PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

評価版のお申し込み

OEMについて詳しくはこちら

[Antenna House PDF Server]利用ガイド:コマンドライン

『PDF Server V3』のコマンドライン機能について紹介します。

close コマンドライン概要

  • 「PDF Server」の変換と結合/分割をコマンドラインから利用できるコンソールアプリケーションで、プロフェッショナル版/コマンドライン版で利用可能です。
  • 任意のタイミングでPDF変換を実行でき、「バッチ処理による一括変換」や「WebシステムへのPDF変換の組み込み」などで利用可能です。
主な機能の一覧:
 パラメータ設定・目的 解説
 入力ファイル名だけを指定する単純なPDF変換 PDF Serverのデフォルト設定で、入力ファイルをPDF変換します。
変換可能ファイルは、「PDF Server」のフォルダ監視(Windowsサービス)と同じです。
 OCRを実行し透明テキスト付きPDFを作成 引数(入力ファイル名)の後にOCRの実行オプションを付加することで、PDF変換時にOCRが実行され透明テキスト付きPDFを作成できます。
 PDFドライバの設定を指定したPDF変換 引数(入力ファイル名)の後にPDFドライバオプション、ドライバの設定名を入力すると、そのドライバの設定を利用したPDF変換が行われます。
※この機能は、Office文書のPDF変換で利用できます。
 既存の変換設定を利用したファイル変換 引数(入力ファイル名)の後に変換設定のオプションと変換設定名を指定することで、ファイル変換時、指定された変換設定の内容に従った変換処理を行うことができます。
 一般的なアプリケーション文書のPDF変換 プロフェッショナルの機能の一つに、Office製品以外のアプリケーションを利用したファイル変換設定があり、これらについてもコマンドラインから利用可能です
【例】一太郎文書のPDF変換
 出力ファイルの種別と出力先の指定 引数(入力ファイル名)の後に、出力ファイルの種別を指定するオプションを付加し、その後ろに目的のフォルダパスを指定すると、指定されたフォルダーに、変換された出力ファイルが格納されます。
 画像ファイル出力時の詳細の指定 TIFF/JPEG出力時のオプションとして解像度や画質を指定できます。
これらはV3.1のマルチプロセス対応にともない、パラメーターとして指定できるようになりました。

close マルチプロセス

コマンドラインのマルチプロセス動作例


「V3.1の新機能」としてマルチプロセスによる高速変換に対応しました。
  • 「マルチプロセス」に対応しているのはコマンドラインのうち、以下の機能になります。
    • 画像ファイルのPDF変換
    • MS-Office文書のPDF変換
    • PDFファイルの画像変換
    • PDFファイルの結合
    • CAD図面のPDF変換

  • マルチプロセス利用時の推奨条件
    • 並行稼働させるプロセスの上限は、搭載CPUのコア数より少なく、最大でも7以下を推奨します。
    • 1プロセスあたり2GB以上の空きメモリを確保することを推奨します。

参考情報

仮想環境を利用して以下の条件でコア数と並列プロセス数を変化させ、「画像とOffice文書のPDF変換」について処理時間の計測を行いました。
  • 計測環境:
    • 仮想環境:
      OS : Windows Server 2008 R2 Standard Service Pack 1(64bit)
      割当コア : ~4コア
      割当メモリ : 2GB
      Office : Office 2010 Standard

    • ホスト環境:
      OS : Windows 7 Professional Service Pack 1 (64bit)
      CPU : Intel Core i5-3470 3.2GHz (4core)
      メモリ : 8GB

    • 変換元データ:
      全50ファイルで以下のファイルが混在
      ⇒画像ファイル(TIF/BMP/PNG/JPEG/JPEG2000)
      ⇒Microsoft Office文書(Word/Excel)

  • 計測結果:
    • コア数ごとの並列プロセス数と処理時間の関係表
      コア数 プロセス数
      1 2 3 4 5 6
      1 162.5秒 139.9秒 141.7秒 137.0秒 137.9秒 136.1秒
      2 163.9秒 78.5秒 74.3秒 74.0秒 73.1秒 73.5秒
      3 166.5秒 76.6秒 62.1秒 59.8秒 59.0秒 58.8秒
      4 164.7秒 76.5秒 60.7秒 54.7秒 51.9秒 52.5秒


    • コア数ごとの並列プロセス数と処理時間の関係グラフ
      コア数ごとの並列プロセス数と処理時間の関係

スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.