PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

瞬簡PDF 編集 6 のシンクライアント対応について

『瞬簡PDF 編集 6』はシンクライアント環境での利用に対応しています。弊社では下記動作環境にて確認をしております。

ターミナルサービスやリモートデスクトップのサーバー側で、PDF編集や作成を行うことが可能になり、アプリケーションの一元管理や、ファイルのサーバー上での保管などにお役立て頂けます。
※シンクライアント環境へのご導入は、シンクライアント対応ライセンスをご購入頂く必要があります。

シンクライアントについて詳しくは、こちらをご覧ください。 ⇒ シンクライアントライセンス ページ
citrix ready取得

確認済み動作環境

以下の環境にて動作確認を行っています。
ターミナルサービス/リモートデスクトップサービス環境
Microsoft Windows Server 2012 R2 リモートデスクトップ サービス ※1
Microsoft Windows Server 2012 リモートデスクトップ サービス ※1
Microsoft Windows Server 2008 R2 リモートデスクトップ サービス ※1
Microsoft Windows Server 2008 ターミナルサービス
Microsoft Windows Server 2003 R2 ターミナルサーバ
Microsoft Windows Server 2003 ターミナルサーバ
Citrix XenApp 環境
Microsoft Windows Server 2012 R2 リモートデスクトップ 上のCitrix XenApp 7.5 ※2
Microsoft Windows Server 2008 R2 リモートデスクトップ 上のCitrix XenApp 6.5 ※2
Microsoft Windows Server 2008 R2 リモートデスクトップ 上のCitrix XenApp 6.0 ※2
Microsoft Windows Server 2008 ターミナルサービス 上のCitrix XenApp 5.0 ※2
Microsoft Windows Server 2003 ターミナルサーバ 上のCitrix XenApp 5.0 ※2
その他
Microsoft Windows Server 2008 R2 Hyper-V 上の仮想OS
(ゲストOSにインストールして使用するため『瞬簡PDF 編集 6』で動作保証されているWindows OS)
VMware View で配信された仮想OS ※「フルクローン」仮想マシン上で動作確認
(『瞬簡PDF 編集 6』で動作保証されているWindows OS)

※1 リモートデスクトップ セッションホストおよびリモートデスクトップ Web アクセスでの利用を確認済み。リモートデスクトップ仮想化ソフトでの動作は未確認。
※2 XenAppで対応している配信方法は「Server Hosted App」のみとなります。アプリケーション実行環境をストリーミング配信する「Streamed Apps」には対応していません。

※ターミナルサービス/リモートデスクトップ/XenApp 上でPowerPoint 2013/2010(32bit/64bit)がインストールされている環境において、PowerPoint を利用して複数のユーザーから同時にPDF作成をした場合に、PowerPoint の強制終了や無応答やエラーが発生する場合があります。

動作確認環境については随時確認予定です。

Microsoft Windows Server 2012 R2/2012 リモートデスクトップ サービス環境にご導入の場合

プログラムメニュー「Antenna House PDF Driver 6.0」の以下の項目を RemoteApp経由でご利用になる場合、コマンドラインパラメーターを登録する必要がございます。

プログラムメニュー項目 コマンドラインパラメーター
PDF出力の設定 V6 printui.dll,PrintUIEntry /e /n "Antenna House PDF Driver 6.0"
Officeアドイン登録 V6 /r64
Officeアドイン解除 V6 /u64
Internet Explorer アドオン登録 V6 /r
Internet Explorer アドオン解除 V6 /u

コマンドラインパラメーターは下記の手順で登録できます。

  1. プログラムメニュー項目を通常の手順で RemoteApp に登録します。
  2. 登録した項目の「プロパティ」画面を開き「パラメーター」を選択します。
  3. ラジオボタン「次のコマンドライン パラメーターを常に使用する」を選択します。
  4. 入力フィールドが有効になるので、項目に対応するコマンドラインパラメーターを入力して「OK」ボタンを押します。

