PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

評価版のお申し込み

OEMについて詳しくはこちら

Office 2016文書が変換できます。docxからPDF精度向上

Adobe Acrobatシリーズで作成されたPDFと遜色ないファイルをサーバ上で作成できます。

主な機能

『サーバベース・コンバーター』で変換実行時に各種パラメーターを指定することにより、以下の機能が使用可能です。

  • PDF/A-1b:2005 の出力に新対応!!
  • AES128bit/AES256bit の暗号化出力に新対応!!
  • PDF1.3~1.7迄の各バージョンを指定して変換できます。
  • Adobe Acrobatと同等のユーザパスワードの設定が可能です。
  • 印刷許可、変更許可、コピー許可、及びテキスト抽出許可などのパーミッション(マスターパスワード)の設定が可能です。
  • PDFファイル内に作成元Microsoft Office(Word/Excel/PowerPoint)ファイルで使用していたフォントの埋め込みが可能です。
    (サーバ上に同一のフォントがインストールされていることが前提です。)
  • 画像の埋め込み時に解像度等の指定が可能です。

ご注意

『サーバベース・コンバーター』 プロフェッショナル版、及びスタンダード PDF出力版での機能です。
スタンダード Flash(SWF)出力版では使用できません。

サーバベース・コンバータは、Microsoft Word/Excel/PowerPoint文書ファイルを解読しページアップ(組版)をまねてページを作成します。 そのため、Microsoft Word/Excel/PowerPointで作成したページとの互換性に関しては、文書内容によりかなりバラツキがあります。

作成されたPDFのページレイアウトは、Microsoft Word/Excel/PowerPointのものとかなり異なることがありますので、事前に評価版にてご確認の上ご活用ください。

PDFからPDFへ変換はサポート対象外です。

Server Based Converter V6.0よりPDFからPDFへ変換はサポートされました。但し、入力時の制限、及び出力時の制限のほか以下の機能に関しては変換結果PDFへ反映されません。

Launch Action(リンク注釈)

  1. Web リンクを開く
  2. ファイルを開く
  3. Web リンクを開く
  4. ページビューに移動
  5. アーティクルを読む
  6. レイヤーの表示 / 非表示を設定
  7. メニュー項目を実行

その他アクション

  1. フォームデータを取り込む
  2. フィールドを表示 / 非表示
  3. フォームを送信
  4. フォームをリセット
  5. 3D ビューまたはマルチメディアビューへ移動
  6. サウンドを再生
  7. メディアを再生(Acrobat 5 互換)
  8. メディアを再生(Acrobat 6 以降互換)
  9. マルチメディア操作(Acrobat 9 以降)
  10. JavaScript を実行

その他の機能

  1. しおり

変換には一部制限があります。 詳しくはオンラインマニュアルの「PDF からの変換」「PDF出力」をご確認ください。

表示するには

Adobe Readerの動作するパソコンであれば、Adobe Readerをインストールすることにより、お使いのブラウザで表示することが可能です。 Adobe Readerは、Adobe社のホームページよりダウンロードしてください。

また、弊社でもPDFを表示できるビューワー『Antenna House PDF Viewer SDK』をご用意しております。

スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.