張子を含めたファイル名を利用可能にしました。
  • 「自動一括取込」に起動パラメータとして“/extension”を追加しました。この起動パラメータを追加することで、拡張子を含めたファイル名を利用して処理することができます。
  • 「書類種類マスタ」の一覧画面に「書類種類ID」列を追加しました。
  • リンクビューURLの個別出力機能を追加しました。
    「書類表示」画面の「書類番号」欄の右に[URL]アイコンを追加しました。クリックすることで、URLをクリップボードに保存します。
    [URL]アイコンの表示/非表示は「処理設定(運用設定タブ)」の「リンクビューURLの個別出力機能」設定することができます。
  • URL情報出力について ScanSaveURLDataOutput.exeから出力されるCSVファイルに「削除フラグ」列が追加されます。
    ScanSaveアプリケーションから書類データを変更または削除すると、URLが出力済みであっても、URL情報出力CSVファイルに再出力されるようになります。

ScanSave-V3(V3.1.0)

2017年12月12日

  • PDF解像度表示の一部不具合の修正
  • 「他システムデータ一括取込」利用時の「金額」「品名」選択取込チェックの追加

『ScanSaveネットワーク接続版-V2.5』の機能強化点

  • 書類番号の付番処理機能を強化して、大量の接続クライアントでも安定して動作するように変更しました。
  • ご購入時に許諾された内容によって、同時接続ユーザー数が設定されます。
  • 自動ログアウト機能を追加しました。
  • ファイルリストの並び順を変更しました(拡張子なしの文字列でソート)。
  • スキャンファイル一括チェックの一覧の並び順を変更しました(拡張子なしの文字列でソート)。
  • 入力値コピー機能で、「その他1」と「その他2」に機能を追加しました。
  • 「書類番号」をコピー可能にしました。
  • タイムスタンプ設定テスト機能を追加しました。

ScanSave/ScanSave-Lite/ScanSave適時入力導入支援パック/ScanSave業務サイクル入力導入支援パック V1.0.1

2016年6月20日

改訂内容

『ScanSave/ScanSave-Lite/ScanSave適時入力導入支援パック/ScanSave業務サイクル入力導入支援パック V1.0.1』は、下記の改良・修正を行いました。

  • ユーザーマスタ編集、新規登録において、パスワード要件を適用しました。
  • 金額のマイナス値入力を許可しました。
  • 操作ログ取得機能を強化して、「同意して登録」の設定変更などの操作情報もログ対象に加えました。
  • エラー発生時のエラーログ情報を「log」フォルダに出力するようにしました。
  • タイムスタンプの一括付与、一括検証を高速化しました。
  • タイムスタンプの一括付与、一括検証時にネットワーク接続されていない場合に、エラーメッセージを出力するようにしました。
  • 長期署名を2日後から処理可能に変更しました(修正前は3日後)。
  • ウィンドウに最大化ボタン、最小化ボタンを装備しました(ウィンドウによって利用可能なボタンは異なります)。
  • 高解像度の画像ファイルの場合のメモリ不足について、エラーメッセージ対応を行いました。
  • その他不具合を修正しました。

改訂版配布サービスの対象

  1. 『ScanSave/ScanSave-Lite/ScanSave適時入力導入支援パック/ScanSave業務サイクル入力導入支援パック V1.0.0』保守期間中の登録ユーザー様

ご注意 保守期間が過ぎてからバージョンアップすると動作しません。バージョンアップの前に必ず保守期間をご確認ください。保守期間が不明の場合は、保守担当(hosyu@antenna.co.jp)へ、お問い合わせください。

バージョンアップの方法

同等製品へのバージョンアップは無償です。
また、上位エディション(ScanSave-LiteからScanSave)へのバージョンアップは有償(製品価格の差額分)にて承ります。
『ScanSave/ScanSave-Lite/ScanSave適時入力導入支援パック/ScanSave業務サイクル入力導入支援パック V1.0.0』の保守期間中でアップデート※の案内が届いていない登録ユーザー様は、弊社サポート窓口まで、インストーラをご請求ください。

※なお、アップデート用のファイルサイズが約1.3GB程度あります。お客様のネットワーク環境でダウンロード出来ない場合は、別途保守担当(hosyu@antenna.co.jp)へ、お問い合わせください。

スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.