PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

瞬簡PDF 書けまっせ 7 機能一覧

機能一覧

機能名 機能概要
拡大・縮小表示 用紙PDFの拡大、縮小、左右フィット、上下フィット表示ができます。テキスト入力枠も同時に拡大しますので、小さな文字の入力も容易です。拡大は6400%まで対応します。
マーキーズーム 拡大したい場所をドラッグするとその範囲を画面いっぱいに表示します。縮小の場合は、表示している画面をドラッグした範囲に縮小します。
タブ切り替え表示 複数のファイルを開き、タブの切り替えで画面表示します。
複数ウインドウ表示 複数のファイルをそれぞれ独立したウインドウで開き、同時に表示します。
ウインドウ間のオブジェクトのコピー 作成した文字や図形、画像などのオブジェクトをコピーして別の用紙PDFに貼り付けることができます。
用紙の回転 用紙PDF(下地)を90度単位で回転することができます。
用紙PDFの差し替え 入力・貼り付けした文字や図形をそのままとして、用紙PDFだけを別のものに差し替えできます。
ページのコピー ページをコピーして指定のページの前後に挿入します。
白紙ページの挿入 指定のページの前後に白紙のページを挿入します。
ページの削除 指定のページを削除します。
画像ファイルをPDFに変換 画像ファイルを読み込んで、用紙PDFとして扱うことができます。
スキャナから用紙読み込み スキャナを直接制御して、スキャンデータを読み込んで、用紙PDFとして扱うことができます。一度に複数ページを読み込めます。
スキャナからの画像を貼り込み スキャナを直接制御して、スキャンデータを読み込んで、用紙PDFに画像を貼り込むことができます。
閲覧制限のPDF 閲覧制限(ユーザパスワード)の付いたPDFもパスワードを使って開けば文字や図形の記入ができます。
編集制限のPDF 編集制限(オーナーパスワード)の付いたPDFにも文字や図形の記入ができます。
サムネイル表示 PDFのサムネイル表示を使ってページ選択、移動ができます。
入力欄の自動認識 書類の入力欄を自動認識してその大きさピッタリにテキストボックスを作成します。
マス目入力欄の自動認識 フリガナ等のマス目の入力欄を自動認識して一つの入力欄としてマス目の数分桁割設定を自動で行います。
ビットマップ画像の入力枠自動認識 ビットマップ画像(スキャナなどからのイメージを含む)から矩形を自動で認識してテキストボックスを作成します。
文字を見たまま入力 新しいテキスト入力編集機能(テキスト入力コントロール)で文字の表示サイズ、配置位置のまま入力します。縦書き入力もできます。
文字属性の設定 文字の大きさ、フォント名、文字の色を文字単位で設定します。
文字の大きさを自動調整 文字の大きさ(フォントサイズ)を入力枠(テキストボックス)にぴったり合うように自動調整することができます。
段落の左右配置 テキストボックス内段落の文字配置を、左寄せ、右寄せ、中央、両端揃え、均等割付の指定ができます。
段落の上下配置 テキストボックス内段落の文字配置を、上寄せ、下寄せ、中央、均等割付の指定ができます。
桁割 テキストボックスに桁数を指定して、文字数が決まっているマス目などにピッタリ文字を配置できます。
テキストの不透明度 テキストに対して不透明度を設定することができます。完全に透明にすることで透明テキストを作成することも可能です。
文字溢れお知らせ機能 テキストボックスの入力枠から文字が溢れて隠れてしまった場合に、テキストボックスの隅にマークを表示してお知らせします。
画像の貼り付け 画像をクリップボードにコピーして、PDFの上に貼り付けることができます。ドラッグ&ドロップで貼り付けたり、画像ファイルを読み込みして貼り付けができます。
PDFを画像として貼り付け PDFファイルのページを指定して用紙PDFの上に重ねることができます。
画像のトリミング(PDFを含む) 貼り込んだ画像の一部分を四角くトリミングすることができます。
図形の入力 直線、矢印、円(楕円)、四角形、チェックマークといった図形を貼り付けることができます。
斜線の描画 四角形、折れ線の内側に斜線(右下下がり、左下下がり、クロス)を描画できます。
折れ線の入力 折れ線を作成できます。頂点の追加/削除や場所が変更でき、両端を閉じると多角形になります。
自由曲線の入力 マウスで制御点を指定して自由曲線を描き、制御点の追加/削除など曲線の形を変更できます。
