PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr
スペース

Server Based Converter 改訂情報

このページでは『Server Based Converter』の改訂情報と、アップデータをご提供いたします。

Server Based Converter V6.0 MR4 (Ver.6.0.MR4)

2017年11月16日

説明

仕様変更

【Word(DOCX)からの変換について】
  • 文字幅の倍率が0になっている場合は、100%として変換とする仕様変更を行った。

修正内容

【Word(DOCX)からの変換について】
  • レイアウト枠内の表の処理に問題があり、表が重なって出力される場合があった。
  • セル内アンカーのシェイプの位置ずれがある場合にオブジェクトが重なって出力される場合があった。
  • 表のタイトル行で、複数行にわたる場合に罫線処理に問題がある場合があった。
  • スタイル処理に問題があり、罫線が出力されないる場合があった。
  • %でサイズが指定されているグループシェイプの位置サイズの処理に問題があり、グループ化されたシェープの出力位置がズレる場合があった。
  • 上付き文字の処理に問題があり、罫線が出力されないる場合があった。
  • シェイプの出力で、マージン内の中央揃え、右揃え処理に問題があり、位置がズレる場合があった。
  • ページ本体(上下マージン以内)を超える高さのオブジェクトが貼り付けられていた場合にオブジェクトの位置がズレる場合があった。
  • ページ境界近くに配置されたシェイプが次ページに繰り越させる場合があった。
  • 表のデフォルトアンカー処理に問題があり、TEXTBOXが重なってしまう場合があった。
  • 表の行内の全てのテキストにvanishがかかっている場合に非表示の罫線が出力される場合があった。
【Excelからの変換について】
  • 「セルの書式設定-配置-折り返して全体を表示する」の設定をしていた場合も、1セルに1024文字しか出力できないようになっていた。
【 PowerPointからの変換について】
  • Symbol文字が文字化けする場合があった。
【PDFからの変換について】
  • Linuxで、Lengthが実際のストリーム長より長いPDFを画像(ラスター)変換する場合に処理が止まる場合があった。

メンテナンスリリース版提供対象

  • [Server Based Converter V6.0]の登録ユーザー様
  • [Server Based Converter V5.2]の登録ユーザー様
  • [Server Based Converter V5.0]の登録ユーザー様
  • [Server Based Converter V4.0]の登録ユーザー様

メンテナンスリリース版の配布方法

保守対象ユーザ様へご連絡しておりますパスワードにて、こちらよりユーザ様専用ページにアクセスしてください。

各プラットフォーム毎のダウンロードモジュール、及び追加/修正内容内容を記載しております。

メンテナンスリリース版適用方法

ユーザ様専用ページに記載しております導入方法をご参照ください。

Server Based Converter V6.0 MR3 (Ver.6.0.MR3)

2017年07月14日

説明

仕様変更

【 Excel(XLS)入力での変更内容】
  • 印刷範囲を「指定なし」とした場合、その指定をされた列、若しくは行の全指定としていたが、データが存在する有効範囲を印刷範囲とする仕様変更を行った。

修正内容

【Word(DOCX)入力での修正内容】
  • ページ - マージンより大きなサイズの shape が入っている場合のループする場合があった。
  • レイアウト枠内の表の出力処理に問題があり、左右に分かれている文章が別ページになるなど、大幅に乱れる場合があった。
  • フォント幅を上手く再現できない場合があった。
  • ネストした表内の文字(オブジェクト)出力処理に問題があり、表が欠落する場合があった。
  • 余計な箇条書きラベルが出力される場合があった。
  • 文字列の高さの計算処理に問題があり、表の行幅が広くなりすぎる場合があった。
  • リトアニア、ルーマニア語の場合、日付、時刻フィールドのAM/PMの表記、月の短縮形の表記がWordと異なる場合があった。
  • 文字間処理に問題があり、セル内文字がセル余白内に入る場合があった。
  • レイアウト枠内に表がある場合にイメージ枠の位置が大幅にずれている場合があった。
  • 不適切な字下げがある場合があった。
  • 文字色が得られないときテキストボックスの色をグループシェープで前のテキストボックスの色にしている場合があった。
【Word(DOC)入力での修正内容】
  • 上書き保存した場合に表のレイアウト不正なる場合があった。
  • Shapeの幅、高さ処理に問題があり、図の一部が歪んで変換される場合があった。
  • 箇条書き処理に問題があり、Linux環境でSegmentation faultが発生する場合があった。
  • テキストボックス内の行内レイアウトシェイプの出力処理に問題があり、画像が一部出力されない場合があった。
【Word(共通)入力での修正内容】
  • Section区切りが近くにある場合にfootnote番号の出力位置がズレる場合があった。
【RTF入力での修正内容】
  • RTFファイルと識別できない場合があった。

