PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

瞬簡PDF 作成 8 動作環境/制限事項

動作環境

『瞬簡PDF 作成 8』をインストールしてご利用になるには以下の動作環境が必要です。
※シンクライアント環境の動作確認状況および、制限事項については「シンクライアント対応について」ページをご覧ください。
「シンクライアント対応について」ページ
対応OS ※本製品はデスクトップアプリケーションです。
Windows 10 (32ビット/64ビット) 日本語版 ※最新バージョンで動作確認済
Windows 8.1 (32ビット/64ビット) 日本語版
Windows 7 (32ビット/64ビット) 日本語版
※64ビットWindows環境ではWOW64で動作します。
 『Antenna House PDF Driver 7.5』は64ビットネイティブで動作します。
CPU 上記OSが動作するインテルx86系プロセッサ(1GHz以上推奨)
必要メモリ OSが推奨するメモリ容量以上 ※容量が多いほど快適にご利用いただけます。
ハードディスク 150MB以上の空き容量
ディスプレイ 解像度800×600以上、16ビットカラー(65,536色)以上
光学ドライブ パッケージ(CD-ROM)版をご購入の場合、本製品をパソコンに導入するためにはCD-ROMの読み込み可能なドライブが必要です。
なお、CD-ROMドライブをお持ちでない場合は、クロスメディアサービスを利用することができます。
詳しくは、次のアドレスをご参照ください。 http://www.antenna.co.jp/cross/
その他 Word/Excel/PowerPointファイルからPDFファイルを作成するには、ご利用のパソコンにMicrosoft Office(Word/Excel/ PowerPoint)が正しくインストールされていて、問題なく動作する必要があります。
Office アドイン機能を利用するには、ご利用のパソコンに以下のアプリケーションが正しくインストールされていて、問題なく動作する必要があります。
 Microsoft Word (2010/2013/2016)
 Microsoft Excel (2010/2013/2016)
 Microsoft PowerPoint (2010/2013/2016)
※64ビット版にも対応
一太郎ファイルからPDFファイルを作成するには、ご利用のパソコンに一太郎(ジャストシステム社)が正しくインストールされていて、問題なく動作する必要があります。
PDF生成仮想プリンタドライバ「Antenna House PDF Driver 7.5」からPDFを作成する場合は、そのファイルを表示して「印刷」を行えるアプリケーションが必要です。
「瞬簡PDF 作成 8」の一括印刷機能を利用するには、ご利用のパソコンにそのファイルを右クリックメニューから印刷できるアプリケーションが必要です。弊社で動作確認しているアプリケーションは、Adobe Acrobat/Adobe Reader 8~XIです。
※Wondows の「リーダー」アプリおよびストアアプリ、Microsoft Edge にファイルの拡張子が関連づけられている場合は、印刷できません。
本製品からTWAIN対応のスキャナーを使用することができます。※WIAには対応しておりません。
Internet Explorer用アドオン機能は、Microsoft Internet Explorerのバージョン11 でご利用いただけます。 ※ストアアプリ(Modern UI)版のInternet Explorerではご利用いただけません。

※旧バージョンにあったサイトライセンスをご購入の場合に可能だったサーバーインストール方式でのインストール方法について、『瞬簡PDF 作成 8』からは廃止となりましたのでご注意ください。
なお、シンクライアント環境へのインストールは対応しておりますので、シンクライアント環境のサーバーへのインストールおよび、複数のクライアントからの利用は可能です。

ご注意 : Windows 7 / Windows Server 2008 R2 の環境でご利用のお客様へ

アンテナハウスでは、より安全な環境でアプリケーションの実行およびインストールをしていただけるよう、アップデートプログラム、セットアッププログラム、アプリケーションなどに付与するデジタル署名のコードサイニング証明書にSHA-2 に対応した証明書を採用しました。

これに伴い、SHA-2 証明書に対応していない Windows/Windows Server 環境でアップデートプログラム、セットアッププログラム、Officeアドインの登録/解除、IEアドオンの登録/解除を実行すると、ユーザーアカウント制御で認識できないプログラム、認識できない発行元として警告が表示されます。

Windows 7 / Windows Server 2008 R2 の2015年3月10日に公開されたSHA-2 コードサイニング証明書をサポートするという Windows Update を適用していない場合に発生しますので、このような場合 SHA-2 コードサイニング証明書をサポートする Windows Updateを適用してください。

