PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

評価版のお申し込み

OEMについて詳しくはこちら

機能紹介:製品の特長

PDF Driver API の特長

プログラミングがかんたん!

「PDF Driver API」は、Word、Excel、PowerPoint、一太郎の各オートメーション(COM)を利用して「PDF Driver」で印刷を行うことにより、PDFファイルを出力します。

ファイルのオープン・クローズや印刷などの煩雑な処理は「PDF Driver API」側で制御を行っていますので、APIの呼び出し側では、入出力ファイル名や設定ファイル名を指示するだけのかんたんなプログラムで、PDF出力処理を実現することができます。

また、「PDF Driver API」には、印刷設定やOfficeアドインのオプション設定を編集する機能があります。

APIの仕組み
info ご注意
  • OEMライセンスでは、Officeアドインはオプションとなります。
  • 印刷に用いるソフトウェアの使用ライセンスなどによっては、使用方法に制限が生じる場合があります。これについては、ご利用になるソフトウェアに付属のドキュメントなどでご確認ください。

コマンドラインで手軽に利用

「PDF Driver API」では、コマンドラインを提供しています。
コマンドとオプションを指定して実行するだけですので、高度なプログラミング知識は必要ありません。PHP、Python、Rubyなどからかんたんに呼び出すことができます。

PDF Driver API コマンドライン利用図

マルチプロセスでの使用が可能

「PDF Driver API」は、複数のプロセスから同時に印刷処理を行うことができる仕組みを持っています。
Word、Excel、PowerPoint、一太郎の各アプリケーションが同時に使用される場合、これらのアプリケーションの制御を「PDF Driver API」内部で行っていますので、複数ユーザーが利用するプログラムも手軽に作成できます。

PDF Driver API マルチプロセス

Officeアドイン機能を利用したPDF出力

「PDF Driver」には、Officeアドイン機能があります。
「PDF Driver API」では、このOfficeアドイン機能を利用してPDF ファイルを出力するインターフェースも用意しています。

PDF Driver API アドイン

Officeアドイン機能を利用することにより、見出しをPDFのしおりに変換したり、ハイパーリンクをPDFのリンクとして出力することができます。

info OEMライセンスにつきましては、Officeアドイン機能はオプションとなります。

32bit / 64bit ネイティブ対応

PDF Driver APIは、32bit、64bitそれぞれにネイティブ対応しています。

対応するプログラム言語

インターフェース 備考
C++
  • Microsoft Visual Studio 2015 で作成されています。
  • C++インターフェースを使用する場合はMicrosoft VC++と互換性のある開発環境をご利用ください。
.NET
  • Microsoft .NET Framework 4.5.2以降に対応しています。
  • C++インターフェースのラッパークラスとして設計されています。
  • Microsoft Visual Studio 2015 で作成されています。
Java
  • C++インターフェースのラッパークラスとして設計されています。
  • Java SE 8で作成されています。
コマンドライン
  • C++インターフェースを利用して実装されています。
  • 印刷設定編集、Officeアドイン設定編集の機能はありません。
  • Microsoft Visual Studio 2015 で作成されています。
info【ご注意】
  • Microsoft Visual Studio については、最新のService Pack を適用されることをお勧めします。
  • Microsoft Visual Studio について、Microsoft の製品のサポートライフサイクルにおいてメインストリームサポートが終了しているバージョンは、PDF Driver API の開発環境としてサポートされません。

付属API の特長

付属APIは、「PDF Driver」の以下の2つの処理を制御し、そのためのクラスライブラリをそれぞれ提供しています。

  • 出力先指定
  • 印刷設定編集
API名 対応インターフェース 概要
出力先指定API
  • C++
  • .NET 4.5.2以降
  • 「PDF Driver」の出力先ファイルパスを指定します。

    これにより、独自に作成しているプログラムに「PDF Driver」での印刷処理を組み込む場合に、保存ダイアログを表示させることなく印刷実行し任意の場所にPDFファイルを出力することができます。

  • 印刷設定ファイルを指定する関数を備えています。
  • .NET インターフェースはC++のラッパークラスとして作成されています。
設定編集API C++
  • PDF Driver の印刷設定を編集します。

    プログラムにおいて「PDF Driver」の印刷処理を行う場合に、設定編集API を利用して一時的に印刷設定を変更することができます。

    1. API で変更した設定値をPDF Driver へ送る。
    2. PDF Driver で印刷処理を実行。
    3. API で変更した設定値でPDFが出力。

    APIで変更した設定値は、印刷が終了すると破棄されます。

  • PDF Driverの印刷開始/終了の通知を受信するための関数を備えています。

PDF Driver APIと付属APIの違い

arrow_rightPDF Driver API の役割
PDF Driver API は、Microsoft Office Word/Excel/Power Point、ジャストシステム 一太郎のオートメーション(COMコンポーネント)を利用して、ファイルを開き、PDF印刷する処理を制御しています。したがって、PDF Driver API の呼び出し側では、入出力ファイル名や設定ファイル名を指定するだけのプログラミングでPDF 出力プログラムを作成することができます。
ただし、PDF 出力ができる文書ファイル形式が限定されています。
arrow_right付属API の役割
付属API では、PDF Driverの出力先の指定や印刷設定の編集を行いますが、API 側で印刷処理は行いません。したがって、付属API の呼び出し側のプログラムで印刷処理を実装する必要があります。
ですが、プログラムで扱うことができるファイル形式に制限はありません。
info【ご注意】

弊社において印刷の動作確認を行っているソフトウェア以外からの印刷結果については、レイアウトや色の状態など、オリジナルデータと異なる場合がありますのでご了承ください。

アンテナハウスでは、次のソフトウェアを使用して印刷の動作確認を行っています。

  • Microsoft Word 2013 / 2016 日本語版
  • Microsoft Excel 2013 / 2016 日本語版
  • Microsoft PowerPoint 2013 / 2016 日本語版
  • ジャストシステム 一太郎 Pro4

PDF Driver APIと付属API 対応表

PDF Driver APIと付属API について、対応ファイル形式、動作環境に必要なソフトウェア、コーディング有無については、以下の表でご確認ください。

項目 PDF Driver API 付属API
PDF 出力が可能なファイル形式
  • Word(doc / docx)
  • Excel(xls / xlsx)
  • PowerPoint(ppt / pptx)
  • 一太郎(jtd)
  • テキスト形式
ファイル形式に制限はありません。
動作環境に必要なソフトウェア Word、Excel、PowerPoint、一太郎 -
ファイルのオープン・クローズや
印刷処理のコーディング
PDF Driver API内部で行うため、呼び出し側のプログラムでのコーディングは必要ありません。 付属APIの呼び出し側のプログラムでのコーディングが必要です。
スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.