PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr
  • ScanSave-V3

カタログPDFのダウンロード

ScanSave

「スキャナ保存」制度と「電子取引」データ保存に対応!
タイムスタンプやコンサルティングも含む
ソリューションを低価格で提供します

JIIMA認証 h28『ScanSave-V3』は電子帳簿保存法4条3項「スキャナ保存」制度と、法第10条「電子取引の取引情報に係る電磁的記録の保存」のデータ保存に対応した、Windows用デスクトップアプリケーションです。

見積書・注文書、領収書・請求書など、国税関係帳簿書類をスキャナで読み込んで電子化し、「スキャナ保存」制度の要件を満たした管理運用を行うことができるので、原本となる紙の書類を廃棄することが可能になります。

これにより紙の書類にかかる保管・輸送コストを削減できたり、電子化によって検索性が良くなり、事務効率が大幅にアップします。

PC1台からお手軽に導入可能な『ScanSave-V3』は、多くの中小企業様にご利用頂いております。

主な特長

『ScanSave-V3』は電子帳簿保存法 施行規則3条で定められた「真実性の確保」と「可視性の確保」のシステム上の要件を備えています。

法的に有効なシステム
法的に有効なシステム

スキャナ保存の要件に対応しているため、法的に有効なシステムとして導入/運用ができます。

コンサルティング
コンサルティング

難しい法令はお任せください。コンサルティングで導入のお手伝いをさせていただきます。(有料)

タイムスタンプ1,000個付き
タイムスタンプ
1,000個付き

タイムスタンプが月間1,000個まで標準で付属します(秒制限なしで付与可能なタイプ)
別途追加も可能です。

中小企業で導入しやすい製品構成
中小企業で導入しやすい
製品構成

1台のPCにインストールして導入開始できるデスクトップ版と、ネットワーク上のデータベースサーバーに複数のユーザーから接続して利用できるネットワーク接続版をご用意しました。

会計システム連携
会計システム連携

他の会計システムなどと連携することができます。

製品の種類

『ScanSave-V3』はお手軽にPC1台でも導入できるデスクトップアプリ版のほかに、サーバ上に構築したシステムに複数のクライアントアプリから接続して効率的に作業が行える『ScanSaveネットワーク接続版-V3』をご用意しています。
デスクトップ版

1台のPCにインストールしてご利用いただけますので、小規模で制度の導入をする場合に適してます。サーバーを用意する必要がありませんので、お手軽にはじめることができます。

もちろんスキャナ保存制度の要件に対応した文書管理が可能です。また、導入コンサルティングもご用意しております。

サブスクリプション

さらにお支払い方法に、初期費用を抑えられる、サブスクリプションライセンスもご用意しています。

ネットワーク接続版

『ScanSaveネットワーク接続版-V3』はデータベースを構築したサーバーに、クライアントアプリからネットワークを介して接続して運用できます。

複数のクライアントアプリから同時接続して作業できます。小規模から中規模での導入に適しています。

さらに大人数でアクセスして、タイムスタンプ付与自動処理機などを利用して管理運用をする場合は、『ScanSave-V4』をご用意しています。

 

『ScanSave-V3』の製品構成と価格については「ScanSave-V3の製品構成と価格」をご覧ください。

ネットワーク接続版について

『ScanSaveネットワーク接続版-V3』は、中堅企業の運用に耐える同時ユーザー接続制御機能などを大幅に強化したモデルです。

  1. Microsoft SQL Server 2014/2016 Standard対応※
    ※DBサーバ(HW・MW・DB・CAL等)は、お客様若しくはSIer様側で構築含めてご準備頂きます。
  2. ScanSaveネットワーク接続版-V3用インストール台数をモデル別に使用権を提供します。
    モデル例:
    ScanSaveネットワーク接続版-V3-S

    クライアント・サーバ型アプリケーション 同時ログイン3ユーザー 、最大5台インストール
  3. ScanSaveデータ連携出力(エクスポート)と検索専用取り込み(インポート)機能
  4. 他システムデータ(電子化ファイルとCSV)の一括取り込み機能
  5. 同一伝票に複数明細が存在する場合の判定処理を追加したので、電子決裁WFや仕訳の処理明細に応じた入力が容易になりました。
  6. 外部システムでタイムスタンプを先に付与したPAdES※1ファイルの取り込み機能を追加しました。
  7. これによりサーバ側で自動タイムスタンプを行い、要件確保が困難であった当日タイムスタンプが容易になりました。

※1:外部システムでタイムスタンプを先に付与するタイムスタンプAPIなどを別途提供することが可能です。

紹介動画

e-文書法対応ソリュージョン・製品のご紹介動画

※動画画面(プレーヤー)をクリックすると消音(ミュート)で動画の再生を開始します。プレーヤーのコントロールバーにある「ミュート解除」ボタン(スピーカーマーク)をクリックすると、音声が出力されます。

『ScanSave』製品紹介動画

※動画画面(プレーヤー)をクリックすると消音(ミュート)で動画の再生を開始します。プレーヤーのコントロールバーにある「ミュート解除」ボタン(スピーカーマーク)をクリックすると、音声が出力されます。

操作動画

『ScanSave』の操作について動画でわかりやすくご紹介します。

※動画画面(プレーヤー)をクリックすると消音(ミュート)で動画の再生を開始します。プレーヤーのコントロールバーにある「ミュート解除」ボタン(スピーカーマーク)をクリックすると、音声が出力されます。

ScanSaveMovie 操作編

ScanSaveMovie 初期設定編

ScanSaveMovie データベースマネジメント編

△ページ上部へ
スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.