PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

スペーサー

What is "DITA"?

DITAについての技術的な説明

DITAとは

 DITAとは、XMLの技術を応用した、マニュアルや書籍等のコンテンツを執筆するための仕様です。 この仕様に則って書かれたコンテンツから印刷物(PDF)やHTML、Webヘルプ等の配布可能な媒体を効率よく作成することを目的としています。 DITAはコンテンツを最小単位に切り分けたトピックファイル、そしてコンテンツの構造を決めるマップファイルで構成されており、ドキュメントのコンポーネント化、システム化を志向しています。

トピックファイル

 トピックファイルとは、1つの話題のみ書かれたファイルです。たとえば「電源の入れ方」とか「電源の切り方」といった話題毎にトピックファイルを作ることになります。そのため、トピックファイルは必然的に複数用意されることになります。
 WordのようなDTPソフトでドキュメントを作る場合、一般的には1つのファイルに全ての話題を詰め込むことになりますが、DITAの場合、話題毎にトピックファイルに分割します。その際、ドキュメントを単に分割すればいいというわけではなく、情報構造をあらかじめ整理することが極めて重要です。
 執筆する話題に合わせて、concept(概要)、task(手順)、reference(参考書類)、troubleshooting(トラブルシューティング)等のトピックタイプ(情報タイプ)が標準で用意されています。これらの情報タイプだけではどうしてもうまく表現できない(あるいは執筆する際にもっと強い制約が欲しい)場合のために特殊化という仕組みもあります。

マップファイル

 マップファイルはドキュメントの構造を決める役割を持っています。具体的には、トピックファイルの出力順やトピック間の階層構造です(目次に相当する情報と言ってもいいでしょう)。
 トピックファイルとマップファイルは完全に分離されている為、マップファイルを変更する事で、コンテンツであるトピックファイルに手を加えることなくドキュメントの構造を変化させることができます。


DITAの特徴・メリット

  1. コンテンツとスタイルが分離しているため、1つのコンテンツを複数の媒体(紙、PDF、Web等)に出力できる

  2. トピック単位でコンテンツを執筆するため、編集、翻訳が容易になる

  3. コンテンツの構造を決めるマップファイルを変える事で、同じトピックを再利用し全く別構造のドキュメントを生成できる

  4. 内容が同じであれば、既存のトピックファイルを再利用する事で、同じコンテンツを再度作る手間が省ける。
    再利用箇所の修正は元のトピックファイル1つを修正するだけで済むので、修正漏れをなくすことができる

  5. コンテンツと分離したスタイルシートを使用する事で、執筆の際、レイアウトを考慮する必要がなく、コンテンツの製作に集中できる


もっと詳しくDITAを知りたい方は

 DITAに関する本を発行しております。→DITA関連出版物のご紹介
 DITAの仕様書やニュース等を公開しております。→DITAに関する情報


お問い合わせ

下記はお問い合わせの一例です。他にもお困りの事などございましたらお気軽にお問い合わせください

  • DITAに関心があるのだけれど、もっと詳しい話を聞かせてほしい
  • DITA関連製品をより詳しく紹介してほしい
  • お客様からDITA導入の相談を受けたのだけれど、力になってもらえないか
  • 自社でDITAを導入したいけれど、相談に乗ってもらえないか
  • DITAを成果物に出力する時のレイアウト(スタイルシート)がうまく作れない

お問い合わせ先

メール sis@antenna.co.jp
スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.