ペン入力とタッチ操作を切り替え無しでできる「紙と鉛筆の操作性」 ペンとタッチに対応したPCではペンで手書き入力、タッチでスクロールという操作を切り替え無しで行うことができます。
ペンで手書き入力 手書き機能はWindows標準インク機能に対応し、スクロールやズームのたびに確定することはなくシームレスに書くことができます。 また、2タイプの消しゴムと蛍光ペンが使えます。
手書きオブジェクトの選択、操作 手書きオブジェクトの選択、コピー、移動、サイズ変更、データトレー登録ができます。
オブジェクトの整列 矩形や円などのオブジェクトを左右や上下に整列したり、均等に配置することができます。
線、背景色の不透明度 矩形や円などの線、背景色に個別の不透明度を指定できます。
スポイト機能 線や塗りの色指定にスポイト機能が利用できます。『瞬簡PDF 書けまっせ 7』の編集ウインドウ内のあらゆる場所の色を取り出して、線や塗りの色に指定できます。
印影の作成 日付印、認印を作成することができます。
画像を印影として使用 画像を印影として使用できます。印影は下の文字を透過します。
編集ファイルに保存 入力した文字や図形、貼り付けた画像は、編集ファイルに保存して再利用できます。
修正テープ 下地と同じ色で文字や図形を隠す修正テープ機能があります。☞ ご利用上の注意点(機能の制限)
修正テープ(墨消し) 修正テープ(墨消し)を使うとPDF出力したとき、修正テープで覆った部分のコンテンツが完全にPDFから削除されます。
蛍光マーカー PDFの文字の上に透明な蛍光色の線を配置します。
取り消し線 PDFの文字の上に取り消しの線を配置します。
オブジェクトの出力指定 印刷やPDF出力時、オブジェクトを任意のページに出力する指定ができます。ヘッダやフッタなどに応用できます。出力しない指定も可能です。
オブジェクト一覧管理 追記したテキストボックスや図形、画像などを一覧表示で管理することができます。表示/非表示やロック、種類や作成日などでオブジェクトの検索ができます。
データトレー機能 よく使う文字列や画像、印影などを登録して、ワンタッチで入力・貼り付けできます。グループ化したものも登録可能です。
表示形式 テキストボックスに通貨や日付などの表示形式を設定できます。
高速PDF出力 PDF出力ではWindowsのPDF Driverを使わず、『瞬簡PDF 書けまっせ 7』がPDFを直接生成します。PDF出力が高速です。(大きなイメージのPDFの出力に時間が掛かることがあります。)
出力PDFのセキュリティ PDF出力時にパスワードセキュリティ設定ができます。
用紙PDF出力の指定 用紙PDFの出力有無を指定できます。入力した文字や図形だけを出力することができます。
用紙PDFの印刷位置 印刷時の位置(上下左右)の微調整ができます。用紙サイズに合わせて自動で拡大縮小することもできます。
ヘッダ-/フッター追加 PDF出力や印刷時にヘッダ-/フッターを追加することができます。
計算式の設定 テキストボックスに計算式を設定し、他のテキストボックスの値を参照したり、関数などを使って計算結果を表示することができます。
PDFテキスト検索 PDFの本文やテキストボックスのテキスト検索ができます。
差し込み印刷 Excel 形式またはCSV 形式のファイルからデータを取り込んで印刷またはPDFに出力することが可能です。
データ件数が1ページに収まらない場合はページを繰り返します。繰り 返し方法は二種類用意されています。
画像の差し込み 差込データに画像ファイル(相対パス)を指定することで、画像を差し込むことができます。複数ページに連続して差し込むことも可能。
差し込み時の文字あふれ対応 文字あふれが起きないよう自動的にフォントサイズを調整する機能があります。
コマンドライン操作 プログラムの機能をコマンドラインで実行できます。差し込み印刷の一括処理を行うことができます。
オブジェクトテンプレート オブジェクトのみを専用のテンプレートファイルに保存することができます。
スキャン画像の傾き補正とトリミング スキャナで取り込んだ画像の0.1度単位の傾き補正と、トリミングができます。
マルチタッチ対応 フリックによるスクロールやページ遷移、ピンチイン・アウトによる拡大縮小に対応しています。
スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.