PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

スペース

News Release

2016年2月4日

世界標準のレイアウト仕様に準拠する自動組版ソフトの
Antenna House Formatter V6.3 リリースのお知らせ

アンテナハウス株式会社(本社:東京、社長:小林徳滋、資本金:4,000万円)は、2016年2月4日より『Antenna House Formatter V6.3』を販売開始いたしました。

『AH Formatter』は XML で記述されたマニュアル、契約書、報告書・書籍などを XSL-FO または CSS を使ってレイアウト指定して、PDF に出力したり印刷するソフトウェアです。

XSL-FO は W3C が XML に対するレイアウト指定の標準として勧告している世界標準です。国内外で『AH Formatter』は最も優れた XSL-FO 準拠製品との評価を確立しており、現在、自動車、携帯電話、航空機、OA 機器のメーカ等のマニュアル制作システムなど数千社のお客様にお使いいただいています。

AH Formatter V6.3 新しい機能

『AH Formatter V6.3』では、ご要望の多かった次の機能などに対応いたしました。
 ※ リンクはオンラインマニュアル内の該当箇所へ指定してあります。

  • ミャンマー文字に対応しました。
  • シンハラ文字に対応しました。
  • 見開きページマスタが指定可能になりました。
  • fo:flow 直下に fo:page-sequence を記述して入れ子にできるように拡張されました。
  • CSS の @counter-style が指定可能になりました。
  • CSS でも background-repeat に paginate が指定可能になりました。
  • CSS でも force-page-count が指定可能になりました。
  • ページ番号を逆順に振るかどうかが指定可能になりました。 ☞ axf:reverse-page-number
  • 脚注を奇数または偶数ページに配置することが指定可能になりました。 ☞ axf:footnote-position
  • axf:float-x に alternate が指定可能になりました。
  • border-style="double" の線の太さが指定可能になりました。 ☞ axf:border-double-thickness
  • border-style="wave" の形状が指定可能になりました。 ☞ axf:border-wave-form
  • cmyk()cmyka() 関数が利用可能になりました。
  • TeX 辞書によるハイフネーションをしたい言語が指定可能になりました。 ☞ hyphenation-TeX
  • ハイフネーションに "nb(ノルウェー語(ブークモール))" と "nn(ノルウェー語(ニーノシュク))" が指定可能になりました。
  • ギリシャ語で大文字のときのアクセントが調整可能になりました。 ☞ omit-uppercase-word-accents
  • fo:external-graphic で XML ファイルへのフラグメントが指定可能になりました。 ☞ 指定方法
  • MathML の擬似スクリプト処理を有効にするかどうかが指定可能になりました。 ☞ pseudoScripts
  • MathML の stretchy の値に符号付き長さが指定可能になりました。
  • <menclose notation="circle"> で描く楕円を境界矩形に内接させるか外接させるかが指定可能になりました。 ☞ encloseCircle
  • 均等割り付けの処理方法が指定可能になりました。 ☞ axf:text-justify
  • リーダ自身を justify するかどうかが指定可能になりました。 ☞ justify-leader
  • タブ位置が指定可能になりました。 ☞ axf:tab-stops
  • オーバーフロー制限値が指定可能になりました。 ☞ axf:overflow-limit
  • 各ページ下部に表示する文字列が指定可能になりました。 ☞ watermark2-text
  • オーバープリントが指定可能になりました。 ☞ axf:overprint
  • PDF に埋め込む透明画像を非透明に変換するかどうかが指定可能になりました。 ☞ transparent-image
  • 画像の処理で、PDF へそのまま出力できる画像をそのまま出力するか、ダウンサンプリングなどの対象とするかどうかが指定可能になりました。 ☞ pass-through
  • PDF へ出力する画像の高圧縮設定が GUI で指定可能になりました。 ☞ 設定内容
  • PDF の注釈アイコンに透過が指定可能になりました。 ☞ axf:annotation-color
  • PDF の注釈の作成者が指定可能になりました。 ☞ axf:annotation-author
  • PDF のしおりの出力が抑制可能になりました。 ☞ -psbkm
  • タグ付き PDF にタグ付き PDF を埋め込むかどうかが指定可能になりました。 ☞ import-tagged-pdf
  • PDF を暗号化するとき、メタデータも暗号化するかどうかが指定可能になりました。 ☞ encrypt-metadata
  • PDF へ出力される実数値が限界値を超えないようにすることが指定可能になりました。 ☞ real-value-limit
  • PDF に埋め込まれる OpenType フォント(CFF形式)のサイズが縮小されました。
  • バーコードジェネレータオプションData Matrix が指定可能になりました。
  • バーコードジェネレータオプションPDF417 が指定可能になりました。
  • バーコードジェネレータオプションでバーコードの色が指定可能になりました。
  • QR バーコードの余白(クワイエットゾーン)が変更可能になりました。
  • PostScript® 出力で pdfmark 出力時に透明を処理するかどうかが指定可能になりました。 ☞ transparency
  • GUI からオプション設定ファイルが編集可能になりました。 ☞ オプション設定ファイルを編集
  • GUI 上でテキストのベースラインが表示可能になりました。 ☞ ベースラインも表示
  • 非Windowsでも URI スキームに https が指定可能になりました。
  • 組版処理の速度が向上しました。
  • Windows Server 2012 R2、Windows 8.1、Windows 8.1 x64 Edition、Windows 10、Windows 10 x64 Edition が動作環境に追加されました。

