PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

瞬簡PDF 編集 6 動作環境/制限事項

動作環境

『瞬簡PDF 編集 6』をご利用になるには以下の動作環境が必要です。
※シンクライアント環境の動作確認状況および、制限事項については「シンクライアント対応について」ページをご覧ください。
「シンクライアント対応について」ページ

対応OS Windows® 10、Windows® 8.1、Windows® 8、
Windows® 7、Windows Vista®(Service Pack 1以上)
各日本語版、32ビット(x86)/64ビット(x64)環境に対応しています
CPU 各OSのシステム要件にあるハードウェアの推奨最小要件を満たすプロセッサ
必要メモリ 上記OSが推奨するメモリ以上(これに加えて512MB以上を推奨)
ハードディスク 150MB以上の空き容量
(本製品を用いて作成される PDFファイルの容量は含みません)
ディスプレイ SVGA(800×600ドット)以上の解像度で、High Color(16ビット)以上が表示可能なカラーディスプレイ
※XGA(1024×768ドット)以上を推奨 ※SVGAの場合、一部の画面操作でスクロールが必要になります。
その他 本製品からTWAIN対応のスキャナーを使用することができます。
※WIAには対応しておりません。
Word/Excel/PowerPointファイルからPDFファイルを作成するには、ご利用のパソコンにMicrosoft Office(Word/Excel/ PowerPoint)が正しくインストールされていて、問題なく動作する必要があります。
Office アドイン機能を利用するには、ご利用のパソコンに以下のアプリケーションが正しくインストールされていて、問題なく動作する必要があります。
 Microsoft Word (2003/2007/2010/2013/2016)
 Microsoft Excel (2003/2007/2010/2013/2016)
 Microsoft PowerPoint (2003/2007/2010/2013/2016)
※ Microsoft Office 2003 については
  Microsoft社の延長サポート終了後、対象外とさせていただきます。

一太郎ファイルからPDFファイルを作成するには、ご利用のパソコンに一太郎 8~2013(ジャストシステム社)が正しくインストールされていて、問題なく動作する必要があります。
PDF生成仮想プリンタドライバ「Antenna House PDF Driver 6.0」からPDFを作成する場合は、そのファイルを表示して「印刷」を行えるアプリケーションが必要です。

扱えるPDFの種類

  • PDF 1.3( Adobe Acrobat 4 , Adobe Distiller 4 )
  • PDF 1.4( Adobe Acrobat 5 , Adobe Acrobat Distiller 5 )
  • PDF 1.5( Adobe Acrobat 6 , Adobe Distiller 6.0 )
  • PDF 1.6( Adobe Acrobat 7 )
  • PDF 1.7( Adobe Acrobat 8~)
    ※Acrobat 8以降のバージョンで保存される、パッケージ形式には対応していません。指定された場合は表紙PDFのみ表示されます。
PDF標準のセキュリティが設定されているPDFを処理する場合は、原本登録時にパスワードの入力を求めるダイアログを表示しますので、そのPDFに設定されているパスワードを入力することで登録、及び編集処理が可能となります。
セキュリティ設定されているPDFを登録すると、作業スペース上でサムネイルに鍵マークが付きます。

取り込み時にPDF変換できるファイルの種類

本製品にドラッグ&ドロップで取り込み時にPDF変換が可能なファイル形式は以下の通りです。
これら以外のファイルをPDFにする場合は、そのファイルを表示して印刷できるアプリケーションの印刷機能から、プリンターの代わりに『Antenna House PDF Driver 6.0』を利用することで、PDFを作成することができます。
  • テキスト
  • 画像(BMP、JPEG、PNG、GIF、TIFF、SVG、EMF、WMF)
  • Microsoft Office(Word、Excel、PowerPoint[2003~ 2016 まで])
  • 一太郎[8 ~ 2013まで]

シンクライアント環境の動作について

『瞬簡PDF 編集 6』は、シンクライアント環境で動作を確認しています。
シンクライアント環境の動作確認状況および、制限事項については「シンクライアント対応について」ページをご覧ください。
「シンクライアント対応について」ページ

旧バージョンとの互換性

本製品は、旧バージョン 瞬簡PDF 編集 5 の機能と操作性について見直し、1から作り直したものです。従って、機能及び操作性の相違が多数あります。

本製品の操作性について

  • 旧バージョンに比べ大幅に高速化しています。 例えば、173ページのPDFを読み込んだり、2つのファイルを結合してPDF出力したケースでは8倍以上高速になりました。
  • リボンインターフェイスが採用されたことにより、ほぼすべての機能がリボンに集約され、見た目はよりシンプルに。必要な機能を見つけやすくなりました。
  • 本体とビューアが統合され、1つのウィンドウ内ですべての作業ができるようになっています。

