PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

体験版のお申し込み

カタログPDFのダウンロード

ScanSave-V3

電子帳簿保存法「スキャナ保存」制度と「電子取引」データ保存対応ソフトウェア
タイムスタンプやコンサルティングも含むソリューションを
低価格で提供します!

『ScanSave-V3』(スキャンセーブ V3)は電子帳簿保存法4条3項「スキャナ保存」制度と法10条「電子取引」データ保存に対応した、Windows用デスクトップアプリケーションです。

見積書・注文書、領収書・請求書など、国税関係帳簿書類をスキャナで読み込んで、電子化し、「スキャナ保存」制度の要件を満たした管理運用を行うことができるので、原本となる紙の書類を廃棄することが可能になります。合わせて法10条「電子取引」データ保存に対応していますので、法令要件を確保した書類データ保存が可能です。

これにより紙の書類にかかる保管・輸送コストを削減できたり、電子化によって検索性が良くなり、事務効率が大幅にアップします。

ScanSave:商標登録 第5860444号

お問い合わせ・ご相談はこちらから

平成27年9月30日以降の新要件に対応!

スキャナ保存の要件対応についてはこちらから

国税一般書類向けと国税重要書類にも対応したフルサポートバージョンを用意

平成27年緩和で全ての証憑対象に広がり、平成28年緩和でスマホによるスキャナ保存が平成29年1月より可能となりました。
これらの緩和への対応と、ユーザー様や検討中のお客様の要望に応えて、『ScanSave-Lite-V2』と『ScanSave-V2』は、大幅に機能を強化した『ScanSave-V3』に生まれ変わり、そしてサーバクライアント型の『ScanSaveネットワーク接続版-V3』をV2.5からWeb機能などを追加してメジャーバージョンアップしました。

ScanSave-V3(スキャンセーブ V3)
国税重要書類で必要な「適正事務処理要件」要件確保用ソフトウェアです。(国税一般書類で認められる「適時入力」も可能です。)

見積書・注文書、領収書・請求書など、国税関係帳簿書類をスキャナで読み込んで、電子化し、「スキャナ保存」制度の要件を満たした管理運用を行うことができるので、原本となる紙の書類を廃棄することが可能になります。合わせて法10条「電子取引」データ保存に対応していますので、法令要件を確保した書類データ保存が可能です。

はじめてでも安心!導入支援コンサルティング
『ScanSave-V3』は「スキャナ保存」制度の要件の緩和にあわせて、大企業様・中堅企業様・中小企業様に向けた最適なソリューションを用意しています。むずかしい要件確保のために必要なものを「導入支援コンサルティング」として提供します。

タイムスタンプやコンサルティングも含む導入支援コンサルティングを、他社のソリューションと比較して低価格で用意しておりますので、無理なく制度をご導入いただけます。

製品構成と価格についてはこちらから

セミナーのお知らせ

info 第3回スキャナ保存祭り『アンテナハウス得意技フェア』
 開催日時: 2017年10月20日(金)10:00~17:00
 場  所: 中央区産業会館3階(受付)
       東京都中央区東日本橋2-22-4
 定  員: 200名
 詳細・お申込み: http://www.kokuchpro.com/event/ahfair1020/
 ⇒ 案内パンフレット(PDF)
info ついに運用開始!首都圏のスマホ・スキャナ保存の事例紹介セミナー
 開催日時: 2017年9月22日(金)14:00~17:00
 場  所: 株式会社CEGB
       東京都港区芝4丁目17番5号 相鉄田町ビル 2F
 定  員: 20名
 詳細・お申込み: http://www.kokuchpro.com/event/seminar0922/
 ⇒ セミナー案内パンフレット(PDF)

法的に有効な電子書類の作成で、紙の書類を廃棄

『ScanSave-V3』は、国税関連紙書類の「スキャナ保存」の要件や「電子取引」の保存要件を満たして電子保管することで、原本の紙の書類を廃棄できたり、検索/参照など電子書類の利点を活かした運用を、ローコストで導入することができます。

ScanSaveイメージ図

「電子帳簿保存法」「スキャナ保存」とは?