制限事項

シンクライアント環境でご利用になる場合、以下の制限事項があります。

■シンクライアント環境共通

  • 各シンクライアント環境のすべての機能と組み合わせて、『瞬簡PDF 編集 6』が問題なく使用できることを保証するものではありません。
  • 『瞬簡PDF 編集 6』が問題なく動作するには、使用ユーザ数に応じたCPU処理能力/空きメモリが必要です。充分なリソースがない場合には正常に動作しない可能性があります。
  • 同一ユーザでログインした複数のリモートデスクトップセッション上で、『瞬簡PDF 編集 6』のアプリケーションを同時に使用することはできません。
  • PDF作成には、ファイル拡張子に関連づけられたアプリケーションがシンクライアント環境での動作に対応しており、正常にセットアップされている必要があります。
  • PowerPoint ファイルのアドイン変換時、PowerPoint アプリケーションが前面表示される場合があります。Office 2013/2010 以外では予め画面を最小化しておくことで対処可能です。
  • PowerPoint 2013/2010(32bit/64bit)がインストールされている環境において、PowerPoint を利用して複数のユーザーから同時にPDF作成をした場合に、PowerPoint の強制終了や無応答やエラーが発生する場合があります。
  • スキャナー読み込み機能については動作対象外となります。
  • プリンターを複数のユーザーで共有するようなシンクライアント環境では、Microsoft OfficeのアドインボタンからのPDF作成機能をご利用いただけません。他のユーザーの印刷ジョブと重複した場合に処理ができず、予期しない動作をする可能性があります。
  • PDFファイル以外のファイルについて、
    『瞬簡PDF 編集 6』の「原本ファイルの取り込み」機能が動作するには、
    • ターミナルサービス/リモートデスクトップサービス/XenApp 環境ではサーバ上
    • 「その他」のシンクライアント環境の仮想OSの場合には仮想OS上
    に『Antenna House PDF Driver V6.0』がインストールされ、『Antenna House PDF Driver V6.0』プリンタが作成されている必要があります。
    シンクライアント環境で提供される、
    • クライアントPC上のプリンタをサーバ上に対応づける機能
    • 仮想OSの場合にホストPC上のプリンタをゲストOS に対応づける機能
    により自動作成されたプリンタには対応しておりません。
    また、上記のようなシンクライアントの機能により自動作成された『Antenna House PDF Driver V6.0』プリンタに対して、アプリケーションから直接印刷してのPDF変換についても動作は保証しておりません。
  • 『瞬簡PDF 編集 6』の「印刷」機能はすべてのプリンタについて動作を保証するものではありません。
    • ハードウェアプリンタについては、特定のプリンタについてサーバ上のプリンタ、リダイレクトされたプリンタまたは、ThinPrint機能で使用可能になるローカルプリンタで印刷されることを確認しています。
    • サーバ上のプリンタへ印刷をする場合は他のユーザが印刷中は同時には印刷されません。
    • 「Antenna House PDF Driver 6.0」 プリンタへの印刷はサポートされません。
    • その他の仮想プリンタドライバについては動作を確認しておりません。
  • サーバーや仮想OSにリモート接続して「瞬簡PDF 編集ビューア」でPDFを表示すると、PDFの本文および注釈が、アンチエイリアスの処理が無効になった状態で表示されます。

■Windows Server ターミナルサービス/リモートデスクトップサービスでの制限事項

Windows Server 2008 以降のターミナルサービス上で、RemoteApp から利用する場合、下記の制限があります。
  • クライアントPC上のファイルをドラッグ&ドロップで作業スペースに登録したり、編集用ビューアで表示することはできません。
  • サーバ上で PDFファイルに Adobe Reader が関連付けされていると、下記の場合にAdobe Readerの「Adobe Readerの保護モード」ダイアログが表示されます。
    • 「作成後PDFを表示する」または「保存後のファイルを表示する」がONに設定されており、出力PDFファイルが開かれる場合
    • ヘルプボタンやショートカットからマニュアルを開く場合
    処理を継続するには「保護モードを無効にして開く」か「常に保護モードを無効にして開く」を選択する必要があります。

■XenApp での制限事項

XenApp 環境では、下記の制限があります。
  • クライアントPC 上のファイルを『瞬簡PDF 編集 6』のアプリケーションの作業スペース、または原本ファイルリストに直接登録することができません。(サーバ上のファイルは登録できます。)
  • クライアントPC上のフォルダを出力先に指定した場合、ファイル出力が遅くなる現象が発生する場合があります。

ご注意: Ver.5 で新しく追加された機能について

Ver.5で新しく追加された機能でシンクライアント環境において以下の制限事項がありますのでご注意ください。

■シンクライアント環境共通

  • Internet Explorerのアドオン機能は環境およびサーバーの設定によっては正常に動作しません。

ライセンスと購入について

シンクライアント環境へのご導入は、シンクライアント対応ライセンスをご購入頂く必要があります。シンクライアント対応ライセンスおよび、ライセンス価格については以下のページをご覧ください。

新ライセンス体系について

お問い合わせ

『瞬簡PDF 編集 6』 のシンクライアント対応ライセンスのご購入に関するお問い合わせ先
(製品の操作方法などに関するご質問は製品マニュアルに記載のサポート窓口へどうぞ)
E-MAIL:sales@antenna.co.jp
スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.