PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

評価版のお申し込み

OEMについて詳しくはこちら

サーバベース・コンバーター 機能紹介:INX・XPS変換

『サーバベース・コンバーター』で変換実行時に各種パラメーターを指定することにより、以下の機能が使用可能です。

XPSへの変換

XPS(XML Paper Specification)はマイクロソフト社の電子文書フォーマットで、Microsoft Windows Vista および Microsoft Office 2007 で簡単に作成できます。
Microsoft社製品では多数のファイルを一度に XPSに変換するのは困難ですが『サーバベース・コンバーター』では可能です。

INXへの変換

INXは、Adobe の InDesign の旧製品や、InCopy、GoLive などの関連製品で互いに読み込みができるようにするための交換用のXMLファイルです。
INXフォーマットには、InDesignR のオブジェクトやプロパティが要素や属性で完全な形で保管されています。

ご注意

『サーバベース・コンバーター』 プロフェッショナル版でのみの機能です。

XPSへの変換では、変換元文書に、何度も繰り返し変更が加えられた図が貼られていると変換に失敗することがあります。

『サーバベース・コンバーター』は、Microsoft Word/Excel/PowerPoint文書ファイルを解読しページアップ(組版)をまねてページを作成します。
そのため、Microsoft Word/Excel/PowerPointで作成したページとの互換性に関しては、文書内容によりかなりバラツキがあります。
作成されたPDFのページレイアウトは、Microsoft Word/Excel/PowerPointのものとかなり異なることがありますので、事前に評価版にてご確認の上ご活用ください。

変換には一部制限があります。
詳しくはオンラインマニュアルの「XPS出力」、「INX出力」をご確認ください。

表示するには

XPSを表示するには、Microsoft XPS Viewerが必要です。
Windows Vista/7では既定でインストールされております。

INXを表示するには、Adobe の InDesign の旧製品や、InCopy、GoLive などの関連製品で表示できます。

スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.