PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

評価版のお申し込み

OEMについて詳しくはこちら

PDF関連の受託開発について詳しくはこちら

Office Server Document Converter OSDC V7.1の機能と特長

Office Server Document Converter V7.1 で強化された機能についてご紹介します。

Excel上で選択状態のシートだけを出力

Excelファイルを保存した際に選択されたシートだけを変換する機能を追加しました。

(例)コマンドライン

保存時のアクティブシートを先頭に出力する機能(SheetOrderActiveFirst)、指定したシートを順番に出力する機能(SheetOrderSelect)と並存可能です。

Excelファイルをシート単位のPDFファイルに分冊出力

ExcelファイルをPDFに変換する場合に、シート単位でPDFファイルを出力する分冊機能を追加しました。

(例)コマンドライン

-start/-end を指定しない場合は、最初のシートからまたは最後のシートまでが変換対象になります。

また、Excelファイルを保存した際に選択されたシートだけを変換する機能(xlsselectedsheet)と並存可能です。

Excelを各シート単位で分冊したPDF形式に変換した結果。

PowerPoint(PPTX)ファイルのノートレイアウトを出力

PowerPoint(PPTX)ファイルの「ノートレイアウト」を出力する機能を追加しました。

(例)コマンドライン

出力されるノートの範囲は、各スライドの1ページ目のみです。ノートが複数ページとなる場合は2ページ以降は出力されません。

その他

Office Server Document Converter V7.0 で実装された機能に関しては、「V7.0の新機能」をご参照ください。

Office Server Document Converter V6.1 までに実装された機能に関しては、「機能紹介」の各項目をご参照ください。

スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.