XSL/CSS拡張

AH Formatter V6.4 では、多くのXSLの独自拡張要素・プロパティを用意しています。 拡張要素・プロパティを利用する場合、namespace に必ず http://www.antennahouse.com/names/XSL/Extensions を指定してください。

<fo:root xmlns:fo="http://www.w3.org/1999/XSL/Format"
         xmlns:axf="http://www.antennahouse.com/names/XSL/Extensions">

また、AH Formatter V6.4 では、多くのCSSの独自拡張プロパティも用意しています。ここでは、CSS拡張プロパティと、制限のあるCSS2.1またはCSS3の各プロパティ等が、XSLのプロパティと併記されています。 XSL/CSSプロパティ一覧を参照してください。 CSS3仕様のものも多く含まれますが、CSS3仕様の多くは勧告以前の状態です。これらCSS3仕様のプロパティには、プレフィクス -ah- を付けて使うのが安全です。ここでは、(-ah-) と示されています。AH Formatter V6.4 では、-ah- を付けない形式でも動作しますが、将来仕様変更される可能性があります。 CSS2.1など勧告(または勧告候補や勧告案)仕様のプロパティには、-ah- を付ける必要はありません。 プロパティ値の構文については、プロパティ値の構文を参照してください。

注意: AH Formatter V6.4 の実装はCSS3仕様とは必ずしも一致しません。

拡張要素

要素の拡張は、XSLに対してのみの拡張です。

要素名 説明
<fo:change-bar-begin> 子要素に<fo:float>を記述できるように拡張されています。
<fo:page-sequence> <fo:page-sequence> が入れ子にできるように、または空要素が許されるように拡張されています。
<axf:counter-style> / CSS @counter-style カウンタスタイルを定義します。
<axf:document-info> / HTML <meta> 文書情報を指定します。この情報はPDF中に埋め込まれます。
<axf:footnote-number> 脚注番号を生成します。
<axf:footnote-number-citation> 脚注番号を引用します。
<axf:font-face> / CSS @font-face フォントを追加します。
<axf:form> フォームアクションの単位を囲みます。
<axf:form-field> フォームフィールドを生成します。
<axf:form-field-event> イベントに対応したフォームアクションを定義します。 V6.4
<axf:form-field-option> リストボックス、コンボボックスの構成要素を指定します。
<axf:formatter-config> 追加のオプション設定情報を指定します。
<axf:hyphenation-info> 追加のハイフネーション情報を指定します。
<axf:output-volume-info> 多分冊PDFを出力します。
<axf:spread-page-master> 見開きページマスタを指定します。
<axf:spread-region> 見開きページの領域を指定します。
<axf:ruby> ルビ構造を生成します。
<axf:ruby-base> ルビの親文字を示します。
<axf:ruby-text> ルビを示します。
<axf:space-end-punctuation> 欧文約物の後の空白量を指定します。
<axf:space-start-punctuation> 欧文約物の前の空白量を指定します。
<axf:space-between-digit-and-punctuation> 数字と欧文約物の間の空白量を指定します。
<axf:space-between-punctuation-and-digit> 欧文約物と数字の間の空白量を指定します。
<axf:tab> タブ位置までスペースを空けます。
<axf:table-cell-repeated-marker> 分割されたセルでの表示内容を指定します。

値の拡張

値の拡張は、XSL/CSS両方に対して、または一方に対して行われます。XSL/CSSで、拡張される値が異なることがあります。

プロパティ名 説明
border-style
border-*-style
rule-style
古いCSS3にあった dot-dash、dot-dot-dash、wave が指定できるよう拡張されています。 これらの優先順位は次のようになります。
  1. double
  2. solid
  3. dashed
  4. dot-dash
  5. dot-dot-dash
  6. dotted
  7. ridge
  8. outset
  9. groove
  10. inset
  11. wave
この順位は、CSS3では規定されていません。
display-align display-alignプロパティの値を拡張しています。
font-size-adjust font-size-adjustプロパティの値を拡張しています。
font-stretch font-stretchプロパティの値を拡張しています。
font-variant font-variantプロパティの値を拡張しています。
force-page-count force-page-countプロパティの値を拡張しています。
format formatプロパティの値を拡張しています。
internal-destination internal-destinationプロパティの値を拡張しています。
leader-alignment leader-alignmentプロパティの値を拡張しています。
overflow overflowプロパティの値を拡張しています。
size sizeプロパティの値を拡張しています。
table-omit-footer-at-break table-omit-footer-at-breakプロパティの値を拡張しています。
table-omit-header-at-break table-omit-header-at-breakプロパティの値を拡張しています。
text-transform text-transformプロパティの値を拡張しています。

関数の拡張

FO関数、CSS関数を拡張しています。 CSS3関数についてはCSS3 Functionsも参照してください。

関数名 説明
rgb-icc() rgb-icc関数を拡張しています。
rgba() CSS3の RGBA color values にある rgba() 関数がCSS、FO共利用できます。rgba(<R>,<G>,<B>,<A>) と、引数を4つ与えます。<R>,<G>,<B> には、%値、または 0~255 を与えます。 <A> には、%値、または 0.0~1.0 を与えます。 #RRGGBBAA または #RGBA のように8桁または4桁の16進数を続けた形式でRGBA値を表現できます。
cmyk() cmyk() 関数が利用できます。cmyk(<C>,<M>,<Y>,<K>) と、引数を4つ与えます。<C>,<M>,<Y>,<K> には、%値、または 0.0~1.0 を与えます。 cmyk(<C>,<M>,<Y>,<K>) は rgb-icc(#CMYK,<C>,<M>,<Y>,<K>) と等価です。
cmyka() cmyka() 関数が利用できます。cmyka(<C>,<M>,<Y>,<K>,<A>) と、引数を5つ与えます。<C>,<M>,<Y>,<K>,<A> には、%値、または 0.0~1.0 を与えます。
linear-gradient() グラデーションを表現する関数です。
radial-gradient()
repeating-linear-gradient()
repeating-radial-gradient()
CSS counter() CSSのcounter関数を拡張しています。
CSS attr() CSS3 Values and Units の仕様に対応しています。
CSS -ah-attr-from() attr関数の拡張関数です。

単位の拡張

XSL仕様で利用できる単位の他に、以下の単位を利用できます。 これらは、CSSでも利用できます。

単位名 説明
ex CSS 2.1 4.3.2 Lengths で定められている単位で、フォントのx-heightを基準とした値です。フォントがx-heightを持っていないときは0.5em換算となります。
jpt JIS Z 8305 で定められている絶対値の単位で、1jpt=0.3514mm。
q 級を表す絶対値の単位で、1q=0.25mm。(JIS X 4052、JIS Z 8125)
dpi axf:image-resolution などで、解像度を示すときに利用できます。
dd didot。絶対値の単位で、1dd=0.01483in。
cc cicero。絶対値の単位で、1cc=12dd。
rem ルート要素におけるem単位です。ルート要素のfont-sizeプロパティの値に使用することはできません。
ch 文字0(U+0030)の幅を1とした単位です。フォントにそのグリフがないときは0.5em換算となります。
wch 文字U+3000の幅を1とした単位です。フォントにそのグリフがないときは1em換算となります。
lh line-heightを1とした単位です。line-height="2" のような指定のときでも、lh換算時に絶対値に変換されます。line-heightプロパティの値に使用することはできません。
rlh ルート要素におけるlh単位です。ルート要素のline-heightプロパティの値に使用することはできません。
vw ビューポートの幅を100とした単位です。
vh ビューポートの高さを100とした単位です。
vmin vwとvhで小さい方の長さとなります。
vmax vwとvhで大きい方の長さとなります。
pvw ページの幅を100とした単位です。
pvh ページの高さを100とした単位です。
pvmin pvwとpvhで小さい方の長さとなります。
pvmax pvwとpvhで大きい方の長さとなります。
gr 段抜き指定の単位です。

その他の拡張

  1. XSL仕様では、長さを表す値には単位を付けなければならないことになっています。 AH Formatter V6.4 では、長さゼロのときに限って、単位なしの "0" も受け付けます。

  2. XSL仕様では、fo:region-* の記述順序は

    (region-body+,region-before?,region-after?,region-start?,region-end?)

    と規定されています。しかし、その描画順序は規定されていません。そのため、領域の一部が重なるとき、どちらを先に描画するかが重要になります(z-indexではregion-*間の順序を制御できません)。AH Formatter V6.4 では、region-* の記述順序は任意としています。そして、その順序どおりに描画します。region-body を最後に記述すれば、その内容を他の region-* よりも上に描画することができます。

  3. XSL仕様では、fo:region-body や fo:region-before などに指定する padding や border の幅はゼロでなければならないことになっています。AH Formatter V6.4 では、これらに対してゼロ以外の値も受け付け、評価します。例えば、次のように指定することができます。

    <fo:region-body padding="1.5cm" border-color="red" border-style="solid" border-width="2pt"/>

  4. XSL仕様では、XML仕様のxml:langだけが明記されていますが、AH Formatter V6.4 では、以下のXML入力を受け付けます。XHTMLやXML+CSSのときも同様です。


PDF出力における文書情報

AH Formatter V6.4 からPDF出力する場合の、PDFへ文書情報を埋め込む方法を説明します。

<axf:document-info> / HTML <meta>

PDFには、著者やタイトルなどの文書情報を埋め込んでおくことができます。AH Formatter V6.4 では、独自拡張した要素を用いてそれらを指定することができます。 PDFに埋め込まれたこれらの情報は、Adobe Acrobat または Reader で参照することができます。

HTMLでは、<meta> タグで、axf:document-info と同等の指定をすることができます。 <title> の指定 よりも、<meta name="document-title"> の指定の方が優先します。

  <meta name="document-title" content="文書のタイトルを指定する"/>
  <meta name="subject" content="文書のサブタイトルを指定する"/>
  <meta name="author" content="著者名を指定する"/>
  <meta name="keywords" content="キーワードをカンマ区切りで列挙する"/>
  ...
Common Usage:

文書情報を指定します。この要素はエリアを生成しません。例えばPDFのような文書ファイル中に埋め込むために利用されます。

Areas:

なし。

Constraints:
<!ELEMENT axf:document-info EMPTY>
<!ATTLIST axf:document-info name   CDATA #REQUIRED>
<!ATTLIST axf:document-info value  CDATA #REQUIRED>
Contents:

EMPTY

Examples:
<fo:root xmlns:fo="http://www.w3.org/1999/XSL/Format"
         xmlns:axf="http://www.antennahouse.com/names/XSL/Extensions">
 ...
 <fo:declarations>
  <axf:document-info name="document-title" value="文書のタイトルを指定する"/>
  <axf:document-info name="subject" value="文書のサブタイトルを指定する"/>
  <axf:document-info name="author" value="著者名を指定する"/>
  <axf:document-info name="keywords" value="キーワードをカンマ区切りで列挙する"/>
 </fo:declarations>
 ...

axf:document-info 拡張要素は、fo:declarations の子、または fo:page-sequence の最初の子要素に置くことができます(分冊出力のときにのみ有効)。 また、そのプロパティは namevalue で、いずれも必須です。name の値は、以下のいずれかでなければなりません。 * の付いた情報は、多分冊出力時には axf:document-info-include プロパティの指定によって、第1分冊にのみ出力されるか全分冊に出力されます。 それ以外は常に全分冊に出力されます。

  • document-title

    文書のタイトルを指定します。

  • subject

    文書のサブタイトルを指定します。

  • author

    文書の著者名を指定します。

  • author-title

    文書の著者の役職などを指定します。

  • description-writer

    文書の説明の書き手を指定します。

  • keywords

    キーワードをカンマ区切りで列挙します。

  • copyright-status

    著作権のステータスを以下のいずれかで指定します。

    • Unknown
    • Copyrighted
    • PublicDomain

    PDF1.4以降のとき有効です。

  • copyright-notice

    著作権の情報を指定します。 PDF1.4以降のとき有効です。

  • copyright-info-url

    著作権情報のURLを指定します。このURLは単なる文字列として扱われ、そのURLへのアクセスは行いません。 PDF1.4以降のとき有効です。

  • xmp

    XMPのURLを指定します。このURLは、XSL仕様の <uri-specification> に従います。URIを参照してください。 XMPを指定したとき、以下の指定は無効となります。

    • author-title
    • description-writer
    • copyright-status
    • copyright-notice
    • copyright-info-url

    XMPファイルの妥当性については、整形式であるかなどの簡単な検査しかしません。その内容は関知しません。 PDF1.4以降のとき有効です。

    注意: 矛盾する内容や不正な内容を含んでいる場合の効果は保証されません。

  • pagemode *

    文書を開いたときの表示方法を指定します。以下のいずれかを指定できます。

    • UseNone
      文書アウトラインもサムネールイメージも非表示
    • UseOutlines
      文書アウトラインを表示
    • UseThumbs
      サムネールイメージを表示
    • FullScreen
      メニューバー、ウィンドウコントロール、他のウィンドウを一切表示しないフルスクリーンモード
    • UseOC
      オプションのコントロールグループパネルを表示

    UseOCは、PDF1.5以降のときに指定できます。アウトラインがあるときの既定値はUseOutlinesです。

    「文書アウトライン」は Adobe Acrobat や Reader では「しおり」と表現されています。

  • pagelayout *

    文書を開いたとき、使われるページレイアウトを指定します。以下のいずれかを指定できます。

    • SinglePage
      一度に1ページを表示
    • OneColumn
      ページを1列で表示
    • TwoColumnLeft
      奇数ページを左側にして2列で表示
    • TwoColumnRight
      奇数ページを右側にして2列で表示
    • TwoPageLeft
      奇数ページを左側にして見開きの2ページずつを表示
    • TwoPageRight
      奇数ページを右側にして見開きの2ページずつを表示

    TwoPageLeftとTwoPageRightは、PDF1.5以降のときに指定できます。既定値はSinglePageです。

  • hidetoolbar *

    文書を開いたとき、ツールバーを隠すかどうかを true または false で指定します。 既定値はfalseです。

  • hidemenubar *

    文書を開いたとき、メニューバーを隠すかどうかを true または false で指定します。 既定値はfalseです。

  • hidewindowui *

    文書を開いたとき、ユーザインターフェイス要素(スクロールバーやナビゲーション用コントロールなど)を隠すかどうかを true または false で指定します。 既定値はfalseです。

  • fitwindow *

    文書を開いたとき、ページのサイズに適合するように文書ウィンドウのサイズを変更するかどうかを true または false で指定します。 既定値はfalseです。

  • centerwindow *

    文書を開いたとき、文書ウィンドウを画面の中央に配置するかどうかを true または false で指定します。 既定値はfalseです。

  • displaydoctitle *

    文書を開いたとき、文書のタイトルを表示するかどうかを true または false で指定します。 既定値はfalseです。 PDF1.4以降のとき有効です。

  • openaction *

    文書を開いたときに表示される宛先または実行されるアクションを指定します。 ここでは、internal-destination の <number-with-fragment> と同様の値を記述することができます。リンクの作成も参照してください。 このとき、名前付きのアクションやJavaScriptを指定することもできます。

    • value="#Named=Print"
      オープン時に印刷ダイアログが表示されます。
    • value="#Named=LastPage"
      オープン時に最終ページとなります。
    • value="#JavaScript=任意のJavaScriptプログラム"
      オープン時に指定されたJavaScriptを実行します。

    #直後のNamedやJavaScriptの大文字小文字は区別されません。 Namedに指定できるアクションは、ビューアのメニュー名に対応します。 Namedに不明な名前を指定した場合や、JavaScriptに誤ったプログラムを指定した場合の動作は保証されません。 PDF/Aでは、JavaScriptを指定することはできません。

fo:page-sequence の子の axf:document-info は、分冊出力のときにのみ有効です。 fo:page-sequence の子の axf:document-info は、fo:root の子の axf:document-info を上書きして、分冊出力される文書の文書情報として利用されます。したがって、fo:page-sequence に axf:document-info が指定されていないときは、すべての分冊された文書に同じ文書情報が埋め込まれます。

"openaction" と "pagemode" の指定は、分冊に対して行うことはできません。fo:root の直下の指定のみが有効です。分冊出力されたときは、第一分冊に対しての指定となります。

axf:pdftag / CSS -ah-pdftag

タグ付きPDFのタグ名を指定します。

Value: <string>
Initial: empty string
Applies to: all formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

タグ付きPDFに出力するタグ名をカスタマイズします。例えば、該当要素のタグ名を Paragraph にするときは、次のようにします。

<fo:block axf:pdftag="Paragraph">

分冊PDF出力

AH Formatter V6.4 では、PDFを複数に分冊して出力することができます。 CSSではこの機能を利用することはできません。

<axf:output-volume-info>

Common Usage:

組版結果を出力するとき、fo:page-sequence 単位に、分冊出力できるようにします。

Areas:

なし。

Constraints:
<!ELEMENT axf:output-volume-info EMPTY>
<!ATTLIST axf:output-volume-info initial-volume-number  NUMBER "1">
<!ATTLIST axf:output-volume-info format                 CDATA  "1">
<!ATTLIST axf:output-volume-info bookmark-include (first|all|separate) "separate">

axf:output-volume-info 拡張要素は、fo:declarations の子に置くことができます。

Contents:

EMPTY

Examples:
<axf:output-volume-info
  initial-volume-number="2"
  format="-1"
  bookmark-include="separate"
/>

<fo:page-sequence>
  PAGE-SEQUENCE-1
  ...
</fo:page-sequence>
<fo:page-sequence>
  PAGE-SEQUENCE-2
  ...
</fo:page-sequence>
<fo:page-sequence axf:output-volume-break="true">
  PAGE-SEQUENCE-3
  ...
</fo:page-sequence>

