見開きページマスタ拡張

AH Formatter V6.5では見開きページをひとつの単位と判断できるため、2ページに跨る見開き領域を定義することができます。また、見開きページにひとつの背景を定義することもできます。

見開きページをひとつの見開きページとして組版する際の要件は以下に記載されています。

見開きが必要となるのは一部のドキュメントのみですが、次の場合に見開きを使用します。

見開きページマスタ拡張には次のふたつのFOが追加されています。

FO意味
<axf:spread-page-master>見開きを定義します。
<axf:spread-region>2ページに跨る領域。

見開きページは通常の組版の例外であるため、<axf:spread-page-master>では2ページのサイズおよび見開き以外の領域を定義するのに他のページマスタを参照します。<axf:spread-region>がいずれかのページマスタによって<fo:region-body>を横切ってしまう場合、<fo:region-body>はさらに小さい矩形領域にリサイズされます。<axf:spread-region>がいずれかのページマスタによって<fo:region-body>を覆ってしまう場合、<fo:region-body>は見開きページから外されます。

見開きページマスタ拡張要素

<axf:spread-page-master>

Common Usage:

見開きページマスタを指定します。

Areas:

領域は直接作成せず、fo:page-sequenceによるページ作成で使用されます。

Constraints:
<!ELEMENT axf:spread-page-master (axf:spread-region+)> <!ATTLIST axf:spread-page-master master-name CDATA #REQUIRED> <!ATTLIST axf:spread-page-master axf:left-page-master-reference CDATA #REQUIRED> <!ATTLIST axf:spread-page-master axf:right-page-master-reference CDATA #REQUIRED> <!ATTLIST axf:spread-page-master reference-orientation CDATA "0"> <!ATTLIST axf:spread-page-master writing-mode CDATA "lr-tb"> <!ATTLIST axf:spread-page-master %common-margin-properties-block;>

<axf:spread-region>

Common Usage:

見開きページの領域を指定します。

Areas:

fo:region-bodyが子要素であるfo:simple-page-masterを使用してページを作成する際の、region-viewport-areaおよびregion-reference-areaの作成に使用します。

Constraints:
<!ELEMENT axf:spread-region EMPTY> <!ATTLIST axf:spread-region region-name CDATA #REQUIRED> <!ATTLIST axf:spread-region height CDATA "auto"> <!ATTLIST axf:spread-region overflow CDATA "auto"> <!ATTLIST axf:spread-region reference-orientation CDATA "0"> <!ATTLIST axf:spread-region width CDATA "auto"> <!ATTLIST axf:spread-region writing-mode CDATA "lr-tb"> <!ATTLIST axf:spread-region %common-absolute-position-properties;> <!ATTLIST axf:spread-region %common-border-padding-and-background-properties;> <!ATTLIST axf:spread-region %common-margin-properties-block;>

見開きページマスタ拡張プロパティ

axf:left-page-master-reference

見開きでの左ページのマスタ名を指定します。

Value: <name>
Initial: なし(値が必須)
Applies to: axf:spread-page-master
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

<name>

nameはドキュメント内にあるマスタ名を参照する必要があります。

axf:left-page-master-referenceは、見開きページの左ページのページサイズおよび見開きではない領域を定義するページマスタを参照します。

axf:right-page-master-reference

見開きでの右ページのマスタ名を指定します。

Value: <name>
Initial: なし(値が必須)
Applies to: axf:spread-page-master
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

<name>

nameはドキュメント内にあるマスタ名を参照する必要があります。

axf:right-page-master-referenceは、見開きページの右ページのページサイズおよび見開きではない領域を定義するページマスタを参照します。

