PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

瞬簡PDF タッチ 動作環境/制限事項

動作環境

『瞬簡PDF タッチ』をインストールしてご利用になるには以下の動作環境が必要です。
※シンクライアント環境の動作確認状況および、制限事項については「シンクライアント環境での動作について」ページをご覧ください。
「シンクライアント環境での動作について」ページ

対応OS Windows 10 (32ビット/64ビット) 日本語版 ※最新バージョンで動作確認済
Windows 8.1 (x86/x64版 )日本語版
Windows 8 (x86/x64版 )日本語版
Windows 7 (32ビット/64ビット) 日本語版
Windows Vista (32ビット/64ビット) 日本語版
Windows XP Home/Professional 日本語版

※Windows8RT(ARMプロセッサ版)には対応しません。またWindows8標準のPDFリーダーでは手書き文字が正しく表示されません。AdobeReader等、他のPDFリーダーをご利用ください。
パソコン インテル x86系CPU(32 ビット/64 ビット)を搭載し、上記のOSが動作するパソコン
必要メモリ 上記OSが推奨するメモリ以上(※メモリ容量が多いほど快適にご利用いただけます)
ハードディスク 本製品のインストールに必要な50MB以上の空き容量
ディスプレイ SVGA(800×600ピクセル)以上の解像度で、HighColor(16ビット)以上が 表示可能なカラーディスプレイ
光学ドライブ パッケージ(CD-ROM)版をご購入の場合、本製品をパソコンに導入するためにはCD-ROMの読み込み可能なドライブが必要です。
なお、CD-ROMドライブをお持ちでない場合は、クロスメディアサービスを利用することができます。
詳しくは、次のアドレスをご参照下さい。 http://www.antenna.co.jp/purchase/crossmedia.html
ペンタブレット Microsoft.Inkに対応した市販のパソコン、ペンタブレットもしくはモニタ等の機器。
WindowsXPでは筆圧は非対応になります。
※対応機器がない場合でもマウスによる手書き入力は可能です。(筆圧は非対応)
タッチ Windowsマルチタッチに対応した市販のパソコンもしくはモニタ等の機器。またWindows7以降のOSが必要です。
※対応機器、OSがない場合でもマウスによる操作は可能です。
その他 TWAIN対応のスキャナーを使用することができます。

制限事項

扱えるPDF データの制限

  • PDF1.3~1.7仕様準拠のPDFを扱うことができます。ただし、PDF1.7のパッケージ形式(複数のPDFファイルをひとつのPDFファイルとして扱う)には対応しておりません。この形式のPDFを読み込む場合、メインのPDFファイルのみを表示します。
  • 独自の描画エンジンを使用してPDF を表示します。このため表示結果はAcrobat/Adobe Reader などと全く同じにはなりません。
  • PDF保存・印刷時の制限SeparationとDeviceNのカラースペースを使用したPDFは、元と異なった色で表示される場合があります。
  • 塗りつぶしパターン、シューディングパターン(グラデーション・メッシュなど)の一部には対応していません
  • 透明、半透明が正しく再現されない場合があります。
  • レイヤーには対応していません。グループ毎に可視、不可視を選択することは出来ません。全て表示されます。
  • フォーム、JavaScript、アーティクル、XMLデータ、一部の注釈などのPDFの付加的情報の表示および読み込み/書き出しはできません。
  • サウンド、動画、3D 等の表示および読み込み/書き出しには対応していません。

文字の表示について

  • 埋め込まれていないフォントは利用環境に導入されているシステムフォントを使って表示します。システムに存在しないフォントは自動的に別のフォントに置き換えて表示します。
  • まれにテキスト情報の不備などの理由で置き換えができない場合があります。
  • Macintosh 用CMap の83pv-RKSJ-H、90pv-RKSJ-H は、一部の縦書き用文字が横書き用で表示される場合があります。
  • 文字が表示されていても、線画で描画されており、フォント情報を使わない(テキスト情報をもたない)ものがあります。その場合、文字の選択やコピーは出来ません。

PDF出力・印刷時の制限

  • PDF出力では必ずペンが蛍光ペンより前面に表示されます。よってペンの上に蛍光ペンを重ねた場合、画面上での表示とPDF出力結果は一致しません
  • 印刷を行う場合は、画面に表示されている描画データを使用してプリンタに出力します。このため出力された結果が元のPDFとは異なる場合があります。
  • PDFに文字や図形を上書きしてPDF出力する場合は、元のPDFファイルを背景に埋め込んで保存します。しかし、パスワードで保護されたPDFは埋め込みができないため本製品の描画データを使用してPDFに出力します。このため文字検索や抽出ができなくなる場合があります。また、出力するPDFが元のPDFと異なったイメージになる場合があります。PDFに出力するときのPDFのバージョンが、元のPDFのバージョンよりも低い場合も同様の処理が行われます。
  • 『瞬簡PDF タッチ』からプリンタなどへ印刷するときに、プリンタの種類によっては透明効果(PDFの透明効果や、ラインマーカー、背景色の透明指定など)が再現できない場合があります。その場合は、PDFファイルに出力し、Adobe Readerなどのツールで印刷を行ってください。
  • Windows8標準のPDFリーダーでは手書き文字が正しく表示されません。AdobeReader等、他のPDFリーダーをご利用ください。

PDFのセキュリティ設定

  • 文書を開くパスワードで保護されたPDFは、正しいパスワードを入力しないと読み込みできません。

PDF編集時の制限

  • 挿入できる画像ファイルは、BMP、GIF、JPEG、WMF、EMF、PNGの6種類です。
  • 『瞬簡PDF タッチ』の画面表示において、フォント中にグリフ(字形のデータ)が存在しないにもかかわらず、Windowsが画面に文字を表示(代替表示)してしまうことがあります。こうした文字は画面表示通りに印字できず、PDF保存したものも文字の表示はできません。
  • 矩形認識機能は画像には対応しておりません。よってスキャナ等で紙を読み込んで作られた画像のPDFは、矩形認識に失敗します。
スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.