ファイルへ出力するときにのみ機能します。印刷やストリーム出力などでは機能しません。 このとき、出力ファイル名は、GUIやコマンドラインパラメータなどで指定されていなければなりません。 分冊出力されるファイル名は、出力ファイル名をベースにして自動的に決定されます。これは、format プロパティによって書式化された文字列が、出力ファイルの拡張子の直前に挿入されることによって行われます。 ファイル名に document.pdf が与えられているとき、上の例では、PAGE-SEQUENCE-1 と PAGE-SEQUENCE-2 が ducument-2.pdf へ出力され、PAGE-SEQUENCE-3 が document-3.pdf へ出力されます。

format プロパティに適用される数値は、axf:initial-volume-number プロパティによって初期値を与えることができます。 format プロパティは、XSL-FO仕様の「7.26.1. format」と同じです。

分冊は、fo:page-sequence に指定された axf:output-volume-break プロパティによって引き起こされます。 axf:output-volume-filename プロパティを指定すれば、その分冊だけ指定したファイル名で出力することができます。

分冊した場合のしおりの扱いは、axf:bookmark-include プロパティによって以下から選択することができます。

  • 第1分冊にのみしおりを付けます。
  • 全分冊にしおりを付けます。
  • 各分冊にそれぞれのしおりを付けます。

実際に分冊出力を行うためには、以下の条件が必要です。

  • FO中に <axf:output-volume-info> 要素が含まれていること。
  • 各インターフェイスで以下が指定されていること。
    GUIPDF出力ダイアログ で、[分冊出力] がチェックされていること。
    コマンドライン-multivol パラメータ が指定されていること。
    .NETMultiVolume プロパティに true が指定されていること。
    COMMultiVolume プロパティに true が指定されていること。
    JavaXfoObj::setMultiVolume() により多分冊が指定されていること。
    C/C++XfoObj::setMultiVolume() により多分冊が指定されていること。

axf:bookmark-include

多分冊出力したときのしおりの扱いを指定します。

Value: first | all | separate
Initial: separate
Applies to: axf:output-volume-info
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

first

第1分冊にのみしおりを付けます。

all

全分冊にしおりを付けます。

separate

各分冊にそれぞれのしおりを付けます。 しおりがどの分冊に属するかは axf:outline-level="1" が現れた分冊になります。分冊を跨るしおりは前の分冊に入ります。 このため、axf:bookmark-include="separate" の場合でも他の分冊への外部リンクが含まれ る場合があります。

axf:document-info-include

多分冊出力したときの文書情報の扱いを指定します。

Value: first | all
Initial: first
Applies to: axf:output-volume-info
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

first

第1分冊にのみ文書情報を付けます。

all

全分冊に文書情報を付けます。

axf:initial-volume-number

多分冊出力時の初期文書番号を指定します。

Value: <number>
Initial: 1
Applies to: axf:output-volume-info
Inherited: no
Percentages: N/A

この値は、formatプロパティに適用され、出力されるPDFファイル名に利用されます。例えば、次のような指定のとき、出力PDFファイル名に document.pdf が指定されたとすると、分冊されたファイル名は、document-2.pdfdocument-3.pdfdocument-4.pdf、… となります。

<axf:output-volume-info
  initial-volume-number="2"
  format="-1"
/>

axf:output-volume-break

多分冊出力を指示します。

Value: true | false
Initial: false
Applies to: fo:page-sequence
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

true

この fo:page-sequence から新しい分冊とします。

false

この fo:page-sequence では分冊しません。

分冊を開始したい fo:page-sequenceaxf:output-volume-break="true" を指定します。文書番号は、1ずつ増えていきます。 分冊するとき、最初の fo:page-sequence には、常に axf:output-volume-break="true" が指定されているとみなされます。明示的に axf:output-volume-break="false" が指定されていても無視されます。

axf:output-volume-filename

多分冊出力時の文書ファイル名を指定します。

Value: <string>
Initial: empty string
Applies to: fo:page-sequence
Inherited: no
Percentages: N/A

指定がないときは、formatプロパティを用いた自動的なファイル名が採用されます。このプロパティを指定したときは、そのファイル名が採用されます。 先頭の fo:page-sequence または、axf:output-volume-break="true" である fo:page-sequence でのみ有効です。

例えば、次のような指定のとき、出力PDFファイル名に document.pdf が指定されたとすると、分冊されたファイル名は、document-2.pdfchapterX.pdfdocument-4.pdf、… となります。

<axf:output-volume-info
  initial-volume-number="2"
  format="-1"
/>

<fo:page-sequence>
  ...
</fo:page-sequence>
<fo:page-sequence axf:output-volume-break="true" axf:output-volume-filename="ChapterX.pdf">
  ...
</fo:page-sequence>
<fo:page-sequence axf:output-volume-break="true">
  ...
</fo:page-sequence>

すべての fo:page-sequence に axf:output-volume-filename を指定したとしても、元となるPDFファイル名を省略することはできません。


AH Formatter V6.4 で、PDF出力する場合の、PDFのしおりとリンクを作成する方法を説明します。

しおりの作成

PDFにはしおりと呼ばれる機能があります。Adobe Acrobat または Reader ではしおりは、目次を階層化した概観を持っており、項目をクリックすることにより目的の位置へジャンプすることができます。

注意: XSL1.1 には同様の機能が備わっています。fo:bookmark を利用してください。 ただし、多分冊出力を行うときは、fo:bookmark ではなく、axf:outline-* を利用してください。

PDF bookmark

AH Formatter V6.4 では、しおりを作成したいオブジェクトに拡張プロパティを付加することにより、PDF出力で自動的にしおりを作成することができます。

上図のしおりを作成するには、例えば次のようにします。

<fo:root xmlns:fo="http://www.w3.org/1999/XSL/Format"
         xmlns:axf="http://www.antennahouse.com/names/XSL/Extensions">
...
<fo:block axf:outline-level="1"
          axf:outline-expand="false"
          axf:outline-title="Colophon">
  ...
</fo:block>
<fo:block axf:outline-level="1"
          axf:outline-expand="false"
          axf:outline-title="Table of Contents">
  ...
</fo:block>
<fo:block axf:outline-level="1"
          axf:outline-expand="true"
          axf:outline-title="1. Introduction and Overview">
  <fo:block axf:outline-level="2"
            axf:outline-expand="true"
            axf:outline-title="1.1. Processing a Stylesheet">
    <fo:block axf:outline-level="3"
              axf:outline-expand="false"
              axf:outline-title="1.1.1. Tree Transformations">
      ...
    </fo:block>
    <fo:block axf:outline-level="3"
              axf:outline-expand="false"
              axf:outline-title="1.1.2. Formatting">
      ...
    </fo:block>
  </fo:block>
  <fo:block axf:outline-level="2"
            axf:outline-expand="false"
            axf:outline-title="1.2. Benefits of XSL">
    ...
  </fo:block>
</fo:block>
<fo:block axf:outline-level="1"
          axf:outline-expand="false"
          axf:outline-title="2. XSL Transformation">
  ...
</fo:block>
...

axf:outline-expand / CSS -ah-outline-expand

しおりの初期状態で、下位の階層を表示するかどうかを指定します。

Value: true | false
Initial: true
Applies to: block-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

true の場合は下位項目が展開されて表示され、false の場合はたたみ込み表示されます。 CSS では (-ah-)bookmark-state も利用できます。

axf:outline-group / CSS -ah-outline-group

しおりをグループ化して、まとめて出力します。

Value: <string>
Initial: empty string
Applies to: block-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

このプロパティが省略された場合や空文字列の場合、グループ化は行われません。何か文字列が指定された場合、その文字列はグループ名として扱われ、同一のグループ名を持つしおりがまとめて出力されます。 また、グループ化されていないしおりは、グループ名なしのグループとしてまとめて出力されます。

axf:outline-level / CSS -ah-outline-level

しおりの項目の階層レベルを示します。

Value: <number>
Initial: 0
Applies to: block-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

<number> の値は、非負の整数値でなければなりません。 初期値は0で、このとき、しおりは作成されません。 しおりの最上位の項目は1で、しおりの中に階層化されるに従って、2以上の値となります。 CSS では (-ah-)bookmark-level も利用できます。

axf:outline-title / CSS -ah-outline-title

しおりのタイトルとして表示される文字列を指定します。

Value: <string>
Initial: empty string
Applies to: block-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

このプロパティが省略された場合や空文字列の場合、このプロパティが付加されているオブジェクトのテキストがタイトルになります。 つまり、次のふたつは同じしおりを生成します。

<fo:block axf:outline-level="2" axf:outline-title="1. Introduction">...
<fo:block axf:outline-level="2">1. Introduction</fo:block>

CSS では (-ah-)bookmark-label も利用できます。

axf:outline-color / CSS -ah-outline-color

しおりのタイトルとして表示される文字列の色を指定します。

Value: <color>
Initial: the value of the 'color' property
Applies to: block-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

このプロパティは、PDF1.4 以降に対して有効です。

axf:outline-font-style / CSS -ah-outline-font-style

しおりのタイトルとして表示される文字列のフォントスタイルを指定します。

Value: normal | italic
Initial: normal
Applies to: block-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

normal

通常のフォントスタイル。

italic

イタリックフォント。

このプロパティは、PDF1.4 以降に対して有効です。

axf:outline-font-weight / CSS -ah-outline-font-weight

しおりのタイトルとして表示される文字列のフォントの太さを指定します。

Value: normal | bold
Initial: normal
Applies to: block-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

normal

通常の太さ。

bold

太字。

このプロパティは、PDF1.4 以降に対して有効です。

注意事項

  • これらのプロパティは、fo:block などの、表示矩形領域を作成するオブジェクトに指定してください。例えば fo:wrapper などに指定しても効果はありません。
  • Adobe Acrobat または Reader でサポートされていない言語に属する文字をしおりに指定した場合、正しく表示されない場合があります。

FOでは、fo:basic-link を使用すれば、PDFのリンクを簡単に作成することができます。 HTMLでは、<a> で行います。

PDFのリンクは、PDF文書内の特定位置へのリンクと外部へのリンクに分類されます。文書内へのリンクは fo:basic-link の internal-destination プロパティで表します。外部へのリンクは external-destination プロパティで表します。次に例を示します。

ローカルファイル指定の外部リンクは、PDF出力の設定use-launch-for-local-file によって、「ファイルを開く」、「World Wide Web リンク」のいずれかで動作するようにPDFへ変換されます。 ローカルファイル指定以外指定の外部リンクは、常に「World Wide Web リンク」に変換されます。

さらに、次のような高度なリンクを指定することができます。これらの理解のために、「PDFリファレンス」を参照することをお勧めします。

  • 外部リンクに対して、以下の動作を明示できます。
    • PDF内への移動(GoToR)
    • ファイルを開く(Launch)
    • World Wide Web リンク(URI)
  • PDFへの外部リンクに対して、IDを指定できます。
  • 内部リンクに対して、IDを指定できます。
  • PDFへの外部リンクに対して、ページ番号を指定できます。
  • 内部リンクに対して、ページ番号を指定できます。
  • PDFへの外部リンクに対して、宛先形式を指定できます。
  • 内部リンクに対して、宛先形式を指定できます。
  • しおりに外部リンクを指定できます。
  • しおりに内部リンクを指定できます。

PDFに対する外部リンクの external-destination の指定は、基本的には次のPDFのパラメータ仕様に準じますが、AH Formatter V6.4 では、すべてのパラメータが有効なわけではありません。無効なパラメータは無視されます。

この仕様書には次のような例が載っています。

  • http://mydocs/doc.pdf#nameddest=Chapter6
  • http://mydocs/doc.pdf#page=3
  • http://mydocs/doc.pdf#page=3&zoom=200,250,100
  • http://mydocs/doc.pdf#zoom=50
  • http://mydocs/doc.pdf#page=72&view=fitH,100
  • http://mydocs/doc.pdf#view=fitb&nameddest=Chapter3
  • http://mydocs/doc.pdf#pagemode=none
  • http://mydocs/doc.pdf#pagemode=bookmarks&page=2
  • http://mydocs/doc.pdf#page=3&pagemode=thumbs

AH Formatter V6.4 では、次のパラメータのみが有効です。大文字小文字の違いは無視されます。

  • nameddest
  • page
  • zoom
  • view
  • viewrect

例えば、外部リンクの場合、fitH、fitR、fitBH の指定は無効です。これらは内部リンクでのみ有効です。 また、fitH などでPDFの数値パラメータが必要なもので、それが省略されている場合は 0 とみなされます。

PDFに対する外部リンクでは、show-destination プロパティで、新しいウィンドウを開くかどうかを指定することができます。リンク先がPDF以外では無効です。 show-destination="new" とすると、新しいウィンドウを開いて、そのウィンドウにPDFが表示されます。 show-destination="replace" とすると、新しいウィンドウを開かず、現在のウィンドウ内にPDFが表示されます。 指定されなかったときは、PDFのビューアアプリケーションの動作に依存します。 XSL-FOの仕様では、省略時は "replace" となっていますが、AH Formatter V6.4 では若干異なる実装をしています。 show-destination プロパティは、以下の条件下では無効です。

  • axf:action-type の指定が "gotor" または "launch" でリンク先のファイルがPDFのとき以外では無効です。
  • 内部リンクでは無効です。分冊により、内部リンクであっても外部リンクとしてPDFに埋め込まれることがあります。内部リンクに指定された show-destination は、そういうときにのみ効果があります。

AH Formatter V6.4 では、高度なリンクのために、以下の拡張プロパティを用意しています。

axf:action-type / CSS -ah-action-type

外部リンクの動作を指定します。 フォームアクションも参照してください。

Value: auto | gotor | launch | uri
Initial: auto
Applies to: fo:basic-link
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

auto

システム既定値に依存します。

gotor

リンク先を "GoToR" アクションで開きます。すなわち、PDFとして開きます。リンク先のURIはPDFであるとみなされます。

launch

リンク先を "Launch" アクションで開きます。すなわち、ファイルとして開きます。

uri

リンク先を "URI" アクションで開きます。すなわち、URI(World Wide Web)として開きます。

リンク先がhttp:などのローカルファイルでない場合は、常に"URI"アクションとなります。 axf:action-type="auto" のとき、 ローカルファイル指定の外部リンクは、PDF出力の設定use-launch-for-local-file によって、「ファイルを開く」、「World Wide Web リンク」のいずれかで動作するようにPDFへ変換されます。 ローカルファイル指定以外の外部リンクは、常に「World Wide Web リンク」に変換されます。

axf:destination-type / CSS -ah-destination-type

宛先形式を指定したリンクを生成することができます。これは、リンク先でのPDFの宛先形式です。

Value: <string>
Initial: empty string
Applies to: block level formatting object
Inherited: no
Percentages: N/A

宛先形式には次の種類があります。指定のないときは axf:destination-type="xyz-top" とみなされます。値の大文字小文字の違いは無視されます。axf:destination-type と内部リンク、外部リンクでのID指定、ページ番号指定など組み合わせた例に関しては、外部リンクでのID指定内部リンクでのID指定外部リンクでのページ番号指定内部リンクでのページ番号指定外部リンクのしおり内部リンクのしおり を参照してください。

注意: GUIでもリンクは機能しますが、destination-type は無効です。常に xyz-left-top とみなされます。
PDFの宛先形式指定方法
[page /XYZ left top zoom] left/top の値は、AH Formatter V6.4 が計算しますが、nullか非nullかを明示することができます。zoom は利用者が任意値を指定できます。
axf:destination-type="xyz" left と top を null とします。
axf:destination-type="xyz-left" top を null とします。
axf:destination-type="xyz-top" left を null とします。
axf:destination-type="xyz-left-top"
zoom は、指定しなければ null です。指定するときは、次のように%値を指定します。
axf:destination-type="xyz-top 75"
数字だけの指定は xyz-top が指定されたとみなされます。
axf:destination-type="75"
[page /Fit]
axf:destination-type="fit"
[page /FitH top] top の値は、AH Formatter V6.4 が計算します。内部リンクでの指定のみ有効です。
axf:destination-type="fith"
[page /FitV left] left の値は、AH Formatter V6.4 が計算します。
axf:destination-type="fitv"
[page /FitR left bottom right top] left/bottom/right/top の値は、AH Formatter V6.4 が計算します。内部リンクでの指定のみ有効です。
axf:destination-type="fitr"
[page /FitB]
axf:destination-type="fitb"
[page /FitBH top] top の値は、AH Formatter V6.4 が計算します。内部リンクでの指定のみ有効です。
axf:destination-type="fitbh"
[page /FitBV left] left の値は、AH Formatter V6.4 が計算します。
axf:destination-type="fitbv"

axf:outline-external-destination / CSS -ah-outline-external-destination

しおりに外部リンクを設定します。

Value: <uri-specification>
Initial: empty string
Applies to: block-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

<uri-specification>

リンク先のURIを指定します。

axf:outline-internal-destination / CSS -ah-outline-internal-destination

しおりに内部リンクを設定します。

Value: empty string | <idref> | <number-with-fragment>
Initial: empty string
Applies to: block-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

<idref>

リンク先のIDを指定します。

<number-with-fragment>

リンク先のページ番号を指定します。 この文字列は、単純な数字列(<number>)または、数字列とフラグメントを#で繋げた次のような文字列です。 フラグメントに関しては、リンクの作成を参照してください。

123#zoom=50

ページ番号をフラグメント中へ指定することもできます。

#page=123&zoom=50

ページ番号が指定されていないとき、通常は1ページ目とみなされます。ただし、topの位置が指定されているときは、axf:outline-internal-destinationの含まれるブロックのページの先頭とみなされます。例えば、次のように指定します。