メンテナンスリリース版提供対象

  • [Server Based Converter V6.0]の登録ユーザー様
  • [Server Based Converter V5.2]の登録ユーザー様
  • [Server Based Converter V5.0]の登録ユーザー様
  • [Server Based Converter V4.0]の登録ユーザー様

メンテナンスリリース版の配布方法

保守対象ユーザ様へご連絡しておりますパスワードにて、こちらよりユーザ様専用ページにアクセスしてください。

各プラットフォーム毎のダウンロードモジュール、及び追加/修正内容内容を記載しております。

メンテナンスリリース版適用方法

ユーザ様専用ページに記載しております導入方法をご参照ください。

Server Based Converter V6.0 MR2 (Ver.6.0.MR2)

2017年04月04日

説明

仕様変更

【 Excel(XLS)入力での変更内容】
  • XLSファイルでは、ヘッダフッタでのフォント色指定を無効とし文字列として出力していたが、XLSXファイルと同様にフォント色指定を有効として処理する事とした。但し、テーマカラーが使用されている場合は色が異なってしまう場合がある。

修正内容

【Word(DOCX)入力での修正内容】
  • テキストボックスが重なって出力されてしまう場合があった。
  • 画像と画像の間にある隙間を出力しない場合があった。
  • Wordで開けないファイルでアプリケーションエラーが発生する場合があった。
  • 表示できないXML形式のShapeがあった。
  • 属性が付いている表の出力がされない場合があった。
  • 元ファイルとは異なるフォントになっている場合があった。
  • プロポーショナルフォントの文字幅指定均等割り付けが正しくない場合があった。
  • 2ページに分割された表にて出力位置が元と異なる場合があった。
  • フッターのページ番号が元と異なる場合があった。
  • ヘッダー処理に問題があり線が出力されない場合があった。
  • 日付、時刻フィールドのAM/PMの表記、月の短縮形の表記がWordと異なる場合がある。
  • 行末スペースが処理に問題がありセル内に収めきれない場合があった。
【Word(DOC)入力での修正内容】
  • 表内で段落のアウトラインレベルが指定されている場合に複数のしおりを出力するようになっていたためオーバスローが発生しアプリケーションエラーになる場合があった。
  • セル同士が重なり合い罫線が出力されていない場合があった。
  • 行内イメージのある行の行ピッチ処理に問題があり空ページが出力される場合があった。
  • 箇条書き/段落番号のページ送り時の処理に問題があり箇条書きが崩れて出力される場合があった。
【Word(共通)入力での修正内容】
  • フォントによってベースラインが異なる場合があった。
【Excel入力での修正内容】
  • ヘッダの総ページ数が異なる場合があった。
  • 列幅の処理を調整し収納されている文字列を正確に表示できるようにした。
  • 印刷しない設定されている図形が変換される場合があった。
【RTF入力での修正内容】
  • イメージ処理に問題があり貼り付け画像のサイズが元と異なる場合があった。
  • 網掛け部分の文字列欠落する場合があった。
  • 罫線が出力されていない場合があった。
  • 罫線の線種が異なる場合があった。
  • 表の位置が元と異なる場合があった。
  • 文字列の位置が元と異なる場合があった。
  • 埋め込まれたExcelが制御コードで出力される場合があった。
【PDF入力での修正内容】
  • 1ページ内に多くの情報(線種・塗りつぶし等)が詰まっていた場合にアプリケーションエラーが発生する場合があった。
  • ファイル終了判断に問題があり無限ループが発生する場合があった。
  • 破損しているPDFの変換でアプリケーションエラーが発生する場合があった。
【PDF出力での修正内容】
  • グラフ変換部分でアプリケーションエラーが発生する場合があった。
【その他】
  • 背景が出力されないShapeがあった。
  • 想定外のユーザ設定をしているグラフを含む処理でアプリケーションエラーが発生する場合があった。
  • ページサイズが異常に大きい画像を変換した場合に問題があった。
  • グループシェイプ内のシェイプ配置処理に問題があり出力位置がズレる場合があった。
  • file: /any/での指定ができなくなっていた。

