PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hrトップ
ページ
hrデスクトップ
製品情報
hrシステム
製品情報
hrXML/DITA
サービス
hr電子出版
サービス
hrサポートhr製品の購入
について
hrお問い合わせhr会社案内hr

基本・一般(インストール・ライセンス・一般的なお問い合わせについて)

機能について

その他


[回答]

基本・一般(インストール・ライセンス・一般的なお問い合わせについて)

XMetaL 11.0のダウンロード販売とは、製品のダウンロードアドレスをご連絡し、同時にライセンスファイルをご提供する形態となります。なお、インストールメディアのご提供はありません。インストールメディアをご希望の場合は、別途1枚 3,000円(税別)で承っております。但し、インストールメディアには、ライセンスファイルは入っておりませんのでご了承ください。
XMetaL 11.0の試用版につきましてはサポートまでお問い合わせください。XMetaL 11.0の日本語版は、ございません。
いいえ、共存させることはできません。XMetaL 11.0をインストールする際、以前のバージョンのXMetaLはアンインストールされます。
  1. XMetaL 11.0をインストールする際には、以前のバージョンに組み込んだDTDやCSSファイルのカスタマイズをインストールフォルダから別のフォルダにバックアップしてください。
  2. 現在業務で以前のバージョンを御使用のお客様は、そのPCには試用版をインストールしないことをお勧めします。
いいえ、引き継がれません。XMetaL 11.0をインストール後、再度特殊化したDTDを登録する必要があります。この方法は、下記の「DITA特殊化の再統合」(Re-integrate DITA specializations) の項を参照ください。
XMetaL® Author Enterprise 11.0 Install Readme(英語)
はい、保守契約を締結いただいている場合、無償にてバージョンアップできます。
現在お使いの製品名(バージョン)、ユーザーID、登録法人名、担当者名と、バージョンアップされたいライセンス数をご記入の上、メールにてご連絡ください。
仮想化PCがWindowsの機能すべてを満たしているのであれば、特に制限はございません。
ライセンスは、1台の仮想化PCに対してライセンスが1つ適用されます。
「XMetaLライセンスの名義を他社(弊社顧客)に変更」は、対応可能です。
変更をご希望される場合は、次の点についてお知らせください。
・どのバージョンの製品のどのライセンスを変更するのか
・会社名(現在と変更後)
・登録名(現在と変更後の担当者名)
はい、ご利用いただけます。
以前より、64ビットOSでもご利用いただけましたが、XMetaL11.0から、64bitネイティブ版がリリースされました。

