PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社
サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

評価版のお申し込み

OEMについて詳しくはこちら

アンテナハウス製品紹介セミナー資料はこちらから


スペーサー

2. Office文書・画像・各種ファイルの変換

Microsoft Office文書や画像などからPDF・画像または他の形式への変換に関わる項目です。
お探しのものが見つからない場合は、sis@antenna.co.jpへお問い合わせください。

お問い合わせ内容

2.1 Linux環境でPDF変換

2.2 MS Officeのバージョン

2.3 MS Officeの必要性

2.4 OfficeからPDFへの変換

2.5 PDFの作成と結合

2.6 PDF・SVGの表示

2.7 PDF変換の設定

2.8 SVGへ変換

2.9 WebシステムでPDF変換

2.10 ダイレクト変換とドライバ方式

2.11 ファイル判別結果の取り出し

2.12 フォルダ監視でPDFへ変換

2.13 フォント対応

2.14 プログラム開発

2.15 ユーザー数の制限

2.16 レイアウトの再現性

2.17 他システムと連携するシステム開発

2.18 処理結果のログ

2.19 同一環境へのインストール

2.20 変換対象ファイル

2.21 差込印刷

2.22 画像ファイルへの変換

2.23 画像ファイルをPDFに変換

2.24 製品名の違い

2.25 電子出版サービス


以下、質問と回答

お問い合わせへの回答

2.1 Linux環境でPDF変換

Linux上で、Microsoft Officeファイル(xls/xlsx/doc/docx/ppt/pptx)や、画像ファイル(png、jpeg、gif、tiff)、テキストファイル(txt、log、csv)をPDFファイルに変換できる製品はありますか。
Office Server Document Converter (OSDC)で対応可能です。評価版でお試しください。

  • 動作環境
http://www.antenna.co.jp/sbc/spec.html#spec
  • 評価版申し込み
http://www.antenna.co.jp/sbc/trial.html

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

サーバ上でMicrosoft Office文書をPDF変換するソフトを、弊社製品に組み込んでオフィス文書のファイルビューア機能を実現しようと考えております。動作環境がLinuxのものを考えているのですが、動作要件にマッチする製品がありますか。
Office Server Document Converter(OSDC)で対応可能です。PDFへの変換の他、画像ファイルへも変換できます。

  • JPEG/PNG/TIFF変換
http://www.antenna.co.jp/sbc/function03.html
  • SVG変換
http://www.antenna.co.jp/sbc/function02.html

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

2.2 MS Officeのバージョン

Office Server Document Converter(OSDC)はMicrosoft Office 2016からPDFに変換できますか。
はい。OSDCはOffice 2016に対応しています。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

2.3 MS Officeの必要性

サーバにOffice互換製品(OpenOffice/LibreOffice等)の導入は不要なのでしょうか。
Microsoft Officeファイルからの変換に関しては、Office Server Document Converter以外必要ありません。動作環境がLinuxの場合は日本語フォントを用意していただく必要があります。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

マイクロソフトは下記のとおり、非対話型のアプリケーション、コンポーネントは推奨していないようです。 https://support.microsoft.com/ja-jp/help/257757/considerations-for-server-side-automation-of-office 製品を使用する上での制約等がございましたら、教えてください。
弊社製品「Office Server Document Converter (OSDC)」は、ドキュメントの作成元のアプリケーションを使用せず、且つ、プリンタドライバも使用しないダイレクト変換方式を採用しています。つまり、OSDCはMicrosoft Officeのオートメーションをサーバーサイドで使用するものではありません。

Microsoft Word/Excel/PowerPointがインストールされていない、および動作しない環境でもMicrosoft Word/Excel/PowerPoint、及びRTF文書を簡単に表示し、PDFその他のファイル形式に変換できます。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

テキストファイルやMicrosoft OfficeファイルをPDFにする製品はありますか。また、その製品はMicrosoft Officeが実行環境上にインストールしてあることが前提で動作しますか。
実行環境上にMicrosoft Officeがインストールしてあるのであれば、PDF Driver API (PDF Driver)、PDF Serverで対応可能です。
PDF Driver APIについてはサンプルコードを掲載しています。ご参考ください。
http://www.antenna.co.jp/PDF Driver-api/sample60/sample-inout-cs.html
実行環境上にMicrosoft Officeがインストールしていないのであれば、Office Server Document Converterで対応可能です。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ
関連リンク Antenna House PDF Driver API ページへ
関連リンク Antenna House PDF Server ページへ

PDF Serverで、Microsoft Excel、WordファイルをPDFへ変換する場合、利用者側でMicrosoft Officeソフトが導入されていれば 変換可能なのでしょうか。それともサーバ側でもMicrosoft Office製品の導入は必須でしょうか。
変換自体はサーバー側のMicrosoft Officeで行いますのでサーバーへのインストールは必須になります。
ただし、Microsoftはライセンスを持たないワークステーションに対しサーバーサイドでOfficeサービスを提供することを許可していません。
そのため、お客様が構築されようとしているサーバー(サービス)を利用するすべてのユーザー(クライアント)がOfficeのライセンスを持っている必要があります。


2.4 OfficeからPDFへの変換

Microsoft OfficeをインストールしていないWindows Serverの上で、OfficeファイルをPDFに変換する製品はありますか。
OSDCが該当します。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

Excelで複数シートに分かれている場合、OSDCで変換されたPDFは、1ファイルになるのでしょうか。 それともシートの数だけPDFファイルが作成されるのでしょうか。
基本的には、最初のシートから順に最後のシートまでを対象として、シートごとに「ページ設定」で指定されている用紙のサイズと拡大縮小率で変換します。
詳しくは、オンラインマニュアルの「Excel 変換」>「Excel の変換仕様」をご参照ください。

