最終更新日: 2009/12/01
What's New
2009/11/02  - XSL Formatter V4.3 販売終了のお知らせ

「XSL Formatter V4.3」は、2009年10月末を持ちまして販売終了いたしました。

販売終了後は、新規ライセンスの販売は行ないません。既存のお客様を対象に販売終了後5年間に渡り有償保守を提供いたします。

なお、XSL Formatterの後継製品はAH Formatterとなります。製品の詳細につきましては、AH Formatter をご覧ください。


ウェブPDFから印刷用PDFまで

XSL Formatter とは
XSL Formatter は、XML文書を綺麗に組版するための仕様として W3Cで勧告されたExtensible Stylesheet Language (XSL) Version 1.1に対応したXML組版・印刷ソフトウェアです。 XSL Formatter は、世界標準である W3C の仕様を忠実に実装しています。
XML資産を活用
XSL Formatter を使えば、大量の XML 資産を PDF 化したり、印刷したりすることができます。ひとつの XML 文書から、スタイルシートを変更するだけで異なるレイアウトの PDF を出力することができます。標準仕様に準拠しているので、導入しても安心です。
さまざまなレイアウト文書をPDF / SVG / PostScript® / INX / XPS / MIF へ出力
カタログやビジネス文書、分析レポートや会議の報告書など、さまざまなレイアウト指定の PDF 出力することができます。また、マニュアルなどでの目次や索引の自動生成、PDF のしおりやリンクの自動作成、ひとつの XML 文書から PDF を分冊出力するなど、豊富な機能が用意されています。また、それぞれのオプションをご購入いただくことで、SVG出力、PostScript®出力、INX出力、XPS出力、MIF出力も可能となります。
☞ XSL Formatter SVG 出力オプション
☞ XSL Formatter PostScript® 出力オプション
☞ XSL Formatter INX 出力オプション
☞ XSL Formatter XPS 出力オプション
☞ XSL Formatter MIF 出力オプション
PDF/X・PDF/A・タグ付きPDF にも対応
印刷用にISOで規定されているPDF/Xの出力することができます。PDF/Aにも対応しています。PDF/Aは、電子文書の長期保存用の形式で、これもISOで規定されています。また、障害者のアクセシビリティ向上のために、2001年6月21日に施行された米国の法律 Section 508 を遵守するためのタグ付きPDFを出力することができます。
海外の顧客にも PDF を配布
ラテン文字、キリル文字、ギリシャ文字、日本文字、中国簡体字、中国繁體字、ハングル、アラビア文字、ヘブライ文字、デヴァナガリ文字、タイ文字など、Unicodeで扱えるほとんどの文字を扱うことができ、50以上の言語に対応しています。これらを混在させた文書も容易に作成することができます。ラテン文字を使う40ヶ国語のハイフネーションも可能です。右から左に書くアラビア語や、縦書きなどの混植も完璧です。
サーバで PDF を自動配信
独自 PDF 出力エンジンを内蔵していますので、サーバでの運用時も Acrobat のライセンスは不要です。接続数に制限のないインターネットサーバでもお使いいただけます。
アプリケーションへの組込みも容易
.NET をはじめ、COM や Java インターフェイス、C++ によるプログラムインターフェイスを用意しています。 Web アプリケーションなど、あなたのアプリケーションへ XSL Formatter を簡単に組み込めます。
優れた組版能力
XSL Formatter は、W3C の仕様だけでは表現できない多くの 拡張仕様を用意しています。たとえば、段抜きの脚注、柔軟な禁則処理や約物詰め処理、表のセルへの斜め罫線、表の自動レイアウトなどが可能です。きっと、満足のいく組版結果を得ることができるでしょう。
SVG、MathMLやCGMのPDF化に最適
SVGMathMLCGM にも対応しています。ラスター化せず PDF へ直接出力しますので、複雑な図面や数式を高精細な PDF にすることができます。(MathMLCGM はオプション)
豊富な導入実績
すでに、欧米の金融機関・証券会社や自動車メーカ、国内の官公庁など、世界25ヶ国以上の多くの企業への導入実績があります。許可をいただいた企業様のケーススタディを掲載しています。
formatting image

XSL Formatter V4.3

XSL Formatter V4.3 は、XML文書をきれいに表示・印刷するための仕様である Extensible Stylesheet Language (XSL) Version 1.1 に対応したXSL Formatterの最新バージョンです。動作環境など、詳しくは XSL Formatter V4.3 ページをご覧ください。

☞ XSL Formatter V4.3 へアップグレードするには

☞ XSL Formatter V4.3 評価版のダウンロード

☞ XSL Formatter Q&A [2009/06/30更新]


XSL Formatter オプション

XSL Formatter チャートオプション

「XSL Formatter チャートオプション」はMicrosoft® Excel のチャートを、グラフィクスとしてFOに指定し、描画するためのオプションです。

このオプションを使用することによって、 Microsoft® Excel のチャートを描画することができます。チャートはベクタで描画されるので、拡大縮小等による画質の劣化はありません。

