PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

瞬簡PDF 変換 11 変換機能

PDFを編集可能なOffice文書に変換!

『瞬簡PDF 変換 11』はPDFファイルからWordやExcel、PowerPoint、一太郎形式のファイルへ、簡単な操作で変換可能です。

変換したいファイル形式を選択

 

変換条件でより高精度な変換を!

PDFからの変換時に「変換条件」を指定することで、より高精度な変換を行うことができます。

ページサイズと列幅が同じ場合は、複数のページを1シートに変換する

Excel 2007-2019 形式への変換で「ページサイズと列幅が同じ場合は、複数のページを1シートに変換する」を 指定した場合、以下のように元のPDFで複数ページに分かれた表をエクセルの1シートにまとめて変換することができます。

セルを縦に結合する

Excel 2007-2019 への変換で「セルを縦に結合する」を指定した場合と、指定しなかった場合では 下記のような違いがあります。
図の右上は「セルを縦に結合する」オプションを指定しない変換結果です。セル内が複数行に分かれる場合はそのまま変換します(セルが複数行になるかどうかは、元データにより異なります)。 図の右下は「セルを縦に結合する」設定を有効(既定値)にした変換結果です。セル内が複数行に分かれる場合は行を結合して変換します。

レイアウト優先で変換

Wordへの変換で標準の変換と「レイアウト優先で変換」を指定した場合とでは次のような違いがあります。
左側は既定値でWordに変換した結果ですが、地図とその下の表が一部で重なって変換されてしまいます。 右側はレイアウト優先で変換した結果です。設定を有効に定することで、地図と表の重なりが解消されています。 レイアウト優先を指定すると、Word上の段落や表はテキストボックス内に変換されます(図の①、②、③)。

PDF変換時の変換条件

指定できる変換条件は変換先のファイル形式によって異なり、次のような変換条件を指定することができます。

ファイル形式 変換条件
Word 2007-2019 標準の変換
レイアウト優先で変換
 ※変換先でテキストボックスを配置してレイアウトを再現するため 比較的高い精度でレイアウトを再現できますが、 テキストボックスを多用するため編集がしにくくなります。
罫線をすべて線画に変換する
 ※PDFで罫線が使用されていた場合、セルの枠線を線画に変換します。
変換時のメモリー割り当て
 標準 / 多くする / より多くする
Word 97-2003 標準の変換
表をセルに変換する
 ※変換元PDFの表部分をWordのセルとして変換します。
線画を出力する
 ※変換元PDFの線画部分をWordでも線画として変換します。
レイアウト優先で変換
段落番号を変換する
下線、取消線を変換する
PDFが縦書きのとき、ワードの文字も縦書き書式に変換する
Excel 2007-2019 ページサイズと列幅が同じ場合は、複数のページを1シートに変換する
罫線をすべて画像に変換する
線画・画像を出力する
セルを縦に結合する
縦書きのテキストボックスを作成する
変換時のメモリー割り当て
 標準 / 多くする / より多くする
Excel 97-2003 ページサイズと列幅が同じ場合は、複数のページを1シートに変換する
罫線をすべて画像に変換する
線画・画像を出力する
セルを縦に結合する
PowerPoint 2007-2019 各行の末尾で改行する
変換時のメモリー割り当て
 標準 / 多くする / より多くする
PowerPoint 97-2003 段落番号を変換する
下線を変換する
一太郎 標準の変換
表をセルに変換する
線画を出力する
レイアウト優先で変換
下線、取消線を変換する

その他の変換条件

ファイル形式 変換条件
OCR結果をPDFに埋め込む 元データを画像化してOCRを埋め込む
元データの情報を保持してOCR結果を埋め込む
画像の品質
 高品質 / 中(既定値) / 低(高圧縮)
OCRテキスト形式 エンコード
 Windows31J / UTF-8 / UTF-16 / UTF-16(LE)
テキスト抽出 エンコード
 Windows31J / UTF-8 / UTF-16 / UTF-16(LE)
改行コードを追加する
ページ区切りを出力する