  • 「Excel 変換」>「Excel の変換仕様」
https://www.antenna.co.jp/sbc/manual/sbc-xls.html

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

Excelの変換時に、OSDCでは、ヘッダー/フッターも出力できますか。
Excel側で設定してあれば、OSDCで可能です。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

Microsoft Office等、ファイルにスクリプト等を設定可能なファイルを、PDFファイルへ変換する際に、悪意のあるスクリプトが実行される危険はないのでしょうか。
Microsoft Officeを起動して、Officeの名前をつけて保存したり、プリンタドライバで印刷する方式でPDFを作成する方式では、悪意のあるスクリプトが実行される可能性があります。Officeアプリ側でスクリプトを禁止するなど、サーバー以外でOfficeを利用する場合と同様な対策が必要です。

OSDCは、Microsoft Office を使わずに、独自にOffice のファイルを読んでPDFに変換しますので、スクリプトが実行されることがありません。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

PDF Driver API ではWordファイルを「印刷レイアウト」の表示内容でPDFに変換できず、強制的に「全画面閲覧」などの表示内容でPDFに変換されてしまうことがありますか。
PDF Driver APIについて、これまで同様の報告は受けておりません。

関連リンク Antenna House PDF Driver API ページへ

PDF Driver APIではMicrosoft Power PointファイルのノートをPDF/Aに準拠したPDFに変換できますか。
PDF Driverは「PDF/A-1b:2005」出力に対応しており、PDF Driver APIを利用してPDF/A-1b:2005準拠のPDFを出力できます。ただし、PDF Driver APIを利用してPowerPointファイルをPDF出力する場合は、「標準」の表示状態で出力されます。「ノート」の状態での出力には対応しておりません。

関連リンク Antenna House PDF Driver API ページへ

Excelから印刷したものと同じ状態でPDF化される製品はありますか。
Antenna House PDF Driverは仮想プリンタードライバーです。Excelの印刷ダイアログから物理プリンターに印刷を行うことと同じ手順で印刷を実行することによりPDF化できます。
Excelファイルを作成した環境と同じ環境(OS、Excelバージョン、存在するフォント)で印刷を行った場合、元のExcelファイルのと同様の状態でPDF化されます。

関連リンク Antenna House PDF Driver API ページへ

PowerPointからPDFへ変換できる製品はありますか。
OSDCで対応可能です。

関連リンク Antenna House PDF Driver API ページへ
関連リンク Antenna House PDF Server ページへ
関連リンク Office Server Document Converter ページへ

Microsoft Office (WordやEXCEL)ファイルをTIFFやPDFに変換する製品はありますか。 また変換後のファイル内容について、次の点でどの程度保証されますか。    ・元のファイルに記載されている文字が変わっていないか    ・記号文字などが潰れていないか    ・画像の精度は同じ程度に保たれるか
Antenna House PDF Serverで実現可能です。
Antenna House PDF ServerはインストールされたOfficeのプリンター機能を使用した仮想プリンタードライバーでPDF変換します。
フォントがサーバーに実装されていない場合は、同様のフォントに置き換えて変換します。
記号文字も同様に処理します。いかなるシステムであれ、変換元ファイルの文字や記号を変換後のPDFに完全に再現するには、変換する動作環境に変換対象ファイルで指定されているフォントが必須です。
画像の再現性は、設定により変動いたします。
変換結果については、評価版にてお試しください。

関連リンク Antenna House PDF Server ページへ

Microsoft Office 2016 で作成されたOfficeファイルのPDFへの変換及び変換のために Microsoft Office 2016 をインストールして使用する環境に対応する製品はありますか。
Antenna House PDF Server V3.1で Office 2016に対応しました.。

Antenna House PDF Driver APIはOffice 2016に対応しています。

関連リンク Antenna House PDF Server ページへ
関連リンク Antenna House PDF Driver API ページへ

サーバー上でOfficeファイルをPDFに変換する処理を行います。複数ユーザーが同時にPDF変換を行う運用を想定していますが、対応する製品はありますか。
Antenna House PDF Driverは、複数ユーザーの同時利用運用に対応しています。

AH PDF Serverは、Antenna House PDF Driverを組み込んでサーバーでOffice文書からPDFに変換するソリューションです。複数のユーザーに共同でお使いいただけます。

関連リンク Antenna House PDF Server ページへ
関連リンク Antenna House PDF Driver API ページへ
関連リンク Office Server Document Converter ページへ

2.5 PDFの作成と結合

Office文書とPDFファイルを新たなPDFファイルとして結合したいのですが、PDF Tool APIでできますか。
PDFの結合はPDF Tool API できます。ただし、Office文書とPDFを直接結合することはできません。PDF Tool APIはPDF出力の機能はありませんので、事前にOffice文書をPDF化しておく必要があります。

関連リンク Antenna House PDF Tool API ページへ

2.6 PDF・SVGの表示

Office Server Document Converterの変換結果のPDFやSVGを表示するには、どのような方法がありますか。
Adobe ReaderやSVGViewer、若しくは最新のブラウザ(Edge、Safari、Chrome、Firefox等)であれば、大抵はPDF・SVG共に表示できます。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

2.7 PDF変換の設定

PDF変換する際に、ページサイズはOSDC側で元と同じサイズに変換しますか。
はい。仮に別のサイズに変更したい場合は、「PDFscale」「PDFheight」「PDFwidth」を指定することにより可能です。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

アプリケーションから帳票の種類を指定して印刷することでPDFを作成し、その帳票の種類の情報をPDFのプロパティに保持したいのですが、できますか。
Antenna House PDF Driverでは、出力されるPDFに帳票の種類を保持することはできません。

関連リンク Antenna House PDF Driver API ページへ

アプリケーションから印刷することでPDFを作成する場合、PDFのページサイズはどのように設定するのですか。
PDF Driverの印刷設定ダイアログ「一般」タブ上の「サイズ」欄で設定します。
ただし、印刷を行うアプリケーションが用紙サイズの情報を持っている場合があります。この場合は、アプリケーションが選択している用紙サイズが適用されます。