#view=fit
#view=fith
#zoom=,,0

外部リンクでIDを指定するとき、宛先形式は axf:destination-type を指定してidプロパティにリンク先のIDを設定することで作成できます。

<fo:block id="Chapter6" axf:destination-type="xyz-top">

リンク先が、異なるPDFへの外部リンクの場合、IDに external-destination を指定します。URI中のパラメータは nameddest のみが有効です。

<fo:basic-link external-destination="http://mydocs/doc.pdf#nameddest=Chapter6"
               axf:action-type="gotor">

内部リンクでIDを指定するとき、宛先形式は axf:destination-type を指定してidプロパティにリンク先のIDを設定することで作成できます。

<fo:block id="Chapter6" axf:destination-type="xyz-top">

内部リンクを作成するには、IDに internal-destination を指定します。

<fo:basic-link internal-destination="Chapter6">

ページ番号指定は、URI中のパラメータ page で判断します。page と nameddest が共に指定されているときは、nameddest が優先されます。
ページ番号指定では、リンク先に宛先情報を置くことはできません。したがって、URI中のパラメータを解釈して宛先形式を決定します。解釈できないパラメータは捨てられます。

<fo:basic-link external-destination="http://mydocs/doc.pdf#page=72&amp;view=fitH,100"
               axf:action-type="gotor">

URIのパラメータに page も nameddest も含まれないときは、page=1 とみなされます。ページ番号は、PDFでの物理的なものと解釈されます。

internal-destination の値にページ番号も指定できるように拡張してあります。

<fo:basic-link internal-destination="72">

宛先形式の指定は、外部リンクURIのパラメータ部分を付加することで実現します。

<fo:basic-link internal-destination="72#view=fitH,100">

ページ番号は、PDFでの物理的なものと解釈されます。また、ページ番号だけの指定のときの宛先形式は view=fit とみなされます。

しおりに外部リンクを指定するには、次のように axf:outline-external-destination プロパティを指定します。

<fo:block axf:outline-level="1"
          axf:outline-title="第6章"
          axf:outline-external-destination="http://mydocs/doc.pdf#nameddest=Chapter6"
          axf:action-type="gotor"
          show-destination="new">

このとき、このしおりはそれが付いている fo:block などのブロックとは無関係となります。

しおりに内部リンクを指定するには、次のように axf:outline-internal-destination プロパティを指定します。

<fo:block axf:outline-level="1"
          axf:outline-title="第6章"
          axf:outline-internal-destination="Chapter6">

このとき、このしおりはそれが付いている fo:block などのブロックとは無関係となります。

  • internal-destination と external-destination はいずれか一方のみを指定してください。
  • 多分冊出力のとき、内部リンクで指定されていたリンクが、外部リンクになることがあります。このとき、リンクの動作は、axf:action-type="gotor" とみなされます。
  • 意図しないリンクが作成されたときは、まずご使用の PDF のビューアアプリケーションの設定をご確認ください。例えば Adobe Reader や Adobe Acrobat では「URL からリンクを作成」機能が自動でリンクを作成している場合があります。

PDF出力における注釈

AH Formatter V6.4 では、PDFへ注釈を付けることができます。 注釈の詳細は、「PDFリファレンス」を参照してください。ここで指定できる注釈は、その一部です。

axf:annotation-type / CSS -ah-annotation-type

注釈の種類を指定します。

Value: <string>
Initial: empty string
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

注釈の種類は、次のいずれかを指定することができます。

  • 空文字列

    注釈はありません。

  • "Text"

    テキスト注釈です。

  • "FreeText"

    フリーテキスト注釈です。

  • "Stamp"

    ラバースタンプ注釈です。

  • "FileAttachment"

    ファイル添付注釈です。

文字列の大文字小文字は区別されません。

fo:basic-linkとHTMLの <a> は常にリンク注釈を生成します。

axf:annotation-author / CSS -ah-annotation-author

注釈の作成者を指定します。

Value: <string>
Initial: empty string
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:annotation-title / CSS -ah-annotation-title

注釈のタイトルを指定します。

Value: <string>
Initial: empty string
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

PDF1.5 以降で有効です。

axf:annotation-contents / CSS -ah-annotation-contents

注釈の内容を指定します。

Value: <string>
Initial: empty string
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

注釈の種類(axf:annotation-type)が次のいずれかのときに表示される文字列を指定します。

  • "Text"
  • "FreeText"
  • "Stamp"
  • "FileAttachment"

axf:annotation-color / CSS -ah-annotation-color

注釈の背景などに利用される色を指定します。

Value: <color> | none
Initial: none
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:annotation-flags / CSS -ah-annotation-flags

注釈のフラグを指定します。

Value: <string>
Initial: empty string
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

以下の文字列を空白区切りで列挙して指定します。大文字小文字の区別はありません。

  • Invisible
  • Hidden
  • Print
  • NoZoom
  • NoRotate
  • NoView
  • ReadOnly
  • Locked
  • ToggleNoView
  • LockedContents

これらの意味については、「PDFリファレンス」を参照してください。

axf:annotation-open / CSS -ah-annotation-open

注釈の最初の状態を指定します。

Value: true | false
Initial: false
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

注釈の種類(axf:annotation-type)が次のとき、その注釈が最初に開いた状態で表示されるかどうかを指定します。

  • "Text"

値の意味は以下のとおりです。

true

注釈を開いた状態で表示します。

false

注釈を閉じた状態で表示します。

axf:annotation-icon-name / CSS -ah-annotation-icon-name

注釈の表示に用いるアイコンの名前を指定します。

Value: <string>
Initial: empty string
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

注釈の表示に用いるアイコンの名前には、任意のものを指定できますが、それを表示できるかどうかは文書のビューアアプリケーションに依存します。 注釈の種類(axf:annotation-type)によって指定できる標準の名前を示します。

  • "Text"

    標準の名前は以下のとおりです。

    • "Comment"
    • "Help"
    • "Insert"
    • "Key"
    • "NewParagraph"
    • "Note"
    • "Paragraph"

    空文字列の場合は "Note" とみなされます。

  • "Stamp"

    標準の名前は以下のとおりです。

    • "Approved"
    • "AsIs"
    • "Confidential"
    • "Departmental"
    • "Draft"
    • "Experimental"
    • "Expired"
    • "Final"
    • "ForComment"
    • "ForPublicRelease"
    • "NotApproved"
    • "NotForPublicRelease"
    • "Sold"
    • "TopSecret"

    空文字列の場合は "Draft" とみなされます。

  • "FileAttachment"

    標準の名前は以下のとおりです。

    • "Graph"
    • "Paperclip"
    • "PushPin"
    • "Tag"

    空文字列の場合は "PushPin" とみなされます。

axf:annotation-position-horizontal / CSS -ah-annotation-position-horizontal

注釈の水平位置を指定します。

Value: <length>
Initial: 0pt
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

指定する位置は領域の左端からの距離で、ポップアップやアイコンの位置、ラバースタンプ注釈の位置に利用されます。

axf:annotation-position-vertical / CSS -ah-annotation-position-vertical

注釈の垂直位置を指定します。

Value: <length>
Initial: 0pt
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

指定する位置は領域の上端からの距離で、ポップアップやアイコンの位置、ラバースタンプ注釈の位置に利用されます。

axf:annotation-width / CSS -ah-annotation-width

注釈の幅を指定します。

Value: <length> | auto
Initial: auto
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

このプロパティは、ポップアップの幅、ラバースタンプ注釈の幅に利用されます。

axf:annotation-height / CSS -ah-annotation-height

注釈の高さを指定します。

Value: <length> | auto
Initial: auto
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

このプロパティは、ポップアップの高さ、ラバースタンプ注釈の高さに利用されます。

axf:annotation-font-family / CSS -ah-annotation-font-family

フリーテキスト注釈のフォントファミリを指定します。

Value: <string>
Initial: depends on user agent
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:annotation-font-size / CSS -ah-annotation-font-size

フリーテキスト注釈のフォントのサイズを指定します。

Value: <absolute-size> | <relative-size> | <length> | <percentage>
Initial: depends on user agent
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: refer to the font size

axf:annotation-font-weight / CSS -ah-annotation-font-weight

フリーテキスト注釈のフォントの太さを指定します。

Value: normal | bold
Initial: normal
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:annotation-font-style / CSS -ah-annotation-font-style

フリーテキスト注釈のフォントを斜体にするかどうか指定します。

Value: normal | italic
Initial: normal
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:annotation-text-color / CSS -ah-annotation-text-color

フリーテキスト注釈の色を指定します。

Value: <color>
Initial: depends on user agent
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:annotation-text-align / CSS -ah-annotation-text-align

フリーテキスト注釈の配置を指定します。

Value: left | center | right
Initial: left
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:annotation-file-attachment / CSS -ah-annotation-file-attachment

ファイル添付注釈の関連付けられるファイルを指定します。

Value: <uri-specification>
Initial: empty string
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A


PDF出力におけるフォーム

AH Formatter V6.4 は、PDFにフォームを生成することができます。 フォームは、テキストを入力したりするフィールドやボタンなどから成ります。 また、アクションを指定することができます。 CSSではこの機能を利用することはできません。

フォームは、次のように <axf:form> の内部に <axf:form-field> を記述することで指定します。

<axf:form
  external-destination="http://www.antenna.co.jp/form-test.cgi"
  field-submit-method="post"
  field-submit-coordinates="true">
  <fo:block>
    Submit:
    <axf:form-field
      field-type="button"
      field-name="SubmitButton"
      action-type="submit"
      field-button-layout="caption"
      field-button-face="Submit!"
      width="5em"
      background-color="#eee"
      border="2px silver outset"
    />
  </fo:block>
  <fo:block>
    Text Field:
    <axf:form-field
      field-type="text"
      field-name="InputText"
      field-default-text="Input text here!"
      field-multiline="false"
      field-scroll="true"
      field-maxlen="32"
      width="10em"
      height="1.2em"
      background-color="#ff8"
      border="1pt silver inset"
    />
  </fo:block>
</axf:form>

<axf:form> の内部にない <axf:form-field> では、action-type が "submit" か "reset" である場合、それらが機能しなくなります。それ以外の <axf:form-field> は、<axf:form> に関係なく動作します。

<axf:form>

Common Usage:

フォームアクションの単位を囲みます。

Areas:

ブロック領域を生成して返す。

Contents:

(%block;)*

<axf:form-field>

Common Usage:

フォームフィールドを生成します。

Areas:

正規行内領域を生成して返す。

Contents:

(axf:form-field-option | axf:form-field-event)*

<axf:form-field-option>

Common Usage:

リストボックスコンボボックスの構成要素を指定します。

Areas:

どんな領域も生成しない。

Contents:

#PCDATA

axf:field-type

フィールドの種類を指定します。

Value: text | button | checkbox | radio | listbox | combobox | signature
Initial: なし(値が必須)
Applies to: axf:form-field
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

text

テキストフィールドを指定します。

button

プッシュボタンフィールドを指定します。

checkbox

チェックボックスフィールドを指定します。

radio

ラジオボタンフィールドを指定します。

listbox

リストボックスフィールドを指定します。

combobox

コンボボックスフィールドを指定します。

signature

電子署名フィールドを指定します。

axf:field-name

フィールドの名前を指定します。

Value: <string>
Initial: なし(値が必須)
Applies to: axf:form-field
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:field-description

フィールドの説明文を指定します。

Value: <string>
Initial: empty string
Applies to: axf:form-field
Inherited: no
Percentages: N/A

ここで指定した文字列は、Acrobatなどではツールチップとして表示されます。

axf:field-value

サブミット時などに使用される値を指定します。

Value: <string>
Initial: empty string
Applies to: axf:form-field
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:field-flags

フィールドのフラグを指定します。

Value: <string>
Initial: empty string
Applies to: axf:form-field
Inherited: no
Percentages: N/A

以下の文字列を空白区切りで列挙して指定します。大文字小文字の区別はありません。

  • ReadOnly : 読取り専用フィールドにします。
  • Required : 入力必須フィールドにします。
  • Hidden : 非表示フィールドにします。

axf:field-default-text

テキストフィールドに最初から入力されるテキストを指定します。

Value: <string>
Initial: empty string
Applies to: axf:form-field
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:field-multiline

テキストフィールドが単一行か複数行か指定します。

Value: false | true
Initial: false
Applies to: axf:form-field
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

false

単一行のテキストフィールドです。

true

複数行のテキストフィールドです。

axf:field-scroll

テキストフィールドをスクロール可能にするかどうか指定します。

Value: false | true
Initial: false
Applies to: axf:form-field
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

false

スクロールできません。

true

スクロールできます。

axf:field-password

テキストフィールドをパスワード化するかどうか指定します。

Value: false | true
Initial: false
Applies to: axf:form-field
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

false

パスワードにしません。

true

パスワードにします。入力された文字は、* などで表示されます。

axf:field-maxlen

テキストフィールドに入力できるテキストの最大文字数を指定します。

Value: <number>
Initial: 0
Applies to: axf:form-field
Inherited: no
Percentages: N/A

0以下を指定した場合は、文字数を制限しません。

注意: 最大文字数を指定した場合、テキストフィールドの初期値 axf:field-default-text に設定されている文字数がそれを超えたとき、初期値は捨てられます。

axf:field-format-category

テキストフィールドの書式の種類を指定します。

Value: none | number | percentage | date | time
Initial: none
Applies to: axf:form-field
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

none

書式を指定しません。

number

数値の書式を指定します。

percentage

パーセンテージの書式を指定します。

date

日付の書式を指定します。

time

時刻の書式を指定します。

実際の書式は、axf:field-format で指定します。

注意: 書式を指定した場合、テキストフィールドの初期値 axf:field-default-text に設定されている文字列は、その妥当性が検査されます。不適合な初期値は捨てられます。

axf:field-format

テキストフィールドの書式を指定します。

Value: auto | [ [<string> | <number>] [<string> | <number> | true | false]* ]
Initial: auto
Applies to: axf:form-field
Inherited: no
Percentages: N/A

書式の指定方法は、axf:field-format-category で指定された書式の種類によって異なります。autoの場合はすべて既定値が採用されます。それ以外の場合は、axf:field-format-category の値によって、以下のように指定します。

number

値は、次のように最大5個指定します。

axf:field-format="2 0 1 '$ ' true"

これらは、順に次の意味です。

  1. 小数点以下の桁数。(既定値:2)

    入力された値の小数点以下の桁数が多い場合は、四捨五入されて表示されます。

  2. 桁区切りの方法。以下の値のいずれかを指定します。(既定値:0)
    0.1,234.56
    1. 1234.56
    2.1.234,56
    3. 1234,56
    4.1'234.56
  3. 負数の表示方法。(既定値:0)
    0.何も加工しません。
    1.赤で表示します。
    2.括弧付きで表示します。
    3.赤で括弧付きで表示します。
  4. 通貨記号。任意の文字列を指定します。(既定値:空文字列)

    通貨記号を前置するときは、"$ " のように後に空白を入れるとよいでしょう。後置するときは前に空白を入れます。

  5. 通貨記号の位置。trueのとき数値の前に、falseのとき後に表示します。(既定値:true

percentage

値は、次のように最大2個指定します。

axf:field-format="2 0"

値の意味は、numberと同じです。

date

書式を数値または文字列で指定します。数値は、以下の値のいずれかを指定します。(既定値:0)

0.m/d
1.m/d/yy
2.mm/dd/yy
3.mm/yy
4.d-mmm
5.d-mmm-yy
6.dd-mmm-yy
7.yy-mm-dd
8.mmm-yy
9.mmmm-yy
10.mmm d, yyyy
11.mmmm d, yyyy
12.m/d/yy h:MM tt
13.m/d/yy HH:MM

次の指定はどちらも同じ意味です。

axf:field-format="2"
axf:field-format="'mm/dd/yy'"

文字列では任意の書式を指定できますが、誤った書式を指定した場合の動作は保証されません。書式中の文字の意味については、JavaScriptの仕様書等を参照してください。

time

書式を数値または文字列で指定します。数値は、以下の値のいずれかを指定します。(既定値:0)

0.HH:MM
1.h:MM tt
2.HH:MM:ss
3.h:MM:ss tt

次の指定はどちらも同じ意味です。

axf:field-format="0"
axf:field-format="'HH:MM'"

文字列では任意の書式を指定できますが、誤った書式を指定した場合の動作は保証されません。書式中の文字の意味については、JavaScriptの仕様書等を参照してください。

注意: Acrobat のバージョンにより、指定した書式が無効となる場合があります。

axf:field-button-layout

プッシュボタンフィールドに表示するキャプションとアイコンの関係を指定します。

Value: caption | icon | caption-below-icon | caption-above-icon | icon-caption | caption-icon | caption-over-icon
Initial: caption
Applies to: axf:form-field
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

caption

ボタンにはキャプションだけ表示されます。アイコンは表示されません。

icon

ボタンにはアイコンだけ表示されます。キャプションは表示されません。

caption-below-icon

アイコンの下にキャプションを表示します。

caption-above-icon

アイコンの上にキャプションを表示します。

icon-caption

アイコンの右にキャプションを表示します。

caption-icon

アイコンの左にキャプションを表示します。

caption-over-icon

アイコンに重ねてキャプションを表示します。

axf:field-button-face

プッシュボタンフィールドに表示するキャプションを指定します。

Value: <string>
Initial: empty string
Applies to: axf:form-field
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:field-button-icon

プッシュボタンフィールドに表示するアイコンを指定します。

Value: <uri-specification>
Initial: empty string
Applies to: axf:form-field
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:field-button-face-down

プッシュボタン押下時に表示するキャプションを指定します。

Value: <string>
Initial: empty string
Applies to: axf:form-field
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:field-button-icon-down

