PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

評価版のお申し込み

OEMについて詳しくはこちら

Web Interface V5.0 for AH Formatter 機能紹介:フォルダ監視サービス

フォルダ監視サービスは、特定のフォルダにコピーされた文書を自動的に検出し、Web Interface V5.0 for AH Formatter を利用して変換結果を指定されたフォルダへ出力するクライアント側のWindowsサービスです。

Folder Monitoring service Overview

監視フォルダに置いたファイルを自動処理

変換対象ファイルをZIPアーカイブし、ひとつのファイルとして監視フォルダに置くとフォルダ監視サービスが自動的にファイルを見つけて処理し、変換結果を出力フォルダへ置きます。

変換対象ファイル

変換対象ファイルのアーカイブには、次のファイルを含めることができます。

このアーカイブは、通常、これらの変換に必要なファイルをまとめてZIP圧縮して作成します。例えば、アーカイブは次のような内容です。

.-+- command.txt
  +- document.xml
  +- style.xsl
  +- images/
      +- pic01.png
      +- pic02.png

変換対象ファイルの検知

フォルダ監視サービスが、監視フォルダに置かれたファイルを検知すると、ウェブサービスに変換を依頼します。変換が正常に終了すると、指定された出力フォルダに変換されたファイルが置かれます。

変換結果の通知

変換終了時に、変換が正常に終了したかどうかを指定したメールアドレスにメールで通知することもできます。詳しくは、Web Interface V5.0 for AH Formatter のオンラインマニュアルをご覧ください。製品添付のオンラインマニュアルを次のリンクからご覧いただけます。

スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.