平成17年(2005年)4月1日にe-文書法*(法律の目的・趣旨のページで説明)が施行されました。その影響を受けて同時に改正された電子帳簿保存法の4条3項が「スキャナ保存」です。
国税関係書類の相手先から受取った紙の「納品書」や「請求書」や「注文書」などをスキャニングして、原本廃棄できる法律です。
2015年3月31日に電子帳簿保存法 施行規則が改正されて大規模な規制(3万円制限など)が緩和されまています。

『ScanSave-V3』の特長

  1. 電子帳簿保存法 施行規則3条で定められた「真実性の確保」と「可視性の確保」のシステム上の要件を備えています。
  2. 「電磁的記録の非改ざん証明機能」を維持するタイムスタンプ機能を搭載
    ・一括付与、一括検証、10年を超える場合のタイムスタンプの延長機能など
    ・タイムスタンプを月間1,000個まで秒制限なしで付与可能なタイプのものが標準で付属しています。(ネットワーク接続版の場合は、3,000個以上のタイムスタンプが付属しています。)
  3. 対象電子ファイルは、PDFに加えてJPEGやXDW(DocuWorks)ファイルも可能です。
    解像度や階調の保存情報の一括検査を自動で行い、運用ミスを防ぎます。

    ※XDWの解像度や階調の一括自動検査には、DocuWorksの製品版がインストールされている必要があります。
  4. 安心の自動バックアップ機能を搭載
    ・日常運用終了時に自動バックアップが選択可能です。
  5. タイムスタンプは"一の入力単位"毎に付与する方式に加えて"まとめて"タイムスタンプを付与する(個別ファイルの改竄検出機能付)方式も選択が可能です。
  6. 適正事務処理要件対応コンサルティングでは、下記のひな型 Wordファイルを提供して、導入アドバイスを致します。
    ・適正事務処理規程
    ・事務分掌細則
    ・スキャンによる電子化保存規程
    ・検査報告書
    ・事務処理不備報告書
    ・事務手続きの概要を明らかにした書類(スキャナ保存業務フロー)
  7. 『ScanSave』利用のお客様が、平成27年12月25日に税務署へのスキャナ保存申請を完了させ、平成28年3月26日にみなし承認を取得しています。

ソフトウェアの機能についてはこちらから

カタログPDFのダウンロード

『ScanSave-V2』と『ScanSave-V3』主な機能強化点について

  1. 「取引先マスタ」入力機能(V2)
  2. 「拠点」入力機能と権限内検索(V2)
  3. 検索要件入力時の固定(ピン)機能(V2)
  4. 「CSVデータ仮取込」から自動「データ呼出」機能(V2)
  5. PDF、JPEG、XDW並行利用機能(V2)
  6. スマホ用JPEG対応機能(V2)
  7. 「電子取引」等用PDF対応機能(タイムスタンプ無し対応)(V2)
  8. 「タイムスタンプ付与回数集計開始月」設定機能(V2)
  9. 「その他1」「その他2」へのマスタ機能追加(V3)
  10. 同一伝票複数明細時の「仮取込機能」選択機能対応(V3)
  11. 他システムデータ一括取込の同一伝票複数明細の自動複製対応(V3)
  12. ショートカットキーの装備(V3)
  13. ファイルリスト内検索機能(V3)

『ScanSaveネットワーク接続版』について

  1. SQL Server 2016 Standard対応※
    ※DBサーバ(HW・MW・DB・CAL等)は、お客様若しくはSier様側で構築含めてご準備頂きます。
  2. ScanSaveネットワーク接続版-V3用専用クライアントをモデル別に使用権を提供します。
    例)ScanSaveネットワーク接続版-V3_S :同時接続ユーザー3、最大インストール台数5台。
  3. ScanSaveデータ連携出力(エクスポート)と検索専用取込(インポート)機能
  4. 「他システムデータ(電子化ファイルとCSV)の一括取込」機能

『ScanSaveネットワーク接続版-V3』について詳しくはこちらをご覧ください。

電子帳簿保存法(「スキャナ保存」を含む)の法令通達Q&Aやパンフレット等の最新情報

  1. 制度創設等の背景
  2. 電子帳簿保存法の概要
  3. 関係法令集等
  4. 申請書等様式
  5. 電子帳簿保存法上の電子データの保存要件
  6. 電子帳票システムを利用している場合の申請事例
  7. 電子帳簿保存法Q&A
  8. 電子帳簿保存法関係パンフレット

詳しく下記URLに記載されています。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/dennshichobo/jirei/index.htm