関連リンク Antenna House PDF Driver API ページへ

Antenna House PDF Driverは「プリンタの追加」で設定できる数に制限はありますか。
「プリンタの追加」で設定できる数に制限はありません。

関連リンク Antenna House PDF Driver API ページへ

Antenna House PDF Driverは透過設定がある画像は正しくPDFに変換されますか。
現在のところ、弊社で認識している透過関連処理の問題現象はありません。

関連リンク Antenna House PDF Driver API ページへ

プログラム側で、PDFの変換が完了したことを検出する方法はありますか。
Antenna House PDF Driver APIにおいては、PDF変換の完了を通知するしくみはありません。

関連リンク Antenna House PDF Driver API ページへ

アプリケーションからの印刷処理において、同一のファイル名で出力指示される場合があります。この場合に出力ファイル名に自動的に連番や処理時間等を付加して重複されないようにしたいのですが、できますか。
Antenna House PDF Driverにおいては、出力ファイル名が重複しないよう自動生成する機能はありません。

関連リンク Antenna House PDF Driver API ページへ

いままで、WindowsのAPIである「OpenPrinter」および「EnumJobs」から呼び出してPDFへの変換を行っていたのですが、同様の使い方ができる製品はありますか。
PDF Driver API スタンドアロンライセンス 10 ライセンスパック(分割 転売不可)がご利用いただけます。

関連リンク Antenna House PDF Driver API ページへ

Office (Word、Excel、PowerPoint、Visio)、一太郎、および DocuWorks を PDF/A へ自動変換可能な製品はありますか。 また、上記6フォーマットの PDF/A-1a への変換は問題なくできますでしょうか。
Antenna House PDF Driverで、PDF/A-1bを作成できます。しかし、PDF/A-1aへの変換はできません。

自動変換するには、Antenna House PDF Driver APIを呼び出すアプリケーションの開発が必要です。

関連リンク Antenna House PDF Driver API ページへ

2.8 SVGへ変換

サーバ上で図面等をSVG形式へ変換を行う商用利用を検討しています。対応可能な製品はありますか。
Office Server Document Converter(OSDC)で対応可能です。SVGファイルへ変換してください。

  • SVG変換
http://www.antenna.co.jp/sbc/function02.html

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

2.9 WebシステムでPDF変換

AH PDF Server コマンドライン版は、ログオンが必要との記載があったのですが、Webシステムで利用する場合は、実行ユーザーでログオンしておく必要があるのでしょうか。
ログオンは必要です。
PDF変換する際にはExcelを動作させますが、Windowsのセキュリティ上ログオンは必要になります。


AH PDF Serverの動作環境について、SQL Serverは必須なのでしょうか。その場合、バージョンは2008以降であればExpressでも問題ないでしょうか。
SQLServerはWeb変換オプションを使用される場合は必要です。
Web変換オプションが必要ではない場合は不要です。
Expressを含めたすべてのエディションのSQL Server 2008(R2)/2008R2(SP2)/2012に対応します。


Webシステムから作成済みのExcelファイルをPDFファイルに変換する処理を行いたいのですが、PDF Serverコマンドライン版で実現は可能でしょうか。また、上記製品以外で他に適した製品がありますか。
ExcelファイルのPDF変換はPDF Serverで可能です。
PDF Serverの他にPDF Driver APIでも対応可能です。PDF Driver APIはモジュールでのご提供になりますので、システムへの組み込み開発が必要です。


関連リンク Antenna House PDF Driver API ページへ

2.10 ダイレクト変換とドライバ方式

Microsoft OfficeをインストールしていないWindows Serverの上で、ExcelファイルをPDFに変換する製品はありますか。
OSDCで可能です。
OSDCは、作成元アプリケーションを使用しませんので、Windows以外の環境でもExcelからPDF等を作成できます。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

AH製品で「Excel・Word等のOfficeファイルやPDFファイルを結合して、一つのPDFファイルを作成する」方法には次の2パターンがあります: ①OSDC/SBC + PDF Tool API、②PDF Driver API + PDF Tool API。実装の観点で、①と②でどのような差異がありますか。
  • 一番大きな違いは①ではPDF作成の際にMicrosoft Officeは不要ですが、②では、PDF作成にMicrosoft Officeを使うことです。それに起因して①はLinuxサーバーでも実装できますが、②はWindows OSのみで稼働します。
  • OSDC/SBCは、変換元の文書ファイルを解読し組版をまねてページを作成するため、 変換元の文書との互換性に関しては、文書内容によりバラツキがあります。この点については、評価版にて事前にご確認をいただく必要があります。
出力物の目的が閲覧レベルか、厳密なレイアウト再現かシステムの要件に依存する製品選択基準となります。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ
関連リンク Antenna House PDF Driver API ページへ
関連リンク Antenna House PDF Tool API ページへ

Office Server Document Converter (OSDC) とPDF Server (PDS) の違いを簡単に説明してください。
  • OSDCは変換機能をコマンドラインやライブラリで提供するコンポーネントです。SIerや開発者がシステムに組み込んでを使いいただくものです。それに対して、PDSはフォルダ監視型の変換機能に加えて変換機能をコマンドラインの形で外部から利用することも可能なソリューション。また変換に加えて、定型の加工(OCR、ヘッダフッタや分割・結合、etc)も可能です。
  • OSDCは運用環境にMicrosoft Officeをインストールする必要が無く、Microsoft Officeが動作しない環境でも使用できますので、Windows環境に限定せずに運用の幅が広げられます。利用ユーザー分のMicrosoft Officeのライセンスを必要としないことにもなります。PDSはWindows環境を前提とし、Microsoft Office文書の変換に使用する場合は、所定のライセンスを必要とします。
  • OSDCとPDSでは、入力ファイルの形式と、出力ファイルの形式が異なります。PDSはCAD変換オプションで各種CADデータをPDFに変換、オフィス変換オプションでPDFファイルをMicrosoft Office文書に変換できます。この場合、スキャナから読み込んだ画像PDFや画像ファイルも、OCR処理でOffice文書形式への出力ができます。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ
関連リンク Antenna House PDF Server ページへ