制限事項

『瞬簡PDF 作成 8』には以下の制限事項があります。
※シンクライアント環境の動作確認状況および、制限事項については「シンクライアント対応について」ページをご覧ください。
「シンクライアント対応について」ページ

PDF生成仮想プリンタドライバ「Antenna House PDF Driver 7.5」の制限事項

  • Antenna House PDF Driverは印刷機能を持つすべてのソフトウェアで使用することができますが、動作環境やソフトウェアの仕様などにより、正常にPDFが作成できない、描画状態がオリジナルと異なるなどの現象が発生する場合があります。弊社では、下記のソフトウェアで印刷テストを行っています。
     ・Microsoft Word 2010/2013/2016 日本語版
     ・Microsoft Excel 2010/2013/2016 日本語版
     ・Microsoft PowerPoint 2010/2013/2016 日本語版
  • Antenna House PDF Driverは、ネットワークプリンターとしてご利用いただくことはできません。
  • Windowsのプリンター一覧に表示されるプリンター名を変更しないでください。一部の機能が正常に動作しなくなるおそれがあります。
  • Adobe AcrobatなどのPDFビューアからAntenna House PDF Driverを指定し印刷する動作、および印刷結果であるPDFファイルについては保証されません。
  • Antenna House PDF Driverを使用した場合に作成可能なPDFバージョンは、PDF1.3~PDF1.7です。
  • 縦書きや文字が回転されている場合は、フォントを埋め込む設定で印刷を行ってください。フォントを埋めこんでいない場合、文字が元文書とは異なる方向に回転したり位置がずれて表示されます。
  • 縦書き文字の出力対応は、MSゴシックとArial Unicode MSを基準としています。
  • 対応フォントは、True Type、Open Type、Type1フォントです。Windowsで使用可能なフォント以外については動作保証されません。また、フォントの仕様に沿っていないフォントについては動作保証されません。
  • Open Type Fontでは、フォントによって縦書き記号が回転する場合があります。
  • Open Type Fontをフォント作成ツール「FontForge」でTrue Type Fontに変換したフォントは正しく変換されません。
  • 透過画像や図形が含まれているとき、出力されたPDFでは黒く塗りつぶされた表示になる場合があります。
  • 透過画像や図形が含まれているとき、PDF/AやPDF/X設定時にPDFが出力されない、あるいは、ファイルサイズが0KBであるPDFファイルが出力される場合があります。
  • 画像や図形のグラデーションやパターンが元文書の通りに変換されない場合があります。
  • Excelファイルにおいて、「ページ設定」の印刷品質(解像度)設定値の変更を行った場合、出力されるPDFファイルの結果が印刷プレビューと異なり、行やページが増減する場合があります。
  • プリンターが出力するときのピクセル数は、「用紙サイズ(インチ換算)×解像度」で決まります。この値が非常に大きくなる設定のときに、印刷が行われずPDFファイルが出力されない場合があります。そのような場合は、用紙サイズを小さくするか、あるいは、解像度を低い値に設定してください。設定値の目安は、「用紙サイズ(縦)×解像度」あるいは「用紙サイズ(横)×解像度」が16bitの上限である「65535」より小さくなる値です。(参考:3600 dpiなら約460mm、600 dpiなら約2750mmが上限値となります)
  • Antenna House PDF Driverは、ストアアプリ(Modern UIを持つソフトウェア)に対応していません。ストアアプリから印刷を行った場合、ユーザーインターフェースが期待される動作をせず、ファイル保存ダイアログはデスクトップ上に表示されます。
  • Antenna House PDF DriverはWindows 8.1付属の「リーダー」について動作保証していません。PDFファイルが「リーダー」と関連付けられているとき、Antenna House PDF Driverの設定が「作成後PDFを表示」であっても、作成後にPDFファイルが表示されない場合があります。
  • 透かしの配置を最背面に設定した場合、印刷を行うアプリケーションによっては、透かしが他のデータの背面に配置され見えない状態になることがあります。
  • 透かし文字列のフォントとして「Roman」などfon形式フォントを選択した場合、PDF出力に失敗し、PDFが出力されない、もしくは0バイトのPDFファイルが残ります。
  • Antenna House PDF Driverは印刷ジョブ名をPDFファイル名としています。Windowsにおいてファイル名に使用できない9種類の記号 \ / : * ? “ < > | が印刷ジョブ名に含まれている場合、Antenna House PDF Driverはこれらの記号を「_」(0x5F)に置換しPDFファイル名とします。
  • Antenna House PDF Driverは印刷ジョブ名をPDFファイル名としています。印刷ジョブ名に制御コード(0x01~0x1F)が含まれる場合、これを半角スペースに置換しPDFファイル名とします。
  • 一部のシンボルフォントの文字についてPDF出力が正しく行われません。
  • JISX0213の一部の文字について、文字幅が元文書と異なってPDF出力されます。
  • PDF/A、PDF/X設定でPDF出力を行う場合、グレースケールあるいはモノクロ変換は行われません。
  • グレースケールあるいはモノクロ変換設定でかつPDFファイルを透かしとして指定している場合、透かし部分はグレースケールおよびモノクロ変換は行われません。
  • Antenna House PDF Driverの設定で「文中のURLにリンクをつける」設定を行った場合、URL文字列に「-」(ハイフン)などの記号が含まれると、正常にリンクが設定されない場合があります。
  • OSが32bit版の場合、インターネット設定で「保護モード」が有効になっていると、Internet ExplorerからのPDF作成時に印刷設定で出力先を指定していても「ファイル保存」ダイアログが必ず表示されます。
  • PDF/AまたはPDF/Xの設定でアドイン変換する場合、PDF/A,PDF/Xの仕様と合致しているかどうかのチェックは行われません。このため、PDF出力されない、あるいは、出力されても準拠エラー状態となる場合があります。PDFが出力されないケースで認識している条件は、ファイル添付、ノート注釈設定がある場合です。
  • PDF/A-2bを出力する設定のとき、使用しているフォントにグリフが存在しない場合はエラーとなりPDFは出力されません。