機能について

DITA Open Toolkit 2.2.1を搭載しています。
対応しております。
XMetaLはInternet Explorerを使ってSVGを描画します。IE10以降ではSVG ViewerなしでSVGが表示されます。IE8以前ではSVG Viewerが必要です。以下からダウンロードをお願い致します。
SVG Tools Download Area
http://www.adobe.com/jp/svg/viewer/install/
対応しているCMS製品のリストは、以下のページを参考にしてください。XMetaL 11.0がサポートされているかにつきましては、個々のCMSベンダーにお問い合わせください。
List of content management systems that integrate with XMetaL
http://forums.xmetal.com/index.php/topic,608.0.html
XMetaL 11.0には、IDを自動付与する機能があります。この機能をオフにしてください。オフにするには、メニューの"Tools"→"DITA Options"→"General"にある"Auto-assign elements IDs"のチェックをオフにしてください。また、"Auto-assign elements IDs"の横のオプションボタンから、ID自動付与対象の要素を選択することが出来ます。
以下の手順を実行して、ワークスペースをリセットしてください。
  1. XMetaL を終了してください。
  2. Windows エクスプローラを起動します。
  3. エクスプローラのアドレスバーに、"%APPDATA%"と入力します。環境変数%APPDATA%に設定されているフォルダの内容が表示されます。
  4. Windowsエクスプローラで、"SoftQuad" フォルダを削除します。(この際、特殊化したDITA DTDがある場合は、削除の前にDTDのバックアップをとってください)
  5. Ctrlキーを押したまま、XMetalを起動します。このとき、「Do you want to reset the XMetaL workspace?」とダイアログが出ますので、[はい]を押してください。(もしダイアログが出なかった場合は、XMetalをそのまま終了し、再度Ctrlキーを押しながら起動してください)
  6. "Help"-"Samples"から、World Time Pro(DITA)を選択して、表示されなくなったメニュー項目が表示されているか確認してください。
標準ビュー、タグ表示ビューの場合にこの現象が発生します。Wordから文字列をコピーすると、Windowsのクリップボード上に様々な形式でデータが格納されます。XMetaL 11.0は、この中からHTML形式を選択して貼り付けを行います。ところがHTML形式では、Wordが英字と漢字/かなの間に空白を挿入する場合があります。XMetaL 11.0では、そのままXMLに変換して貼り付けを行なうため、元文書にない空白が挿入されてしまいます。回避策はプレーンテキストビューでコピー/ペーストを行うことです。プレーンテキストビューではクリップボード上のテキスト形式から貼り付けが行われます.この場合は余分な空白が挿入されることはありません。
新規にトピックやマップを作成し、保存しない状態で、conrefを使用した場合は、conref属性の参照先のファイルのパスは絶対パスとなります。この場合は一旦ファイルを保存してから行ってください。
これはXMetaL 11.0の仕様です。連続した空白を確保したい場合は、HTMLでも使用されるU+00A0(NO-BREAK SPACE)を御検討ください。
XMetaL 11.0はhref属性に指定したURLからプロトコル部分(httpやftp)を抜き出してformat属性に設定しています。
  • http://www.xmetal.com/index.html → format="http"
  • ftp://ftp.xmetal.com/folder → format="ftp"
御不便をかけて申し訳ありませんが、現在の回避策はformat属性の値を、属性インスペクタか、hrefを挿入するダイアログの"その他属性"のタブから修正をしていただくしかありません。
XMetaL 11.0はtopicref要素のhref属性のリンク先ファイル内にtitle要素があると、この文字列値をnavtitle属性として自動的に生成します。これを回避するには、topicref要素にlocktitle属性を付けて、この値を"yes"とします。ただしlocktitle属性は継承されないため、locktitle="yes"はnavtitle属性が生成される個々のtopicref要素に指定する必要があります。
"Track Changes"を常にオンにしておく機能/オフにできないようにする機能はありません。
承認/却下できる人を限定することはできません。
要素の削除/挿入は記録の対象となります。属性の変更は記録の対象にはなりません。
XMetaL 11.0で全てのトピックタイプの"Auto-assign elements IDs"のオプション設定を一括で行なう方法はありません。この設定はDTD毎の設定として保存されているため、各々のトピックタイプのファイル(例えばtaskファイル)を開いた上で、"Auto-assign elements IDs"の操作を行なう必要があります。
"Auto-assign elements IDs"のオプション設定を変更した場合、DTD毎に次のフォルダに設定ファイルが作成されます。
C:\Users\[ログオンユーザー名]\AppData\Roaming\SoftQuad\XMetaL\11.0
作成されるファイルは次のような名称です。
topic_ditabase_options.xml
task_ditabase_options.xml
concept_ditabase_options.xml
reference_ditabase_options.xml
これらのファイルをチームで使用するPCの該当フォルダにコピーすれば、同じ"Auto-assign elements IDs"の設定でXMetaLをご使用いただくことができます。
可能です。XMetaL 11.0はDITA 1.1、1.2、1.3のDTDを用意しています。メニューの、"Tools"→"DITA Options"→"General"→"Select defalt DITA Version"のコンボボックスで、既定値の1.2ではなく1.1を選択してください。これによりXMetaL 11.0はDITA 1.1のDTDを参照するようになります。この設定変更でDITA 1.1の言語仕様に基づいたXMLが作成可能になります。
hr
マクロのDITA Configuration: Turn ON Pretty-Printingが実行されているようです。Pretty-PrintingはDITA編集時にプレーンテキストで見やすいように体裁を整えますが、意図しない改行や行の末尾に半角スペースが入ることがあります。以下の手順で停止させてください。
  1. XMetaL を管理者として実行してください。
  2. "Tools"→"Macros..."→"DITA Configuration: Turn OFF Pretty-Printing"にカーソルを置きます。
  3. "実行"ボタンを押してください。
XMetaL11.0にはSVGドメインによって書かれたSVGを表示する機能がありません。SVGを表示させたい場合はimage要素を使用してください。

その他

以下の手順を実行して、ワークスペースをリセットしてください。
  1. XMetaL を終了してください。
  2. Ctrlキーを押しながら、XMetaLを再起動します。
  3. "Do you want to reset the XMetaL workspace?"というメッセージダイアログで"はい"を選択します。
  4. ワークスペースがクリアされた状態でXMetaLが起動されます。
スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.