Webシステムで、アップロードされるExcel形式(複数シート)の定型ファイルをPDF化すること、それからOffice文書をPDF化することが、Office Server Document Converter (OSDC) でできますか。
はい。OSDCでできます。但し、OSDCのみではなく、アップロードする仕組の構築が必要です。Antenna House Web Interface for OSDCをお使いただければ、サーバ上のOSDCをインターネット経由で遠方のクライアントから使用できます。
http://www.antenna.co.jp/sbc/wio/index.html
なお、サーバー側にもMS-Officeが必要になりますが、「PDF ServerV3.1」という弊社製品のフォルダ監視機能を利用して、Officeドキュメントがアップロードされるフォルダを監視させることで、定期的なPDF変換を行うこともできます。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ
関連リンク Antenna House PDF Server ページへ

2.11 ファイル判別結果の取り出し

TextPorterではファイルの種類を判別し処理を行っていると思いますが、判別したファイルの種類を情報として取り出すことは可能でしょうか。 また、取り出せる場合、それはどのような形式で表現されるのでしょうか。
判別したファイルの種類を情報として取り出すことは可能です。
詳しくは、評価版内の製品マニュアル「TextPorterV54-Manual.pdf」24
ページ以降に記載がございます。
<タイトル抜粋
3.4.1 ファイル識別関数
指定されたファイルを識別します。

関連リンク TextPorter ページへ

2.12 フォルダ監視でPDFへ変換

サーバーのプリンタからの帳票印刷をPDF化にしたいのですが、予め指定したフォルダにダイアログを表示せずに任意の名前でPDFを保存ができますか。
PDF Driver はネットワークプリンタとしては利用できませんが、帳票を作成するパッケージソフトやプリンタはサーバー側に存在し、サーバー上のパッケージソフトからサーバー上に存在する指定のプリンタに印刷を行うとのことでしたら、PDF Driver で実現できます。

関連リンク Antenna House PDF Driver API ページへ

帳票作成プログラムからPDFを出力したいのですが、帳票ごとに出力フォルダを分けたいと考えています。実現する方法はありますか。
Antenna House PDF Driverを利用する場合、2つの方法が考えられます。
1.出力先指定APIを利用する
PDFを出力するプログラムの実行体が帳票ごとに異なる場合、PDF Driver付属の出力先指定APIを利用することで帳票ごとに出力フォルダを指定できます。
PDFを出力するプログラムが複数同時実行される場合は、あらかじめ、同時実行される数分のPDF Driverの複製を作成してください。

2.PDF Driverの複製を作成しそれぞれの印刷設定で出力フォルダを指定する

関連リンク Antenna House PDF Driver API ページへ

開発中のアプリケーション(Windows 2012R2 remoteappにて動作)よりプリンタに出力される印刷物をクライアントに保存内容を問い合わせすることなく特定の共有フォルダ及び半自動のファイル名(例 \\192.168.1.1\%username%\abcde_年月日_時分秒.pdf)にてPDF出力できる製品はありますか。
「Antenna House PDF Driver API V6」の「出力先指定API」で実現可能と思います。
サンプルコードを掲載しています。ご参考ください。
http://www.antenna.co.jp/pdv/sample-api/sample-api-drvset-cs.html

関連リンク Antenna House PDF Driver API ページへ

人事給与のソフトで出力しているExcel帳票をPDFに変換してサーバの所定の場所に格納したいのですが、実現できるソフトはありますか。
PDF Driver APIを用いてPDF Driverを制御することにより保存ダイアログを表示させることなく指定の場所にPDFファイルを出力できます。

関連リンク Antenna House PDF Driver API ページへ
関連リンク Office Server Document Converter ページへ

システム(サーバ)には新規スプール・ドライバを追加するのみの感覚でPDF化ができ、 出力ファイル、出力元システム(サーバ)毎に出力先フォルダを指定できる製品がありますか。 PostScriptに対応していればさらに良いです。
PDF化は、PDF ServerもしくはPDF Driver APIで対応可能です。
PDF Serverは、インストール後ノンプログラミングで使用できるソリューションをパッケージ化した製品です。
出力先の設定も可能です。
PDF Driver APIは、モジュールの提供になり上位のアプリケーションに組み込んで使用します。
付属しているAPIを使用して出力先の指定が可能です。
ただし、両製品ともPSには対応しておりません。

関連リンク Antenna House PDF Driver API ページへ
関連リンク Antenna House PDF Server ページへ

ファイルをPDFに変換するさいに保存ダイアログを表示することなく指定の場所に保存でき、またPDFを表示させることができる製品を探しています。
Antenna House PDF Driver APIは、PDF変換のさいに保存ダイアログを表示させずに指定の場所にPDFを出力する制御ができます。
PDF表示処理は、Antenna House PDF Viewer SDKで開発ができます。

関連リンク Antenna House PDF Driver API ページへ
関連リンク Antenna House PDF Viewer SDK ページへ

サーバー内で指定したフォルダを常時監視し、各種ファイルの上書き・追加が行われた時に自動的にPDF化してくれるソフトを探しております。PDF Serverでできそうですが、スタンダード、プロフェッショナル、コマンドラインのどれに該当するのでしょうか。 また、使用に際して留意点等もご教示いただけないでしょうか。
フォルダー監視機能があるのは「プロフェッショナル版」か「スタンダード版」の何れかとなります。
フォルダ監視に関連する大きな違いは同時に起動させられる監視タスク(*)の数になり、プロフェッショナル版に制限はありませんが、スタンダード版は同時に起動できるタスク数が5に制限されています。
*:監視先フォルダやタイミング、変換に使用する設定の指定のセット。
相違点の詳細は、 機能一覧表http://www.antenna.co.jp/psv/functionlist.htmlでご確認いただけます。
ただし、PDF Server は、監視フォルダと変換後のファイルの出力先を同じフォルダにすることができませんので、更新されたファイルの自動更新には対応しておりません。
これを実現するには、監視フォルダーへファイルを再投入するなどの対策が必要になります。