プッシュボタン押下時に表示するアイコンを指定します。

Value: <uri-specification>
Initial: empty string
Applies to: axf:form-field
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:field-button-face-rollover

プッシュボタンロールオーバー時に表示するキャプションを指定します。

Value: <string>
Initial: empty string
Applies to: axf:form-field
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:field-button-icon-rollover

プッシュボタンロールオーバー時に表示するアイコンを指定します。

Value: <uri-specification>
Initial: empty string
Applies to: axf:form-field
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:field-checked

チェックボックス、ラジオボタンの初期状態を指定します。

Value: false | true
Initial: false
Applies to: axf:form-field
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

false

非チェック状態にします。

true

チェック状態にします。

axf:field-checked-style

チェックボックス、ラジオボタンのチェックの形状を指定します。

Value: checkmark | circle | square | cross | star
Initial: checkmark
Applies to: axf:form-field
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:field-top-index

リストボックス、コンボボックスで、最初の選択項目を指定します。

Value: <number>
Initial: 1
Applies to: axf:form-field
Inherited: no
Percentages: N/A

指定する値は、何番目の <axf:form-field-option> かを示します。先頭は1です。1未満や含まれる要素数を超える指定のときは、1とみなされます。

axf:field-multiple

リストボックスで、複数項目が選択可能かどうかを指定します。

Value: false | true
Initial: false
Applies to: axf:form-field
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

false

複数選択できません。

true

複数選択できます。

axf:field-editable

コンボボックスで、値が編集可能かどうかを指定します。

Value: false | true
Initial: false
Applies to: axf:form-field
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

false

編集できません。

true

編集できます。

axf:field-submit-method

サブミット時の情報の送出方法を指定します。

Value: get | post
Initial: get
Applies to: axf:form
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

get

GETリクエストとして送出します。

post

POSTリクエストとして送出します。

axf:field-submit-coordinates

サブミット時にマウスの座標を送出するかどうかを指定します。

Value: false | true
Initial: false
Applies to: axf:form
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

false

座標を送出しません。

true

座標を送出します。

フォームフィールド

指定できるフォームフィールドには以下の種類があります。

これらはすべて <axf:form-field> 拡張要素で表現されます。 <axf:form-field> はインライン要素です。 <axf:form-field> には、多くの共通の拡張プロパティを指定することができますが、フィールドの種類によって有効なプロパティは異なります。 フィールドの大きさは、widthとheightプロパティで指定できます。省略された場合は適当な大きさとなります。以下に、各フォームフィールドの指定例を示します。

テキストフィールド

テキストフィールドは field-type="text" で指定します。内容は空です。単一行かどうかは、field-multiline によります。

<axf:form-field
     field-type="text"
     field-default-text="TEXT"
     field-multiline="false"
     field-scroll="false"
     field-password="true"
     field-maxlen="100"
/>

GUIでは、field-default-text の内容は表示されません。

プッシュボタンフィールド

プッシュボタンフィールドは、field-type="button" で指定します。内容は空です。 プッシュボタンは、通常何等かのアクションを伴います。

<axf:form-field
     field-type="button"
     field-button-layout="caption"
     field-button-face="TEXT"
     field-button-icon="URI"
     field-button-face-down="DOWN"
     field-button-icon-down="URI"
     field-button-face-rollover="OVER"
     field-button-icon-rollover="URI"
/>

GUIでは、field-button-face などの内容は表示されません。

チェックボックスフィールド

チェックボックスフィールドは、field-type="checkbox" で指定します。内容は空です。

<axf:form-field
     field-type="checkbox"
     field-checked="true"
     field-checked-style="checkmark"
/>

GUIでは、field-checked="true" の状態は表示されません。

ラジオボタンフィールド

ラジオボタンフィールドは、field-type="radio" で指定します。内容は空です。

<axf:form-field
     field-type="radio"
     field-checked="true"
     field-checked-style="checkmark"
     field-name="Card"
     field-value="MasterCard"
/>

ラジオボタンは、複数の組から成るのが普通です。その組は、同一の field-name を持つラジオボタンとして識別されます。チェックが付けられるボタンは、その中で高々ひとつです。checked="true" が複数あったとしても、どれかひとつにしかチェックが付きません。

GUIでは、field-checked="true" の状態は表示されません。

リストボックスフィールド

リストボックスフィールドは、field-type="listbox" で指定します。内容には、<axf:form-field-option> が必要です。空ではいけません。 <axf:form-field-option> は、リストの内容を表し、出現順序どおりにリストに並びます。<axf:form-field-option> の field-value の値と、内容テキストのいずれもが空または空白文字であってはいけません。

<axf:form-field
     field-type="listbox"
     field-top-index="1"
     field-multiple="true"
>
 <axf:form-field-option field-value="M">MasterCard</axf:form-field-option>
 <axf:form-field-option field-value="V">Visa</axf:form-field-option>
 <axf:form-field-option field-value="A">AMEX</axf:form-field-option>
</axf:form-field>

GUIでは、リストボックスの内容は表示されません。

コンボボックスフィールド

コンボボックスフィールドは、field-type="combobox" で指定します。内容には、<axf:form-field-option> が必要です。空ではいけません。 <axf:form-field-option> は、リストボックスと同じです。

<axf:form-field
     field-type="combobox"
     field-top-index="1"
     field-edittable="true"
>
 <axf:form-field-option field-value="M">MasterCard</axf:form-field-option>
 <axf:form-field-option field-value="V">Visa</axf:form-field-option>
 <axf:form-field-option field-value="A">AMEX</axf:form-field-option>
</axf:form-field>

GUIでは、コンボボックスの内容は表示されません。

電子署名フィールド

電子署名フィールドは、field-type="signature" で指定します。内容は空です。あらかじめ外観を指定しておくことはできません。 V6.4

<axf:form-field
     field-type="signature"
     width="40pt"
     height="50pt"
/>

組版時には、署名用の領域を確保することだけが行われます。署名フィールドは生成されません。署名フィールドの生成は、PDFを生成するときに行われます。

フォームアクション

フォームアクションは、各フィールドに対して、アクションのトリガとなるイベントとそれに対応するアクションを指定することによって実現されます。AH Formatter V6.4 では、<axf:form> に含まれるフィールドに対して、アクションを指定することができます。 <axf:form> の内容は任意で、ブロック領域を生成します。 通常、<axf:form> には <axf:form-field> を含めます。 アクションの種類には、次のようなものがあります。

axf:action-type は、外部リンクのために用意されていますが、フォームアクションでは、それよりも指定できる内容が増えています。

axf:action-type

フォームアクションの動作を指定します。

Value: goto | gotor | launch | uri | reset | submit | javascript
Initial: auto
Applies to: axf:form-field
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

goto

内部リンク先に "GoTo" アクションで移動します。

gotor

外部リンク先を "GoToR" アクションで開きます。すなわち、PDFとして開きます。外部リンク先のURIはPDFであるとみなされます。

launch

外部リンク先を "Launch" アクションで開きます。すなわち、ファイルとして開きます。

uri

外部リンク先を "URI" アクションで開きます。すなわち、URI(World Wide Web)として開きます。

reset

フォームアクションとしてリセットを起こさせます。

submit

フォームアクションとしてサブミットを起こさせます。

javascript V6.4

JavaScript によるアクションを発生させます。この指定は、axf:form-field-event でのみ指定できます。

リセット

リセットは、<axf:form> に含まれる全フィールドの値を初期状態にします。リセットを起こすボタンには axf:action-type="reset" を指定します。 アクションは、ボタンを放したときに発生します。

<axf:form>
 <axf:form-field field-type="button" action-type="reset" .../>
 <axf:form-field field-type="text" default-text="XXX" .../>
 ...
</axf:form>

サブミット

サブミットは、HTTPによる情報の送出を行います。各フィールドの内容が、HTTPのGETまたはPOSTリクエストとして送出されます。つまり、HTMLのフォームの形式と同様にサブミットされます。 アクションは、ボタンを放したときに発生します。

<axf:form
     external-destination="URI"
     field-submit-method="post"
     field-submit-coordinates="false"
>
 <axf:form-field field-type="button" action-type="submit" .../>
 <axf:form-field field-type="text" default-text="YYY" .../>
 ...
</axf:form>

リンクは、<axf:form> への指定ではなく、ボタンフィールドに直接指定します。その方法は <fo:basic-link> と同様です。 内部リンクは次のように指定します。 action-type は goto を指定するか、省略します。 アクションは、ボタンを放したときに発生します。

<axf:form-field field-type="button" internal-destination="URI" 
                                    action-type="goto" .../>

外部リンクは次のように指定します。action-type は、gotor、launch、uri のいずれでも構いません。

<axf:form-field field-type="button" external-destination="URI"
                                    action-type="gotor" .../>

<axf:form-field-event>

Common Usage:

イベントに対応したフォームアクションを定義します。 V6.4

Areas:

どんな領域も生成しない。

Contents:
<!ELEMENT axf:form-field-event #PCDATA>
<!ATTLIST axf:form-field-event name        CDATA #REQUIRED>
<!ATTLIST axf:form-field-event action-type CDATA #REQUIRED>

axf:form-field-event 拡張要素は、axf:form-field の子要素に置くことができます。そのプロパティは name と action-type で、いずれも必須です。name には、イベントの種類を以下のいずれかで指定します。大文字小文字は区別されません。

MouseUp

マウスボタンがフォームフィールド上で放されたときにアクションが発生します。

MouseDown

マウスボタンがフォームフィールド上で押されたときにアクションが発生します。

MouseEnter

マウスカーソルがフォームフィールドに入ったときにアクションが発生します。

MouseExit

マウスカーソルがフォームフィールドから出たときにアクションが発生します。

OnFocus

フォームフィールドがフォーカスを得たときにアクションが発生します。

OnBlur

フォームフィールドがフォーカスを失ったときにアクションが発生します。

<axf:form-field action-type> によるアクションは、MouseUp でのアクションです。 <axf:form-field-event name="MouseUp"> と両方指定したときは、axf:form-field-event の方が優先します。 axf:form-field-event に同じイベントを複数指定したときは、先に指定したものが優先します。

action-type="javascript" のとき、内容文字列には JavaScriptプログラムを記述します。不正なプログラムを指定したときの動作は保証されません。


PDF出力におけるレイヤ

AH Formatter V6.4 では、PDFへレイヤを指定することができます。レイヤの指定は、PDF1.5以降のときのみ有効です。

axf:layer-settings / CSS (-ah-)layer-settings

レイヤを定義します。

Value: none | <layer-setting>#
Initial: none
Applies to: root element
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

none

レイヤを定義しません。

<layer-setting>

レイヤを定義します。 <layer-setting> は次のような構文です。

<layer-setting> = <layer-name> [on | off]? [ view [on | off] || print [on | off] || export [on | off] || lang <string> preferred? || locked ]?
<layer-name> = <string>

カンマで区切り複数のレイヤを定義することができます。 レイヤの定義で必須なのは <layer-name> です。他のパラメタは省略可能です。各パラメタの意味は以下のとおりです。

  • <layer-name>
    レイヤを識別する名前を指定します。on または off は、文書を開いたときのレイヤの初期状態を指定します。省略したときは on とみなされます。
  • view
    レイヤの表示、非表示を指定します。on で文書を開いたときに表示、off で非表示になります。
  • print
    レイヤを印刷するかどうかを指定します。on で印刷され、off では印刷されません。
  • export
    レイヤを書き出し結果に含めるかを指定します。on で含まれ、off では含まれません。
  • lang
    レイヤの言語を指定します。文書を開いたときPDFのビューアアプリケーションの言語と指定した lang が一致すればレイヤを表示します。preferred はビューアの言語と lang が部分的に一致したときにもレイヤを表示します。lang の文字列が有効か否かはPDFのビューアアプリケーションに依存します。
  • locked
    レイヤをロックして編集を無効にします。locked は、PDF1.6以降で有効です。

axf:layer / CSS (-ah-)layer

エリアをどのレイヤに配置するかを指定します。

Value: none | <layer-name>
Initial: none
Applies to: all elements
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

none

エリアをレイヤに配置しません。

<layer-name>

axf:layer-settings で指定されている名前のレイヤにエリアを配置します。


欧文組版のための拡張

AH Formatter V6.4 は、欧文組版における約物前後の空白量を調整するための拡張を行っています。 CSSではこの機能をスタイルとして利用することはできませんが、オプション設定ファイル<space-end-punctuation> などの指定は有効です。

<axf:space-end-punctuation>

約物の後の空白量を指定します。

<axf:space-start-punctuation>

約物の前の空白量を指定します。

<axf:space-between-digit-and-punctuation>

数字と約物の間の空白量を指定します。

<axf:space-between-punctuation-and-digit>

約物と数字の間の空白量を指定します。

これらの拡張要素はいずれも空要素で、<fo:declarations> の直下に置くことができ、エリアを生成しません。 以下のプロパティを指定することができます。

language

言語コードを指定します(RFC3066)。省略することはできません。

Value: <language>
Initial: N/A
Inherited: no
Percentages: N/A

space

空白の量を指定します。ゼロ以下の場合、指定は無効です。

Value: <number> | <length> | <percentage> | figure | punctuation | thin | hair
Initial: N/A
Inherited: no
Percentages: refer to the font size

値の意味は以下のとおりです。

figure

U+2007 と同じ量を示します。

punctuation

U+2008 と同じ量を示します。

thin

U+2009 と同じ量を示します。

hair

U+200A と同じ量を示します。

code

適用対象のコードポイントを指定します。

Value: <string>
Initial: empty string
Inherited: no
Percentages: N/A

指定されたすべてのコードポイントに、language と space が適用されます。

例えば、仏語組版を行う場合は、次のような指定をするでしょう。

<axf:space-before-punctuation code="?" space="1 div 3" language="fr"/>
<axf:space-before-punctuation code="!" space="1 div 3" language="fr"/>
<axf:space-before-punctuation code=";" space="1 div 3" language="fr"/>
<axf:space-before-punctuation code=":" space="1 div 4" language="fr"/>
<axf:space-before-punctuation code="&#xBB;" space="1 div 4" language="fr"/>
<axf:space-after-punctuation code="&#xAB;" space="1 div 4" language="fr"/>
<axf:space-between-punctuation-and-digit code="+" space="thin" language="fr"/>
<axf:space-between-punctuation-and-digit code="&#x2212;" space="thin" language="fr"/>
<axf:space-between-punctuation-and-digit code="&#xB1;" space="thin" language="fr"/>
<axf:space-between-digit-and-punctuation code="%" space="thin" language="fr"/>
<axf:space-between-digit-and-punctuation code="&#x2103;" space="thin" language="fr"/>
<axf:space-between-digit-and-punctuation code="&#x2109;" space="thin" language="fr"/>

欧文組版のためのこれらの設定は、オプション設定ファイルでも指定しておくことができます。FO中での指定は、それを上書きします。


フォントの追加

<axf:font-face> / CSS @font-face

AH Formatter V6.4 は、文書内で利用するフォントを追加指定することができます。CSS仕様については @font-face を参照してください。

Common Usage:

追加フォントを指定します。 この要素はエリアを生成しません。

Areas:

なし。

Constraints:
<!ELEMENT axf:font-face EMPTY>
<!ATTLIST axf:font-face src         CDATA #REQUIRED>
<!ATTLIST axf:font-face font-family CDATA #REQUIRED>
<!ATTLIST axf:font-face font-style  (%font-style;) "normal">
<!ATTLIST axf:font-face font-weight (%font-weight;) "normal">

<axf:font-face> 拡張要素は、<fo:declarations> の直下に置くことができます。

Contents:

EMPTY

Examples:
<fo:declarations>
  <axf:font-face src="url(http://www.hixie.ch/resources/fonts/AHEM____.TTF)"
                 font-family="AHEM"/>
</fo:declarations>

<axf:font-face> / @font-face で指定されたフォントは、常に埋め込まれます。埋め込み禁止のフォントを指定することはできません。

<axf:font-face> / @font-face には、以下のプロパティを指定することができます。

src

フォントリソースを指定します。

Value: [ <uri-specification> [format(<string>)]? | <font-face-name> ]#
Initial: N/A
Inherited: no
Percentages: N/A

<uri-specification> は、フォントのファイル名または url() 関数でURIを指定します。 url() には、dataスキームを指定することができます。 format() 関数で、フォントの種類を指定することができます。指定できるのは以下のとおりです。省略された場合は、フォントリソースの拡張子やdataスキームのメディアタイプ(content-type)から判断されます。

woff

WOFF (Web Open Font Format) フォントです。content-type は "application/font-woff" です。

truetype

TrueType フォントです。content-type は "application/x-font-ttf" です。

opentype

OpenType フォントです。content-type は "application/x-font-otf" です。

<axf:font-face> は次のように利用します。

<fo:declarations>
<axf:font-face
  src="url(woff/MyPrivate.woff) format(woff)"
  font-family="MyWOFF"
/>
</fo:declarations>
...
<fo:block font-family="MyWOFF">
...

