PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ

PDF Tool API V7.0 ライブラリ:動作環境/制限事項

動作環境

Windows
  • Microsoft Windows 10 (日本語版)
  • Microsoft Windows Server 2019 / 2016 (各日本語版)
  • ※1 Windows 10の対応エディションは、Home / Pro / Enterprise / Education
  • ※2 Windows 10 Sモードには対応していません。
必要なランタイムライブラリ Microsoft Visual C++ 2019ランタイムライブラリ
.NETインターフェース利用時 .NET Framework 4.5 以降
※.NET Core 3.1、.NET5には対応していません。
Java インターフェース利用時 Open JDK 11
Linux 64bit
必要なランタイムライブラリ libc.so.6(glibc-2.28)、libstdc++.so.6.0.25、もしくはこれらと互換性があるライブラリが必要です。
Java インターフェース利用時 Open JDK 11

開発環境

対応OS インターフェース 説明
Windows C++ Microsoft Visual C++ 2019でビルドされています。MFCは使われていません。呼び出し側のプログラムは、互換性のあるコンパイラをご使用ください。
.NET Framework 4.5以降
※.NET Core 3.1、.NET5には対応していません。
Microsoft Visual Studio 2019でビルドされています。互換性のあるコンパイラをご使用ください。
.NETインターフェースはC++インターフェースのラッパーとして作成されています。
Java Open JDK 11でビルドされています。
JavaインターフェースはC++インターフェースのラッパとして作成されています。
必要なランタイムライブラリ Microsoft Visual C++ 2019 ランタイムライブラリ
Linux C++ GCC8.3.1でビルドされています。
Java Open JDK 11でビルドされています。
JavaインターフェースはC++インターフェースのラッパとして作成されています。
必要なランタイムライブラリ libc.so.6(glibc-2.28)、libstdc++.so.6.0.25、もしくはこれらと互換性があるライブラリ

仮想環境への対応

PDF Tool APIを仮想環境(VMware や Hyper-V など)で実行する場合、実環境上と同じ動作が保証されているのであれば機能制限はありません。

制限事項

「PDF Tool API」の制限事項は、こちらをご参照ください。

スペース