PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

評価版のお申し込み

OEMについて詳しくはこちら

機能紹介:旧バージョンとの相違点

動作環境の違い

「PDF Driver API V7.5」と、「PDF Driver API V6.0」の動作環境の違いは下表のとおりです。

項目 PDF Driver API V7.5 PDF Driver API V6.0
PDF Driverのバージョン V7.5 V6.0
対応OS(日本語版)
  • Windows 10※1 / 8.1 / 7
  • Windows Server 2019 / 2016 / Server 2012 / Server 2012 R2 / Server 2008 / Server 2008 R2
  • Windows 10※1 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP
  • Windows Server 2016 / Server 2012 / Server 2012 R2 / Server 2008 / Server 2008 R2 / Server 2003 / Server 2003 R2
対応Microsoft Office
バージョン
2019 / 2016 / 2013 各日本語版 2016 / 2013 / 2010 / 2007 / 2003 各日本語版
対応.NET Framework 4.5.2以降 4.5 / 4.0 / 3.5 / 3.0 / 2.0
開発環境 Microsoft Visual C++2015 Microsoft Visual C++2010
  • ※1Windows 10の対応エディションは、Home / Pro / Enterprise / Education です。Sモードには対応していません。

PDF Driver API 仕様の違い

「PDF Driver API V7.5」(以下、「V7.5」)と「PDF Driver API V6.0」(以下、「V6.0」)の仕様の違いは次のとおりです。

ライセンスファイルの配置

バージョン番号 配置場所
V7.5 「{PDF Driver V7.5 のインストールフォルダ\lic}」フォルダに配置します。
ライセンスファイルのためのレジストリキーの作成は不要です。
V6.0 レジストリキーを作成し、ライセンスファイルを配置した場所を設定します。

対応インターフェースについて

V7.5において、COMインターフェースは廃止となりました。

バージョン番号 対応インターフェース
V7.5 C++ / .NET / Java / コマンドライン
V6.0 C++ / .NET / Java / COM / コマンドライン

.NETインターフェースについて

V7.5において、対応する.NET Frameworkのバージョン、namespaceに変更があります。

バージョン番号 対応する.NET Framework namespace
V7.5 .NET 4.5.2以降 PdfDrvNet_75
V6.0 .NET 2.0 / 3.0 / 3.5 / 4.0 / 4.5
  • PdfDrvNet4_60 : .NET 4.0/4.5 用
  • PdfDrvNet2_60 : .NET 2.0/3.0/3.5 用

Javaインターフェースについて

Javaインターフェースは、C++インターフェースのラッパークラスとして設計されています。
V7.5においてC++ライブラリを内部に取り込むことにより、Java版APIの実行ファイルは「PdfDrvAPI75.jar」のみとなります。
また「PdfDrvAPI75.jar」は、32bit、64bit共通モジュールです。

V7.5において、パッケージ名が変更されています。

バージョン番号 パッケージ名
V7.5 jp.co.antennahouse.pdfdriver.pdfdrv
V6.0 jp.co.antenna.pdfdrv

コマンドラインについて

コマンドオプション 機能 V6.0 V7.5
-d "入力ファイル名" 出力元の文書ファイル名をフルパスで指定します。
-o "出力ファイル名" 出力先のPDF ファイル名をフルパスで指定します。
-p ("プリンター名") 使用するプリンター名を指定します。対象となるプリンターは、モデル名が「Antenna House PDF Driver 7.5」 であるものです。 プリンター名を指定した場合は、そのプリンターで印刷が行われます。プリンター名が省略された場合、あるいは、「-p」自身の指定が省略された場合は、API 側でプリンターを選択して印刷を行います。
V6.0ではモデル名は「Antenna House PDF Driver 6.0」
-i "設定ファイル名"
-i "設定ファイルフルパス名"
印刷設定ファイルを指定します。ファイル名のみでフォルダパスの指定がない場合は、あらかじめインストールされる標準設定の場所、ユーザーのカスタム設定 の場所の順に検索します。
-gp V7.5で廃止しました。 ×
-a ページごとに1つのPDF ファイルを出力します。Excel ファイルの場合は1 シートごと(非表示シートを含まない)、PowerPointファイルの場合は1 スライドごと(非表示スライドを含まない) に1つのPDF ファイルを出力します。「-addin」(アドイン変換)との併用はできません。
V6.0では、PowerPointファイルの非表示スライドは出力対象です。
-start "開始ページ番号" PDF の出力を開始するページ番号を指定します。「-1」は先頭ページを指します。Excel ファイルの場合はシート番号(非表示シートを含まない)、PowerPoint ファイルの場合はスライド番号を指定します。 「-end」の指定がない場合は、「-start」以降最終ページまで出力されます。 PowerPoint の非表示スライドについて、「-addin」(アドイン変換)指定時は出力に含まれます。「-addin」を指定しない場合は出力に含まれません。
V6.0では、PowerPointファイルの非表示スライドは「-addin」の指定があるとき、指定がないときのどちらの場合も出力対象です。
-end "終了ページ番号" PDF 出力を終了するページ番号を指定します。「-1」は最終ページを指します。Excel ファイルの場合はシート番号(非表示シートを含まない)、PowerPoint ファイルの場合はスライド番号を指定します。 PowerPoint の非表示スライドについて、「-addin」(アドイン変換)指定時は出力に含まれます。「-addin」を指定しない場合は出力に含まれません。
V6.0では、PowerPointファイルの非表示スライドは「-addin」の指定があるとき、指定がないときのどちらの場合も出力対象です。
-addin Office アドイン機能を利用してPDF を出力します(Word/Excel/PowerPoint のみ)。アドイン用オプションは、出力時のアドイン設定ダイアログの設定値となります。コマンドラインからは設定変更できません。 「-a」との併用はできません。
-silent 指定がある場合、標準出力へのメッセージ表示が抑止されます。
-h
-i
コマンドラインの使い方が表示されます。

印刷設定の変更点

V7.5において、印刷設定に「色」が追加されました。
このため、PDF Driver API V7.5 には、「色」設定を扱う「PtlParamColorSettings」クラスが追加されています。

ページ数取得処理の廃止

V7.5において、ページ数を取得する処理を廃止しました。

  • C++ / .NET / Java 関数名:PtlDrvConvertクラスの「getPageNumber()」
  • コマンドライン:「-gp」コマンド

設定ファイルの拡張子

印刷設定ファイルの拡張子が下記のように変更になります。

バージョン番号 拡張子
V7.5 .ps4
V6.0 .printSetting3

PDF Driver 機能の違い

「PDF Driver」については、PDFの規格や機能がより細かく設定できるようになりました。

項目 V7.5 V6.0
出力対応しているPDFの規格 PDF/A-1b、PDF/A-2b、PDF/X-1a、PDF/X-3、PDF/X4:2008 PDF/A-1b、PDF/X-1a、PDF/X-3
同一名のファイルが存在する場合の動作オプション 次の4つの中から選択する。
  • ダイアログを表示する
  • 上書きする
  • 連番[(1),(2)...]を付ける
  • 出力しない(エラーにする)
「同名ファイルがある場合、上書きする」
  • 有効な場合:無条件に上書きする
  • 無効な場合:保存ダイアログを表示する
色変換
  • グレースケール変換
  • モノクロ変換
-
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.