PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

瞬簡PDF 作成 8 機能紹介:PDFの作成

いろんなアプリケーションの「印刷」から簡単にPDF作成

印刷から作成

印刷機能をもつアプリケーションであれば、そのアプリケーションの「印刷」から、プリンターの代わりに『Antenna House PDF Driver 7.5』を選択して実行するだけで、プリンターから印刷するような感覚で簡単にPDFを作成できます。

*本製品は印刷機能を持つすべてのアプリケーションで使用することができますが、一部の環境では正常にPDF化できない場合があります。詳しくは制限事項をご確認ください。

  • PDFドライバを利用したPDFの作成方法についてはこちらからご覧ください。
    PDFの作成方法(リンク先はV6.0の内容です。)
  • PDFドライバの設定についてはこちらをご覧ください。
    Antenna House PDF Driver の設定(リンク先はV6.0の内容です。)

Officeのアドインボタンから簡単作成

アドインから作成

Microsoft Word/Excel/PowerPointにPDF変換のアドイン機能を追加して、このアドインボタンから簡単にPDFを作成できます。

また、この場合は変換元の文書の見出しやワークシート名からしおりを自動で作成したり、ハイパーリンク*を出力するPDFに反映することもできます。
*URLリンク、またはPDFファイル内のページ移動以外のハイパーリンクの場合、正常に動作しない場合があります。

アドインが対応しているアプリケーションは次のとおりです。

  • Microsoft Word 2010/2013/2016
  • Microsoft Excel 2010/2013/2016
  • Microsoft PowerPoint 2010/2013/2016
    ※64ビット版 Office にも対応

・アドインボタンを利用したPDFの作成方法、オプション設定についてはこちらをご覧ください。
  ⇒アドインボタン(リンク先はV6.0の内容です。)

IE用のアドオンボタンでWebページから簡単作成

IE用アドオンボタンからPDF作成

新たにWebブラウザ「Microsoft Internet Explorer」用のアドオン機能を用意しました。見ているWebページを、ボタンクリックですぐさまPDFに出力します。

ツールアプリで複数のファイルから一括でPDF作成

アドインから作成

ツールアプリ『瞬簡PDF 作成 8』の作成機能を利用して、複数のファイルから一括でPDFを作成できます。

PDFの作成時に「結合する」オプションを設定することで、作成したPDFをひとつのPDFファイルとして出力することもできます。

「変換設定」一覧から選択するだけで簡単設定

変換設定選択
PDFへの変換設定はあらかじめ良く使う設定を登録してありますので、利用用途に合わせて設定を選択するだけ。
細かい指定をしたい場合は、「編集」ボタンから詳細を指定することができます。新たに指定した内容は保存して、変換設定の一覧に登録することができます。変換設定で指定できる内容は次の「ツールアプリからPDF作成時の詳細変換設定」をご覧ください。

ツールアプリからPDF作成時の詳細変換設定

画面をクリックで大きい画像を表示
変換設定:一般
[変換設定:一般 画面]
【一般設定】
PDFの用紙のサイズ、解像度の設定ができます。

用紙サイズは、あらかじめ登録された A0~A5、B4~B6などの規定のサイズから選択したり、数値を指定することができます。

※変換元のファイルや関連付けられているアプリケーションに用紙サイズが設定されている場合は、それらが優先されます。
変換設定:一般
[変換設定:PDFバージョン 画面]
【PDFバージョン設定】
PDFのバージョンとPDF/AまたはPDF/Xを指定した場合のオプションを設定します。
作成できるPDFのバージョンは
  • PDF1.3~1.7
  • PDF/A-1b
  • PDF/A-2b New!
  • PDF/X-1a:2001
  • PDF/X-1a:2003
  • PDF/X-3:2002
  • PDF/X-3:2003
  • PDF/X-4:2008 New!
です。
PDF/Xの場合は仕上がりサイズおよび、裁ち落としのサイズを指定することができます。
変換設定:色
[変換設定:色 画面]
【色の設定】 New!
出力するPDFに含まれる画像やテキストの色のモードを白黒(2値)またはグレースケールに変換することができます。

カラーの原稿から白黒のPDFを作成できます。
変換設定:圧縮
[変換設定:圧縮 画面]
【圧縮設定】
文書に含まれる画像などの圧縮設定ができます。
カラー画像、グレースケール画像、モノクロ画像のそれぞれについて、解像度や圧縮方法、JPEG/JPEG2000の場合は画質について設定ができます。

元のファイルが画像を多く含む場合などに、作成するPDFのファイルサイズを小さくしたりできます。

画像ファイルからPDFを作成する場合においても圧縮設定ができます。
変換設定:フォント
[変換設定:フォント 画面]
【フォント設定】
変換元のファイルに使用しているフォントを埋め込んでPDFを作成できます。

フォントを埋め込むことで、他のコンピュータなどでPDFを表示した場合に、文字化けを防いだり、違うフォントで表示されるのを防ぎます。
※埋め込みを禁止しているフォントは埋め込むことができません。
変換設定:画像変換
[変換設定:画像変換 画面]
【画像変換設定】
ビットマップ、TIFF、JPEG、PNGなどの画像ファイルからPDFを作成する場合の設定ができます。
元の画像のサイズで作成したり、「一般設定」で指定した用紙サイズにしたり、余白を付けて作成することができます。

画像ファイルからPDFを作成する場合においても、用紙サイズの指定や、画像の圧縮設定が可能なほか、「出力オプション」を利用してセキュリティの設定や文書情報の設定をしてPDF出力ができます。

また、画像ファイルの向きを90度単位で回転させてPDF作成することができるようになりました。スキャナーからの取り込み時に用紙の方向を修正するのに便利です。
変換設定:連携ソフトウェア
[変換設定:連携ソフトウェア 画面]
【連携ソフトウェア設定】
Word、Excel、PowerPointのファイルからPDFを作成する場合、元のファイルの情報からPDFのしおりを自動で作成して出力したり、元のファイルに設定されているハイパーリンクを出力したりすることができます。

ここで設定できる機能を利用するには、以下のアプリケーションが必要です。
 ・Microsoft Word 2010~2016
 ・Microsoft Excel 2010~2016
 ・Microsoft PowerPoint 2010~2016

※64ビット版 Office にも対応

画面をクリックで大きい画像を表示
変換設定:連携ソフトウェア:Excelのワークシート
[変換設定:連携ソフトウェア 画面:Excel]
【Excelのワークシート指定】 New!
Excelのワークシートの変換対象を
 ・選択されたシート
 ・ワークブック全体
 ・シート毎に出力
から指定できるようになりました。

PDFにさまざまな付加設定

PDFの作成操作は簡単ですが、設定によりさまざまな付加設定が可能です。
  • PDF1.3~1.7およびPDF/A-1b、PDF/A-2b、PDF/X-1、PDF/X-3、PDF/X-4 の出力
  • Web表示に最適化
  • 画像解像度などの圧縮設定
  • フォントの埋め込み
  • セキュリティ設定
  • 透かし、ヘッダー/フッターの挿入(ヘッダー/フッターはツールアプリ使用時のみ)
  • 文書情報の設定
  • 開き方の設定 など
スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.