関連リンク Antenna House PDF Server ページへ

サーバフォルダを監視して、イメージファイルを定期的にOCR処理したPDFファイルを生成することは可能でしょうか。
PDF Serverで対応できます。

関連リンク Antenna House PDF Server ページへ

PDF Serverのフォルダ監視について、ftpプロトコルは使用可能ですか。
ftpは監視、出力ともに使用できません。通常のWindowsファイル共有のみ対応しています。
制限/条件(参考):http://www.antenna.co.jp/psv/download/v31/manual/users_manual.pdf#page=153

関連リンク Antenna House PDF Server ページへ

メールに添付されてくる一部のファイルを、手動でファイルサーバ上の個人フォルダに保存しておくと、自動的にPDFへ変換、指定のフォルダへ保存するソリューションをはありませんか。
PDFServerはフォルダ監視によるPDF変換機能があります。
監視しているフォルダに対象のファイルを保存しておいていただければPDF変換して出力先のフォルダへ保存いたします。
PDF Server以外には、対象のOfficeを同一環境にインストールしておく必要がございます。
その他には下記のページに動作環境を記載しておりますのでご確認ください。
http://www.antenna.co.jp/psv/spec.html

Office Server Document Converter (OSDC) + Web Interface for OSDCでも対応可能です。
  • OSDC評価版申し込み
 http://www.antenna.co.jp/sbc/trial.html
  • Web Interface for OSDC
 http://www.antenna.co.jp/sbc/wio/index.html
  • Web Interface for OSDC評価版申し込み
 http://www.antenna.co.jp/sbc/wio/trial.html
  • Web Interface for OSDCフォルダ監視
 http://www.antenna.co.jp/sbc/wio/function02.html

関連リンク Antenna House PDF Server ページへ
関連リンク Office Server Document Converter ページへ

業務システムにPDF変換ツールを組み込みたいと考えています。だいたいの要件は下記の通りです。 ・入力フォルダを監視し、出力フォルダへPDFを出力 ・監視フォルダは複数指定可能 ・入力ファイルはEXCEL、出力ファイルはPDF ・PDFはセキュリティ設定が可能であること これを実現する方法はありますか。 なお、方式自体を見直す可能性もありますが、他にExcelからPDFに変換するツールがありますか。
最初の要件は、AH PDF Serverで実現できます。

ExcelからPDF変換は、Antenna House PDF Driver API、あるいは、PDF Driver付属の出力先指定API、設定編集APIを利用することで、業務システムにPDF変換処理を組み込むことができます。

関連リンク Antenna House PDF Server ページへ
関連リンク Antenna House PDF Driver API ページへ

2.13 フォント対応

Linux環境で元のファイルと同じフォントを使用してPDFをOSDCで作成することはできますか。
動作環境に同じフォントをご用意していただければ可能です。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

使用するフォントをコマンド発行毎に変更することがOSDCではできますか。
コマンド毎のオプション設定ファイルをご用意していただき、それぞれで指定すれば可能です。

  • OSDCオプション設定ファイル
https://www.antenna.co.jp/sbc/manual/sbc-optset.html

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

実行時にフォントのエラーが返されましたが、これは対象フォントを追加することで解消されますか。
エラーの種類により異なりますが、「Missing font family: 'XXXXX'.」といった内容であれば、そのフォントを実行環境に追加することで解消されます。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

2.14 プログラム開発

以前使用していた「瞬簡PDF」は、プログラム側から呼び出した際にパス・ファイル名を手動で指定して保存ボタンをクリックすることなく、ファイルに出力ができていたのですが、現バージョンで同じプログラムから呼び出した際には保存先を指定するダイアログが立ちあがってしまいます。 従来のバージョンと同様の動作をさせる方法をご教示いただけませんでしょうか。 呼び出し側のプログラムはVisual Basic6.0を使用しております。
Word、Excel、PowerPoint のファイルを PDF 出力させたいのであれば「PDF Driver API」を、自前の印刷プログラムで PDF 出力をお考えの場合は「付属 API」をお使いください。
一応、PDF Driver APIにはCOM、出力先指定API(付属API)ではocxインターフェースがございますので、VB6 でも使えるかと存じます。
ご利用方法につきましては、評価版に入っている以下の PDF 説明書をご参考ください。
  • PDF Driver API
_DriverAPI\APIReference\AHPDF Driver API_V6_COM説明書.PDF
  • 出力先指定API
_API\PDFDriver_V6_付属API説明書.PDF

保存ダイアログを出さない単純な方法は、出力先が決まっ ているのであれば印刷設定を作成し、その設定を選択状態にしておく ことです。


関連リンク Antenna House PDF Driver API ページへ

2.15 ユーザー数の制限

AH PDF Server プロフェッショナル版及びスタンダード版はソフトウェアを1つ購入することにより、全ユーザーが使用可能なのでしょうか。
AH PDF Serverはサーバアプリケーションのため、クライアントユーザー側にインストールする必要ありません。
ライセンス上アクセスするユーザー数の制限はありません。

