PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

評価版のお申し込み

OEMについて詳しくはこちら

Antenna House PDF Viewer SDK 動作環境/制限事項

動作環境

『Antenna House PDF Viewer SDK』をご利用になるには以下の動作環境が必要です。

対応OS Windows 11 日本語版
Windows 10(64ビット)日本語版
Windows Server 2022 / 2019 / 2016 日本語版
CPU 上記OSが正常に動作するIntel系のCPU、及び100%互換性を持つプロセッサー
必要メモリ OSが推奨するメモリ容量以上
ハードディスク 本製品のインストールに必要な150MB以上の空き容量
必要なランタイム
ライブラリ
Visual C++ 2019 再頒布可能パッケージ
.NET Framework 4.6.2 以上(.NET 利用時)

※Windows Server でのご利用にはデスクトップエクスペリエンスが必要です。

プラットフォームの動作保証について

プラットフォームの動作保証については、保守サービス仕様のページを参照してください。

プラットフォーム動作保証についての変更に伴い、
 V5からメインストリームサポートが終了したプラットフォームは動作保証外としております。
 (2021年6月28日発売以降のすべての契約が対象です)

シンクライアント環境の動作について

『Antenna House PDF Viewer SDK』を仮想化環境(VMware や Hyper-V など)で実行する場合、仮想化環境で実環境上と同じ動作が保証されている場合は、以下の制限事項を除き、機能制限はありません。

開発環境

コンポーネント インターフェース 説明
PDF Viewer API C++ / C Microsoft Visual Studio 2019 でビルドされています。
呼び出し側のプログラムは、互換性のあるコンパイラを使用してください。
.NET .NET Framework 4.6.2 以上
PDF Viewer Ctrl .NET .NET Framework 4.6.2 以上
※64bit版コントロールを利用したアプリケーションの開発には注意がございます。詳しくはドキュメントをご確認ください。
ActiveX ActiveXをサポートする開発言語
※弊社では Visual C# でのみ動作検証を行っております。
※V4.0 相当のAPI となります。一部のAPI はサポートされません。

※UWP/ストアアプリの開発には対応しておりません。

制限事項

『Antenna House PDF Viewer SDK』には以下の制限事項があります。
(詳しくは、製品マニュアルをご確認ください。)

対象PDF

レンダリング品質・性能について

その他

スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.