すでにインストールされているフォントを利用するときは、local() 関数で、インストールされているフォント名を指定します。

<fo:declarations>
<axf:font-face
  src="local(Arial)"
  ...

font-family

フォントファミリ名を指定します。

Value: <string>
Initial: N/A
Inherited: no
Percentages: N/A

font-style

フォントスタイルを指定します。

Value: normal | italic
Initial: normal
Inherited: no
Percentages: N/A

font-weight

フォントの太さを指定します。

Value: normal | bold | 100 | 200 | 300 | 400 | 500 | 600 | 700 | 800 | 900
Initial: normal
Inherited: no
Percentages: N/A


オプション設定情報の追加

AH Formatter V6.4 は、文書内で利用するオプション設定情報を追加指定することができます。 CSSではこの機能を利用することはできません。

<axf:formatter-config>

Common Usage:

追加のオプション設定情報を指定します。この要素はエリアを生成しません。

Areas:

なし。

Constraints:
<!ELEMENT axf:formatter-config (%axs-settings;)*>
<!ATTLIST axf:formatter-config src CDATA #IMPLIED>

axf:formatter-config 拡張要素は、fo:declarations の直下にいくつでも置くことができます。

src プロパティはオプションで、外部にあるオプション設定ファイルを指定できます。これは、元の設定に対する追加指定となり、このFO中でだけ有効です。相対パスの場合は、base-uri相対になります。指定されたファイル中の %axs-settings; と同じ一部の要素が評価されます。

Contents:

%axs-settings; は、名前空間 http://www.antennahouse.com/names/XSL/Settings に属する要素です。この名前空間には、オプション設定ファイルに含まれる要素が含まれますが、現在記述できるのは、次の要素だけです。他の要素は無視されます。

  • <pdf-settings>
  • <text-settings>
  • <svg-settings>
  • <inx-settings>
  • <mif-settings>
  • <ps-settings>
Examples:
<fo:declarations>
 <axf:formatter-config src="add-settings.xml"
  xmlns:axs="http://www.antennahouse.com/names/XSL/Settings">
  <axs:pdf-settings pdf-version="PDF1.6" tagged-pdf="true"/>
 </axf:formatter-config>
</fo:declarations>

この例では、追加のオプション設定ファイル add-settings.xml を指定し、さらに、PDFの設定を追加しています。

注意事項

通常、<axf:formatter-config>での追加設定が、次の文書の組版に影響することはありませんが、GUIで次を行ったときは、<axf:formatter-config>での追加設定が、デフォルトの設定に反映され、次の文書の組版に反映されます。

<axf:formatter-config>での追加設定情報は、エリアツリーには反映されません。

オプション設定ファイルaxf-formatter-config="false" が指定されているときは、<axf:formatter-config> の内容は無視されます。


トンボ

AH Formatter V6.4 は、トンボを描くことができます。トンボは、page-width、page-height プロパティで指定される通常のページサイズ(仕上がり寸法)の外側に描画されるので、文書内容に影響はありません。

Printer Marks

axf:crop-offset / CSS -ah-crop-offset
axf:crop-offset-top / CSS -ah-crop-offset-top
axf:crop-offset-bottom / CSS -ah-crop-offset-bottom
axf:crop-offset-left / CSS -ah-crop-offset-left
axf:crop-offset-right / CSS -ah-crop-offset-right

出力媒体の物理的な端から仕上がり寸法までの距離を指定します。

Value: <length>
Initial: 0pt
Applies to: fo:simple-page-master / CSS @page
Inherited: no
Percentages: N/A

仕上がり寸法は page-width、page-height プロパティ(CSS size プロパティ)によって指定される寸法です。 crop-offset はその外側にどれだけの余白をとるかを指定するものです。 上下左右に同じ値を指定するには axf:crop-offset を、個別の値を指定するには axf:crop-offset-top、axf:crop-offset-bottom、axf:crop-offset-left、axf:crop-offset-right を使用します。 axf:crop-offset と他を同時に指定したときは、個別の axf:crop-offset-* の方が優先します。

axf:crop-area-visibility / CSS -ah-crop-area-visibility

仕上がり寸法からはみ出した領域を表示するかどうか指定します。

Value: hidden | visible
Initial: hidden
Applies to: fo:simple-page-master / CSS @page
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:crop-offsetで指定された余白にはみ出した領域を、仕上がり寸法でクリップしてしまうか、はみ出して表示させるか指定します。

axf:bleed / CSS (-ah-)bleed
axf:bleed-top / CSS -ah-bleed-top
axf:bleed-bottom / CSS -ah-bleed-bottom
axf:bleed-left / CSS -ah-bleed-left
axf:bleed-right / CSS -ah-bleed-right

裁ち落としのための塗り足しの領域の幅を指定します。 [CSS3-GCPM] Page marks and bleed area

Value: <length>
Initial: 0pt
Applies to: fo:simple-page-master / CSS @page
Inherited: no
Percentages: N/A

塗り足し領域は、仕上がり寸法の外側に取られます。 上下左右に同じ値を指定するには axf:bleed を、個別の値を指定するには axf:bleed-top、axf:bleed-bottom、axf:bleed-left、axf:bleed-right を使用します。 axf:bleed と他を同時に指定したときは、個別の axf:bleed-* の方が優先します。

axf:printer-marks / CSS (-ah-)marks

トンボなどの印刷マーク類を指定します。 [CSS3-GCPM] Page marks and bleed area

Value: [ crop || cross || <uri-specification> [<uri-specification>]* ] | none
Initial: none
Applies to: fo:simple-page-master / CSS @page
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

crop

コーナートンボ(crop marks)を出力します。

cross

センタートンボ(cross marks、registration marks)を出力します。

<uri-specification>

SVGなどの画像を指定することにより、独自のトンボやカラーバーなどを出力することができます。URIは複数指定することができます。

コーナートンボは、axf:bleed の指定がある場合には、内トンボ(crop marks)と外トンボ(bleed marks)をあわせたものになります。

axf:printer-marks-line-color / CSS -ah-printer-marks-line-color

トンボの色を指定します。

Value: <color> | auto
Initial: auto
Applies to: fo:simple-page-master / CSS @page
Inherited: no
Percentages: N/A

値がautoのときは、レジストレーションカラーとみなされます。

axf:printer-marks-line-length / CSS -ah-printer-marks-line-length

トンボの線の長さを指定します。

Value: <length> | auto
Initial: auto
Applies to: fo:simple-page-master / CSS @page
Inherited: no
Percentages: N/A

値がautoのときは、システム規定値に依存します。 デフォルトのトンボの長さは10mmですが、オプション設定ファイルで調整することができます。

axf:printer-marks-line-width / CSS -ah-printer-marks-line-width

トンボの線の幅を指定します。

Value: <length> | auto
Initial: auto
Applies to: fo:simple-page-master / CSS @page
Inherited: no
Percentages: N/A

値がautoのときは、システム規定値に依存します。 デフォルトのトンボの幅は0.24ptですが、オプション設定ファイルで調整することができます。

axf:printer-marks-zero-margin / CSS -ah-printer-marks-zero-margin

bleedが0のときの、版面とトンボの間のマージンを指定します。

Value: <length> | auto
Initial: auto
Applies to: fo:simple-page-master / CSS @page
Inherited: no
Percentages: N/A

値がautoのときは、システム規定値に依存します。 デフォルトのマージンは3mmですが、オプション設定ファイルで調整することができます。

axf:printer-marks-spine-width / CSS -ah-printer-marks-spine-width

見開きの背表紙の幅を指定します。

Value: <length>
Initial: 0pt
Applies to: fo:simple-page-master / CSS @page
Inherited: no
Percentages: N/A

0pt より大きな値を指定したとき、版面が左右の見開きで組まれていると仮定し、背表紙部分のセンタートンボを背幅トンボとして出力します。


印刷制御

axf:printer-bin-selection / CSS -ah-printer-bin-selection

プリンタのトレイを選択します。

Value: <string> | <integer>
Initial: 環境に依存
Applies to: fo:page-sequence / CSS :root element
Inherited: no
Percentages: N/A

Windows版でのみ有効で、プリンタに出力する場合に機能します。また有効かどうかはプリンタにも依存します。 文字列で指定できるのは、それぞれのプリンタ設定ダイアログに出てくるトレイ名です。これは、プリンタドライバから取得されるトレイ名です。 プリンタドライバから取得されるトレイ名と一致しない指定は無効です。 整数での指定は、プリンタドライバから取得されるトレイ番号と一致する必要があります。

axf:printer-duplex / CSS -ah-printer-duplex

両面印刷の指定をします。

Value: <integer>
Initial: 環境に依存
Applies to: fo:page-sequence / CSS :root element
Inherited: no
Percentages: N/A

Windows版でのみ有効で、プリンタに出力する場合に機能します。また有効かどうかはプリンタにも依存します。プリンタドライバで指定されている値を指定します。たいていのプリンタでは、次の整数値が対応します。

  1. 片面印刷。
  2. 両面印刷。裏面は、用紙の長辺方向を軸として回転。
  3. 両面印刷。裏面は、用紙の短辺方向を軸として回転。

オプション設定ファイルの SeparatePrinterDuplexJob も参照してください。

axf:overprint / CSS -ah-overprint

オーバープリントを指定します。

Value: auto | <overprint>#
Initial: auto
Applies to: all formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

<overprint> = <opcolor> [[stroke || paint || [full | nonzero]] | none]?
<opcolor> = <color> | k100 | separation | all

値の意味は以下のとおりです。

auto

オプション設定ファイルの overprint の指定が採用されます。設定ファイルで overprint="k100" と指定しておけば、FO中で何も指定しなくても、すべてのページで墨ノセが行われます。

<color>

オーバープリントを適用したい色を指定します。α値を持っている色には指定できません。

k100

rgb-icc(#CMYK,0,0,0,1) にオーバープリントを適用します。

separation

rgb-icc(#Separation) で示されるセパレーションカラーにオーバープリントを適用します。レジストレーションカラーは含まれません。

all

すべての色にオーバープリントを適用します。ただし、α値を持っている色には適用されません。

stroke

線の描画に対してオーバープリントを適用します。

paint

塗りの描画に対してオーバープリントを適用します。

full
nonzero

オーバープリントを適用するとき、カラー成分が0であるときの動作を指定します。full のときはそのカラー成分を 0 にし、nonzero のときはそのカラー成分を変更しません(色がないとみなされます)。CMYKのときにのみ効果があります。

none

オーバープリントを適用しません。

次のように

axf:overprint="<color>"

色だけ指定したときは、

axf:overprint="<color> stroke paint nonzero"

とみなされます。また、stroke も paint も指定されていないときは、stroke と paint が指定されているとみなされます。オーバープリントから除外したいときは none を指定してください。

のようにある色が複数に解釈できるとき、次の順序で調べて最初にマッチした指定が採用されます。

  1. <color>
  2. k100
  3. separation
  4. all

オーバープリントの効果は、実際の印刷環境によって、背景色とオーバープリントを指定された前景色の関係でさまざまです。カラースペースによる代表的なオーバープリントの効果を次に示します。オプション設定ファイルで rgb-conversion="cmyk" と指定されているときの RGB は CMYK となります。

前景(オーバープリントを指定)
CMYKSeparationRGBGrayscale
背景CMYK × ×
Separation
RGB × ×
Grayscale × × ×

オーバープリントに関する詳細は「PDFリファレンス」の 4.5.6 Overprint Control を参照してください。

注意: オーバープリントは、PDF出力でのみ有効です。直接印刷するときなどは無効です。また、シェーディング、フォームフィールドには適用されません。
注意: 埋め込まれるPDFへは効果が及びません。あらかじめオーバープリントを指定して作成したPDFを埋め込んでください。


ページ制御の拡張

axf:repeat-page-sequence-master

ページシーケンスの繰り返しを指示します。

Value: true | false
Initial: false
Applies to: fo:page-sequence-master
Inherited: no
Percentages: N/A

値がtrueのときは、fo:page-sequence-master の終わりに達して、まだ出力するべきページが残っているとき、fo:page-sequence-master の始めから繰り返します。

axf:reverse-page / CSS -ah-reverse-page

ページを逆順に出力します。

Value: true | false
Initial: false
Applies to: fo:page-sequence
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

true

ページを逆順で出力します。

false

ページを正順で出力します。

fo:page-sequence 内のページを逆順で出力するかどうかを指定します。この指定は、すべての出力先に対して有効というわけではありません。今のところ、PDF出力のときにのみ有効です。また、多分冊出力には対応していません。 CSSでは<html>要素にのみ指定できます。


ブロックの拡張

axf:suppress-if-first-on-page / CSS -ah-suppress-if-first-on-page

ページ先頭のブロックを削除するかどうか指定します。

Value: false | true
Initial: false
Applies to: fo:block, fo:block-container
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

false

何もしません。

true

ブロックがページ先頭に来たとき、それを削除します。 実際には、削除されず大きさゼロのブロックとして非表示で存在しているので、idの参照などは有効です。

変形

axf:transform / CSS (-ah-)transform

ブロックの変形を指定します。 [CSS3-Transforms] The ‘transform’ Property

Value: none | <transform-function>+
Initial: none
Applies to: transformable objects
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

none

変形を行いません。

<transform-function>

指定された変形を行います。以下の変形を指定できます。

  • matrix(<number>, <number>, <number>, <number>, <number>, <number>)
  • translate(<translation-value>[, <translation-value>])
  • translateX(<translation-value>)
  • translateY(<translation-value>)
  • scale(<number>[, <number>])
  • scaleX(<number>)
  • scaleY(<number>)
  • rotate(<angle>)
  • skew(<angle>[, <angle>])
  • skewX(<angle>)
  • skewY(<angle>)

注意: 領域の変形は起こりません。内容だけが変形されます。

axf:transform-origin / CSS (-ah-)transform-origin

ブロックの変形の基点を指定します。 [CSS3-Transforms] The ‘transform-origin’ Property

Value: [ <percentage> | <length> | left | center | right | top | bottom] | [ [ <percentage> | <length> | left | center | right ] && [ <percentage> | <length> | top | center | bottom ] ]
Initial: center center
Applies to: transformable objects
Inherited: no
Percentages: refer to the size of the bounding box

行グリッド

axf:baseline-grid / CSS -ah-baseline-grid

行グリッドを設定または解除します。

Value: normal | none | root | new
Initial: normal
Applies to: block-level formatting objects, fo:flow and fo:static-content / block containers
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

normal

行グリッドを新たに設定することも解除することもしません。

none

行グリッドを解除します。コンテンツは行グリッド揃えしません。

new

新しい行グリッドを設定します。この要素のfontとline-height設定が行グリッドの設定に利用されます。

root

ルート要素で定義される行グリッドを設定します。ルート要素のfontとline-height設定が行グリッドの設定に利用されます。

行グリッドが設定された領域内での行の配置は、行グリッドで設定されるベースライン位置に揃えられます。先頭の行の前側と最後の行の後側には半行間のアキは入らず、仮想ボディ(em-box)の端が領域の内容領域の端に揃うようになります。

display-alignのauto以外の値が指定された領域内では行グリッドは無効です。

HTML+CSSで行グリッドを使用する例:

:root {
  font-size: 10pt;
  line-height: 18pt;
  font-family: "Yu Mincho", serif;
}

@page {
  size: 128mm 188mm;
  margin: auto;
  width: 28rem;
  height: calc(24rlh - (1rlh - 1rem));
}

body {
  -ah-baseline-grid: root;
}

h1 {
  -ah-baseline-grid: new;
  -ah-baseline-block-snap: center;
  font-size: 16pt;
  line-height: 20pt;
  margin-top: 16pt;
  margin-bottom: 16pt;
}

figure {
  -ah-baseline-grid: none;
  -ah-baseline-block-snap: auto;
}

XSL-FOで行グリッドを使用する例:

<fo:root xmlns:fo="http://www.w3.org/1999/XSL/Format"
         xmlns:axf="http://www.antennahouse.com/names/XSL/Extensions"
         font-size="10pt" line-height="18pt" font-family="Yu Mincho, serif">
  ...
  <fo:page-sequence master-reference="master">
    <fo:flow flow-name="xsl-region-body" axf:baseline-grid="root">
      <fo:block axf:baseline-grid="new" axf:baseline-block-snap="center"
          font-size="16pt" line-height="20pt" space-before="16pt" space-after="16pt">
        Heading ...
      </fo:block>
      <fo:block>The quick brown fox jumps....</fo:block>
      ...
      <fo:block axf:baseline-grid="none" axf:baseline-block-snap="auto">
         Figure ...
      </fo:block>
      ...
    </fo:flow>
  </fo:page-sequence>
</fo:root>

axf:baseline-block-snap / CSS -ah-baseline-block-snap

ブロックを行グリッドにどのように揃えるかを指定します。

Value: none | [auto | before | after | center] || [border-box | margin-box]
Initial: auto border-box
Applies to: block-level elements with 'baseline-grid: new' or 'baseline-grid: none'
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

none

ブロックを行グリッドに揃えません。

auto

段の先頭ではbefore、最後ではafter、それ以外ではcenterと同じです。

before

ブロックの前側を行グリッド上の上端(text-before-edge)ラインに揃えます。

after

ブロックの後側を行グリッド上の下端(text-after-edge)ラインに揃えます。

center

ブロックを行グリッド上の上端(text-before-edge)ラインと下端(text-after-edge)ラインの間で中央寄せします。

border-box

ブロックを行グリッドに配置するのにボーダーボックスの端を使います。

margin-box

ブロックを行グリッドに配置するのにマージンボックスの端を使います。

このプロパティは通常の行以外のブロック(見出しや図表)をどう行グリッドに配置するかを指定します。

使用方法は baseline-grid をご覧ください。


行分割

行分割処理を制御するために、AH Formatter V6.4 は拡張プロパティを用意しています。 通常、行分割は UAX#14: Line Breaking Properties に従います。 技術的資料行分割も参照してください。

axf:line-break / CSS (-ah-)line-break

行分割の方法を指定します。 [CSS3-Text] Breaking Rules for Punctuation: the ‘line-break’ property