本製品で追加された機能

  • 墨消し機能
    元の PDFから不要な文字を完全に消去した PDFを作成できます。
  • 注釈のテキスト検索
    本文のテキスト検索に加え、注釈にあるテキストの検索もできます。
  • 印刷プレビューと位置補正
    印刷結果を事前に確認できます。また、用紙上の位置を補正して印刷することができます。補正結果も印刷プレビューで確認できます。
  • ビューアーの表示レイアウト選択
    PDF 内容の表示は、単ページと見開きを選べます。また、表示をページ毎に送るか、連続したイメージで送るかを選べます。
  • 前の表示、次の表示
    前の表示で、表示位置や表示レイアウト・表示倍率などを、遡って再現します。次の表示で遡った表示を逆戻しできます。
  • 作業スペースのインポート、エクスポート
    作業スペースの状態をエクスポートして保存できます。別の編集作業をした後に、エクスポートした作業スペースの状態をインポートすれば、再度同じ状態で作業を再開できます。
  • ヘッダー/フッター機能
    ページ番号、日時、ユーザー名などをヘッダー/フッターに設定して印刷、PDFへ出力することができます。

本製品でなくなった機能

  • 旧バージョンの作業スペースとの互換性はありません。必要なPDFがあれば旧バージョンで出力後、取り込みなおしてください。
  • 複数の作業スペースを取り扱うことはできなくなりました。代わりに作業スペースをファイルに出力することができるようになりました(エクスポート機能)。ファイルを切り替えてご利用ください。
  • 「領域塗りつぶし」機能は廃止しました。「墨消し」機能をご利用ください。
  • 「透かし付加」機能は廃止しました。「画像」オブジェクトと「不透明度」機能をご利用ください。
  • 「原本」ペイン、「原本ファイルの編集」、「原本の更新確認」など原本ファイルに関する機能はすべて廃止しました。
  • 「ページを逆順にする/奇数・偶数ページを入れ替える」機能は廃止しました。
  • 「付箋」機能は廃止しました。
  • 「文字列追記」機能は廃止しました。文字列の追加は「テキストボックス注釈」をご利用ください。ページ番号の追加などは「ヘッダー・フッター」機能をご利用ください。
  • 「捺印」機能は廃止しました。印影は画像として貼り付けてください。
  • 「瞬簡PDF 変換」「瞬簡PDF 書けまっせ」との連携機能は廃止しました。

制限事項

『瞬簡PDF 編集 6』には以下の制限事項があります。
※シンクライアント環境の動作確認状況および、制限事項については「シンクライアント対応について」ページをご覧ください。
「シンクライアント対応について」ページ

「Antenna House PDF Driver」の制限事項

  • 本製品は、ネットワークプリンターとしてご利用いただくことはできません。
  • 縦書きや文字が回転されている場合は、フォントを埋め込む設定でPDF 出力を行ってください。フォントを埋め込んでいない場合、文字が元文書とは異なる方向に回転したり位置がずれて表示される場合があります。
  • 対応フォントは、TrueType、OpenType、Type1 フォントです。Windows で使用可能なフォント以外については動作保証されません。また、フォントの仕様に沿っていないフォントについても動作保証されません。
    • TrueType フォント
      TrueType フォントファイルは.TTF または.TTC の拡張子を持ちます。
    • OpenType フォント
      OpenType フォントファイルは.TTF または.OTF の拡張子を持ちます。前者はTrueType アウトライン情報が、また後者はPostScript アウトライン情報が、 フォントファイルに含まれます。
    • Adobe Type1 フォント
      Windows で使用される場合、.PFM+.PFB フォントファイルのペアになります。
  • Microsoft Office で設定した透過度、グラデーションがPDF に正常に反映されないことがあります。
  • Excel ファイルにおいて、印刷品質(解像度)設定値の変更を行った場合、出力されるPDFファイルの結果が印刷プレビューと異なり、行やページが増減する場合があります。
  • PowerPoint において、スライドに塗りつぶしの背景が設定されている場合、最背面に指定された透かしは表示されません。背景がページを覆う矩形としてPDFに出力され、透かしがこの矩形の背面に配置されるためです。
  • PowerPoint 2007 上のアドインボタンを使用してPowerPoint 文書をPDF 出力すると、「修正できない問題が見つかりました。プレゼンテーションを保存してPowerPoint を終了し、再起動してください。」というエラーメッセージが出てしまうことがあります。これはアドインの出力の設定で「リンクを出力する」のチェックを外すとPDF 出力が可能になることがありますので、再度お試しください。
  • Windows Vista(64bit)、Windows XP(64bit)、Windows Server 2003(64bit)のコンピュータで32bit アプリケーションからドキュメントを印刷するために raw モードを使用すると、DEVMODE データ構造のプライベートデータが破損する可能性があります。詳細については、以下を参照してください。
    http://support.microsoft.com/kb/930627/ja
  • Excel 2007/2010/2013/2016 において、シートの「ページ設定」で「拡大縮小印刷」の設定があり100%ではない設定(拡大あるいは縮小されている)のとき、「印刷」で「AntennaHouse PDF Driver」が選択されている状態で「保存と送信」(2013/2016 では「エクスポート」)の「PDF/XPS ドキュメントの作成」(Office2010 の場合のメニュー名)からPDF を作成すると、「拡大縮小印刷」設定が反映されません。
  • 縦書きフォントの一部の文字・記号が回転されて表示される場合があります。
  • PDF Driver を呼び出すアプリケーションのしくみによっては、名前を付けて保存ダイアログやフォルダ参照ダイアログが古いデザインで表示される場合があります。
  • 「用紙サイズ(インチ換算)×解像度」の値が非常に大きくなる設定のときに、印刷が行われずPDF ファイルが出力されない場合があります。そのような場合は、用紙サイズを小さくするか、あるいは、解像度を低い値に設定してください。
  • PDF Driver は、Modern UI には対応していません。Modern UI を持つアプリケーションからPDF Driver に印刷を行った場合、ファイル保存ダイアログはデスクトップに表示されます。
  • PDF Driver は、Windows 8 以降 付属の「リーダー」について動作保証していません。PDFファイルが「リーダー」と関連付けられているとき、PDF Driver の設定が「作成後PDFを表示」であっても作成後にPDF ファイルが表示されない場合があります。
  • 花園明朝は扱えません。
  • PowerPoint において、印刷オプション「用紙に合わせて拡大/縮小」(PowerPoint2010/2013/2016 の場合)または「用紙サイズに合わせて印刷する」(PowerPoint 2003/2007の場合)にチェックが付いている設定の場合、PDF Driver の印刷設定ダイアログで設定された倍率は反映されません。
  • PowerPoint アドイン変換において、表の中の文字列に設定されたハイパーリンクをPDFのリンク注釈として正しく出力できません。
  • 透かし文字列のフォントとして「Roman」などのfon 形式フォントを選択した場合、透かし文字列が正しく出力されません。
  • 印刷設定「開き方」タブの「メニューバーを隠す」設定で出力されたPDF ファイルをAcrobat Reader DC / Acrobat DC で開いた場合、メニューバーは非表示になりません。
    (確認バージョン:2015.007.20033)

