PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

瞬簡PDF 編集 3.1 動作環境/制限事項


動作環境

『瞬簡PDF 編集 3.1』をご利用になるには以下の動作環境が必要です。

対応OS Windows 7 (32ビット/64ビット) 日本語版
Windows Vista (32ビット/64ビット*) 日本語版 ※64ビット版はSP1以降が必要
Windows XP Professional SP3(32ビット/64ビット*) 日本語版
Windows XP Home Edition SP3 日本語版
CPU Intel Pentium III 以上、またはこれと100%の互換性を持つプロセッサ
(Pentium III 1.0GHz以上を推奨)
必要メモリ 上記OSが推奨するメモリ以上
ハードディスク 150MB以上の空き容量
ディスプレイ SVGA(800×600ドット)以上の解像度で、High Color(16ビット)以上が表示可能なカラーディスプレイ
※XGA(1024×768ドット)以上を推奨 ※SVGAの場合、一部の画面操作でスクロールが必要になります。
その他 本製品からTWAIN対応のスキャナーを使用することができます。
有償版対応している外部連携アプリケーションは、Microsoft Office 97から2010、一太郎 8から2011までとなります。

扱えるPDFの種類

  • PDF 1.3( Adobe Acrobat 4 , Adobe Distiller 4 )
  • PDF 1.4( Adobe Acrobat 5 , Adobe Acrobat Distiller 5 )
  • PDF 1.5( Adobe Acrobat 6 , Adobe Distiller 6.0 )
  • PDF 1.6( Adobe Acrobat 7 )
  • PDF 1.7( Adobe Acrobat 8 , Adobe Acrobat 9 Adobe Acrobat X)
    ※Acrobat 8 / 9 /Xで保存されるパッケージ形式には対応していません。指定された場合は表紙PDFのみ表示されます。
PDF標準のセキュリティが設定されているPDFを処理する場合は、原本登録時にパスワードの入力を求めるダイアログを表示しますので、そのPDFに設定されているパスワードを入力することで登録、及び編集処理が可能となります。
セキュリティ設定されているPDFを登録すると、作業スペース上でサムネイルに鍵マークが付きます。

PDF変換できるファイルの種類

  • テキスト
  • 画像(BMP、JPEG、JPEG2000、PNG、GIF、TIFF、WMF、EMF、SVG)
  • Microsoft Office(Word、Excel、PowerPoint[97 ~ 2010* まで])
  • 一太郎[8 ~ 2011まで]
*『瞬簡PDF 編集 3.1』の作業スペースへの登録時のPDF作成は、64ビット版の Microsoft Office 2010 には対応しておりません。 64ビット版の Microsoft Office 2010 をご利用の場合は、Officeアプリケーションから『Antenna House PDF Driver』を利用して作成したPDFを、『瞬簡PDF 編集 3.1』の作業スペースへご登録し、編集してください。

シンクライアント環境の動作について

『瞬簡PDF 編集 3.1』は、シンクライアント環境で動作を確認しています。
対応環境につきましては、シンクライアントライセンスをご参照ください。

制限事項

『瞬簡PDF 編集 3.1』には以下の制限事項があります。

PDFファイルの表示・編集時の制限

  • 本製品では、弊社独自の描画エンジンを使用してPDF を表示します。このため表示結果は、Acrobat/Adobe Reader などと全く同じにはなりません。
  • PDF で使用されているカラースペース、グラフィックス要素の一部で未対応のものがあります。このためPDF を正確に表示できない場合があります。(グラデーションメッシュ、パターン塗りなど)
  • フォーム、アーティクル、添付ファイル、XML データなど、PDF の付加的情報は表示および読み込み/書き出しできません。
  • PDF に記述されたフォントがパソコンにない場合は、パソコンで使用できる近似のフォントを検索して表示します。このため、検索されたフォントによっては元文書のイメージと異なる表示がされる場合があります。(フォントが埋め込みされているPDF は、埋め込まれているフォント情報を使って文字部分を表示します。)
  • 本製品で用紙サイズを変更すると、Acrobat などで注釈やフォームの表示位置がずれる場合があります。
  • 本製品では、「領域塗りつぶし」機能でPDF 上の文字を隠して別のPDF に保存することができます。ただし、この機能は文字を外見上見えなくするだけで、PDF から文字を削除するものではありません。PDF に文字データは残っていますので、テキストの抽出や検索を行った場合には出力されます。ご注意ください。
  • 本製品の「透かし追加」機能で挿入できるイメージファイルは、PDF、BMP、GIF、JPEG、WMF、EMF、PNG、TIFF の8 種類です。
  • 本製品で追加した「領域塗りつぶし」「文字列追記」「透かし」「捺印」は、編集時と出力したPDFでは重なり順が異なる場合があります。
  • ファイル名やそのファイルが保存されているフォルダ名(上位フォルダも含むファイルのフルパス)に使用されている文字列で、ShiftJIS(Windows31J)に無く UNICODE 固有文字が含まれる場合、『瞬簡PDF 編集 3.1』ではそのファイルを取り込むことができません。
    ワイド文字の例
    こちらの制限事項は改訂版 Ver.3.1.4 で対応しました。 ⇒ 改訂情報
  • トリミングされたPDFには対応しておりません。このようなPDFを本製品に取り込むと、元のPDFの状態と異なったレイアウトで表示または出力されます。
    こちらの制限事項は改訂版 Ver.3.1.4 で対応しました。 ⇒ 改訂情報

連携機能の制限

  • 連携するアプリケーションは、本製品の連携機能を使う前にすべて終了しておくことをお勧めいたします。連携作業が終了し、本製品が作業を引きつぐには、連携するアプリケーションを終了する必要があります。

PDF保存時の制限

  • 本製品で透かしを挿入した「アイテム」をレイアウト編集で、レイアウトを変更して保存すると、透かしの透過が無効になります。
  • レイアウト変更して保存すると、しおり情報、注釈情報は削除します。

スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.