Value: normal | strict
Initial: normal
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

normal

CJKのNonstarter文字のうち、JIS X 4051:2004 での行頭禁則和字の禁則処理をしません。 下の一覧の [NS] の文字が処理されます。

strict

CJKのNonstarter文字を禁則処理します。 下の一覧の [NS][JIS] の文字が処理されます。

CJKのNonstarter文字以外の行分割は UAX#14: Line Breaking Properties に従います。このとき axf:append-non-starter-charactersaxf:except-non-starter-charactersaxf:append-non-end-of-line-charactersaxf:except-non-end-of-line-characters で指定された文字も考慮されます。

CJKでのNonstarter文字は以下のとおりです。 [NS]LineBreak-5.0.0.txt で NS に分類される文字、 [JIS] は JIS X 4051:2004 で行頭禁則和字に分類される文字です。

U+203CDOUBLE EXCLAMATION MARK [NS]
U+203DINTERROBANG [NS]
U+2047DOUBLE QUESTION MARK [NS]
U+2048QUESTION EXCLAMATION MARK [NS]
U+2049EXCLAMATION QUESTION MARK [NS]
U+3005IDEOGRAPHIC ITERATION MARK [NS] [JIS]
U+301CWAVE DASH [NS]
U+303BVERTICAL IDEOGRAPHIC ITERATION MARK [NS] [JIS]
U+303CMASU MARK [NS]
U+3041HIRAGANA LETTER SMALL A [JIS]
U+3043HIRAGANA LETTER SMALL I [JIS]
U+3045HIRAGANA LETTER SMALL U [JIS]
U+3047HIRAGANA LETTER SMALL E [JIS]
U+3049HIRAGANA LETTER SMALL O [JIS]
U+3063HIRAGANA LETTER SMALL TU [JIS]
U+3083HIRAGANA LETTER SMALL YA [JIS]
U+3085HIRAGANA LETTER SMALL YU [JIS]
U+3087HIRAGANA LETTER SMALL YO [JIS]
U+308EHIRAGANA LETTER SMALL WA [JIS]
U+3095HIRAGANA LETTER SMALL KA [JIS]
U+3096HIRAGANA LETTER SMALL KE [JIS]
U+309BKATAKANA-HIRAGANA VOICED SOUND MARK [NS]
U+309CKATAKANA-HIRAGANA SEMI-VOICED SOUND MARK [NS]
U+309DHIRAGANA ITERATION MARK [NS] [JIS]
U+309EHIRAGANA VOICED ITERATION MARK [NS] [JIS]
U+30A0KATAKANA-HIRAGANA DOUBLE HYPHEN [NS]
U+30A1KATAKANA LETTER SMALL A [JIS]
U+30A3KATAKANA LETTER SMALL I [JIS]
U+30A5KATAKANA LETTER SMALL U [JIS]
U+30A7KATAKANA LETTER SMALL E [JIS]
U+30A9KATAKANA LETTER SMALL O [JIS]
U+30C3KATAKANA LETTER SMALL TU [JIS]
U+30E3KATAKANA LETTER SMALL YA [JIS]
U+30E5KATAKANA LETTER SMALL YU [JIS]
U+30E7KATAKANA LETTER SMALL YO [JIS]
U+30EEKATAKANA LETTER SMALL WA [JIS]
U+30F5KATAKANA LETTER SMALL KA [JIS]
U+30F6KATAKANA LETTER SMALL KE [JIS]
U+30FBKATAKANA MIDDLE DOT [NS]
U+30FCKATAKANA-HIRAGANA PROLONGED SOUND MARK [JIS]
U+30FDKATAKANA ITERATION MARK [NS] [JIS]
U+30FEKATAKANA VOICED ITERATION MARK [NS] [JIS]
U+31F0KATAKANA LETTER SMALL KU [JIS]
U+31F1KATAKANA LETTER SMALL SI [JIS]
U+31F2KATAKANA LETTER SMALL SU [JIS]
U+31F3KATAKANA LETTER SMALL TO [JIS]
U+31F4KATAKANA LETTER SMALL NU [JIS]
U+31F5KATAKANA LETTER SMALL HA [JIS]
U+31F6KATAKANA LETTER SMALL HI [JIS]
U+31F7KATAKANA LETTER SMALL HU [JIS]
U+31F8KATAKANA LETTER SMALL HE [JIS]
U+31F9KATAKANA LETTER SMALL HO [JIS]
U+31FAKATAKANA LETTER SMALL MU [JIS]
U+31FBKATAKANA LETTER SMALL RA [JIS]
U+31FCKATAKANA LETTER SMALL RI [JIS]
U+31FDKATAKANA LETTER SMALL RU [JIS]
U+31FEKATAKANA LETTER SMALL RE [JIS]
U+31FFKATAKANA LETTER SMALL RO [JIS]
U+FE54SMALL SEMICOLON [NS]
U+FE55SMALL COLON [NS]
U+FF1AFULLWIDTH COLON [NS]
U+FF1BFULLWIDTH SEMICOLON [NS]
U+FF65HALFWIDTH KATAKANA MIDDLE DOT [NS]
U+FF67HALFWIDTH KATAKANA LETTER SMALL A [JIS]
U+FF68HALFWIDTH KATAKANA LETTER SMALL I [JIS]
U+FF69HALFWIDTH KATAKANA LETTER SMALL U [JIS]
U+FF6AHALFWIDTH KATAKANA LETTER SMALL E [JIS]
U+FF6BHALFWIDTH KATAKANA LETTER SMALL O [JIS]
U+FF6CHALFWIDTH KATAKANA LETTER SMALL YA [JIS]
U+FF6DHALFWIDTH KATAKANA LETTER SMALL YU [JIS]
U+FF6EHALFWIDTH KATAKANA LETTER SMALL YO [JIS]
U+FF6FHALFWIDTH KATAKANA LETTER SMALL TU [JIS]
U+FF70HALFWIDTH KATAKANA-HIRAGANA PROLONGED SOUND MARK [JIS]
U+FF9EHALFWIDTH KATAKANA VOICED SOUND MARK [NS]
U+FF9FHALFWIDTH KATAKANA SEMI-VOICED SOUND MARK [NS]

axf:append-non-starter-characters / CSS -ah-append-non-starter-characters

CJKでの追加行頭禁則文字を指定します。

Value: <string>
Initial: empty string
Applies to: fo:page-sequence / CSS :root element
Inherited: no
Percentages: N/A

<string> に含まれる文字が行頭禁則対象に追加されます。 同一タグ内で axf:except-non-starter-characters に指定されている文字と同じ文字を指定した場合の効果は保証されません。 空白を指定しても無視されます。 閉じ括弧類や句読点などは、追加しなくても、もともと行頭禁則されます。 行頭禁則文字は、オプション設定ファイルの append-non-starter-characters で初期値を設定しておくことができます。

axf:except-non-starter-characters / CSS -ah-except-non-starter-characters

CJKでの除外行頭禁則文字を指定します。

Value: <string>
Initial: empty string
Applies to: fo:page-sequence / CSS :root element
Inherited: no
Percentages: N/A

<string> に含まれる文字が行頭禁則対象から除外されます。 同一タグ内で axf:append-non-starter-characters に指定されている文字と同じ文字を指定した場合の効果は保証されません。 空白を指定しても無視されます。 行頭禁則文字は、オプション設定ファイルの append-non-starter-characters で初期値を設定しておくことができます。

axf:append-non-end-of-line-characters / CSS -ah-append-non-end-of-line-characters

CJKでの追加行末禁則文字を指定します。

Value: <string>
Initial: empty string
Applies to: fo:page-sequence / CSS :root element
Inherited: no
Percentages: N/A

<string> に含まれる文字が行末禁則対象に追加されます。 同一タグ内で axf:except-non-end-of-line-characters に指定されている文字と同じ文字を指定した場合の効果は保証されません。 空白を指定しても無視されます。 開き括弧類などは、追加しなくても、もともと行末禁則されます。 行末禁則文字は、オプション設定ファイルの append-non-end-of-line-characters で初期値を設定しておくことができます。

axf:except-non-end-of-line-characters / CSS -ah-except-non-end-of-line-characters

CJKでの除外行末禁則文字を指定します。

Value: <string>
Initial: empty string
Applies to: fo:page-sequence / CSS :root element
Inherited: no
Percentages: N/A

<string> に含まれる文字が行末禁則対象から除外されます。 同一タグ内で axf:append-non-end-of-line-characters に指定されている文字と同じ文字を指定した場合の効果は保証されません。 空白を指定しても無視されます。 行末禁則文字は、オプション設定ファイルの append-non-end-of-line-characters で初期値を設定しておくことができます。

axf:word-break / CSS (-ah-)word-break

単語の途中でも行分割可能にするかどうかを指定します。 [CSS3-Text] Breaking Rules for Letters: the ‘word-break’ property

Value: normal | break-all | keep-all
Initial: normal
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

normal

通常の行分割規則に従います。

break-all

単語内のすべての文字間で行分割可能にします。この指定は、スクリプトが次のときにのみ有効です。

  • Latn
  • Cyrl
  • Grek
  • Zyyy

axf:word-wrap="normal" は無視されます。

keep-all

単語内で分割しません。ここでの単語とは、Unicode の次のカテゴリ(General Category)で構成される文字列です。

  • Letter
  • Mark
  • Number

これら以外の文字との境界で分割するかどうかは、通常の行分割の規則に従います。 また、hyphenate="true" は無視されます。

axf:text-orientation="upright" によって正立させられた単語中では、常に axf:word-break="break-all" とみなされます。

axf:word-wrap / CSS (-ah-)word-wrap

行分割できないとき、無理やり分割するかどうかを指定します。 [CSS3-Text] Force Wrapping: the 'word-wrap' property

Value: normal | break-word
Initial: break-word (XSL) / normal (CSS)
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

normal

無理やり分割しません。テキストは領域をあふれるでしょう。

break-word

どこか適当な場所で無理やり分割します。

axf:abbreviation-character-count / CSS -ah-abbreviation-character-count

略語とみなす最小文字数を指定します。

Value: auto | <number>
Initial: auto
Applies to: fo:block
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

auto

オプション設定ファイルの abbreviation-character-count の値が採用されます。

<number>

略語とみなす文字数を指定します。

axf:abbreviation-character-count は、U+002F / で区切られた略語の行分割を制御します。通常、/ の直後は行分割の対象であるため、km/h や w/o などで行分割が起こり得ます。これは好ましいとは言えません。UAX#14: Line Breaking Properties にも、このような場合に分割しないように書かれています。 AH Formatter V6.4 では、/ の後の語が axf:abbreviation-character-count で指定された文字数以下のときは略語とみなして行分割を行いません。また、/ 直後の語に対しては、axf:abbreviation-character-count 以下でのハイフネーションも行いません。略語とみなされるのは、文字列が次のスクリプトのときだけです。

  • Latn
  • Cyrl
  • Grek
  • Zyyy

axf:abbreviation-character-count は、0以上の整数でなければなりません。0 のときは、略語に関する制御を行いません。また、分割位置が見つからずにオーバーフローしてしまうようなときは、/ の直後で強制的に分割されることがあります。


ハイフネーションの拡張

AH Formatter V6.4 は、ハイフネーションのための拡張を行っています。

axf:hyphenation-minimum-character-count / CSS -ah-hyphenation-minimum-character-count

ハイフネーション処理をする語の最小文字数を指定します。

Value: <number>
Initial: 1
Applies to: fo:block, fo:character
Inherited: yes
Percentages: N/A

axf:hyphenation-minimum-character-count は、1以上の整数でなければなりません。

axf:hyphenation-zone / CSS -ah-hyphenation-zone

ハイフネーション可能な範囲を制限します。

Value: none | <length>
Initial: none
Applies to: fo:block
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

none

何も制限しません。

<length>

ある単語末から行末までの幅が、指定された値以下の場合には、次の単語でハイフネーションしません。 0以下の値を指定したときは無効です。

axf:hyphenate-hyphenated-word / CSS -ah-hyphenate-hyphenated-word

すでにハイフン付けされている語をハイフネーションするかどうかを指定します。

Value: true | false
Initial: true
Applies to: fo:block, fo:character
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

true

ハイフネーションします。

false

ハイフネーションしません。ハイフンの位置でのみ行分割の可能性があります。

ハイフン付けされているとみなされるハイフンは、次のいずれかです。

U+002DHYPHEN-MINUS
U+00ADSOFT HYPHEN
U+2010HYPHEN
U+2011NON-BREAKING HYPHEN

hyphenate="false" のときは無効です。

CSS (-ah-)hyphenate-after

[CSS3-GCPM] Hyphenate properties

Value: <integer> | auto
Initial: auto
Applies to: all elements
Inherited: yes
Percentages: N/A

[XSL1.1] hyphenation-push-character-count

CSS (-ah-)hyphenate-before

[CSS3-GCPM] Hyphenate properties

Value: <integer> | auto
Initial: auto
Applies to: all elements
Inherited: yes
Percentages: N/A

[XSL1.1] hyphenation-remain-character-count

CSS (-ah-)hyphenate-character

[CSS3-GCPM] Hyphenate properties

Value: auto | <string>
Initial: auto
Applies to: all elements
Inherited: yes
Percentages: N/A

[XSL1.1] hyphenation-character

CSS (-ah-)hyphenate-lines

[CSS3-GCPM] Hyphenate properties

Value: no-limit | <integer>
Initial: no-limit
Applies to: all elements
Inherited: yes
Percentages: N/A

[XSL1.1] hyphenation-ladder-count

CSS (-ah-)hyphens

[CSS3-Text] Hyphenation Control: the ‘hyphens’ property

Value: none | manual | auto
Initial: manual
Applies to: all elements
Inherited: yes
Percentages: N/A

[XSL1.1] hyphenate

<axf:hyphenation-info>

Common Usage:

追加のハイフネーション情報を指定します。この要素はエリアを生成しません。 CSSではこの機能を利用することはできません。

Areas:

なし。

Constraints:
<!ELEMENT axf:hyphenation-info (%axh-elements;)*>
<!ATTLIST axf:hyphenation-info language CDATA #REQUIRED>
<!ATTLIST axf:hyphenation-info src      CDATA #IMPLIED>

axf:hyphenation-info 拡張要素は、fo:declarations の直下にいくつでも置くことができます。

language プロパティは必須で、この要素をどの言語に関連付けるかを示します。もともとハイフネーションできない言語を指定しても、ハイフネーションができるようになるわけではありません。また、タイ語に対しては無効です。

src プロパティはオプションで、外部にある例外辞書を指定できます。これは、元の辞書に対する追加指定となり、このFO中でだけ有効です。元の辞書のように、ファイル名に言語依存性の制約はありません。相対パスの場合は、base-uri相対になります。環境変数のハイフネーション辞書パス相対ではありません。 指定された辞書中の<exceptions>が評価されます。同じ綴りの単語が複数登録されていた場合は、後から登録されている単語の情報が有効となります。

Contents:

%axh-elements; は、名前空間 http://www.antennahouse.com/names/XSL/Hyphenations に属する要素です。この名前空間には、ハイフネーション例外辞書に含まれる要素が含まれますが、現在記述できるのは、<exceptions>(およびその子である<hyphen>)だけです。

Examples:
<fo:declarations>
 <axf:hyphenation-info language="eng" src="en-add.xml"
  xmlns:axh="http://www.antennahouse.com/names/XSL/Hyphenations">
  <axh:exceptions>
  abc-defg
  </axh:exceptions>
 </axf:hyphenation-info>
</fo:declarations>

この例では、英語に対して、追加の例外辞書 en-add.xml を指定し、さらに、abcdefg という単語に対して例外のハイフネーションが指定してあります。

注意: 上の例で、
abc<hyphen/>defg
とするのは正しくありません。(<hyphen/>は無視されてしまいます)
abc<axh:hyphen/>defg
としなければならないことに注意してください。

SOFT HYPHEN のグリフの出力

通常、SOFT HYPHEN(U+00AD)は、行分割しなかったときは表示せず、行分割した場合は表示されます。しかし、この処理では、絵文字のようなフォントを使用した場合、U+00AD に割り当てられたグリフが印字されない場合が発生してしまいます。

AH Formatter V6.4 は、拡張プロパティ axf:soft-hyphen-treatment を実装しています。これを使用することで、この問題を回避することができます。

<fo:block axf:soft-hyphen-treatment="preserve" font-family="Wingdings">abc&#xAD;xyz

axf:soft-hyphen-treatment / CSS -ah-soft-hyphen-treatment

Value: auto | preserve
Initial: auto
Applies to: all formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

auto

SOFT HYPHEN はそこで改行が生じたとき以外は削除されます。(従来どおり)

preserve

SOFT HYPHEN は削除されず、対応するグリフが出力されます。


詰めとぶら下げ

詰めやぶら下げを行うために、AH Formatter V6.4 は拡張プロパティを用意しています。

axf:punctuation-trim / CSS (-ah-)punctuation-trim

日本語で、全角約物の詰め処理をするかどうかを指定します。 [CSS3-Text] Fullwidth Punctuation Kerning: the ‘punctuation-trim’ property

Value: none | [ [ start | start-except-first ] || [ end | allow-end | end-except-fullstop ] || adjacent ] | all | <string> | auto
Initial: auto
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

none

全角約物の詰めを処理しません。

start

行頭での全角約物(開き括弧など)を半角に扱います。

start-except-first

start と同じですが、先頭の行や強制改行直後の行を除きます。

end

text-align="right" または text-align="justify"(または text-align-last="justify") のとき、全角約物(閉じ括弧など)が行末に位置した場合、その文字は強制的に半角に扱います。

allow-end

text-align="right" または text-align="justify"(または text-align-last="justify") のとき、全角約物(閉じ括弧など)が行末に位置した場合、行に収まるときは全角のままとし、収まらないときは半角に扱います。

end-except-fullstop

end と同じですが、次の2文字を除外します。

U+3002IDEOGRAPHIC FULL STOP
U+FF0EFULLWIDTH FULL STOP

adjacent

日本語での全角約物と全角文字の間の詰めを処理します。処理されるのは以下の間隔です。

  • 全角閉じ括弧と全角開き括弧の間
  • 全角閉じ括弧と全角閉じ括弧の間
  • 全角閉じ括弧と全角中点類の間
  • 全角閉じ括弧と全角空白の間
  • 全角閉じ括弧と全角非約物の間
  • 全角開き括弧と全角開き括弧の間
  • 全角中点類と全角開き括弧の間
  • 全角空白と全角開き括弧の間
  • 全角非約物と全角開き括弧の間

