PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

スペース

PDFページのトリミングとカット/コピー&ペースト

更新日: 2017/11/10

写真など画像の仕上がり領域の周囲を切り落として必要な部分だけを取り出すことをトリミングといいます。ここでは、PDFの表示される領域の一部を取り出す(トリミングする)方法を考えます。

トリミングとは

写真など画像の仕上がり領域の周囲を切り落として必要な部分だけを取り出すことをトリミングという。PDFについても、表示される領域の一部を取り出して使用したいというニーズは多いだろう。

PDFファイルの内部には1ページ毎に描画データが保存されている。描画キャンバスの範囲となるページ境界としては、次の5つの種類を設定できる(詳細は参考資料1)。

  1. PDFを印刷する媒体の物理的な大きさを指定するMediaBox
  2. 製造時の仕上がりサイズを指定するTrimBox
  3. 出力媒体上でPDFの内容を表示するCropBox
  4. TrimBoxの周囲に塗り足し領域を指定するBleedBox
  5. 制作のための領域指定であるArtBox

PDFのトリミングができるソフトウェアはいろいろある。そして、PDFのトリミングは一般にCropBoxの設定によって実現する。CropBoxとして設定した範囲の外側の画像は、PDFのデータとしては存在するが、表示されない。このためトリミングしてもトリミング後のファイルサイズは、トリミング前と変わらない。

PDFのトリミング操作の例

例として、次に『瞬簡PDF 編集 7』によるPDFのトリミング操作を示す。Acrobatのトリミング操作もほぼ同様である。

(1)トリミングしたいPDFを表示

PDFのページ内容 PDFのページ内容

(2)トリミング範囲を設定

次の青い四角で囲った部分がトリミング範囲である。

PDFのページ内容 PDFのページ内容

(3)トリミング後の表示

トリミング実施すると、トリミング設定範囲だけが画面に表示される。

PDFのページ内容 PDFのページ内容

(4)アドビAcrobatによるトリミング後PDFの表示

トリミング後のPDFを保存して、Acrobatで表示すると次のようになる。

PDFのページ内容 PDFのページ内容

PDFの内部を解析するツールを使って、トリミング前とトリミング後のPDFのCropBox、MediaBoxの値を比較すると次の表の通りである。MediaBoxの値は変化無しで、CropBoxの値のみが変更になっている。

CropBox、MediaBoxの座標値(単位は1/72インチ)
トリミング前のPDFトリミング後のPDF
CropBox左下X座標0220.5
左下Y座標0204
右上X座標595.32536.82
右上Y座標841.92555.42
MediaBox左下X座標00
左下Y座標00
右上X座標595.32595.32
右上Y座標841.92841.92

こうして、トリミング後のPDF内にもページの描画データはすべてが残っている。PDFをトリミングして消したつもりで配布すると、受信者がCropBoxの値を再設定すると見えてしまうことになるので注意が必要である。

トリミング範囲外の削除

では、トリミング範囲の外側のデータを実際に削除して存在しないようにすることはできるのだろうか? これを考えてみよう。簡単な例で示すと、左がCropBoxの設定調整でトリミングする方式、右が外側のデータを削除するトリミングである。

PDFのページ内容 PDFのページ内容

直ぐに分かるように、CropBoxを設定する方式では、トリミング後のPDFでも描画データを書き直す必要はない。しかし、トリミング領域の外側のデータを削除するならば、トリミング後のPDF を作成するときに、PDFの描画データ自体を書き直す必要がある。

ボーンデジタルのPDFでは表示される画像は線画として記述されているので、複雑な図形の場合、描画パラメータを計算しなおしてPDF内の描画データを出力し直す必要がある。

PDFをイメージ画像としてトリミング

PDF領域の外側のデータを削除するトリミングしたいというニーズは多いだろう。この場合の一番簡単な実現方式は、PDFを写真のようなイメージ画像に変換した上で、使いたい部分の外側のイメージを、あたかも写真を加工するように切り落とす方式である。

PDFをPNGやJPEGなどのイメージ画像に変換するツールは数えきれないくらい沢山ある。そして、一旦、イメージ画像にしてしまえば、画像加工ツールでトリミングするのは簡単である。但し、注意しなければならないことは、イメージ画像にする方式では、加工前には文字や線画はベクトル図形であるが、加工後はイメージになるので拡大すると文字や図形がぼやけてしまうことである。

PDFの一部をベクトル図形としてコピー/カット&ペースト

PDFの一部をイメージ画像ではなくベクトル画像のままコピーまたはカットしてペーストできるツールもある。Acrobatでは「コンテンツ編集」の「テキストと画像を編集」というモードの状態のとき、テキストや画像範囲を選択してコピー/カットとペーストができる。『瞬簡PDF 書けまっせ 7』では、類似の機能としてPDFをベクトル画像として貼り付けた上で、貼り付けたベクトル画像のトリミングができる。

また、アンテナハウスのPDF加工画像化ツールでは、PDFの中で数式などを自動判別して数式の部分をひとつひとつSVG画像として切り出すことができる。

参考資料

お問い合わせは

本ページへのご意見・ご質問は、info@antenna.co.jpまでお気軽にお問合せください。

PDF活用ソフトが満載! アンテナハウス直営のオンラインショップで安心お買い物♪

あなたにはこんな記事もおすすめ!
スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.