PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

瞬簡/リッチテキストPDF6.1 主な機能

親しみやすい画面で操作も簡単

瞬簡PDF4

『リッチテキストPDF6.1』は親しみやすい画面デザインと大きなボタンで操作も簡単です。

少ないステップで変換完了

『リッチテキストPDF6.1』のメイン画面を表示した状態で

(1)機能(変換する種類)をボタンで選択し、

(2)変換したいファイルを一覧にドラッグ&ドロップして、

(3)「実行」ボタンを押すだけ

これだけの操作で簡単にPDFからOfficeファイルなどへの変換が完了します。

より細かな設定を行いたい場合は『変換詳細設定』や『OCR設定』、各機能ごとの『変換設定』『抽出設定』を利用して、高度な変換も可能です。

簡単になったファイル登録と機能選択

新しい画面では登録したファイルの一覧が、各機能で共通化されました。これにより、一覧に登録したあとで変換したいファイル形式を変更する操作が簡単になりました。

PDFも画像も一緒に登録して変換

PDFも画像ファイルも切り替えることなく一緒に一覧に登録して、Officeファイルなどへ変換できるようになりました。

フォルダーごとドラッグ&ドロップに対応

フォルダーを一覧にドラッグ&ドロップすることで、フォルダー内にある変換対象となるPDF、または画像ファイルをすべて登録できるようになりました。
※指定したフォルダの下位階層のフォルダ内にあるファイルは対象外です。

セキュリティ付きPDFの登録後の解除

権限パスワードで内容の抽出・コピーが禁止されているPDFや、「文書を開く」パスワードで閲覧を制限されているPDFのセキュリティ解除(パスワード入力)が、一覧に登録するとき以外に、一覧に登録した後でも解除ができるようになりました。複数のファイルを一気に登録したときなど、一旦登録した後に解除ができて便利です。

※『リッチテキストPDF6.1』は権限パスワードによるセキュリティが設定されているPDFでも、内容の抽出・コピーが禁止されていないPDFや、「文書を開く」パスワードで閲覧を制限されていないPDFであれば、セキュリティを解除することなく変換可能です。

簡単になった変換詳細設定の指定

あらかじめ変換詳細設定が作成されていれば、一覧の「詳細設定」列にある各PDFファイルごとの変換詳細設定を、プルダウンメニューで選択して指定することができるようになりました。また、複数のファイルを選択した状態で変換詳細設定を指定すると、選択したすべてのPDFに反映することができます。

※変換詳細設定はPDFのみ指定できます。画像ファイルでは変換詳細設定の指定はできません。

 

スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.