関連リンク Antenna House PDF Server ページへ

2.16 レイアウトの再現性

評価版をダウンロードし、変換テストを実施てみたところ、Excelの機能でPDFを保存した時とOffice Server Document Converterを利用してPDFを保存した時で大きくレイアウトが異なっておりました。 購入を検討するにあたって、Excelとほぼ同等の見た目に調整が可能か知りたいと思っております。オンラインマニュアルは確認させて頂きましたが、レイアウトの調整方法に関する記述が見つけることができませんでした。 次のレイアウトに関する箇所に関して、調整が可能か教えて頂けないでしょうか。①行の中央揃えが適用されていない、②日付のフォーマットが適用されていない、③Excel上では表示できているのに、上の文字の影響で下の文字が一部見えなくなっている、④グラフでMeiryoUIを設定しているが適用されない。
Office Server Document Converterは独自のエンジンでファイルを解析してダイレクトに変換しております。元のアプリケーションは使用しておりませんのでレイアウトのズレは発生してしまいます。


ファイル個別に調整対応したとしても、他のファイルでまたズレが発生すると思われますので、元ファイルと同等の変換結果をお望みであれば、ご使用OSをWindowsへ変更して、ExcelでPDF保存するか、PDF Driver APIのご使用をお勧めいたします。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

処理速度やレイアウトの再現性などは、今後OSDCのバージョンアップで向上していくのでしょうか。
新たに機能の追加などで処理が複雑になり、結果処理速度の改善されないケースもございますが、変換速度、及びレイアウトの再現性の改善は常に意識して開発はしております。ご期待下さい!。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

Excelからの変換で、OSDCの変換結果においてセル内に「XXXXXX」といった内容になってしまうのはなぜか。
OSDCを使用してExcelファイルを変換する場合の制限事項に「行の高さおよび列の幅を正しく設定できない場合があります。」があります。これは、主にセル内記載されている数字/文字列が、そのセルの幅や高さに収まらないために発生します。Excelで対象セルの幅や高さを広げてください。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

Excelからの変換で、OSDCを利用した場合に整数部の取扱はどうなっていますか。
OSDCでは、

  • 整数部桁数が8桁を超える場合は、小数点以下桁数は、整数部桁数-8
  • 8桁以下の場合は、小数点以下桁数は、8-整数部桁数
  • 小数点以下の数値は、決定した桁数にするために四捨五入する
  • 小数点以下が0になった場合は、小数点以下は出力されなくなる

といった仕様になっております。

上記の他に、列幅や負数の場合など、他にも考慮する条件等があります。
Excelの仕様や挙動に合わせたものでなるべく同じになるようにしております。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

Excelでの表示結果で確認したページ範囲を指定して、OSDCでPDFなどへ変換できますか。
ページ指定、及び範囲指定は、「START」「END]を指定することにより可能です。
ただし、ページ番号に関しては、その番号がファイルの情報として入っているものではありませんので、必ずしもExcelで確認した内容と一致するものではありません。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

2.17 他システムと連携するシステム開発

Antenna House PDF Serverの機能、導入方法、他システムとお連携について教えてください。 また、システム開発を含めてお願いできますでしょうか。
ご要望の詳細についてお聞かせいただけますでしょうか。
改めて担当よりご連絡をさせていただきます。

関連リンク Antenna House PDF Server ページへ

2.18 処理結果のログ

OSDCは、変換結果のログをファイルに出力できますか。
(自動で)ログをファイル出力する機能はございません。コマンドを指定し、標準出力結果をログファイルとして出力いたします。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

2.19 同一環境へのインストール

Server Based Converter、及びOffice Server Document Converterは、同一環境に2つ以上のライセンスをインストールできるのでしょうか。
申し訳ございませんが、同一環境に同居はできません。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

2.20 変換対象ファイル

Microsoft Office 2016(最新バージョン)のファイルには、対応していますか。
現時点で、以下の製品で対応しております。

  • AXX
  • PDA
  • OSDC
  • PDS

ただし、PDSに関しては、一部制限があります。PDS製品ページの「動作環境/制限事項」をご確認ください。

関連リンク TextPorter ページへ

JBIG圧縮形式のファイルをJPEGやビットマップ形式のファイルに変換する製品はありますか。
申し訳ございません。対応している製品はありません。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

Office Server Document Converterのオプションとなっている「OOSBC」とは、どのような製品なのでしょうか。
OOSBCはOpenOfficeの形式を変換するために必要です。MicrosoftOfficeのXML形式(docx/xlsx/pptx)は、Office Server Document Converterのみで問題ありません。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

Microsoft Visioに対応する予定はありますか。
現時点では、対応予定はありません。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

Office Server Document Converter(OSDC)は、ExcelCreator(アドバンスドシステム社製)やSpreadsheetGear(XLSoft社製)等のサードパーティ製のソフトウエアで作成したExcelファイルの変換は可能でしょうか。
変換の可否に関して言えば、Microsoft Excelで作成した場合と同じ内容であれば可能です。ですが、動作保証はできません。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

Microsoft Officeの最新版がリリースされた場合は、OSDCで対応となるのはどのくらいかかるのか。
OSDCの新バージョンで対応します。旧Officeファイルとの違いの程度により、OSDCのリリースまでの期間は変わりますが、ファイルフォーマットの大幅な変更がない場合は、新Officeのリリースから大凡3ヶ月後くらいを目標に対応バージョンのOSDCをリリースします。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

2017年1月1日のうるう秒について、OSDCでの処理で影響が出ますか。影響がある場合には対応方法もあわせて教えてください。
OSDC自体には、影響はありません。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

次の形式のファイルをPDFに変換するシステムを構築します。対応する製品はありますか。  Word(doc、docx)、Excel(xls、xlsx)、PowerPoint(ppt、pptx)、Visio(vsd、vsdx)、一太郎(jaw、jtd)
Antenna House PDF Driver APIは、Word、Excel、PowerPoint、一太郎の各形式ファイルに対応していますが、Visioには対応していません。

