PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

評価版のお申し込み

OEMについて詳しくはこちら

サーバベース・コンバーター Office Open XML (OOXML) とは? 概要、メリットと活用アプリケーション

Office Open XML とはMicrosoft Office 2007以降のファイル形式の名前である。Officeの文書形式はOffice 2003までは独自のバイナリー形式であった。Office 2007以降で新たにファイル形式をXMLに準拠して規定した。XML形式として規定されたことで、Office文書をサードパーティのアプリケーションで作成したり、読み込んで利用するのが容易になった。

Microsoft Wordでは独自のバイナリー形式に加えて、RTFというテキストを拡張した交換形式が規定されていた。RTFを使って、Word文書を多くのアプリケーションで読み書きできた。Word 2003では初めて、WordProcessing MLというXML形式が規定された。

Office 2007では、Word、Excel、PowerPointの三つのアプリケーションの文書形式がOffice Open XML というXML形式で規定された。Officeで作成した文書は複数のXMLや画像ファイルから構成され、これらをZIPで圧縮して1つにまとめている。ZIP圧縮したものをパッケージと呼んでいる。

Word docxのZIPを解凍した例
Word docxのZIPを解凍した例

OOXML形式のメリット

Microsoft Officeの文書形式がバイナリーの時代には、Officeの文書を他のアプリケーションで読むにはMicrosoft から仕様書を入手すると共にOffice文書を解析しなければならなかった。XML化されてからは比較的簡単にOffice文書の内容を読んで再利用することができるようになった。また、他のアプリケーションでOffice文書と互換のファイルを簡単に出力できるようになった。

OOXMLを利用可能なアプリケーション

OOXML形式は国際標準であり、Microsoft Office以外のアプリケーションでもOOXML文書を活用できる。主なアプリケーションを次に挙げる。

その他は「Office Open XML と ECMA-376 仕様」([5])を参照。

Office Open XML(OOXML)仕様とMicrosoft Officeのバージョンの関係

Microsoft Office 2007のOOXML形式は2006年12月にECMA-376第1版として出版された。その後2008年12月にECMA-376第2版が出版され、第2版を元にISO/IEC 29500:2008仕様となった。ECMA-376とISO/IEC 29500はOfficeのバージョンアップと並行して改訂されている。最新のOffice 2016の文書形式はECMA-376第5版、ISO/IEC 29500:2016である。ECMA-376は無償で公開されており、ISO/IEC 29500ドキュメントは有償である。

ECMA-376とISO 29500の対応
バージョン番号リリースECMAISO/IEC
Office 2007
2007年1月30日
ECMA-376 Edition 1

Office 2008 (mac版)
2007年1月30日
ECMA-376 Edition 2
ISO/IEC 29500:2008([6]
Office 2010
2010年6月17日
ECMA-376 Edition 3
ISO/IEC 29500:2011
Office 2013
2013年2月7日
ECMA-376 Edition 4
ISO/IEC 29500:2012
Office 2016
2015年9月23日
ECMA-376 Edition 5
ISO/IEC 29500-1:2016, ISO/IEC 29500-3:2015, ISO/IEC 29500-4:2016

ISO/IEC 29500仕様書Part1からPart4に分かれている。ISOのカタログに記載されているISO/IEC 29500の仕様書一覧([7])を見るとパートによって最新の改訂年度が異なっている。パート2(ISO/IEC 29500-2)は2012年版が最新である。

  • ISO/IEC 29500-1:2016
    Information technology — Document description and processing languages — Office Open XML File Formats — Part 1: Fundamentals and Markup Language Reference
    (2008年版、2012年版は撤退)
  • ISO/IEC 29500-2:2012
    Information technology — Document description and processing languages — Office Open XML File Formats — Part 2: Open Packaging Conventions
    (2008年版は撤退)
  • ISO/IEC 29500-3:2015
    Information technology — Document description and processing languages — Office Open XML File Formats — Part 3: Markup Compatibility and Extensibility
    (2012年版は撤退)
  • ISO/IEC 29500-4:2008/Cor 1:2010
  • ISO/IEC 29500-4:2016
    Information technology — Document description and processing languages — Office Open XML File Formats — Part 4: Transitional Migration Features

Microsoft OfficeとOOXMLの互換性

Word 2013以降では、「名前をつけて保存」のメニューから「Word文書(docx)」と「完全Open XMLドキュメント(docx)」という二つのdocx形式を選択できる。これはISO/IEC 29500への準拠方法の相違である。

ISO/IEC 29500-4(パート4)はOOXML移行版(Transitional)はECMA-376のEdition 1とほぼ同じであり、VML形式など古いOfficeの文書ファイル形式を利用できるようにしている。ISO/IEC 29500完全準拠とはパート1~3に準拠する厳密(Strict)型であり、パート4も利用するのが移行(Transitional)型である。Office 2007はECMA-376の第1版を読み書きする。Office 2010は厳密型を読むことができるが書くことができない([8])。厳密型を読み書きできるようになったのはOffice 2013からである。そういう意味ではOffice 2013で初めてISO/IEC 29500に完全準拠したことになる。

参考資料

Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.