PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

評価版のお申し込み

OEMについて詳しくはこちら

AH Formatter MIF 出力オプション

オプション概要

「MIF 出力オプション」は、『AH Formatter』で動作し、組版結果を MIF(Maker Interchange Format ファイル)に出力するためのオプションです。MIF は、Adobe の FrameMaker® と他のアプリケーションとの間で情報を交換するためのフォーマットです。MIF フォーマットには、FrameMaker® のオブジェクトやプロパティが完全な形で保管されています。『AH Formatter』の MIF 出力では、XSL-FO からの組版の中間形式であるエリアツリーから MIF ファイルを生成します。以下は、『AH Formatter』から出力された MIF ファイルを「FrameMaker® 8」で読み込んだ表示画面です。FrameMaker® の機能を使用して編集したり PDF 出力を行うことができます。

AH Formatter:MIF 出力オプション

出力モード

FrameMaker® では、テキストは ParaLine に格納されます。「MIF 出力オプション」では、この ParaLine の作成方法に 3つの種類を持っており、出力時に指定ができます。

  1. テキストエリア単位出力モード

    テキストエリアごとにテキストフレームを生成します。テキストエリアは、XSL-FO の fo:inline に該当します。『AH Formatter』の組版レイアウトに最も近く変換できます。しかし、テキストエリアごとに変換するため、本来つながっている文字列が文字の修飾の違いのため分割され、複数のテキストフレームを生成することもあります。変換後の修正については困難を要する場合があります。

  2. 行単位出力モード

    ラインエリアごとにテキストフレームを生成します。ラインエリアは、XSL-FO の fo:block から生成される各行に対応します。上記テキストエリア単位出力のモードよりも 1行単位での編集は、行いやすくなっています。ただし、変換精度は、上記の「テキストエリア単位出力モード」より若干劣ります。

  3. ブロック単位出力モード

    ブロックエリアごとにテキストフレームを生成します。ここでブロックエリアは、XSL-FO の fo:block に対応します。上記ふたつのモードよりも編集が大変しやすくなっていますが、その分変換精度を犠牲にしています。

画像出力の方法

画像の扱い方として次のふたつの方法があります。これらは、コマンドラインインターフェイスや、オプション設定ファイルなどで指定することができます。

  1. すべての画像を MIF に埋め込む

    ラスタイメージは MIF の内部形式にしたがって画像を 16進文字列に変換して埋め込みます。ただし、EPS については表示イメージの TIFF を取り出して埋め込みますので、高解像度のイメージは失われます。

  2. 外部ファイルとしてリンク

    リンク指定は MIF がファイル出力で、参照する画像もファイルである場合に有効となります。MIF がストリーム出力であるか、または画像が変換元に埋め込まれているなど、ファイルとして存在しないときは「外部ファイルとしてリンク」を指定していても画像は埋め込まれます。リンクする画像のパスは、組版対象の XML/FO/HTML ドキュメント中の画像ファイルの参照パスをそのまま使用します。

制限事項

「MIF 出力オプション」には FO の要素やプロパティ等について次の制限事項があります。

テーブル

ボーダー

画像

テキスト

フォント

リーダ

その他

価格

オプション製品の価格をご覧ください。

スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.