 

画像ファイルからOfficeへ変換

テキスト情報のないPDFや画像ファイルも、OCR(文字認識)処理により編集可能なOfficeファイルに変換できます。
また、TWAIN対応のスキャナーから直接画像を取り込む機能により、紙原稿も簡単にOfficeファイルへ変換できます。

本製品では、PDFの他に以下の画像形式からの変換に対応します(画像形式によっては内部フォーマットの相違などから正常に 判別・変換できない場合があります)。

※JPEG2000は対応外です。

OCRを使用した変換について

OCRとは画像化された文字(紙をスキャナーで取り込んだ文字等)をコンピューター上で扱える文字に変換する機能です。この機能により、従来画像として出力されていた文字を、編集可能な文字として出力します。
またOCR処理時には、あらかじめ解像度(dpi値)・回転や傾きの角度・出力時の日本語フォント/欧文フォントなど、詳細な設定を行った上で変換することもできます。

※OCRを使用した変換では、元の画像の画質によって文字が正しく認識できない場合があります。文字を正しく認識させるためには次のような画像がお勧めです。

OCR結果の補正

「OCR結果の補正」機能は、画像化されたPDFファイルの変換を行う際に、テキスト・表・画像にしたい箇所をそれぞれ変換前に設定することで、より正確な変換をサポートする機能です。

OCR結果の補正

  1. 「OCR結果を補正」画面の呼び出し
    メイン画面で変換先のファイル形式を設定後、ファイルを選択してボタン1つで操作画面を表示します。
  2. 領域の修正
    操作画面では自動的にテキスト・表・画像にする領域を認識し、その範囲を表示します。ここで表示された領域の大きさ・種別・位置などを手動で変更したり、画像の傾き・回転などの補正を行うことができます。
  3. 変換の実行
    指定した設定を使って変換を行います。

 

『瞬簡PDF 変換 11』は国産最高クラスの変換精度!

『瞬簡PDF 変換 11』の優れた変換精度をご確認ください。

PDFからWordへの変換例

PDFのテキスト・画像など内部情報を解析し、Wordの文字・段落・表書式や画像に変換します。段落への変換を優先するため、変換結果がWord上で編集しやすくなり再利用の手間を軽減できます。

PDFからWordへの変換例

PDFからExcelへの変換例

PDFからテキストと線分の位置情報を解析して、Excelのセル書式に再現します。セルの位置・大きさ・テキストの配置など、元の表イメージに近い変換結果を得ることができます。

PDFからExcelへの変換例

PDFからPowerPointへの変換例

PDFの1ページをPowerPointの1スライドに変換します。レイアウトを優先した変換で、元のプレゼンテーション・データを無駄なく再利用できます。

PDFからPowerPointへの変換例

変換詳細設定

「変換詳細設定」機能は、文字情報を含むPDFファイルについて余白・段組み・画像範囲・回転角度などを手動で指定し、変換結果を補正する機能です。
ファイル一覧画面からPDFを選択し、詳細設定を行いたい項目のボタンをクリックすることで「変換詳細設定」機能の操作画面が表示されます。

メイン画面

この画面で詳細設定を行うことで、さらに精度の高い変換を行うことができます。

詳細設定画面

詳細設定項目

設定項目 機能の説明 Word Excel Power
Point
一太郎
余白とヘッダ/フッタ 変換する際に、余白の範囲やヘッダ及びフッタの有無を指定することができます。また、設定はページ単位で設定することができます。 - -
表変換の指定 変換する際に、表(セル)や見出しに変換する範囲、縦罫線の位置などを設定することができます。また、PDF内で表になっていない部分についても、指定を行うことで表として出力することができます。
画像変換の指定 変換する際に、画像に変換する範囲を設定することができます。設定を行うことで線画や画像だけでなく、範囲内に含まれる文字も画像として出力することができます。
段組の指定 変換する際に、段組に変換する範囲を設定することができます。 - -
ページの回転 変換する際に、用紙の回転をページ単位で設定することができます。


スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.