「瞬簡PDF 編集 6」の制限事項(PDFの表示、印刷)

  • 本製品では、PDF1.3~1.7 仕様準拠の PDFを扱うことができます。なお、PDF1.7のパッケージ形式には対応しておりません。表紙に相当するPDFファイルのみを表示します。
  • 本製品では、弊社独自の PDFリーダーを使用して PDFを表示します。このため表示結果は、Acrobat/Adobe Readerなどと全く同じにはなりません。
  • PDF で使用されているカラースペース、グラフィックス要素の一部で未対応のものがあります。このため PDFを正確に表示できない場合があります。
  • PDF保存・印刷時の制限SeparationとDeviceNのカラースペースを使用したPDFは、元と異なった色で表示される場合があります。
  • 塗りつぶしパターン、シューディングパターン(グラデーション・メッシュなど)の一部には対応していません
  • レイヤーには対応していません。グループ毎に可視、不可視を選択することは出来ません。全て表示されます。
  • JavaScript、アーティクル、XMLデータ、一部の注釈などのPDF付加情報の読み込み/書き出しには対応しておりません。
  • 注釈、しおりは読み込み/書き出しに対応しますが、表示は注釈(外観情報を持つものに限る)のみとなります。
  • PDF に記述されたフォントがパソコンにない場合は、パソコンで使用できる近似のフォントを検索して表示します。このため、検索されたフォントによっては元文書のイメージと異なる表示がされる場合があります。
    ただし、フォントが埋め込みされている PDFは、埋め込まれているフォント情報を使って文字部分を表示します。
  • 文書を開くパスワードで保護された PDFは、本製品上で正しいパスワードを入力しないと読み込みできません。
  • 本製品の「トリミング」機能と「ページサイズ変更」機能は、同時に行うことができません。
  • 一部の注釈(スタンプ、キャレット、インク、サウンド、動画など)は外観情報がある場合に表示をおこなうことができるのみで、編集や再生などをおこなうことはできません。

「瞬簡PDF 編集 6」の制限事項(PDFの生成)

  • 出力されるPDFファイルのPDFバージョンは、原則として入力ファイルの情報が引き継がれます。任意のPDFバージョン番号を設定することはできません。
  • PDF/A-1b、PDF/Xに対して編集を行った場合、PDF/A-1b、PDF/Xの情報は破棄されます。
  • ビットマップフォント、Type3フォントには対応していません。
  • PDF ファイルのファイルサイズは2GB までです。2GB を超える PDF ファイルの場合はエラーとなります。
  • 面付けを設定した場合、画像の最適化指定は適用されません。また、注釈等のオブジェクトおよび、しおり情報は削除されます。
  • トリミングをした状態で面付けを設定した場合、トリミング範囲外のテキストは表示はされないもののテキスト選択ができる状態となります。

スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.