【Officeアドイン機能の制限事項】

  • 以下のようなハイパーリンクを含む文書をPDF出力すると、ハイパーリンクの指定範囲(=リンク枠の位置)が不正になることがあります。
     ・改行を含む文字列にハイパーリンクの指定がある場合
     ・縦書き文書内でハイパーリンクを指定した場合
     ・ハイパーリンクを付加したWordアートや図形に「折り返しの種類と・配置」機能等を加えた場合
     ・HTMLのブラウザでの表示結果をWordに貼付した場合
     ・Word文書内の画像やオートシェイプに設定されたハイパーリンク
  • 文書内を移動するリンク以外のハイパーリンクについては、リンク情報が正しく出力されない場合があります。
  • Excelファイルのシートにおいて印刷範囲が設定されている場合は、リンクの出力やコメントの注釈を作成できません。該当するファイルの場合は、アドイン出力開始時に警告メッセージが表示されます。
  • Excelファイルのシートにおいてヘッダに印刷タイトルとして「行」「列」タイトルが指定されている場合、リンクの出力やコメントの注釈を作成できません。該当するファイルの場合は、アドイン出力開始時に警告メッセージが表示されます。
  • Excelファイルにおいて保護シートが存在する場合は、リンクの出力やコメントの注釈を作成できません。該当するファイルの場合は、アドイン出力開始時に警告メッセージが表示されます。
  • Excelファイルにダイアログシートが含まれている場合、ダイアログシートより後ろのシートに対しては、しおりやリンクの出力、コメントの注釈の作成はできません。該当するファイルの場合は、アドイン出力開始時に警告メッセージが表示されます。
  • 印刷設定のPDFバージョンがPDF/AあるいはPDF/Xのとき、「コメントをノート注釈に変換する」設定でアドイン変換を実行した場合は、印刷途中で失敗するためPDFファイルが出力されません。
  • 印刷設定のPDFバージョンがPDF/Aのとき、「元の***ファイルを添付する」設定でアドイン変換を実行した場合は、印刷途中で失敗するためPDFファイルが出力されません。
  • 印刷設定のPDFバージョンがPDF/Xのとき、「元の***ファイルを添付する」、「リンクを出力する」、「相互参照と目次をリンクに変換する」、「脚注をリンクに変換する」設定でアドイン変換を実行した場合は、出力されるPDFファイルはPDF/Xの仕様の範囲外となります。
  • PowerPoint アドイン変換において、表の中の文字列に設定されたハイパーリンクをPDF のリンク注釈として正しく出力できません。
  • Word文書上に隠し文字が存在する場合、しおりやリンクは作成されません。
  • Word文書において、図形内の見出しはしおりに変換されません。
  • ExcelのHYPERLINK関数によるリンクはPDFのリンクに変換されません。

