PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

瞬簡PDF 変換 7 主な機能


PDF、画像ファイルからOfficeへ逆変換

『瞬簡PDF 変換 7』はPDFファイルからWordやExcel、PowerPoint、一太郎形式のファイルへ、簡単な操作で変換可能です。

PDFから変換可能なファイル
形式 拡張子 対応
Microsoft Word .doc 97~2003(変換結果は Word 2007/2010でも開くことができます。)
Microsoft Excel .xls 97~2003(変換結果は Excel 2007/2010でも開くことができます。)
Microsoft PowerPoint .ppt 97~2003(変換結果は PowerPoint 2007/2010でも開くことができます。)
ジャストシステム 一太郎 .jtd 8~13 / 2004~2011
プレーンテキスト .txt エンコード:UTF-8/UTF-16/UTF-16(LE)/Windows31J

 

変換例

PDFからWordへの変換例

PDFからWordへの変換例

PDFからExcelへの変換例

PDFからExcelへの変換例

PDFからPowerPointへの変換例

PDFからPowerPointへの変換例

詳細設定

ファイル一覧画面からPDFを選択し「詳細」ボタンを押すことで変換詳細設定画面が表示されます。
この画面で詳細設定を行うことで、さらに精度の高い変換を行うことができます。

詳細設定画面

余白とヘッダ/フッタ(Word、一太郎への変換時のみ)

PDFからWord、一太郎へ変換する際に、余白の範囲やヘッダ及びフッタの有無を指定することができます。また、設定はページ単位で設定することができます。

表変換の指定

PDFからWord、Excel、PowerPoint、一太郎へ変換する際に、表(セル)や見出しに変換する範囲、縦罫線の位置などを設定することができます。また、PDF内で表になっていない部分についても、指定を行うことで表として出力することができます。

画像変換の指定

PDFからWord、Excel、PowerPoint、一太郎に変換する際に、画像に変換する範囲を設定することができます。設定を行うことで線画や画像だけでなく、範囲内に含まれる文字も画像として出力することができます。

段組の指定(Word、一太郎への変換時のみ)

PDFからWord、一太郎に変換する際に、段組に変換する範囲を設定することができます。

Officeアドインを利用してPDFを直接変換

「瞬簡PDF 変換 7」の変換機能をMicrosoft OfficeのWord、Excel、PowerPointに組み込むことで、直接PDFを読み込むことができます。
インストールを行うと、WordやExcel、PowerPointのツールバーに「PDFを開く」ボタンが組み込まれます。このボタンを押してPDFファイルを選択することで簡単にPDFファイルを開き編集することができます。

Officeアドイン

画像ファイルからOfficeへ変換

スキャナーなどから読み込んだ画像PDFや画像ファイルも、OCR(文字認識)処理により、Officeファイルなどに変換して編集可能にできます。

本製品では、以下の画像形式ファイルからの変換に対応します。ただし、画像形式によっては内部フォーマットの相違などから正常に 判別・変換できない場合があります。

※JPEG2000は対応外です。
※TIFFはマルチTIFF形式からの変換も可能ですが、ページ範囲の指定はできません。

OCRを使用した変換について

OCRとは画像化された文字(紙をスキャナーで取り込んだ文字等)をコンピュータ上で扱える文字に変換する機能です。この機能により、従来画像として出力されていた文字を、編集可能な文字として出力します。

※OCRを使用した変換では、PDF内の画質によって文字が正しく認識できない場合があります。文字を正しく認識させるためには次のような画像がお勧めです。


スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.