PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

評価版のお申し込み

OEMについて詳しくはこちら

Web Interface for OSDC 基本機能

『Web Interface for OSDC』は、サーバプログラムとクライアントプログラム、フォルダ監視サービスから構成されます。各プログラムは Java で設計されており異なるプラットフォームの相互間でインターネットを超えて連携することができます。

Overview

プログラムレスでサーバ運用が可能

サーバ用のアプリケーション開発の必要がありません。『Office Server Document Converter』がインストールされたサーバ上に『Web Interface for OSDC』のサーバプログラムをインストールするだけで、サーバ側の準備が整います。

簡単なコマンドでリクエスト送信

クライアント上では、サーバ上の『Office Server Document Converter』を利用するためのコマンドと組版対象データをまとめてサーバに送信します。送信するコマンドに『Office Server Document Converter』のコマンドラインインターフェイスと同じパラメータを用いたバイナリを提供します。『Office Server Document Converter』のコマンドラインインターフェイスをご利用の方には馴染み深いものになっています。

『Office Server Document Converter』クライアントの実行例:

sbccmd -d sample.fo -o output.pdf

SBCCmd : Office Server Document Converter V6.1 R1 for Windows (x64) (6,1,2017,0709)
          Copyright (c) 1999-2017 Antenna House, Inc.

SBCCmd :Formatting finished normally

『Web Interface for OSDC』クライアントの実行例:

java -jar xds-osdc-client.jar -xds-host 10.1.10.6 -d input.docx -o output.pdf

SBCCmd : Office Server Document Converter V6.1 R1 for Windows (x64) (6,1,2017,0709)
          Copyright (c) 1999-2017 Antenna House, Inc.

SBCCmd :Formatting finished normally

Windows、Linux の相互間で通信

サーバとクライアントプログラム、フォルダ監視サービスは Java で設計されており、WindowsのクライアントからLinuxのサーバへの接続、LinuxのクライアントからWindowsのサーバへの接続といった異なるプラットフォームでも相互間の通信が可能です。

フォルダ監視サービスで更に簡単利用

クライアント上ではフォルダ監視サービスを利用することにより、さらに簡単に『Office Server Document Converter』を利用することができます。フォルダ監視サービスで指定したフォルダに変換したいファイルを放り込むだけで変換結果を得ることができます。

スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.