PostScript®出力

AH Formatter V7.2 では、PostScript®を出力することができます。

PostScriptを出力するためには、「AH Formatter PostScript® 出力オプション」をご購入していただく必要があります。 詳しくは、弊社ウェブサイトを参照してください。

出力されるPostScriptのレベルは3です。

フォント出力

PostScript出力では、以下のフォントが出力可能です。 フォントについては、「フォント」を参照してください。

ただし、PostScript出力では以下の制約があります。

  • 256以上のグリフを持つ Type 1フォントには対応していません。
  • 縦書きには対応していません。
  • ヘブライ語、アラビア語、タイ語などの複雑なスクリプトの言語の文書には対応していません。
  • リガチャには対応していません。
  • font-variant による字体変更には対応していません(small-capsのエミュレーションを除く)。
  • 異体字選択には対応していません。
  • 外字には対応していません。
  • PANTONE® などのセパレーションカラーには対応していません。

イメージ出力

グラフィックイメージについては、「グラフィクス」を参照してください。ただし、PostScript出力では以下の制約があります。

  • background-repeat="repeat" には対応していません。
  • SVGでのパタンには対応していません。
  • EPS以外のベクタイメージでのグラデーションには対応していません。
  • PANTONE® などのセパレーションカラーには対応していません。

ベクタイメージ

次のベクタイメージは、ベクタとしてPostScriptへ出力されます。 ただし、ベクタイメージ中に含まれるラスタイメージについては、後述するラスタイメージの制約を受けます。 フォントが含まれる場合も、フォントの制約を受けます。

すべてのEPSは、無加工でそのままPostScriptへ出力されます。

ラスタイメージ

次のラスタイメージをPostScriptに出力することができます。 それぞれの制約については、それぞれを参照してください。

PostScriptに直接埋め込めない画像は、適宜変換されて埋め込まれます。

制限事項

  • PostScript は、透過やαチャネルに対応していません。