見開きページマスタの例

ふたつのaxf:spread-page-masterを用いた例を以下に示します。どちらのaxf:spread-page-masterでも、ページサイズと見開きページでない領域を定義する"left"と"right"のfo:simple-page-masterを使用します。"a"のaxf:spread-page-masterは、このドキュメントでは見開き2ページに跨る画像で組版される"spread"のaxf:spread-regionを定義します。一方、"b"のaxf:spread-page-masterは、テキストのブロックで組版される"bottom"のaxf:region-bodyを定義します。

axf:spread-page-masterfo:simple-page-masterと同じ方法でページマスタ選択に使用されますが、見開き2ページを1単位として必ずペアで使用しなければならないことにご注意ください。例からわかるように、maximum-repeatsinitial-page-numberforce-page-countのプロパティにより、必ずペアで使用することができます。見開きページの内容ががどのくらいになるか分からず、axf:spread-regionのみがそのページの領域のとき、(例えば、見開きページが複数の場合や、二倍幅の表である場合)axf:spread-page-masterfo:page-sequence-masterの最後のページマスタであるか、見開きページの内容がfo:page-sequenceの入れ子になっていて、axf:spread-page-masterのみを使うかのどちらかでなければなりません。

<fo:root xmlns:fo="http://www.w3.org/1999/XSL/Format" xmlns:axf="http://www.antennahouse.com/names/XSL/Extensions"> <fo:layout-master-set> <fo:simple-page-master master-name="left" page-width="70mm" page-height="100mm"> <fo:region-body margin="36pt" margin-right="48pt" background-color="#E1E8E2" padding="6pt"/> <fo:region-before region-name="left-header" extent="36pt" padding-start="36pt" display-align="center"/> <fo:region-after extent="36pt" padding-start="36pt" display-align="center"/> </fo:simple-page-master> <fo:simple-page-master master-name="right" page-width="70mm" page-height="100mm"> <fo:region-body margin="36pt" margin-left="48pt" background-color="#E1E8E2" padding="6pt"/> <fo:region-before region-name="right-header" extent="36pt" padding-end="36pt" display-align="center"/> <fo:region-after extent="36pt" padding-end="36pt" display-align="center"/> </fo:simple-page-master> <axf:spread-page-master master-name="spreadpm" left-page-master-reference="left" right-page-master-reference="right"> <axf:spread-region region-name="top" margin="36pt" margin-bottom="72mm"/> </axf:spread-page-master> <fo:page-sequence-master master-name="psm"> <fo:repeatable-page-master-reference master-reference="spreadpm"/> <fo:repeatable-page-master-alternatives> <fo:conditional-page-master-reference master-reference="left" odd-or-even="even"/> <fo:conditional-page-master-reference master-reference="right" odd-or-even="odd"/> </fo:repeatable-page-master-alternatives> </fo:page-sequence-master> </fo:layout-master-set> <fo:page-sequence master-reference="psm" initial-page-number="2" force-page-count="end-on-odd"> <fo:static-content flow-name="left-header"> <fo:block text-align="outside" margin="0">left</fo:block> </fo:static-content> <fo:static-content flow-name="right-header"> <fo:block text-align="outside" margin="0">right</fo:block> </fo:static-content> <fo:static-content flow-name="xsl-region-after"> <fo:block text-align="outside" margin="0"><fo:page-number /></fo:block> </fo:static-content> <fo:flow flow-name="top"> <fo:block-container height="100%" color="#003D19" font-size="100pt" overflow="condense" axf:overflow-condense="font-size" font-weight="bold"> <fo:block>axf:spread-page-master</fo:block> </fo:block-container> </fo:flow> <fo:flow flow-name="xsl-region-body"> <fo:block> <fo:inline font-weight="bold">AH Formatter</fo:inline> is able to treat two facing pages (a two-page spread) as a single unit, and you can define spread regions that span across the two pages. You can also define a single background for the two pages. </fo:block> <fo:block text-indent="1em"> Only some documents need spreads, but uses for spreads include: titles that extend across two pages; graphics or tables that are wider than one page; full-bleed background images that extend across two pages. </fo:block> </fo:flow> </fo:page-sequence> </fo:root>