全角句読点は全角閉じ括弧と同様に扱われます。 adjacent は、XSL Formatter V4 での axf:kerning-mode="contextual" に相当します。

all

全角の括弧類、中点類、句読点類をすべて詰めて半角扱いにします。

<string>

all と同じですが、ここで指定した文字列に含まれる文字のみが半角扱いされます。全角の括弧類、中点類、句読点類以外を指定しても無視されます。

auto

システムの既定値に依存します。 オプション設定ファイルの punctuation-trim によって、"none" または "start end adjacent" とみなされます。

axf:punctuation-trim で処理される全角開き括弧は以下のとおりです。

U+2018LEFT SINGLE QUOTATION MARK
U+201CLEFT DOUBLE QUOTATION MARK
U+3008LEFT ANGLE BRACKET
U+300ALEFT DOUBLE ANGLE BRACKET
U+300CLEFT CORNER BRACKET
U+300ELEFT WHITE CORNER BRACKET
U+3010LEFT BLACK LENTICULAR BRACKET
U+3014LEFT TORTOISE SHELL BRACKET
U+3016LEFT WHITE LENTICULAR BRACKET
U+3018LEFT WHITE TORTOISE SHELL BRACKET
U+301ALEFT WHITE SQUARE BRACKET
U+301DREVERSED DOUBLE PRIME QUOTATION MARK
U+FF08FULLWIDTH LEFT PARENTHESIS
U+FF3BFULLWIDTH LEFT SQUARE BRACKET
U+FF5BFULLWIDTH LEFT CURLY BRACKET
U+FF5FFULLWIDTH LEFT WHITE PARENTHESIS  

axf:punctuation-trim で処理される全角閉じ括弧は以下のとおりです。

U+2019RIGHT SINGLE QUOTATION MARK
U+201DRIGHT DOUBLE QUOTATION MARK
U+3009RIGHT ANGLE BRACKET
U+300BRIGHT DOUBLE ANGLE BRACKET
U+300DRIGHT CORNER BRACKET
U+300FRIGHT WHITE CORNER BRACKET
U+3011RIGHT BLACK LENTICULAR BRACKET
U+3015RIGHT TORTOISE SHELL BRACKET
U+3017RIGHT WHITE LENTICULAR BRACKET
U+3019RIGHT WHITE TORTOISE SHELL BRACKET
U+301BRIGHT WHITE SQUARE BRACKET
U+301EDOUBLE PRIME QUOTATION MARK
U+301FLOW DOUBLE PRIME QUOTATION MARK
U+FF09FULLWIDTH RIGHT PARENTHESIS
U+FF3DFULLWIDTH RIGHT SQUARE BRACKET
U+FF5DFULLWIDTH RIGHT CURLY BRACKET
U+FF60FULLWIDTH RIGHT WHITE PARENTHESIS  

axf:punctuation-trim で処理される全角句読点は以下のとおりです。

U+3001IDEOGRAPHIC COMMA
U+3002IDEOGRAPHIC FULL STOP
U+FF0CFULLWIDTH COMMA
U+FF0EFULLWIDTH FULL STOP

axf:punctuation-trim で処理される全角中点類は以下のとおりです。

U+30FBKATAKANA MIDDLE DOT
U+FF1AFULLWIDTH COLON
U+FF1BFULLWIDTH SEMICOLON

axf:punctuation-trim は、プロポーショナルフォントには影響しません。 また、glyph-orientation-* が指定されているときは無視されます。

注意: XSL Formatter V4 での axf:punctuation-trim="both" は、AH Formatter V6.4 では axf:punctuation-trim="start end" または axf:punctuation-trim="start allow-end" としてください。 また、axf:kerning-mode="contextual" と併用していた場合は、axf:punctuation-trim="start end adjacent" などとしてください。

axf:text-justify-trim / CSS (-ah-)text-justify-trim

追い込みの処理方法を指定します。 [CSS3-Text] Additional compression: The 'text-justify-trim' property

Value: none | [ punctuation || punctuation-except-fullstop || punctuation-except-middledot || [ kana | ideograph ] || inter-word ] | auto
Initial: auto
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

none

追い込みの処理をしません。

punctuation

日本語で、全角の括弧類、中点類、句読点類を詰めの対象として追い込み処理をします。

punctuation-except-fullstop

punctuation と同じですが、次の2文字を除外します。

U+3002IDEOGRAPHIC FULL STOP
U+FF0EFULLWIDTH FULL STOP

punctuation-except-middledot

punctuation と同じですが、次の中点類を除外します。

U+30FBKATAKANA MIDDLE DOT
U+FF1AFULLWIDTH COLON
U+FF1BFULLWIDTH SEMICOLON

kana

ひらがな、カタカナを多少詰めて追い込み処理をします。

ideograph

漢字やかなの間を詰めの対象として追い込み処理をします。

inter-word

欧文単語間のスペースを詰めの対象として追い込み処理をします。

auto

システムの既定値に依存します。これは、オプション設定ファイルの punctuation-trimtext-justify-mode で指定されている値です。 ただし、axf:avoid-widow-words="true" のときは、"ideograph inter-word" とみなされます。

指定された詰めを行って、行に入るだけ文字を追い込みます。 axf:punctuation-trim="all" などによって、追い込む余地がない場合もあります。

axf:text-justify / CSS (-ah-)text-justify

均等割り付けの処理方法を指定します。 [CSS3-Text] Justification Method: the ‘text-justify’ property

Value: auto | inter-word | distribute
Initial: auto
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

auto

スクリプトによって適切な処理をします。すなわち、漢字やひらがなカタカナのとき文字間を広げ、アラビア文字ではKashida処理し、その他では単語間の空白を広げます。

inter-word

単語間の空白を広げて均等割り付けを行います。

distribute

文字間を広げて均等割り付けを行います。

axf:kerning-mode / CSS -ah-kerning-mode

カーニング(詰め処理)を行うかどうかを指定します。

Value: none | pair | auto
Initial: auto
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

none

カーニングを処理しません。

pair

ペアカーニングを処理します。

auto

システムの既定値に依存します。

ペアカーニングを行うかどうかは、オプション設定ファイルの pair-kerning で初期値を設定しておくことができます。 これは、GUIの 組版オプション設定ダイアログ でも設定することができます。

注意: XSL Formatter V4 での axf:kerning-mode="contextual" は廃止されました。 axf:punctuation-trim="adjacent" を利用してください。

axf:kerning-mode は、letter-spacing が指定されている場合は機能しません。

axf:punctuation-spacing / CSS -ah-punctuation-spacing

日本語で、全角約物と全角文字の間の詰めの間隔を指定します。

Value: <length> | <percentage> | auto
Initial: auto
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: refer to the font size

この間隔は、オプション設定ファイルの punctuation-spacing で初期値を設定しておくことができます。

値の意味は以下のとおりです。

<length>

絶対値で詰めの間隔を指定します。

<percentage>

実際に適用されるときのフォントサイズ相対の指定となります。

auto

システムの既定値に依存します。これは、オプション設定ファイルの punctuation-spacing で指定されている値です。

この間隔は、axf:punctuation-trim="adjacent" での以下のアキ量に使用されます。

  • 全角閉じ括弧と全角開き括弧の間
  • 全角閉じ括弧と全角非約物の間
  • 全角非約物と全角開き括弧の間

axf:hanging-punctuation / CSS (-ah-)hanging-punctuation

行頭での突き出し、行末でのぶら下げを行うかどうかを指定します。 [CSS3-Text] Hanging Punctuation: the ‘hanging-punctuation’ property

Value: none | [ start || first || [ force-end | allow-end ] || last ]
Initial: none
Applies to: fo:block
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

none

行頭での突き出し、行末でのぶら下げを処理しません。

start

行頭での突き出しを処理します。 このとき、突き出し対象文字が行頭に位置した場合、その文字は強制的に突き出されます。

first

段落の先頭行でのみ、start と同じ処理をします。

force-end

行末でのぶら下げを処理します。 text-align="right" または text-align="justify"(または text-align-last="justify") のとき、ぶら下げ対象文字が行末に位置した場合、その文字は強制的にぶら下げられます。 text-align がそれ以外のときは、なりゆきでぶら下げが起こります。

allow-end

行末でのぶら下げを処理します。 text-align="right" または text-align="justify"(または text-align-last="justify") のとき、ぶら下げ対象文字が行末に位置した場合、行に収まるときはぶら下げず、収まらないときはぶら下げられます。 text-align がそれ以外のときは、なりゆきでぶら下げが起こります。

last

段落末でのみ、force-end と同じぶら下げを処理します。

対象となる約物は以下のとおりです。

  • force-end, allow-end
    日本語または簡体字中国語の場合
    U+3001IDEOGRAPHIC COMMA
    U+3002IDEOGRAPHIC FULL STOP
    U+FF0CFULLWIDTH COMMA
    U+FF0EFULLWIDTH FULL STOP
    繁體字中国語の場合
    U+FE50SMALL COMMA
    U+FE51SMALL IDEOGRAPHIC
    U+FE52SMALL FULL STOP
    U+FF64HALFWIDTH IDEOGRAPHIC COMMA
    その他の場合
    last と同じ。
  • last
    引用符類、閉じ括弧類、ピリオド、カンマ、ハイフン
  • start, first
    引用符類、開き括弧類、Bullet類

axf:avoid-widow-words / CSS -ah-avoid-widow-words

段落の最後の行が1語(CJKのときは1文字)だけにならないようにします。

Value: true | false
Initial: false
Applies to: fo:block
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

true

追い込み(和文の文字間や欧文の単語間の詰め)で処理できるときに、段落の最後の行が1語(CJKのときは1文字)だけにならないようにします。axf:text-justify-trim="auto" のときは、"ideograph inter-word" が指定されているとみなされます。

false

何もしません。

段の幅(行の長さ)が短いときには、追い込む余地が少ないのであまり効果がありません。また、追い出されている1語を追い込む余地がない場合などでは、axf:avoid-widow-words の効果は現われません。axf:punctuation-trimaxf:text-justify-trim の設定によって、追い込む余地がなくなることもありますので、注意してください。 CJK以外では、追い出しによる調整はしません。


スペースと配置

スペース

axf:text-autospace / CSS (-ah-)text-autospace

和欧文間にアキを入れるかどうかを指定します。 [CSS3-Text] Adding space: the ‘text-autospace’ property

Value: none | [ ideograph-numeric || ideograph-alpha || ideograph-parenthesis ] | auto
Initial: auto
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

none

アキを入れません。

ideograph-numeric

仮名漢字-欧文数字間にアキを入れます。ここで、欧文数字は、Unicode で Nd で、Full Width でない文字です。

ideograph-alpha

仮名漢字-欧文アルファベット間にアキを入れます。ここで、欧文アルファベットは、Unicodeで Lu、Ll、Lt、Lm に分類される文字です。

ideograph-parenthesis

仮名漢字-欧文括弧間にアキを入れます。ただし、仮名漢字-欧文閉じ括弧間や、欧文開き括弧-仮名漢字間にはアキを入れません。

auto

システムの既定値に依存します。設定によって、 "none" または "ideograph-numeric ideograph-alpha" とみなされます。

アキを入れるかどうかは、オプション設定ファイルの text-autospace で初期値を設定しておくことができます。 また、GUIの 組版オプション設定ダイアログ でも設定することができます。

axf:text-autospace-width / CSS -ah-text-autospace-width

和欧文間のアキ量を指定します。

Value: <length> | <percentage> | auto
Initial: auto
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: refer to the font size

この間隔は、オプション設定ファイルの text-autospace-width で初期値を設定しておくことができます。

値の意味は以下のとおりです。

<length>

絶対値でアキ量を指定します。

<percentage>

実際に適用されるときのフォントサイズ相対の指定となります。

auto

システムの既定値に依存します。これは、オプション設定ファイルの text-autospace-width で指定されている値です。

この間隔は、axf:text-autospace で利用されます。

axf:letter-spacing-side / CSS -ah-letter-spacing-side

letter-spacingによるアキを文字のどちら側に付けるかを指定します。

Value: both | start | end
Initial: both
Applies to: inline-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

both

文字の両側に半分ずつのアキを付けます。

start

文字のstart側にのみアキを付けます。

end

文字のend側にのみアキを付けます。

axf:auto-letter-spacing / CSS -ah-auto-letter-spacing

文字数によってletter-spacingを変化させます。

Value: [ none | <length> | <percentage> ]*
Initial: none
Applies to: inline-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: refer to the font size

値の意味は以下のとおりです。

none

letter-spacingを指定しません。

値は、2文字以上の文字数に対応して必要なだけ列挙します。例えば、次のように指定した場合、

axf:auto-letter-spacing="2em 1em 0.5em 0.25em"

このFO内の文字数が、2文字のときletter-spacing="2em"、3文字のときletter-spacing="1em"、4文字のときletter-spacing="0.5em"、5文字のときletter-spacing="0.25em" に強制します。それ以外の文字数では何もしません。文字数は、最初のインライン要素に含まれる文字のみが数えられます。

このプロパティは、CJKでの見出しを主に想定しています。

第1章 はじめに

のような場合、axf:letter-spacing-side を併用して、

第1章 <fo:inline axf:auto-letter-spacing="2em 1em 0.5em 0.25em" axf:letter-spacing-side="end">はじめに</fo:inline>

のようにするとよいでしょう。

ページ番号など、文字数が決まっていないテキストに適用することはできません。

CSS -ah-margin-break

ページ・段の分割が起こったときのマージンの扱いを指定します。

Value: [ auto | discard | keep ] keep?
Initial: auto
Applies to: block elements
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

auto

文書先頭または強制改ページ・改段の直後のブロックのbefore側のマージンを保持する以外はdiscardと同じです。

discard

マージンを捨てます。

keep

before側のマージンを保持します。ふたつ目のkeepを指定すると、after側のマージンも保持します。

CSS -ah-ignore-leading-newline

開始タグ直後の改行を無視するかどうか指定します。

Value: false | true | auto
Initial: false
Applies to: <pre> element
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

false

開始タグ直後の改行を無視しません。

true

開始タグ直後の改行を無視します。

auto

HTMLでは開始タグ直後の改行を無視し、XHTMLでは無視しません。

これは、<pre> のように改行が無視されない要素で効果があります。

テキストの配置

axf:text-align-string / CSS -ah-text-align-string

text-align="<string>" のときのテキストの配置を指定します。

Value: start | center | end | inside | outside | left | right
Initial: end
Applies to: fo:table-cell
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

start
center
end
inside
outside
left
right

text-align や text-align-last と同じです。

fo:table-cell に対する <string> の指定は、小数点などの指定された文字位置を揃えますが、文字列全体をどちらに寄せるかの規定がありません。 デフォルトで、AH Formatter V6.4 は、CSS2の 17.5.4 Horizontal alignment in a column の例示に従って右寄せで表示します。 AH Formatter V6.4 は、これを拡張して左寄せや中央揃えを可能にしています。

axf:text-align-first / CSS -ah-text-align-first

最初の行のテキストの配置を指定します。

Value: relative | start | center | end | justify | inside | outside | left | right
Initial: relative
Applies to: fo:block
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

relative

何もしません。axf:text-align-first は無効です。

start
center
end
justify
inside
outside
left
right

text-align や text-align-last と同じです。

最初の行領域の子の配置、直前の行の最後がU+000Aである行の配置を指定します。 text-align-last よりも優先します。

axf:leader-expansion を参照してください。

axf:leader-expansion / CSS -ah-leader-expansion

リーダを強制的に広げるかどうか指定します。

Value: auto | force
Initial: auto
Applies to: fo:block
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

auto

text-align の指定により、従来どおりの動作をします。

force

リーダの含まれる行を、強制的に text-align="justify" とみなします。その結果、リーダが広がることになります。

リーダを使った目次を考えます。そのとき、ラベルの長さやページ数の長さによって、次のように組版したいとします。

  1. Short Label ................................. 10, 20, 30
    
  2. Short Label ... 10, 20, 30, 40, 50, 60, 70, 80, 90, 100,
                                     110, 120, 130, 140, 150
    
  3. Very Loooooooooooooooooooooooooooooooooooooong Label ...
    ............................................. 10, 20, 30
    
  4. Very Loooooooooooooooooooooooooooooooooooooong Label ...
    ..... 10, 20, 30, 40, 50, 60, 70, 80, 90, 100, 110, 120,
                                               130, 140, 150
    
  5. Very Very Very Loooooooooooooooooooooooooooooooooooooong
    Long Long Label ............................. 10, 20, 30
    
  6. Very Very Very Loooooooooooooooooooooooooooooooooooooong
    Long Long Label .... 10, 20, 30, 40, 50, 60, 70, 80, 90,
                                100, 110, 120, 130, 140, 150
    

XSL仕様での、

<fo:block text-align="justify" text-align-last="justify">
 Label
 <fo:leader leader-pattern="dots"/>
 Pages
</fo:block>

