PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

評価版のお申し込み

OEMについて詳しくはこちら

長期署名XAdESライブラリ

概要

『長期署名XAdES(シャデス)ライブラリ』は、お客様がXML技術に基づく長期署名を利用するときにお使いいただくためのライブラリ製品です。タイムスタンプのまとめ打ちが可能で、且つ、単ファイルのハッシュ値を束ねて階層化した上でまとめてタイムスタンプを付す技術を使用する為、改ざんされた“単ファイルのみを検証”することができます。

『長期署名XAdESライブラリ』は、有限会社ラング・エッジ社が開発した「XML長期署名ライブラリLE:XAdES:Lib」をアンテナハウスが販売するものです。
エンドユーザライセンスに限らず、複製・再頒布(OEM)ライセンス契約のご相談もお受けできます。

XAdES概要図

長期署名とは

一般の電子署名では署名に利用した電子証明書の有効期限後は、失効情報と呼ばれるCRL/OCSPが提供されなくなるために正しく検証できなくなります。これを防ぐために署名証明書の有効期間内に失効情報を含む検証情報を収集して埋め込み、更にタイムスタンプを付与することで有効期限を延長する仕組みが標準化されています。
電子署名を長期保管のために有効期間を延長する仕組みを長期署名と呼びます。

長期署名の形式には、CAdES、XAdES、PAdESの3種類があります。アンテナハウスで販売しているのはラング・エッジ製のXAdESライブラリ(本製品)とPDF長期署名:PAdESライブラリ製品紹介ページ)の2種類です。(CAdESライブラリは販売していません。)

長期署名XAdES とは

XAdESはW3C勧告のXML署名(XmlDsig)を長期署名化した電子署名ファイルフォーマットです。XML署名と上位互換性があり、XMLデータへの署名以外にバイナリやテキスト等の任意データへの署名生成も可能です。 最近ではMS-Office2010の保存ファイルOOXML(Office Open XML)形式の署名にもXAdESが使われています。特長は次の点です。

  1. XML形式である為に可読性に優れています。
  2. ETSI TS 101 903 / JIS X5093 / ISO 14533-2 として標準化されている仕様です。JIS化されていますので安心してご利用頂けます。
  3. 署名対象をURIで指定する為に外部に置かれた署名対象ファイルとの関連性も容易に確認できます。
  4. PAdES(PDF長期署名フォーマット)と異なり、署名対象の形式は問いません。バイナリとして扱えばどのようなファイルに対する電子署名も可能です。
  5. また複数署名対象ファイルに1回の署名やタイムスタンプを付与することも可能です。

署名対象の種類や用途に応じてXML長期署名XAdESとPDF長期署名PAdESのどちらを利用するか選択ください。

  XAdESPAdES
複数ファイルへのまとめ打ち 可能(コスト削減・単ファイル改ざん検出可能) 不可
対象ファイル ファイルを選ばない
(PDF、JPEG、TIFF、Docuworks など)
PDF限定
検証 独自の一括検証ツールで対応 Adobe Reader

XAdESとPAdESの共通点

  • どちらも長期保管が可能になる長期署名フォーマット。
  • 署名対象の改ざんを検知可能。
  • 署名+タイムスタンプを利用可能(PAdESはタイムスタンプのみも可能)。

XAdESに向いている用途

  • 大量ファイルへの署名やタイムスタンプが必要な用途
      → 効率良くかつ低運用コストで利用が可能
  • 署名ファイルを利用者が直接検証する必要がない用途
      → サーバ上での一括検証で良い用途
  • 署名対象がPDFファイル以外の用途
      → 画像ファイルやテキストファイルやCADファイル等何でも利用可能

PAdESに向いている用途

  • PDFファイルのまま運用する用途
      → PDFファイルのまま保管や流通をさせたい場合
  • 利用者が直接検証したい用途
      → 契約書への署名等
  • 比較的署名対象ファイル数が少ない用途
      → 数万ファイルへの署名やタイムスタンプ付与は時間とコストが必要

評価版お申し込み

『長期署名XAdESライブラリ』評価版お申し込みページへのリンク

価格について

ライセンスの種類 価格 説明
個別ライセンス
(単独ライセンス)
オープン価格 1システムのみ利用が許可される基本ライセンスです。 サーバなら冗長化またはバックアップの為の複数サーバでも1システムとカウントします。 クライアントでも同一組織内の限定利用なら1システムとカウントされます。
開発ライセンス オープン価格 システム・インテグレータなどがシステム開発または保守サービスを行うコンピュータで使用するためのライセンスです。実際に運用するシステムでは使えません。
OEMライセンス
(組込ライセンス)
お問い合わせ
ください
同一システムを複数販売する場合のライセンスです。 2ライセンス目からは半額以下の安い価格で提供が可能です。
ASPライセンス
(配布ライセンス)
お問い合わせ
ください
不特定多数を対象にサービスを提供するかクライアントを配布する場合のライセンスです。
コンサルテーション お問い合わせください 利用する認証局やタイムスタンプ局の利用や運用検討等のPKIコンサルテーションや、本製品を利用した専用アプリケーション開発やカスタマイズ開発も受託可能です。

費用についてのお問い合わせは、sis@antenna.co.jp までお願いします。

改訂情報

スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.