目次

  1. 第1章 コマンドラインについて
  2. 第2章 動作環境
  3. 第3章 コマンドラインの実行に必要なファイル
    1. 3–1 Windows版
    2. 3–2 Linux版
  4. 第4章 コマンドラインの使い方
    1. 4–1 Windows版
    2. 4–2 Linux版
  5. 第5章 コマンドラインの仕様
    1. 5–1 入出力ファイルの指定方法
    2. 5–2 コマンドの種類
    3. 5–3 各コマンドのパラメータ
      1. 5–3–1 文書プロパティ・開き方・セキュリティ情報取得(–getFileInfo)
      2. 5–3–2 文書プロパティ設定(–changeDocInfo)
      3. 5–3–3 開き方設定(–changeViewInfo)
      4. 5–3–4 PDFファイル結合(–mergeFiles)
      5. 5–3–5 しおり情報取得(–getOutlineInfo)
      6. 5–3–6 注釈情報取得(–getAnnotInfo)
      7. 5–3–7 PDFファイル透かし設定(–setPdfWatermark)
      8. 5–3–8 画像ファイル透かし設定(–setImageWatermark)
      9. 5–3–9 テキスト透かし設定(–setTextWatermark)
      10. 5–3–10 色透かし設定(–setColorWatermark)
      11. 5–3–11 PDFセキュリティ設定(–encrypt)
      12. 5–3–12 PDFセキュリティ削除(–decrypt)
      13. 5–3–13 PDFの最適化(–optimize)
    4. 5–4 コマンドの複数指定
      1. 5–4–1 コマンド例
    5. 5–5 エラー処理について
      1. 5–5–1 コマンドラインの戻り値(Windows)
      2. 5–5–2 コマンドラインの戻り値(Linux)
      3. 5–5–3 エラーの内容について
      4. 5–5–4 PdfTkのエラーコード一覧