PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

評価版のお申し込み

OEMについて詳しくはこちら

サポートについて

機能紹介:PDF Driver APIの機能

PDF Driver APIの機能


機能 概要
出力先の指定 PDF Driverの出力先となるファイルパスを指定します。これにより、PDF Driverの保存ダイアログを表示することなくPDF出力処理を行います。
印刷設定ファイルの指定 既存の印刷設定ファイルを指定します。ファイルのフルパスを指定することにより、任意の場所にある印刷設定ファイルを指定することが可能です。
印刷設定の編集 印刷設定値を変更します。変更後、新しい印刷設定ファイルとして保存することができます。あるいは、プログラムからの印刷時にのみ有効となるように設定値を一時的に変更することも可能です。
COMコンポーネントを利用した印刷処理 PDF Driver APIは、入力ファイルの形式を判定し、その生成アプリケーションであるWord、Excel、PowerPoint、一太郎の各アプリケーションのCOMコンポーネントを利用して印刷処理を行います(テキスト形式ファイルはWordを利用します)。したがって、PDF Driver APIを呼び出すプログラム側では、ファイルを開いたり、プリンタを切り替えたりといった煩雑な印刷処理のプログラミングは不要です。
Microsoft Officeアドインを利用した印刷処理 Word、Excel、PowerPointの各形式ファイルに対しては、PDF DriverのOfficeアドイン機能を利用した印刷処理をPDF Driver APIで呼び出すことも可能です。
※OEMライセンスにつきましては、Officeアドイン機能はオプションとなります。


付属APIの機能

『Antenna House PDF Driver』紹介ページの「付属APIについて」をご参照ください。



PDF Driverの機能

『Antenna House PDF Driver』紹介ページの「印刷設定について」をご参照ください。


スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.