MIF出力

AH Formatter V6.5 では、MIF(Maker Interchange Format ファイル)を出力することができます。

MIFを出力するためには、「AH Formatter MIF 出力オプション」をご購入していただく必要があります。 詳しくは、弊社ウェブサイトを参照してください。

MIF出力の特徴

MIFは、Adobe の FrameMaker® と他のアプリケーションとの間で情報を交換するためのフォーマットです。MIFフォーマットには、FrameMaker® のオブジェクトやプロパティが完全な形で保管されています。AH FormatterのMIF出力では、XSL-FO からの組版の中間形式であるエリアツリーからMIFファイルを生成します。

MIFファイルを出力することにより、AH Formatter の組版結果を FrameMaker®8 で編集することができます。

MIFの出力モード

MIFでは、テキストはParaLineに格納されます。AH Formatter のMIF出力では、このParaLineの作成方法に3つの種類を持っており、出力時にコマンドラインインターフェイスや、オプション設定ファイル などで指定ができます。

  1. テキストエリア単位出力モード

    テキストエリアごとにParaLineを生成します。テキストエリアは、XSL-FOのfo:inlineに該当します。AH Formatterの組版レイアウトに最も近く変換できます。しかし、テキストエリアごとに変換するため、本来つながっている文字列が文字の修飾の違いのため分割され、複数のParaLineを生成することもあります。変換後の修正については困難を要する場合があります。

  2. 行単位出力モード

    ラインエリアごとにParaLineを生成します。ラインエリアは、XSL-FOのfo:blockから生成される各行に対応します。上記テキストエリア単位出力のモードよりも1行単位での編集は、行いやすくなっています。ただし、変換精度は、上記1のモードより若干劣ります。

  3. ブロック単位出力モード

    ブロックエリアごとにParaLineを生成します。ここでブロックエリアは、XSL-FOのfo:blockに対応します。上記ふたつのモードよりも編集が大変しやすくなっていますが、その分変換精度を犠牲にしています。

以上の変換モードにをレイアウトの再現性、編集のしやすさから比べると以下のようになります。

レイアウトの再現性

良い       悪い
 1 > 2 > 3

編集のしやすさ

良い       悪い
 3 > 2 > 1

イメージ出力

サポートしているグラフィックイメージについては、「グラフィクス」を参照してください。

MIF出力では、イメージの扱い方に 2通りがあります。これらは、コマンドラインインターフェイスや、オプション設定ファイル などで指定されます。

制限事項

MIF出力ではFOの要素やプロパティ等について、以下のような制約があります。 CSSを使った組版に対しても、XSLの制約に対応した同様の制約があります。

テーブル

  • テーブルのセル内のテキスト・イメージは、出力モードが他のモードを指定していても「ラインエリア単位出力モード」となります。
  • 入れ子になったテーブル、テーブルセルにイメージと文字列が同時に割り付けられているものなど複雑なテーブルは正しく再現できないことがあります。
  • AH Formatter と FrameMaker® の文字の送り方の違いにより、セルから枠がはみ出る場合があります。
  • テーブルとセルの回転はサポートされません

ボーダー

  • ボーダーの線種で、double 以外は solid とみなされます。
  • テーブルセルのボーダーの太さは、デフォルトのRulingCatalogに登録されている、Thin、Medium、Thick、Very Thinの値で出力されます。
  • 複雑なテーブルでボーダー種別が細かく指定されているとき、ボーダー指定が正しく再現できないことがあります。
  • fo:table へのボーダー指定は無視されます。
  • 丸め罫はサポートされません。標準の四角のボーダーとなります。
  • テーブルセル以外のテキスト領域にボーダーや塗りが指定されているとき、テキストの領域とは別にボーダーや塗りの矩形を生成することがあります。その場合、編集時にParaLineなどを変更すると、ボーダーや塗りとテキストがずれることがあります。

画像

  • サポートされるラスタ画像はBMP・JPEG・PNG・TIFF・GIF、ベクタ画像はWMF・EMF・EPS・SVG・CGM・PDFです。ベクタ画像のMathMLはサポートされません。
  • JPEG2000はPNGに変換して埋め込みます。

テキスト

  • AH Formatter と FrameMaker® の文字の送り方の違いにより、ParaLineに文字が収まらない場合があります。このときはParaLineを手動で大きくする必要があります。
  • letter-spacing が指定されていると、1文字ずつのParaLineが作成されます。
  • text-align に "justify" が指定されると、まれに FrameMaker®AH Formatter とで表示が異なることがあります。(FOのテキストにU+200Bが存在する場合など)

フォント

  • XSL-FOで存在しないフォント(例えば「MS 明朝」のボールド書体)を指定している場合、MIFの読み込みで FrameMaker® が警告エラーを出し、代替フォントで置換されます。

リーダー

  • リーダーは、double、dashed、dotted、dot-dash、dot-dot-dash、dots、use-contentがサポートされます。それ以外は solid とみなされます。

その他

  • リンクには対応していません。
  • トンボには対応していません。
  • 文書情報には対応していません。
  • 注釈には対応していません。
  • ICCプロファイル指定には対応していません。
  • ヘブライ語、アラビア語、タイ語などの複雑なスクリプトの言語の文書には対応していません。
  • 行番号(axf:line-number)がある行は、出力モードに他のモードを指定していても「テキストエリア単位出力モード」となります。
  • 同じ行にテキストとイメージが混在するときは、出力モードに他のモードを指定していても「テキストエリア単位出力モード」となります。
  • XSL-FO では一文書に複数のサイズのページマスタを定義できますが FrameMaker® ではできません。このため MIF 出力オプションでは、最初に使用されたページマスタを採用してMIFに出力します。
  • FrameMakerは縦書きをサポートしていませんので、縦書きの文書は正しく変換できません