お知らせ

お知らせ2017年4月20日
ScanSaveなどが”IT導入補助金”対象製品に採択されました!
~ScanSaveなどで最大100万円のIT補助金活用が可能です!~
(詳しくは、イベント情報をご覧下さい)
お知らせ2017年3月8日
操作方法がよくわかる、『ScanSave』操作説明動画の提供を開始致しました。
『ScanSave』体験版をお申し込み頂くとセットでダウンロード頂けます。
 ⇒ 体験版のお申し込みはこちらから。
お知らせ2017年2月1日
『ScanSaveネットワーク接続版-V2.5』の機能強化点は改訂情報をご覧ください。
 ⇒ 改訂情報
お知らせ2017年1月30日
『ScanSave』紹介動画を追加しました。 ⇒ 製品紹介動画
お知らせ2016年10月31日
「電子帳簿保存法に基づく電磁的記録による保存等の承認状況」が更新されて、平成26年度152件でしかなかった「スキャナ保存」が380件になっています。
詳細は、下記をご覧ください。
http://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/sonota2015/denshichobo.htm
お知らせ2016年9月9日
2016年8月 国税庁のHPのホーム>税について調べる>パンフレット・手引きのその他に「電子帳簿保存法におけるスキャナ保存の要件が改正されました(平成28年8月)(PDF/1,907KB)」が掲載されました。 https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/sonota/03.pdf
お知らせ2016年7月11日
『ScanSave』の登録商標手続きが完了して証憑登録証 登録第5860444号を受領しました。
お知らせ2016年6月21日
『ScanSave』の体験版を公開しました。 ⇒ 体験版のお申し込みはこちらから。
お知らせ2016年6月20日
『ScanSave/ScanSave-Lite/ScanSave適時入力導入支援パック/ScanSave業務サイクル入力導入支援パック』の改訂版(V1.0.1)の配布を開始しました。
詳しくは『ScanSave/ScanSave-Lite/ScanSave適時入力導入支援パック/ScanSave業務サイクル入力導入支援パック』の「改訂情報」ページをご覧ください。
お知らせ2016年2月23日
『ScanSave』(ソフトウェアのみ)の販売価格を \450,000 に改定しました。
お知らせ2015年7月13日
国税庁のHPに「電子帳簿保存法Q&A(平成27年9月30日以後の承認申請対応分)」
が週末掲載されました。
https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/dennshichobo/jirei/07_2.htm

本Q&Aにて、重要なのがタイムスタンプのまとめ打ちで問47に記載があります。
また、問54に小規模企業の適正事務処規程の例示が記載されています。
他にも重要要件が沢山記載されていますのでご確認下さい。
★これで施行規則→通達・趣旨説明→申請書→QAと詳細要件などが明確になりま
した!!
お知らせ2015年7月6日
国税庁HP新着情報配信サービス(http://www.nta.go.jp)より下記案内が出ました。
<内容は、「スキャナ保存」制度の規制緩和に係る通達関係です。>
平成27年6月29日から平成27年7月3日までに掲載した新着情報は次のとおり(スキャ
保存関係のみ抜粋しています)です。
■通達等

リセラー紹介

株式会社 CEGB
株式会社 CEGB
  • 電話:03-5942-4061 
    FAX:03-5942-4062
  • お問合せ:sales@cegb.co.jp
  • ホームページ:http://www.cegb.co.jp/
  • 特長:スマホでスキャナ保存とERP連携
  • 対象製品:ScanSave
ベル・データ株式会社
ベル・データ株式会社
  • 電話:03-5326-4331 
    FAX:03-5326-4332
  • お問合せ:xoblos@belldata.co.jp
  • ホームページ:http://www.belldata.com/
  • 対象製品:ScanSave

富士ゼロックス東京株式会社
富士ゼロックス東京株式会社
TOMAコンサルタンツグループ株式会社
TOMAコンサルタンツグループ株式会社
  • 電話:03-6266-2528 
    FAX:03-6266-2556
  • お問合せ:mochiki-k@toma.co.jp
  • ホームページ:http://toma.co.jp/
  • 対象製品:ScanSave
株式会社ジェイ・アイ・エム
株式会社ジェイ・アイ・エム

パートナー紹介

ピー・シー・エー株式会社
ピー・シー・エー株式会社
  • 電話:03-5211-2700(代表)
  • お問合せ:上記代表電話、もしくは http://pca.jp/area_topics/topask.html
  • ホームページ:http://pca.jp/
  • 特長:
    「攻めるなら経理から 会計ソフトはPCA」
    オンプレミス・クラウド お客様の環境にあわせてシステムをご提案いたします
  • 対象製品:ScanSave
株式会社Cloud Payment
株式会社Cloud Payment
株式会社エイトレッド
株式会社エイトレッド
株式会社PFU
株式会社PFU
  • 電話:050-3786-0811
  • お問合せ:scanners@pfu.fujitsu.com
  • ホームページ:http://www.pfu.fujitsu.com/imaging/
  • 特長:高い信頼性と高度な技術力で、イメージスキャナを開発・製造から販売・サポートまで行っております。
  • 対象製品:ScanSave
アイエックス・オープンシステム株式会社
アイエックス・オープンシステム株式会社
  • 電話:03-3431-3633
    FAX:020-4662-2538 (D-FAX)
  • お問合せ:info@ixos.co.jp
  • ホームページ:http://www.ixos.co.jp
  • 特長:ERPの伝票照会画面から電子化証憑を簡単に参照できます。
  • 対象製品:ScanSave
△ページ上部へ
スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.