PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

評価版のお申し込み

OEMについて詳しくはこちら

サポートについて

『Antenna House PDF to Office 変換ライブラリ』 機能紹介:インタフェース詳細

ここでは、『Antenna House PDF to Office 変換ライブラリ』のC++ インタフェース仕様について概略をご紹介します。

C++ リファレンス

1.変換元PDFファイル名指定

void setDocumentPath(const char* fileName, const char* passWord=NULL);
void setDocumentPath (const wchar_t* fileName, const wchar_t* passWord=NULL);

機能 変換元PDFファイル名を指定します。PDFファイルにセキュリティがかけられている場合は、パスワードを合わせて指定します。

2.変換先Officeファイル名指定

void setOutputFilePath(const char* fileName);
void setOutputFilePath(const wchar_t* fileName);

機能 変換先に保存するOfficeファイル名を指定します。

3.変換先Officeファイル形式指定

void setPrinterName(const char* formatType);
void setPrinterName(const wchar_t* formatType);

機能 変換先に保存するOfficeファイルの文書形式を指定します。
備考 文書形式は、以下の文字列で記述します。
  • Word 2007-2016 文書形式:"@DOCX"NEW
  • Word 97-2003 文書形式:"@DOC"
  • Excel 2007-2016 文書形式:"@XLSX"NEW
  • Excel 97-2003 文書形式:"@XLS"
  • Power 2007-2016 Point文書形式:"@PPTX"NEW
  • PowerPoint 97-2003 文書形式:"@PPT"

4.オプション設定ファイル名指定

void setOptionFilePath(const char* fileName);
void setOptionFilePath(const wchar_t* fileName);

機能 変換条件を記述したxml形式のファイルを指定します。
備考 オプション設定ファイルは、以下のような書式で変換条件を記述します。
<?xml version="1.0"?>
<pto-interface>
 <doc-option …  />...........Wordへの変換条件
 <xls-option …  />...........Excelへの変換条件
 <ppt-option …  />...........PowerPointへの変換条件
 <ooxml-option …/>...........OOXML形式変換時のJVMヒープサイズ指定
 <その他 …      />
</pto-interface>

5.変換実行

void doConvert ();

機能 PDFから変換先Officeファイルへの変換を実行します。




C++ プログラミング例

以下は、Visual C++のプログラミング例です。

#include 
#include 

using namespace PtoInterface;

int main(int argc, char* argv[])
{
	int status = -1;
	if (argc < 4)
	{
		printf("usage: sample in-file out-file prn xml\n");
	} else
	{
		try
		{
			PtoObj obj;
			
			printf("%s", obj.getVersionString());
			
			obj.setDocumentPath(argv[1]);
			obj.setOutputFilePath(argv[2]);
			obj.setPrinterName(argv[3]);
			obj.setOptionFilePath(argv[4]);
			obj.doConvert();
		} catch(PtoException ex)
		{
			char msg[1024];
			printf("code = %d\n%s\n",
				ex.getErrorCode(),
				ex.getErrorMessageMbcs(msg, sizeof(msg)));
		}
	}
	return status;
}

スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.