PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr
スペース

Antenna House PDF Viewer SDK よくいただくご質問

このページでは『Antenna House PDF Viewer SDK』について、よくお寄せ頂くご質問を紹介しています。

全版

機能について

印刷について

開発について

その他


以下、回答

全般

PDFViewerCtrlをご利用ください。Visual Studio のフォームデザイナーでコントロールを貼り付けて開発することができます。
PDFViewerAPI をご利用ください。印刷用APIを用意しております。
PDFViewerCtrlをご利用ください。テキスト抽出APIを用意しております。
はい。C/C++言語のI/Fを用意しており、Visual C++での開発が可能です。
直接対応しておりませんが、.Net Framework のプラットフォーム呼び出し(P/Invoke)の機能を使うことで C言語I/Fを呼び出すことができます。
表示・画像出力・テキスト抽出・検索・印刷の主な機能について、このサンプルコードを添付しております。
はい。.Net I/Fを用意しております.Net Framework に対応した言語で利用可能です。 弊社ではC#で動作確認をしております。
いいえ、できません。.Net Framework 4.0以上をご利用ください。
はい。ActiveX I/F を用意しております。
Viusal C++/Visual C#/VB6などActiveX に対応した言語で開発できます。
なお弊社では Visual C# で動作確認しております。
問題ありません。PDFViewerAPI、PDFViewerCtrlともマルチプロセスでの利用に対応しております。
PDFViewerAPIは印刷関連のAPIを除き、マルチスレッドに対応しています。
PDFViewerCtrlはマルチスレッドでの利用には対応しておりません。
PDFViewerAPI は利用可能です。
PDFViewerCtrl はGUIを前提としているため利用できません。
PDFViewerAPI は利用可能です。
※サービスで利用する場合はGDI+のスムージングをすべてOFFにしてください(setSmoothing関数)
PDFViewerCtrl は GUI を前提として開発されているため、利用できません。
いいえ、必要ありません。弊社独自でPDF表示機能を実装しております。
はい。32ビット版のPDFViewerAPI、PDFViewrCtrl ではWOW64上での動作を保証しております。なお、PDFViewerAPI は 64ビット版もご用意いたしておりますのでご利用ください。

機能について

はい、PDFViewerAPIで、ページ全体、矩形部分の画像変換、メモリ渡しができます。
はい、可能です。前方検索・後方検索、大文字小文字の区別などの指定ができます。
はい、可能です。PDFViewerAPI をご利用ください。
PDFViewerAPIの以下のメソッドで取得することができます。
関数 機能 入力 出力
getPageTextPosition テキスト位置取得 マウス位置 テキスト位置
getPageTextString 位置指定テキスト取得 テキスト位置 位置指定テキスト
getPageTextRegion テキスト範囲取得 テキスト位置 位置指定テキスト範囲
getTextInRect 矩形内テキスト取得 矩形 矩形内テキスト
getTextRegionInRect 矩形内テキスト範囲取得 矩形 矩形内テキスト範囲
指定する座標値は、PDFViewerAPIの座標系で指定します。
・原点は左上、x軸は右方向、y軸は下方向に増加
・単位は TWIP(1ポイント=20TWIP、1インチ=72ポイント=1440TWIP)
マウスの座標値はデバイス依存の値ですので、PDFViewerAPIの座標系に変換する必要がございます。

マウス座標からPDFページ上の座標に変換するサンプルコードは、SDK付属のAvsPDFViewerSampleプログラムにございます。PDFViewerView.cppの OnMouseMove メソッドを参照ください。
可能です。製品に同梱しております.netやActiveXサンプルプログラムはそうなっています。
PDFPageViewCtrlに注釈を作成・編集するメソッドを用意しております。
PDFPageViewCtrlにイベント関数を用意しております。
はい、可能です。CtrlStyle プロパティにプレビューモードを指定してください。
編集不可、テキスト選択不可、注釈選択不可、ポップアップ注釈非表示にできます。
はい、可能です。ファイルのオープン・保存はファイルパスを指定して、OpenDocument(), SaveDocument()のメソッドを呼び出します。 ファイルダイアログを表示するかどうかはアプリケーション側の処理になります。ダイアログを表示せずファイルパスを指定してAPIを呼び出していただければ結構です。
ClientToLogical 関数は、ウィンドウのクライアント座標(x, y) を入力として、 PDFのページ番号とそのページ上の論理座標(x, y)を返します。
PDFViewerCtrl では連続ページ表示などウィンドウに複数のPDFのページが同時に表示されている場合があります。このため、どのページか区別がつくようページ番号も合わせて返すようになっています。
対応しております。
はい。
PDF Viewer APIでは、リンク注釈のヒットテストとリンク種別の取得、リンク注釈の矩形取得、リンクの移動先ページやURIの取得ができます。
PDF Viewer Ctrlでは、リンク注釈クリックのタイミングでイベントが通知されます。イベントハンドラでリンク種別やリンクの移動先ページやURIの取得ができます。
はい、表示できます。ファイルオープン時に正しいパスワードをセットします。
いいえ。動画、音声などマルチメディア再生には対応しておりません。
いいえ。読み込みは問題ありませんが、正しく表示されない場合があります。
Acrobat Reader は Adobe Systems 社のソフトウェアになります。 Acrobat Reader が独自に管理しているフォントは利用することができません。 埋め込まれていないフォントを置換する場合、 Windows OSにインストールされたフォントを参照いたします。