メンテナンスリリース版提供対象

  • [Server Based Converter V6.0]の登録ユーザー様
  • [Server Based Converter V5.2]の登録ユーザー様
  • [Server Based Converter V5.0]の登録ユーザー様
  • [Server Based Converter V4.0]の登録ユーザー様

メンテナンスリリース版の配布方法

保守対象ユーザ様へご連絡しておりますパスワードにて、こちらよりユーザ様専用ページにアクセスしてください。

各プラットフォーム毎のダウンロードモジュール、及び追加/修正内容内容を記載しております。

メンテナンスリリース版適用方法

ユーザ様専用ページに記載しております導入方法をご参照ください。

Server Based Converter V6.0 MR1 (Ver.6.0.MR1)

2016年12月08日

説明

修正内容

【Word入力での修正内容】
  • 禁則処理に問題があり、適切な改行ができない場合があった。
  • フィールドコードの処理に問題があり、フォントサイズが元と変わってしまう場合があった。
  • ページを跨ぐ表の改頁後の出力処理に問題があり、正しい位置に出力されない場合があった。
  • 行間処理に問題があり、吹き出しの出力位置がズレる場合があった。
  • グループ化したShapeの処理に問題があり、出力位置がズレる場合があった。
  • レイアウト枠内のオブジェクト出力の処理に問題があり、該当するオブジェクトを多数出力する場合があった。
  • 欧州系の一部の言語表記での段落番号(数値、序数)が正しく変換できない場合があった。
  • ページ - マージンの高さを超える行内イメージが入っていた場合の改頁処理に問題があり余計なページを出力する場合があった。
  • ヘッダー・フッターをWordと同等にクリップするように修正した。
【Excel入力での修正内容】
  • ヘッダー・フッターの処理に問題があり、ファイル名や日付書式を正しく反映できない場合があった。
  • 印刷範囲指定で#REFエラーとなっている場合は白紙で処理していたが印刷できるように修正した。
  • 複数ページにまたがる結合セルの処理に問題があり、フォント指定がデフォルトに戻る場合があった。
  • セルの書式設定処理で問題があり、
    1. 「文字列」かつ右揃え左揃えの指定がない場合に、セルに数値を入力すると右揃えになってしまう
    2. 「会計」を選んだとき、通貨記号が左寄せにならない
    場合があった。
  • フォント選択処理にて細かい属性を付加するように修正した。
【RTF入力での修正内容】
  • イメージ処理に問題があり、ヘッダーに配置されている画像が出力されない場合があった。
【その他】
  • マニュアル内のExcelからの変換で制限事項に
    1. 均等割付と両端揃えに対応していません
    2. セルの書式設定で「時刻」「日付」には対応していません
    の記載漏れがあった。

メンテナンスリリース版提供対象

  • [Server Based Converter V6.0]の登録ユーザー様
  • [Server Based Converter V5.2]の登録ユーザー様
  • [Server Based Converter V5.0]の登録ユーザー様
  • [Server Based Converter V4.0]の登録ユーザー様
  • [Server Based Converter V3.1]の登録ユーザー様

メンテナンスリリース版の配布方法

保守対象ユーザ様へご連絡しておりますパスワードにて、こちらよりユーザ様専用ページにアクセスしてください。

各プラットフォーム毎のダウンロードモジュール、及び追加/修正内容内容を記載しております。

メンテナンスリリース版適用方法

ユーザ様専用ページに記載しております導入方法をご参照ください。

Server Based Converter V6.0 R1 (Ver.6.0.R1)

2016年09月30日

説明

新機能

  • Microsoft Office 2016に正式対応
  • Microsoft Word(docx)エンジンを全面改修
  • Linux版での画像出力をサポート
  • BIDI言語表記に対応

無償バージョンアップの対象

  • [Server Based Converter V5.2]の登録ユーザー様
  • [Server Based Converter V5.0]の登録ユーザー様
  • [Server Based Converter V4.0]の登録ユーザー様
  • [Server Based Converter V3.1]の登録ユーザー様

無償バージョンアップの配布方法

保守対象ユーザ様へご連絡しておりますパスワードにて、こちらよりユーザ様専用ページにアクセスしてください。

各プラットフォーム毎のダウンロードモジュール、及び追加/修正内容内容を記載しております。

バージョンアップ方法

ユーザ様専用ページに記載しております導入方法をご参照ください。

スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.