【IEアドオン機能の制限事項】

  • ストアアプリ(Modern UI)版のInternet Explorer には対応していません。
  • Internet Explorer(IE)の「インターネットオプション」-「セキュリティ」において「保護モードを有効にする」にチェックが付いている状態であるとき、印刷設定の「一般」タブにおいて保存方法が「出力先フォルダを指定する」でフォルダが指定されている設定であっても、印刷時に保存ダイアログが表示される場合があります。IEアドオン機能だけでなく、IEの印刷ダイアログから印刷する場合も同様です。保護モードでは出力先が制限されるためです。
  • WebブラウザからのPDF作成は、そのページの作成方法またはカスケードスタイルシートなどの構成要素により実際の表示状態と異なるPDFが出力されます。
  • Javascriptが有効になっている場合、正常にPDFが出力されない場合があります。
  • Webブラウザ内にプラグインまたはスクリプトで表示されているコンテンツ(PDF、動画など)については対応していません。
  • Internet ExplorerからAntenna House PDF Driver以外のプリンターへ印刷を行ったあとに「PDF変換」ボタンでPDF出力を行うと、前回使用したプリンターへ出力されます。この場合は、Internet Explorerをいったん終了し、再起動後に「PDF変換」を実行してください。
  • IEアドオンを登録してもツールバーに表示されない場合があります。この場合は、ツールバー上で右クリックし、表示されるメニュー一覧にある「Antenna House PDF Driver 7.5」をクリックして項目名の先頭にチェックマークを付けてください。