印刷について

アプリケーションからGUI表示(印刷設定ダイアログ等)なしにPDF印刷は可能でしょうか。
PDF Viewer API、PDF Viewer Ctrlどちらも、GUI非表示でPDF印刷することができます。
Adobe Reader を使わないでPDFを直接印刷(プリンタ出力)したいのですが、『Antenna House PDF Viewer SDK』でできますか?
はい。PDF Viewer API でプリンタのデバイスコンテキスト(HDC)に対して印刷することができます。
Adobe Acrobat Reader からプリンタに印刷した場合と印刷結果は異なりますか?
一般的にはほぼ同等の結果となりますが、PDFファイルや印刷するプリンタによって必ずしも一致しない場合があります。評価版で印刷結果をご確認いただくことをおすすめいたします。
プリンタに印刷するとき、プリンタの用紙サイズに合わせて、PDFの用紙を縮小して印刷する機能はありますか?
はい。PDFViewerAPI、PDFViewerCtrl どちらでも縮小して印刷することができます。
ページを正しく印刷できない場合に取り消せますか? もしくは事前にチェックできますか?
印刷できない要素があったりエラーが発生した場合は出来る限り無視して印刷を継続します。途中で取り消したり、事前にチェックするはできません。
印刷時に、「複写禁止」などの透かしを入れることはできますか?
可能です。PDFViewerAPI の setWatermarkText 関数をご利用ください。
PDFファイル指定の印刷、フォルダ指定での一括印刷はできますか?
PDFファイル指定の印刷はできます。

フォルダ指定は直接的にはサポートしておりませんが、上位アプリケーションでフォルダ以下のPDFファイルを指定して印刷していただければ実現は可能です。
PDFファイルの多重印刷(複数ファイルの同時印刷)はできますか?
マルチプロセスで複数ファイルを同時印刷することは可能です。

マルチスレッドには対応しておりません。同一プロセス内ではPDFファイルを順に印刷して頂く必要があります。

開発について

コントロールを貼り付けたフォームを Visual Studio のフォームデザイナーで開くとエラーになります。
(.Net I/F版 AvsDotNetGuiCtl.dllをお使いの場合)
フォームデザイナーでコントロールを貼り付けたフォームを編集する場合、AvsDotNetGuiCtl.dll と関連DLL を含むフォルダにPATH を 通した状態で Visual Studio を起動する必要があります。PATH を通さないとフォームデザイナーを開いたときに下記のエラーが発生します。

その場合は一旦 Visual Studio してから、環境変数 Path に AvsDotNetGuiCtl.dll が含まれるフォルダパスを追加し、 再度 Visual Studio を起動してから、フォームデザイナーで開いてください。

フォームデザイナーエラー

SDK添付の AvsDotNetGuiCtlSample をご利用の場合は、AvsDotNetGuiCtlSample.bat に PATH を設定しAvsDotNetGuiCtlSample.sln を開く例がございますのでご利用ください。
コントロールの貼り付けを行おうとしましたが、ドラッグ&ドロップしてもフォーム上に何も表示されません。
(.Net I/F版 AvsDotNetGuiCtl.dllをお使いの場合)
Visual Studio のツールボックスに登録していても、dllが実行パスに含まれていない場合はドラッグ&ドロップしても何も起こりません。 これはフォームデザイナーがdllを読み込んで実行できないためです。

その場合は一旦 Visual Studio してから、環境変数 Path に AvsDotNetGuiCtl.dll が含まれるフォルダパスを追加し、 再度 Visual Studio を起動してから、ドラッグ&ドロップをお試しください。
インストールされたVisual C#のサンプルをVisual Studioで開いてビルドしようとしましたがエラーになります。
samples フォルダのみコピーした場合は以下のエラーが出ることがあります。

コマンド ""[コピー先]\samples\Windows-VS2010\prebuild.bat" "[コピー先]\samples\Windows-VS2010\Win32\Release\"" はコード 4 で終了しました。

この場合は、samples フォルダ以外のデータも同じ階層にコピーしてビルドしてください。最低限必要なのは下記のフォルダです。
    samples\
    bin\
    Include\
    lib\ 

その他

一時ファイルは作成されますか?
PDFViewerAPIは作成しません。
PDFViewerCtrlは作成します。
△ページ上部へ
スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.