本製品の主な特長

  • 多言語の組版ができます。ラテン文字、キリル文字、ギリシャ文字、日本文字、中国簡体字、中国繁體字、ハングル、アラビア文字、ヘブライ文字、デヴァナガリ文字、タイ文字などを使う 70以上の言語の組版処理ができます。
  • 柔軟な禁則や約物詰めなど高度な日本語組版処理、複雑な表の自動レイアウトなどが可能です。
  • アプリケーションに組み込むために、コマンドライン、.NET、COM、Java、C/C++ の各インターフェイスが使用できます。
  • 数万ページに及ぶ大規模な文書の組版処理ができます。
  • PDF/A、PDF/X、タグ付き PDF など高度な PDF を作成できます。
  • SVG、MathML、EMF、WMF、CGM 画像は、ベクトルデータのまま PDF 中に描画できます。
  • 出力する PDF 中に他の PDF の任意のページをベクトルデータのまま埋め込むことができます。
  • バーコードを画像(png または svg)として生成して、文書中に埋め込むことができます。
  • 住基ネット統一文字コードで記述された文書を扱うことができます。

出力形式

組版結果を次のような多種類の形式のファイルに出力できます。

  • プリンタへの印刷(Windows 版)
  • PDF
  • SVG
  • PostScript
  • INX
  • XPS
  • MIF

対応プラットフォーム

  • Windows(32ビット、64ビット)
  • Solaris(SPARC version、x86 version)
  • Linux(32ビット、64ビット)
  • Macintosh

詳しくは、次の Web ページをご覧ください。
 → http://www.antenna.co.jp/AHF/spec.html

ライセンスの種類と価格

ライセンスには次の 4種類があります。

  • サーバライセンス:500,000円~700,000円(税抜)
    サーバ上でプログラムを稼動し、ネットワークに接続したクライアントに機能を提供するためのライセンスです。
  • デベロッパライセンス(開発ライセンス):300,000円~420,000円(税抜)
    SI 会社やコンサルタントやシステム開発担当者が、『AH Formatter』を組み込んだシステム開発、システム試験用などの用途にのみ使うためのライセンスです。
  • スタンドアロンライセンス:100,000円~140,000円(税抜)
    単独のコンピュータ上で本製品の機能を利用するライセンスです。
  • ASP ライセンス:価格応談
    ASP/SaaS に利用するためのライセンスです。

詳しくは、次の Web ページをご覧ください。
 → http://www.antenna.co.jp/AHF/license.html

出荷開始

本製品の出荷開始は 2016年2月4日からです。

お問い合わせ先

〒103-0004
 東京都中央区東日本橋2-1-6 東日本橋藤和ビル5F
 アンテナハウス株式会社
 システム営業グループ
 電話番号:03-5829-9021
 FAX番号:03-5829-9024
 Eメール:sis@antenna.co.jp

本製品の詳細は次の Web ページをご覧ください。

http://www.antenna.co.jp/AHF/

スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.