PANTONE®オプション

「XSL Formatter PANTONE®オプション」は PANTONE®カラーを自動的にRGBあるいはCMYKに変換して描画するためのオプションです。
このオプションを使用することで、スポットカラーにPANTONE®の色名を指定するだけで、XSL Formatterは1000以上の PANTONE®カラーを自動的にRGBあるいはCMYKに変換して描画します。

MathML オプション

「XSL Formatter MathMLオプション」は MathMLをネイティブに処理し、画質を劣化させることなくPDFに埋め込みます。MathPlayer plug-inが不要になり、Windows版だけではなく、全てのプラットフォームでMathMLをご利用することが可能になります。

CGM オプション

「XSL Formatter CGM オプション」は、CGM画像をネイティブに処理し、画質を劣化させることなくPDFに埋め込みます。従来のWindowsのCGM用plug-inが不要になり、すべてのプラットフォームでCGM画像を利用することが可能になります。

SVG 出力オプション

「XSL Formatter SVG 出力オプション」は独自開発エンジンにより、組版結果をSVGとして出力するためのオプションです。
このオプションを使用することで、W3Cによる Scalable Vector Graphics (SVG) 1.1 に準拠した SVG を出力することができます。また、SVG 1.1 仕様の Mobile SVG Profiles である SVG Tiny および SVG Basic の出力も可能です。

PostScript®出力オプション

「XSL Formatter PostScript® 出力オプション」は独自開発エンジンにより、組版結果をPostScript®として出力するためのオプションです。
このオプションを使用することで、レベル3のPostScript®を出力することができます。

INX 出力オプション

「XSL Formatter INX 出力オプション」は、XSL Formatterの組版結果を、INX(InDesignR Interchange ファイル)に出力します。これをInDesign®で読み込むことにより、XSL Formatterの組版結果をInDesignRで編集することが可能になります。

XPS 出力オプション

「XSL Formatter XPS 出力オプション」は、XSL Formatterの組版結果を、XPS(XML Paper Specification)ファイルに出力します。これにより、マイクロソフトの提唱するWindows Vista以降の標準電子文書フォーマットのファイルを作成できます。

バーコード オプション

「XSL Formatter バーコードオプション」は、バーコードフォント(TrueTypeフォント31ファイル)とバーコードを印刷するためのいくつかのスタイルシートを提供します。
また、サンプルのデータXMLとそれを組版するためのスタイルシートが付属していますので、これらを元にカスタマイズすることも可能です。

MIF 出力オプション

「XSL Formatter MIF 出力オプション」は、XSL Formatterの組版結果を、Adobe FrameMaker®の保存形式である、MIF(Maker Interchange Format File)フォーマットで出力します。これをFrameMaker®で読み込むことにより、XSL Formatterの組版結果をFrameMaker®で編集することができます。


XML関連製品

Web Interface V3.0 for Formatter

Web Interface V3.0 for Formatter は、サーバ上で動作する XSL Formatter V4.3 および AH Formatter V5 を、インターネットを介してクライアントから簡単に使用するためのソフトウェアです。

XSL Report Designer V2

シンプルで使いやすいGUIで複雑なXML帳票も楽々デザイン Runtime Engine で帳票とXMLデータをマージしてXSL-FOを生成。XSLスタイルシートの保存に対応しました。

XSL Report Designer で作成したプロジェクトファイルを XSL Formatter V4 に指定して組版することができます。

XMLエディタ

XMLドキュメント・エディタ、XMLパーサー・ツール、表エディタのセットです。画面入出力まで完全にUnicode化しましたので、フォントさえあれば、中国語、韓国語、西欧の言語などの編集もできます。

その他、XML関連製品については、「XML/XSL関連製品総合情報」をご覧ください。


XSL Formatter V3.4 (販売終了)

XSL Formatter V3 の販売は2006年12月末日に終了しました。


XSL Formatter V2.5 (販売終了)

XSL Formatter V2 の販売は2004年3月に終了いたしました。


XSLとは?

XSL仕様「Extensible Stylesheet Language(XSL)」は、Webの普及と標準化を進めるW3C(World Wide Web Consortium)が、XML文書を綺麗にレイアウトして組版するための仕様として、開発を進めてきたものです。
XSLについてのさまざまな資料を公開しております。是非ご活用ください。

組版サンプル

XSL-FOでどんなレイアウトができるかの見本として、レイアウト機能別にXSL-FOのサンプルを紹介します。またXSL-FOを作るためのXSLTスタイルシートの実用的なサンプルも紹介します。

ケーススタディ

XSL Formatter のケーススタディを掲載しております。


アンテナハウス株式会社 システム製品 お問い合わせ先
TEL:03-5829-9021 FAX:03-5829-9023 E-MAIL:sis@antenna.co.jp
★人材募集のお知らせ★
アンテナハウスでは、SE、プログラマ、技術営業職スタッフを求めています。☞  募集内容

Copyright © 1996-2010 Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.