PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr
デスクトップ製品のご購入サポート ご購入に関するお問い合わせ先はこちら

シンクライアント環境での動作について

アンテナハウスのデスクトップ製品はシンクライアント環境でも動作確認を行っています。
VMwareなどを利用した仮想OS上での動作や、WindowsのリモートデスクトップやXenAppを利用したアプリケーションなどに対応していますが、具体的にどのような環境でご利用いただけるのかを下記にご説明いたします。

シンクライアント環境での動作確認済製品

次の製品について、シンクライアント環境での動作を確認しています。

瞬簡PDF 作成
瞬簡PDF 変換
瞬簡PDF OCR
瞬簡PDF 編集
瞬簡PDF 書けまっせ

また、以下の製品については「 Citrix Ready 」に登録しています。詳しくはCitrix Ready のWebサイトをご覧ください。

Citrix Ready 取得済製品

瞬簡PDF 作成
瞬簡PDF 変換
瞬簡PDF 編集
瞬簡PDF 書けまっせ

Citrix Ready

仮想OS

サーバー上に構築された仮想領域に作成された仮想OS環境で動作確認を行っております。
このような環境では、物理環境と同様に、各仮想OSにそれぞれアプリケーションをインストールしていただいた上でクライアントに配信していただく必要がありますが、クライアント上は物理環境で使用される場合と同じ動作となります。
なお、仮想OSは各アプリケーションで動作保障を行っているOSである必要があります。

仮想OSのイメージ

対象となる環境

Microsoft Windows Server 2008 R2 Hyper-V 上の仮想OS
VMware vSphere Hypervisor 上の仮想OS
VMware View で配信された仮想OS

アプリケーションの配信

アプリケーションサーバー上にインストールされたアプリケーションを、Citrix XenApp で各クライアントに配信して使用することができます。また、Windowsのリモートデスクトップサービスを利用して、サーバーのデスクトップ環境をクライアントに配信して使用することもできます。
このような環境では、サーバーにアプリケーションを1回インストールするだけで、配信先のクライアントにインストールする必要はありません。
また、各アプリケーションはマルチユーザーにも対応しているため、ドメインに対して適切なグループポリシーの設定が行われていれば、各アカウントごとの設定も保存することができ、同じアカウントであれば、どのクライアントからアクセスしても同じ設定でご利用いただくことができます。

アプリケーションの配信

対象となる環境

ターミナルサービス
Microsoft Windows Server 2012 R2 リモートデスクトップ
Microsoft Windows Server 2012 リモートデスクトップ
Microsoft Windows Server 2008 R2 リモートデスクトップ
Microsoft Windows Server 2008 ターミナルサービス
Microsoft Windows Server 2003 R2 ターミナルサーバ
Microsoft Windows Server 2003 ターミナルサーバ
Citrix XenApp
Microsoft Windows Server 2008 R2 リモートデスクトップ 上の Citrix XenApp 7.6
Microsoft Windows Server 2008 R2 リモートデスクトップ 上の Citrix XenApp 6.5
Microsoft Windows Server 2008 R2 リモートデスクトップ 上の Citrix XenApp 6.0
Microsoft Windows Server 2008 ターミナルサービス 上の Citrix XenApp 5.0
Microsoft Windows Server 2003 ターミナルサーバ 上の Citrix XenApp 5.0

アンテナハウスのデスクトップ製品は「 Citrix Ready 」に登録しています。詳しくはCitrix Ready のWebサイトをご覧ください。

Citrix Ready

動作環境上のご注意

  • アプリケーションの配信をされる場合、ストリーム配信については非対応となります。
  • 『瞬簡PDF 書けまっせ』や、『瞬簡PDF 編集』、『瞬簡PDF タッチ』、『瞬簡PDF OCR』等に搭載されているスキャナとの連携機能についてはシンクライアント環境では動作対応外となります。また、『瞬簡PDF 書けまっせ』や『瞬簡PDF タッチ』の、タッチパネルやタブレット等での操作についても動作対応外となります。
  • シンクライアント環境で『瞬簡PDF OCR』を使用される場合、Ver.1.0.3 以降のバージョンが必要となります。
  • クライアントPC上のファイルをドラッグ&ドロップで各製品に追加して表示させることはできません。
  • 『瞬簡PDF 変換』をWindows Server 2003 / 2008 でご利用になる場合、OSにService Pack 2 以降が導入されている必要があります。
  • シンクライアント環境上で『瞬簡PDF 作成』をご利用になる際の制限事項については、瞬簡PDF 作成 のシンクライアント対応についてをご参照ください。
  • シンクライアント環境上で『瞬簡PDF 編集』をご利用になる際の制限事項については、瞬簡PDF 編集 のシンクライアント対応についてをご参照ください。

ライセンスについて

上記のようなシンクライアント環境で各アプリケーションをご利用いただくためには、専用のライセンスをご購入いただく必要があります。
ライセンスについての詳細はシンクライアントライセンスをご参照ください。

ご注意

アプリケーションをサーバーにインストールして、クライアントからアクセスする場合、XenAppのようにアプリケーション配信の仕組みを導入されていない環境では、クライアントでアプリケーションをご利用頂くことができません。
このような環境でのご利用を想定されている場合は、従来のサイトライセンスをご検討ください。
サイトライセンスをご購入いただいた場合、インストール時にサーバーインストールを選択することができます。サーバーインストール後に各クライアント側でクライアントインストールを行うことで、サーバーにインストールされたアプリケーションをクライアントでご利用いただくことができます。
※クライアントには必要最小限のファイルのみがコピーされます。

ご利用の目安

アンテナハウスのデスクトップアプリケーションにおけるサーバのメモリ消費量の目安を掲載します。

実測環境

OS:Microsoft Windows Server 2008 R2
搭載メモリ:4GB
搭載CPU:Intel Core i5 2.8GHz
クライアントからの接続方法:リモートデスクトップ

※クライアントからリモートデスクトップでサーバに接続した時点で1クライアントあたり約 100 MB程度のメモリが使用されます。

クライアントからサーバに接続し、弊社各アプリケーションを起動すると、17 MB ~ 27 MB 程度のメモリが使用されます。
1 クライアントのみ接続した状態で『 瞬簡PDF 変換』にてPDFからWordに変換を行ったところ、OCRを使用した画像変換で、2分20秒程度の時間を要しました。 このファイルを 10 クライアントで、それぞれ同時に変換を試みた場合、各クライアントとも3分15秒程度の処理時間を要しました。 この時、使用メモリは 1 クライアントあたり 150 MB 使用しており、 10 アカウント で 1.5 GB 程度の消費量となっております。

上記結果より、メモリ 3 ~ 4 GBあたり、10 クライアント程度であれば問題なく動作することが確認できました。

※数値はあくまでも目安となります。ご利用環境等によってはこの通りにならないケースもございます。

△ページ上部へ
スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.