関連リンク Antenna House PDF Driver API ページへ

HTMLファイルをPDFに変換する製品はありますか。PDFのヘッダーやフッターに、ページ数やファイルパスやファイル名などが印字されないようにできますか。
ブラウザー上に表示したHTMLファイルをブラウザーの印刷ダイアログでプリンターに「Antenna House PDF Driver」を選択し印刷を行うことでPDF化ができます。しかし、「Antenna House PDF Driver」ではブラウザのヘッダーやフッターの印刷を抑止できません。

関連リンク Antenna House PDF Driver API ページへ
関連リンク Antenna House Formatter ページへ

PDF Serverは、Photoshopファイル「.psd」「.ppd」やイラストレータファイル「.ai」「.eps」は、PDF化は可能でしょうか。
PDF Serverは「.psd」「.ppd」「.ai」「.eps」形式には対応をしておりません。
対応する入力ファイルについては、以下をご参照ください。
http://www.antenna.co.jp/psv/function.html#pagelink01

関連リンク Antenna House PDF Server ページへ

DocuWorksのドキュメントをPDFに変換する製品はありませんか。
AH PDF Server V3でDocuWorksファイルをPDFに変換する方法については、
www.antenna.co.jp/psv/download/reference/DocuWorks_Convert.pdf
をご参照ください。

関連リンク Antenna House PDF Server ページへ

サーバフォルダを監視して、定期的にPDF化したいのですが、DocuWorksファイルは対応可能ですか。
サーバ上のフォルダを監視してPDF化する処理はPDF Serverでできます。  Docuworksには専用の処理がありませんので、汎用の変換処理である、「アプリケーション変換」機能を利用して変換していただくことになります。Docuworksにつきましては、過去にいくつかの簡単なファイルでの動作確認できておりますが、体験版にて、実際にご利用いただく予定のファイルを用いた確認を行っていただくことをお勧めいたします。
「アプリケーション変換」とは対象文書の拡張子に関連付けられているアプリケーション印刷機能を利用してPDF Driverを通したPDF変換を行うもので、当該文書をエクスプローラ上で右クリックして表示されるコンテキストメニューに「印刷」が無いものや、印刷メニューがあっても印刷前に確認ダイアログなどが表示されて一時停止してしまうような場合には自動変換ができない、などの制限事項があります。
 参考情報:http://www.antenna.co.jp/psv/download/v31/manual/users_manual.pdf#page=28

関連リンク Antenna House PDF Server ページへ

Office文書、Visioファイルを変換する製品はありますか。 対応する場合に必要なソフトはOffice製品とVisio製品の両方が必要となりますか。 また、Office2016やVisio2016には対応していますでしょうか。
Antenna House PDF Serverが対応します。
変換するには、変換するファイルに対応するソフトウェアが必要です。
なお、Antenna House PDF ServerV3.1からOffice 2016に対応しましたが、Visio2016は未対応です。

関連リンク Antenna House PDF Server ページへ

Office文書をJPEGに変換したファイルをUSBに保存し、プロジェクターで投影することを想定しています。リコー製プロジェクターに準拠するJPEGに変換は可能でしょうか。
Office文書のJPEG変換はAntenna House PDF Serverで実現可能ですが、ご希望のファイルサイズと画素数等の出力設定に準拠しておりません。

関連リンク Antenna House PDF Server ページへ

以下の処理をWindowsサーバ環境上で起動するバッチ処理で実装したいが、PDF Serverで実現可能でしょうか。  1.Docuworks形式のファイルをPDFファイルに変換。  2.1で作成したPDFファイルに別システムで作成したPDFファイルを結合  3.2の正常終了を判定し、別ジョブ(プログラム)を起動する。 異常終了の場合は、異常用の別ジョブ(プ ログラム)を起動する
PDF Serverのコマンドライン版にて対応可能です。 
コマンドラインに関する参考情報:http://www.antenna.co.jp/psv/download/v31/manual/users_manual.pdf#page=113
1.Docuworks形式のファイルをPDFファイルに変換。
  Docuworksには専用の処理(*)がありませんので、汎用の変換処理である、 「アプリケーション変換」機能を利用して変換していただくことになります。Docuworksにつきましては、過去にいくつかの簡単なファイルでの動作確認できておりますが、体験版にて、実際にご利用いただく予定のファイルを用いた確認を行っていただくことをお勧めいたします。
★「アプリケーション変換」について
  「アプリケーション変換」とは対象文書の拡張子に関連付けられているアプリケーション印刷機能を利用してPDF Driverを通したPDF変換を行うもので、当該文書をエクスプローラ上で右クリックして表示されるコンテキストメニューに「印刷」が無いものや、印刷メニューがあっても印刷前に確認ダイアログなどが表示されて一時停止してしまうような場合には自動変換ができない、などの制限事項があります。
 参考情報:http://www.antenna.co.jp/psv/download/v31/manual/users_manual.pdf#page=28

2.1で作成したPDFファイルに別システムで作成したPDFファイルを結合コマンドラインの結合オプション(-J)にてそれぞれのファイルを指定していただくことで結合できます。結合するファイルのフルパスを別途テキストファイルに結合順に列挙していただき、そのテキストファイルをコマンドラインにて指定する方法をおすすめします。
  参考情報:http://www.antenna.co.jp/psv/download/v31/manual/users_manual.pdf#page=117

3.2の正常終了を判定し、別ジョブ(プログラム)を起動する。異常終了の場合は、異常用の別ジョブ(プ ログラム)を起動する環境変数のERRORLEVELにて実行結果を返します。
  0が成功で、それ以外が失敗になりますので、これを利用した処理の分岐が可能です。
  主なエラー情報:http://www.antenna.co.jp/psv/download/v31/manual/users_manual.pdf#page=119


EPUBファイルをPDFに変換する製品はあるのでしょうか。
EPUBtoPDF変換ツールが対応しています。
http://www.antenna.co.jp/epub/epubtopdf.html
DRMが掛かっていない、出版前のEPUBファイルについて、xmlとコマンドラインを用い、PDF変換いたします。


