3–5 墨消し

墨消し

「墨消し」は、選択した範囲の本文テキストや画像を消去する機能です。「墨消し」で選択した範囲は、指定した色で塗りつぶされます。PDFを保存すると、保存したPDFでは「墨消し」で塗りつぶされた範囲にあった本文テキストや画像は完全に消去されています。「墨消し」は、注釈には影響しません(注釈の背景が透過しているときは背景に墨消しの塗りつぶし色が見えます)。

墨消しの実行

「墨消し」は、[ホーム]タブの[ツール]グループにある「墨消し」コマンドで指定します。

[ホーム]タブの[ツール]グループにある「墨消し」コマンド

[ホーム]タブの[ツール]グループにある「墨消し」コマンド

墨消し範囲は、テキスト選択または矩形範囲で指定します。

墨消しテキスト

テキスト選択で、文字に墨消し指定したときの例

墨消し矩形

矩形選択で、画像に墨消し指定したときの例

墨消しの色

墨消しの色は、注釈と同様に[オブジェクト]タブの[背景]グループにある「塗りつぶしの色」コマンドで指定します関連:[背景]グループ。墨消しでは[不透明度]は無効です。

墨消し指定の解除

墨消しオブジェクトを削除することで、墨消し指定を解除できます。

墨消しオブジェクトは「選択」モードでクリックすると選択できます。削除したい墨消しオブジェクトを選択して「削除」コマンドを実行するかキーボードの[Delete]キーを押します。

墨消しオブジェクトは、PDFに保存するとPDF本文の図形として出力されます。このため、保存したPDFを開いて墨消しオブジェクトを削除することはできません。