PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

評価版のお申し込み

OEMについて詳しくはこちら

AH Formatter SVG 出力オプション

オプション概要

「SVG 出力オプション」は、W3Cによる Scalable Vector Graphics (SVG) 1.1 に準拠した SVG を出力するためのオプションです。また、SVG 1.1 仕様の Mobile SVG Profiles(ハードウェアの処理能力、メモリ容量、表示可能な色数などに制約のあるモバイル機器や携帯電話向けの仕様)である SVG Tiny および SVG Basic の出力も可能です。

SVGの出力形式

『AH Formatter』では、SVG のプロファイルとして、SVG 1.1、SVG Basic、SVG Tiny のどれででも出力することができます。プロファイルを指定しない場合は、SVG 1.1 とみなします。

SVG Tiny は、携帯電話のようにかなり大きな制約を持つ機器向けであるため、サポートされなかったり制限のある要素が多数あります。したがって、SVG 1.1 に比べ変換元文書内容の再現レベルは低くなります。

SVG Basic は、高性能 PDA などより高性能の携帯機器向けのものなので SVG Tiny よりは制限の少ないものになっています。詳細は、Mobile SVG Profiles で確認してください。

『AH Formatter』は、SVG 1.1 の出力を基本として、多くはサポートされない要素を無視する形で SVG Tiny、SVG Basic を出力します。

フォント出力

SVG 出力では、フォントを SVG に埋め込むことができますが、一部の TrueType、OpenType フォントでは正しいアウトラインが埋め込めないことがあります。

制限事項

SVG Tiny では、多くの要素がサポートされていないため変換元文書を忠実に再現することが困難な場合があります。『AH Formatter』では、可能な範囲で代替の表現に置き換えることにより、できるだけ近似できるようにしています。下記は、SVG Tiny における主な制限事項です。

「SVG 出力オプション」の実装状況ついては、オンラインマニュアルの「SVG 仕様の実装状況」をご覧ください。

価格

オプション製品の価格をご覧ください。

スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.