2.21 差込印刷

Excelファイルの、例えば1,000人分のデータを申請書PDFに差込して、1,000件のPDFを作成できる製品がありますか。
書けまっせPDF7の差込機能でできます。コマンドラインでも操作できます。

関連リンク 瞬簡PDF 書けまっせ ページへ

2.22 画像ファイルへの変換

Officeから、PDFを経由しないで、直接画像(イメージ)ファイルを出力できますか。
Antenna House PDF Server及びOSDCで、Officeファイルを、イメージファイルに変換可能です。

関連リンク Antenna House PDF Server ページへ
関連リンク Office Server Document Converter ページへ

2.23 画像ファイルをPDFに変換

マルチTIFF、カラーTIFFをPDFに変換する製品はありますか。
次の2製品で変換処理が可能です。
  • Antenna House PDF Tool API
  • Office Server Document Converter

関連リンク Office Server Document Converter ページへ
関連リンク Antenna House PDF Tool API ページへ

ラスタ形式およびベクタ形式ファイルをPDFに出力する製品はありますか。
ラスタ形式およびベクタ形式ファイルは画像ファイルの形式の大きな分類であり、実際に非常にいろいろな種類があります。
  • 一般的には、その画像ファイル形式を印刷するアプリケーションがあれば、PDF Driver APIを用いてPDFを作成できます。
  • Office Server Document Converterを使えば、SVG/EMF/WMF/(以上はベクトル形式)、BMP/PNG/GIF/TIF/JPG/JP2(以上はラスタ形式)の画像をPDFに直接変換できます。

関連リンク Antenna House PDF Driver API ページへ
関連リンク Office Server Document Converter ページへ

TIFFファイルで管理しているCAD図面をPDFファイルに変換できる製品はありますか。 1.図面サイズの制限はありますか。 2.コマンドで操作はできますか。 3.運用環境はWindowsサーバーに対応していますか。 4.質問等に関するサポートは保守契約は必要ですか。
Antenna House PDF Serverで実現可能です。
1.図面サイズに特に制限はありません。
2.プロフェッショナル版、コマンドライン版が対応しています。
3.V3.1はWindows2016serverに対応しています。
4.保守サポートは初年度は無償。次年度より有償保守契約が必要です。

また、OSDCでも実現可能です。
1.図面サイズに特に制限はありません。
2.組込みインターフェイスとして、 コマンドラインインターフェイスを用意しています。
3.Windows2016serverまでに対応しています。
4.保守サポートは初年度は無償。次年度より有償保守契約が必要です


関連リンク Office Server Document Converter ページへ

画像が持っているDPI値のままでPDFに変換することはできますか。
Antenna House PDF Tool APIでは、画像が持っているDPI値のままでPDFに変換できます。

関連リンク Antenna House PDF Tool API ページへ

画像サイズはそのままでPDFに変換することはできますか。
Antenna House PDF Tool APIでは、画像サイズに合わせてPDFに変換できます。

関連リンク Antenna House PDF Tool API ページへ

2.24 製品名の違い

Server Based Converter (SBC) とOffice Server Document Converter (OSDC) はほぼ同一の機能を実現しているようですが、なぜ製品が分かれているのでしょう か。使い分けについてコメントいただけますでしょうか。
SBCは弊社の別製品と同名のモジュールを使用していたために問題が発生する場合があり、モジュール名を変更致しました。その区別を明確にするために製品名も変更しています。詳細は以下に記載していますので、参照してください。
 http://www.antenna.co.jp/sbc/osdcv61.html
OSDCはSBCの後継製品の扱いになり、長期的にはOSDCのみとなります。御社のシステム更新などの機会にOSDCに入れ替えていただくのが好都合です。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

Server Based Converter V6.0とOffice Server Document Converter V6.1について、今後のサポート等を考慮するとOffice Server Document Converterを利用した方が良いのでしょうか。Server Based Converter V6.0とOffice Server Document Converter V6.1のサポート終了予定が決まっていれば教えてください。
次のメジャーバージョンアップ(V7.0)では、Office Server Document Converterに統一されますので、可能であればOffice Server Document Converterをご利用ください。

また、Server Based Converter V6.0とOffice Server Document Converter V6.1のサポート終了予定は、現時点では決まっておりませんが、基本的には製品販売終了後5年でサポート終了となっております。

関連リンク Office Server Document Converter ページへ

2.25 電子出版サービス

XMDFをEPUB3に変換する製品はありますか。
XMDF to EPUBが該当します。

関連リンク XMDF to EPUB3 ページへ

XMDF/EPUBの両方での制作を考えておりますが、XMDFからEPUBを製作できる製品はありますでしょうか。 また、XMDFとメタ情報があれば、コマンドラインから作業できますでしょうか。 具体的には、「縦」「横」書きの指定はできるのか、メタ情報にはどのような情報が必要なのか、EPUBは、チェックでエラーにならないのかなどを教えていただきたいと思います。あと、動作環境などお願いします。
XMDF to EPUB3が対応します。
●文字方向の指定は、EPUB の情報をそのまま使いますので、「後付」で変更する ということは致しかねます。
元となる XMDF データが「縦」なら「縦」、「横」なら「横」の EPUB を出力 いたします。
●メタ情報
EPUB に必須の書誌情報に加え、出版社指定の情報が必要です。
● EPUB チェック
元となるデータの内容・記述に不備があればエラーになります。
エラーになりやすいのが目次のリンクと opf ファイルでしょうか。
●動作環境
Windows であればバージョンは XP でも問題なく動作いたします。
その他必須環境として、次のライセンス(オープンソース)が必要となります。
* Java Runtime Environment (JRE)
* Ant 1.8.4 まで(1.9.x は現在対象外)
* saxon

関連リンク XMDF to EPUB3 ページへ

トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.