PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

瞬簡PDF 編集 6 機能紹介:オブジェクトの追加

墨消し機能を新搭載! 注釈や画像の追加も簡単にできます。

注釈、画像の追加

ビュー上で注釈や画像など(これらをオブジェクトと呼びます)を挿入したり、もとからある注釈を編集、削除することができます。



注釈の挿入

以下のPDF注釈を挿入できます。注釈の種類によって塗りつぶし、線の色と太さ、不透明度などを指定できます。

  • ノート注釈:コメントを挿入します。
  • リンク注釈:ハイパーリンクを挿入します。リンク先は同じドキュメント内、ファイル、URLが指定できます。
  • ファイル添付注釈:ファイルを添付します。
  • テキストボックス注釈:テキストボックスを挿入します。
  • 引き出し線注釈:引出し線を付けたテキストボックスを挿入します。
  • タイプライター注釈:指定した位置に文字列を追記します。
  • 直線注釈:直接を挿入します。
  • 矢印注射:矢印を挿入します。
  • 長方形注釈:長方形を挿入します。
  • 楕円注釈:楕円を挿入します。
  • 多角形注釈:多角形を挿入します。
  • ハイライト注釈:PDF上の文字にマーカーを引くことができます。
  • 下線注釈:PDF上の文字に下線を引きます。
  • 取消線注釈:PDF上の文字に取消線を引きます。
  • 波線注釈:PDF上の文字の下に波線を引きます。
注釈の挿入

ハイライト注釈
テキストボックス注釈 

画像の挿入

ページ内に画像ファイル(BMP、JPEG、PNG、GIF、TIFFの5種類)を挿入できます。挿入した画像は、場所や大きさを変更できます。
「ファイルを開く」で指定するか、画像ファイルをプレビュー上にドラッグ&ドロップすることで、画像を挿入できます。
また、スキャナーから画像を取り込んで挿入することもできます。
追記した画像は不透明度を指定できるので、半透明にして全ページに出力すれば「透かし」になります。

墨消しで、文字や画像を削除

PDFに元からある文字列や画像を墨消し機能※で消去することができます。墨消し範囲を指定して出力したPDFは、指定範囲の文字列や画像が消去されていて、文字列の検索やコピーなどをされる心配がありません。
墨消しの色は変更できるので、背景と同じ色にして何もなかったようにすることも可能です。
墨消し
※墨消しとは?「PDFの墨消しは、塗りつぶすだけではだめなんです」

ヘッダー・フッター

ページにヘッダー、フッダーをつけて日付やページ番号などを追記することができます。

ヘッダー(フッダー)設定画面でファイル名、ユーザー名、日付、時間、ページ番号、ページ数などヘッダーに表示したい情報を設定します。文字のフォントや位置調整、開始ページ番号の設定や対象とするページを指定することも可能です。

ヘッダーの設定

ヘッダー設定

ヘッダーに日付を追記後のページ

ヘッダー追記後のページ

ページ番号の書き換え

PDFの結合やページの入れ替えをすると、元のPDFに付いていたページ番号などを消して、新たに追記する必要があります。

そのような場合、まずは墨消し機能で元のページ番号を消します。1ページ分だけ墨消しで消して(墨消しの色を背景と同じ色にします)、オブジェクトの出力範囲を「全ページ」に指定すれば全ページのページ番号を消すことができます。

そして、ヘッダ(フッタ)の設定を呼び出して、ページ番号を追記します。

「ツール」-「ヘッダー・フッター」

元のページ番号を墨消しで消して、新たなページ番号を追記

 

スペース
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.