PDF編集ツール「瞬簡PDF 作成」の制限事項

  • PDFファイルへの一括変換では、ファイルの拡張子に関連付けられているアプリケーションを用いてPDFファイルに変換します。コンピュータに該当アプリケーションが正しくインストールされ問題なく動作する必要があります。
  • 右クリックメニューからの印刷に対応していないアプリケーションの文書ファイルのPDF変換には対応しておりません。弊社で動作を確認しているファイル形式は次の通りです。
    ファイルの種類(括弧内は拡張子)
     Microsoft Word(.DOC、.DOCX)、Excel(.XLS、.XLSX)、
     PowerPoint(.PPT、.PPTX)※1
     一太郎(.JTD)※2
     ビットマップ(.BMP、.DIB)、JPEG(.JPG、.JPEG、.JPE、.JIFIF)、
     GIF(.GIF)、PNG(.PNG)、TIFF(.TIF、.TIFF)、WMF(.WMF)、
     EMF(.EMF)JPEG2000(.J2K、.JP2、.JPC、.J2C、.JPX、.JPF)
    上記の形式以外のファイルについては、エクスプローラの印刷機能を利用して、ファイルの拡張子に関連付けられているアプリケーションを用いてPDFファイルに変換します。
    ※1 Word/Excel/PowerPointファイルからPDFファイルを作成するには、コンピューターにMicrosoft Office(Word/Excel/ PowerPoint)が正しくインストールされていて、問題なく動作する必要があります。
    ※2 一太郎ファイルからPDFファイルを作成するには、コンピューターに一太郎(ジャストシステム社)が正しくインストールされていて、問題なく動作する必要があります。
    また一太郎形式のファイルで、複数シートのあるファイルや、セキュリティが設定されたファイル、差込ファイルなど、ご利用の機能や形式によっては正常に変換できません。
  • アルファチャンネルを持つ画像ファイルには対応していません。
  • PDFファイルへの変換中は、他のアプリケーションから「Antenna House PDF Driver」へ印刷を行わないでください。変換が正常に終了しない場合があります。
  • PDFファイルへの変換中は、変換対象のファイルに関連づけられたアプリケーションで変換中のファイルを開かないでください。アプリケーションの動作が不安定になる場合があります。
  • 一括印刷機能を利用するには、お使いのコンピュータにそのファイルを右クリックメニューから印刷できるアプリケーションが必要です。弊社で動作確認しているアプリケーションは、Adobe Acrobat/Adobe Reader 8~XIです。
    ※Wondowsの「リーダー」アプリおよびストアアプリにファイルの拡張子が関連づけられている場合は、印刷できません。
  • PDFのセキュリティで「印刷不可」に設定されたPDFファイルは、一括印刷機能を用いて印刷できません。
  • 「分割/抽出/削除」機能では対象PDFファイルから下記を出力ファイルにコピーします。これ以外の内容は引き継がれません。(出力オプションで設定された場合はその設定で上書きされます。)
     文書情報、セキュリティ、PDFの開き方、しおり、
     注釈・フォーム、添付ファイル*
     *分割時に、ページに注釈として添付されているファイルは、該当ページを 含むPDFファイルに引き継がれますが、PDFファイルに添付されている添付 ファイルは引き継がれません。
  • 「結合」機能では、文書情報、セキュリティ、PDFの開き方などファイル全体の情報は先頭ファイルの情報が引き継がれます。
  • PDFファイルを結合したり、ページの分割、抽出、削除処理で、元のファイルからしおりやリンクを継承した場合、しおりやリンクが想定したページに移動しない場合があります。
  • PDFファイルを結合した場合、フォームやJavascriptなどがうまく動作しない可能性があります。
  • PDF/AおよびPDF/Xに準拠したPDFファイルを処理すると、出力されるPDFファイルは、PDF/A、PDF/Xに準拠したものではなくなります。
  • セキュリティが設定されているPDFファイルを処理するには、そのPDFファイルに設定されている権限パスワードを入力して解除する必要があります。
  • 256bit AESのセキュリティ付きファイルを分割すると、文書を開くパスワードが設定されていた場合に文書を開くパスワードが解除されて出力されます。
  • 「変換設定」-「連携ソフトウェア」のWordの「しおりを出力する」機能は、Wordに既定で設定されている「見出し 1」~「見出し 9」についてのみPDFのしおりを出力します。他のスタイルはしおりとして出力されません。
  • 瞬簡PDF 作成 の「再圧縮」機能はPDFに埋め込まれている画像に対し、ダウンサンプリングおよび画質の圧縮を行なうことで実現しています。埋め込まれている画像や圧縮の設定によっては、出力するPDFのファイルサイズが小さくならない場合があります。
  • 瞬簡PDF 作成 の後処理プラグイン「メールに添付」機能の利用には、MAPI(Messaging Application Programming Interface)に対応した電子メールソフトが必要となります。Windows 8以降に標準搭載の「メール」アプリはこの機能に対応していないためご利用いただけません。
  • 瞬簡PDF 作成 のPDFの編集機能は、PDFの本文(テキスト、画像、レイアウトなど)の内容を直接編集するものではありません。また、PDFを表示しながら編集を行う機能はありません。
  • 瞬簡PDF 作成 の一括印刷機能は、ローカルプリンターにのみ対応しています。ネットワークプリンター(他のWindowsコンピューターで共有しているプリンター、またはWindows Serverのプリントサーバーに接続したプリンターなど)には対応しておりません。
  • 一太郎ファイルからPDFを作成する際、ご利用の環境が 一太郎2013、または一太郎2014の場合には、下記の制限事項があります。
    • 一太郎ファイルを連続変換するとエラーメッセージ「Internal applicationerror」が表示され、変換が失敗する場合があります。
    • 作業フェーズが「提出確認」または「アウトライン」で保存されている場合、作成アプリケーションでのPDF変換が失敗します。(作業フェーズを「エディタ」「ビューア」「基本編集」で保存してからPDF変換するか、一太郎から「Antenna House PDF Driver」へ印刷してPDF変換してください。)
    • Officeファイルや画像等がシートに追加された一太郎ファイルの場合、対応するアプリケーションがインストールされていないと、変換に失敗したり正常に終了しない場合があります。
  • 一括印刷機能でPDFを印刷する場合、PDFに関連付けされているアプリケーションが Acrobat Reader DC の場合、Acrobat Reader DC の環境設定で保護モードが有効になっていると印刷ができません。
  • ページ削除機能の「白紙を削除」オプションは、
     1.)ページ内に描画オブジェクトを含まない
     2.)ページ内にスペース(半角、全角)、タブ、改行コード、改ページしか含まない
     3.)ページ内に注釈のみ、あるいは注釈と(2)のみのページ
    の場合が対象となります。見た目が白紙のようでも、実際には何らかのオブジェクトが含まれる場合は、白紙とみなさないため削除されません。
  • Windows 10でご利用の場合、コンピューターがネットワークに接続されていない環境でPDF作成を実行すると「既定のプリンターを変更できません。」というエラーメッセージが表示され、PDF作成ができないことがあります。このような場合は、Windowsの「設定」>「プリンターとスキャナー」設定画面にある「Windowsで通常使うプリンターを管理する」チェックボックスからチェックを外してください。
スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.