PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

評価版のお申し込み

OEMについて詳しくはこちら

サポートについて

PDF Tool API V4.0の紹介:特長

PDF Tool API V4.0の特長

対応プラットフォーム

PDF Tool API V4.0では、Windows、Linuxの2種類のプラットフォームに対応しました。

処理速度の改善

PDF Tool API V4.0の処理速度が、前バージョン(V3.1) と比較して、大幅に改善されました。
(詳細)

32bit / 64bit API

PDF Tool API V4.0には、32bit用、64bit用の双方があります。64bit用は、64bit nativeですので、64bitアプリケーションの開発が可能です。

PDF Tool API V4.0における新機能

PDF Tool API V4.0では、下記の機能を追加しました。

処理対象 PDF

PDF Tool API V4.0で処理対象となるPDFファイルは、PDFバージョンが「1.7」までのファイルです。 特定のPDF生成エンジンやPDF生成ライブラリで作成されたPDFに限定されません。PDFリファレンスの仕様に準拠したPDFファイルであれば処理対象となります。
「制限事項」の「13.」項をご参考ください。

マルチプロセスに対応

PDF Tool API V4.0は、複数のプロセスで同時実行が可能です。

クラスライブラリ

C++、.NET、JavaインターフェースはPDFの各オブジェクトに相当するクラスライブラリの形式をとっています。自在に組み合わせて独自のPDF加工・編集プログラムを構築することが可能です。
※.NETおよびJavaインターフェースは、C++のラッパーとして作成されています。

豊富なサンプルコード

C++、.NET(C#)、Javaそれぞれについて多様なサンプルコードを用意しました。

スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.