PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

評価版のお申し込み

OEMについて詳しくはこちら

サポートについて

Word2DITAのロゴ画像

Word2DITAとは

DITAはXMLベースの技術文書の生成および管理仕様で、2005年5月にOASIS標準として承認されました。

このDITA仕様に準拠したXMLインスタンス(トピック)を簡単に、間違いなく入力/編集するためのエディタがWord2DITAです。MSWordのアドオンソフトとして動作します。

Word2DITAが解決します!

入力イメージ

下記はTaskを入力中のキャプチャ画像です。どこに何を入力すべきかひと目で分かります。

Word2DITA:タスクの入力イメージ

より使いやすくするために

要素選択パレットに業務で必要な要素のみを表示するようにカスタマイズでき、要素の選択が効率的に行えます。

Word2DITA:カスタマイズダイアログ

自分専用のパレットにすることもでき、さらに便利に。

Word2DITA:カスタマイズダイアログ

DITA出力例

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<concept id="ConceptSample" class="- topic/topic concept/concept " domains="(topic ui-d) (topic hi-d) (topic sw-d) (topic pr-d) (topic ut-d) (topic indexing-d)">
  <title class="- topic/title "></title>
  <prolog class="- topic/prolog ">
    <publisher class="- topic/publisher "></publisher>
    <metadata class="- topic/metadata ">
      <audience class="- topic/audience " />
      <category class="- topic/category "></category>
      <keywords class="- topic/keywords " />
      <prodinfo class="- topic/prodinfo ">
        <prodname class="- topic/prodname "></prodname>
        <vrmlist class="- topic/vrmlist ">
          <vrm version="" class="- topic/vrm " />
        </vrmlist>
      </prodinfo>
    </metadata>
  </prolog>
  <conbody class="- topic/body concept/conbody ">
    <section class="- topic/section ">
      <title class="- topic/title ">Word2DITAコンセプト</title>
      <p class="- topic/p ">マニュアル作成の現場では、<keyword class="- topic/keyword ">XML</keyword>の知識を持たない執筆者が多い。</p>
      <p class="- topic/p ">そこでXMLの知識を必要としないオーサリングツールが必要となる。</p>
      <p class="- topic/p ">Microsoft Word<fn class="- topic/fn "><p class="- topic/p "> Microsoft Wordは(株)マイクロソフトの登録商標です。</p></fn>を使用する事により、使い慣れた環境でXMLを意識せずに<keyword class="- topic/keyword ">DITA</keyword>準拠のXMLを作成できるようにする。</p>
      <p class="- topic/p ">主な機能</p>
      <ul class="- topic/ul ">
        <li class="- topic/li ">スタイルによりタグ付けを行う。</li>
        <li class="- topic/li ">スタイル付けは専用フォームにより直感的に選択できるようにする。</li>
        <li class="- topic/li ">選択位置によって使用できるスタイルを自動的に絞る。</li>
        <li class="- topic/li ">要素の意味を参照できるようにする。</li>
      </ul>
      <dl class="- topic/dl ">
        <dlhead class="- topic/dlhead ">
          <dthd class="- topic/dthd ">用語</dthd>
          <ddhd class="- topic/ddhd ">用語の定義</ddhd>
        </dlhead>
        <dlentry class="- topic/dlentry ">
          <dt class="- topic/dt ">XML</dt>
          <dd class="- topic/dd ">
            <p class="- topic/p ">文書やデータの意味や構造を記述するためのマークアップ言語の一つ。</p>
          </dd>
        </dlentry>
        <dlentry class="- topic/dlentry ">
          <dt class="- topic/dt ">DITA</dt>
          <dd class="- topic/dd ">
            <p class="- topic/p ">DITA(Darwin Information Typing Architecture)は、XMLで記述する技術文書の文書型と拡張方法を定義しているOASISの標準規格。</p>
          </dd>
        </dlentry>
      </dl>
    </section>
  </conbody>
  <related-links class="- topic/related-links ">
    <link href="http://www.sgml-xml.jp/" scope="external" class="- topic/link ">
      <linktext class="- topic/linktext ">MS-Office、Word XML変換、簡単XML作成ツール「Word2XML」と超文書管理ツール「文織」の株式会社デジタルコミュニケーションズ</linktext>
    </link>
  </related-links>
</concept>
スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.