という指定では、単純な 1. と 5. だけが期待した結果になりますが、3. は次のようにすれば実現できます。

<fo:block text-align="justify" text-align-last="justify">
 Label
 <fo:leader leader-length.minimum="0pt" leader-pattern="dots"/><fo:leader leader-pattern="dots"/>
 Pages
</fo:block>

次に、axf:text-align-first を利用して

<fo:block text-align="justify" text-align-last="right" axf:text-align-first="justify">
 Label
 <fo:leader leader-length.minimum="0pt" leader-pattern="dots"/><fo:leader leader-pattern="dots"/>
 Pages
</fo:block>

とすると、3. と 5. 以外は期待どおりとなります。 さらに、axf:leader-expansion を利用して

<fo:block text-align="justify" text-align-last="right" axf:text-align-first="justify"
          axf:leader-expansion="force">
 Label
 <fo:leader leader-length.minimum="0pt" leader-pattern="dots"/><fo:leader leader-pattern="dots"/>
 Pages
</fo:block>

とすることで、1. ~ 6. すべてに対して期待する結果が得られます。

axf:text-kashida-space / CSS -ah-text-kashida-space

アラビア語の均等割り付けで、Kashidaの割合を指定します。

Value: <percentage> | auto
Initial: auto
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: yes

値の意味は以下のとおりです。

<percentage>

空白とKashidaの割合を表します。0% ならKashida拡張はなく、通常の均等割り付けと同じように空白のみが拡張されます。100%なら可能な限り Kashidaが挿入されます。値は、0%~100% の間でなければなりません。

auto

システムの既定値に依存します。

この割合は、オプション設定ファイルの text-kashida-space で初期値を設定しておくことができます。

axf:justify-nbsp / CSS -ah-justify-nbsp

NON-BREAKING SPACE を均等割り付けの対象にするかどうかを指定します。

Value: true | false
Initial: true
Applies to: all formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

true

NON-BREAKING SPACE を均等割り付けの対象とします。

false

NON-BREAKING SPACE を均等割り付けの対象としません。

通常、NON-BREAKING SPACE(U+00A0)は、均等割り付けの対象となります。axf:justify-nbsp プロパティは、U+00A0 を均等割り付けの対象から除外したいときに指定します。

axf:indent-here / CSS -ah-indent-here

改行時のインデント位置を領域の位置に合わせます。

Value: none | <length>
Initial: none
Applies to: fo:inline
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

none

何もしません。

<length>

改行時のインデント位置を、指定された行領域の先頭から<length>ずれた位置に合わせます。

インデントするには、次のようにこのプロパティを含む <fo:inline> を指定します。<fo:inline> の先頭位置がインデントの基準となります。

<fo:block>Indent-here: <fo:inline axf:indent-here="0pt"/>The quick brown fox jumps over the lazy dog....</fo:block>

タブ

タブ文字(U+0009)は、FO では空白文字(U+0020)に正規化されてしまい、通常は空白としての意味しか持ちません。しかし、JIS X 4051:2004 など、タブによって位置を揃える文書構造が多く存在しています。AH Formatter V6.4 では、タブ構造を表現できるような拡張を用意しています。

注意: タブが含まれる行では、text-align="start" に強制されます。
注意: BIDI処理を要するテキストでは、タブ処理のもっともらしい効果を期待することはできません。

<axf:tab>

Common Usage:

タブ位置までスペースを空けます。 タブ位置は、axf:tab-stops で指定します。

Areas:

正規行内領域を生成して返す。

Contents:

EMPTY

この要素は、<fo:character character="&#9;/> と等価ではありません。<fo:character> には white-space-collapse や white-space-treatment などの空白関係のすべてのプロパティが適用されます。

axf:tab-align

タブ位置での配置を指定します。

Value: auto | start | center | end | left | right | decimal | <string>
Initial: auto
Applies to: axf:tab
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

auto

対応する axf:tab-stops でのタブ位置で指定されている配置とみなされます。

start

タブ位置に文字列先頭を揃えます。

center

タブ位置に文字列中央を揃えます。

end

タブ位置に文字列末尾を揃えます。

left

タブ位置に文字列の左側(縦組では上側)を揃えます。writing-mode="lr-tb"、"tb-rl" のときは、start と同じです。

right

タブ位置に文字列の右側(縦組では下側)を揃えます。writing-mode="lr-tb"、"tb-rl" のときは、end と同じです。

decimal

"." を指定したとみなされます。

<string>

指定された文字列先頭をタブ位置に揃えます。例えば、axf:tab-align="." では次のように揃います。

1.2345
123.45
12345.
12345

axf:tab-stops

タブ位置を指定します。

Value: [ [ <tab-align>? [ <length> | <number> ] ]* [ <tab-align>? eol ]? ]!
Initial: 8
Applies to: all block-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A
<tab-align> = start | center | end | left | right | decimal | <string>

値の意味は以下のとおりです。

<tab-align>

タブ位置での配置を指定します。省略されたときは直前のタブ位置の配置と同じとみなされます。先頭で省略されたときは start とみなされます。axf:tab-align を参照してください。

<length>

タブ間隔を指定します。

<number>

指定された文字数の空白(U+0020)分の間隔とみなされます。

eol

行末にタブ位置があるとみなされます。ただし、直前のタブ指定がすでに行末を超えているときは、常に行末にタブ位置があるとみなされます。

指定される間隔は、参照領域先頭を基点として加算された距離となります。負の値は指定できません。 eol が指定されていないときは、最後の値が行末に達するまで繰り返し指定されているとみなされます。ただし、それがゼロのときはタブは無視されます。 例えば、次のように指定します。

axf:tab-stops="80pt decimal 40pt end 8 eol"

CSS の tab-size:8 は、axf:tab-stops="8" と等価です。

axf:tab-treatment

タブ文字(U+0009)の扱いを指定します。

Value: <number> | preserve
Initial: 4
Applies to: fo:block, fo:character
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

<number>

指定された文字数の空白(U+0020)として扱います。負の値は指定できません。 この空白は、white-space-treatment や white-space-collapse などの処理対象となります。

preserve

<axf:tab/>として扱います。

axf:tab-overlap-treatment

タブ揃えで文字が重なるときの扱いを指定します。

Value: auto | ignore-tab | next-tab
Initial: auto
Applies to: fo:block, fo:character
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

auto

システムの既定値に依存します。これは、オプション設定ファイルの tab-overlap-treatment で指定されている値です。

ignore-tab

タブを無視します。文字列は直前の文字列に続けて表示されます。

next-tab

次のタブ位置にタブを進めます。

axf:tab-align="start" では文字が重なることはありません。


文字とテキスト修飾

axf:text-line-color / CSS -ah-text-line-color

下線、取消し線、上線の色を指定します。

Value: auto | <color>
Initial: auto
Applies to: all elements with and generated content with textual content
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:text-line-style / CSS -ah-text-line-style

下線、取消し線、上線のスタイルを指定します。

Value: <border-style>
Initial: solid
Applies to: all elements with and generated content with textual content
Inherited: no
Percentages: N/A

<border-style> に none は指定できません。

axf:text-line-width / CSS -ah-text-line-width

下線、取消し線、上線の太さを指定します。

Value: auto | <border-width>
Initial: auto
Applies to: all elements with and generated content with textual content
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:text-underline-position / CSS (-ah-)text-underline-position

下線の位置を指定します。 [CSS3-Text] Other text decoration simple properties: 'text-underline-position'

Value: auto | [ [ before-edge | alphabetic | after-edge ] || [ <percentage> | <length> ] ]
Initial: auto
Applies to: all elements with and generated content with textual content
Inherited: no
Percentages: refers to the "line-height" of the parent area

値の意味は以下のとおりです。

auto

位置を自動的に調整して下線を引きます。縦書きでの axf:vertical-underline-side の指定が有効です。

before-edge

下線を before-edge に引きます。<percentage>または<length>が指定されていないときは、下線の幅の上端が before-edge に位置します。<percentage>または<length>が指定されているときは、下線の幅の中心が before-edge に位置します。

alphabetic

下線をベースラインの位置に引きます。<percentage>または<length>が指定されていないときは、下線の幅の上端がベースラインに位置します。<percentage>または<length>が指定されているときは、下線の幅の中心がベースラインに位置します。

after-edge

下線を after-edge に引きます。<percentage>または<length>が指定されていないときは、下線の幅の下端が after-edge に位置します。<percentage>または<length>が指定されているときは、下線の幅の中心が after-edge に位置します。

<percentage>
<length>

指定された量だけ、下線の位置をずらします。axf:vertical-underline-side によって右側に下線が引かれているときは、左側とは逆方向にずらされます。

axf:vertical-underline-side / CSS -ah-vertical-underline-side

縦書きでの下線(傍線)をどちら側に付けるかを指定します。

Value: left | right | depend-on-language | auto
Initial: auto
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

left

左側に下線(傍線)を引きます。

right

右側に下線(傍線)を引きます。

depend-on-language

languageプロパティでの言語が日本語(jpn)または韓国語(kor)のときは右側に、その他の言語では左側に配置されます。

auto

システムの既定値に依存します。

axf:text-underline-position="auto" のときにのみ、このプロパティは有効です。 また、上線は下線と反対の位置に引かれます。

下線の位置は、オプション設定ファイルの vertical-underline-side で初期値を設定しておくことができます。 また、GUIの 組版オプション設定ダイアログ でも設定することができます。

axf:vertical-underline-side="auto" で、システムの既定値も自動のときは、languageプロパティでの言語が日本語(jpn)または韓国語(kor)のときは右側に、その他の言語では左側に配置されます。languageプロパティの指定がないときは、標準のCJK言語 の設定によります。

CSS (-ah-)text-decoration

[CSS2.1] 16.3.1 Underlining, overlining, striking, and blinking
[CSS3-TextDecor] Text Decoration Shorthand: the ‘text-decoration’ property

Value: <text-decoration-line> || <text-decoration-color> || <text-decoration-style>
Initial: none
Applies to: all elements and generated content
Inherited: no
Percentages: N/A

CSS (-ah-)text-decoration-color

[CSS3-TextDecor] Text Decoration Color: the ‘text-decoration-color’ property

Value: <color>
Initial: currentColor
Applies to: all elements and generated content
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:text-line-color

CSS (-ah-)text-decoration-line

[CSS3-TextDecor] Text Decoration Lines: the ‘text-decoration-line’ property

Value: none | [ underline || overline || line-through ]
Initial: none
Applies to: all elements and generated content
Inherited: no (but see prose)
Percentages: N/A

[XSL1.1] text-decoration

CSS (-ah-)text-decoration-style

[CSS3-TextDecor] Text Decoration Style: the ‘text-decoration-style’ property

Value: <border-style>
Initial: solid
Applies to: all elements and generated content
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:text-line-style

axf:text-orientation / CSS (-ah-)text-orientation

mixed upright縦書きでの文字の向きを指定します。 [CSS3-WritingModes] Orienting Text: the ‘text-orientation’ property

Value: mixed | upright | sideways-right | sideways | none
Initial: none (XSL) / mixed (CSS)
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

mixed

英数字などを90°時計回りに回転させます。(図の右側)

upright

括弧などの約物を除き、すべて正立させます。(図の左側)

sideways-right
sideways

すべての文字を90°時計回りに回転させます。これは、縦書き中で一部分を横書きにするのと同じような効果があります。

none

システムに依存します。動作としては、mixed と近い結果となりますが、どの文字を回転させるかは、旧版との互換性を考慮して決められています。

mixed と upright の振る舞いについては、縦書きでの文字の正立を参照してください。

このプロパティは、横書き中では無効です。また、ArabicやThaiなどの複雑なスクリプトを正立させることはできません。

axf:text-combine-horizontal / CSS (-ah-)text-combine-horizontal

縦書きでの自動縦中横たてちゅうよこを行います。 [CSS3-WritingModes] Horizontal-in-Vertical Composition: the ‘text-combine-horizontal’ property

Value: none | all | [ digits <integer> || alpha <integer> || alphanumeric <integer> ]
Initial: none
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

none

自動縦中横を行いません。

all

テキストのみから成る要素の全体を縦中横にします。

digits

<integer> で指定された桁数以下の数字(0-9)の連続を縦中横にします。

alpha

<integer> で指定された桁数以下の英字(A-Z, a-z)の連続を縦中横にします。

alphanumeric

<integer> で指定された桁数以下の英数字(0-9, A-Z, a-z)の連続を縦中横にします。

通常、縦中横は次のようにマークアップされるでしょう。自動縦中横は、この手間を省きます。

<fo:inline-container writing-mode="lr-tb"
                     line-height="1"
                     text-align-last="center"
                     text-indent="0pt"
                     start-indent="0pt"
                     end-indent="0pt"
                     padding="0pt"
                     wrap-option="no-wrap">
 <fo:block>12</fo:block>
</fo:inline-container>

axf:text-combine-horizontalの適用は、axf:text-orientationやtext-transformなどの適用よりも前に行われます。 縦中横対象文字列の前後にあった除去可能な空白は除去されます。

axf:text-combine-horizontalがdigitsで、axf:text-orientation="upright"のときは、小数点が隣接する長さ <integer> 以下の縦中横対象の数字列に対して、次のようなことをします。

  • 小数点とみなされるのは、U+002E および U+FF65 です。
  • 小数点に後続する縦中横対象の数字列は、縦中横にしません。ただし、小数点は U+FF65 に変換されます。
  • 縦中横対象の数字列に小数点が後続するときは、その数字列は縦中横処理され、小数点は U+FF65 に変換されます。

右図は、次のように "12.34" を自動縦中横した例です。

<fo:block axf:text-combine-horizontal="digits 2"
          axf:text-orientation="upright"
>12.34</fo:block>

さらに、text-transformと組み合わせると、2文字以上の縦中横は全角にせず、他を全角変換することができます。

<fo:block axf:text-combine-horizontal="digits 2"
          axf:text-orientation="upright"
          text-transform="full-width"
>平成25年4月16日</fo:block>

注意: axf:text-orientation="upright"以外での自動縦中横の指定はお勧めできません。

自動縦中横は、以下の場合は無効です。また、縦中横部分の圏点は削除されます。

  • 横書きのとき(縦中横の中、axf:text-orientationの値がsidewaysのときを含む)
  • CJK以外の言語が明示されているとき
  • ルビの中
  • <fo:page-number>などの動的に生成される文字列

圏点

AH Formatter V6.4 では、文字列に圏点を付けることができます。ただし、圏点を任意のスクリプトに付けることはできません。CJK以外では、以下のスクリプトにのみ適用できます。

  • Latn
  • Cyrl
  • Grek
  • Zyyy

また、ルビの親文字に圏点を付けることはできますが、ルビ文字に圏点を付けることはできません。

一般のフォント中の圏点のグリフは、字形の大きさがまちまちなため、使用する圏点に応じて位置と大きさを調整しなければならないでしょう。

axf:text-emphasis-style="sesame"
axf:text-emphasis-offset="-0.25"
axf:text-emphasis-font-size="1"
axf:text-emphasis-position="before"
axf:text-emphasis-style="circle"
axf:text-emphasis-offset="0.25"
axf:text-emphasis-font-size="0.25"
axf:text-emphasis-position="before"

圏点専用のフリーのフォントが用意されています(☞ Kenten Generic OpenType Font)。このフォントは、圏点の大きさが揃っているので、どの圏点に対しても同じ指定で済みます。

axf:text-emphasis-style="sesame"
axf:text-emphasis-offset="0"
axf:text-emphasis-font-size="0.5"
axf:text-emphasis-font-family="KentenGeneric"
axf:text-emphasis-position="before"

axf:text-emphasis-style / CSS (-ah-)text-emphasis-style

圏点のスタイルを指定します。 [CSS3-TextDecor] Emphasis Mark Style: the ‘text-emphasis-style’ property

Value: none | [ [ filled | open ] || [ dot | circle | double-circle | triangle | sesame ] ] | <string>
Initial: none
Applies to: all elements
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

none

圏点はありません。

filled

塗りつぶし文字を指定します。

open

白抜き文字を指定します。

dot

点を指定します。filled dot は U+2022 open dot は U+25E6 です。

circle

円を指定します。filled circle は U+25CF open circle は U+25CB です。

double-circle

二重円を指定します。filled double-circle は U+25C9 open double-circle は U+25CE です。

triangle

三角形を指定します。filled triangle は U+25B2 open triangle は U+25B3 です。

sesame

ゴマ点を指定します。filled sesame は U+FE45 open sesame は U+FE46 です。

<string>

任意の文字列を指定します。複数文字が指定されているときはすべてが表示されますが、圏点の重なりは考慮されません。

filled または open が指定されていないときは filled とみなされます。filled または open だけが指定されているときは、横書きでは circle が、縦書きでは sesame が指定されているとみなされます。

axf:text-emphasis-position / CSS (-ah-)text-emphasis-position

圏点を親文字のどちら側に付けるか指定します。 [CSS3-TextDecor] Emphasis Mark Position: the ‘text-emphasis-position’ property

Value: before | after
Initial: before
Applies to: all elements
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

before

before側へ圏点を付けます。

after

after側へ圏点を付けます。

axf:text-emphasis-offset / CSS -ah-text-emphasis-offset

圏点と親文字の間隔を指定します。

Value: <number> | <length> | <percentage>
Initial: 0pt
Applies to: all elements
Inherited: yes
Percentages: refer to the font size

<number> の指定では、text-emphasis-font-size と掛け合わせたものとなります。ルビと圏点を同じ側に付けるとき、指定されている値とルビの高さの大きい方に調整されます。

axf:text-emphasis-skip / CSS -ah-text-emphasis-skip

圏点を付けない文字を指定します。

Value: none | [ spaces || punctuation || symbols || narrow ]
Initial: spaces
Applies to: all elements
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

spaces

空白文字を除きます。

punctuation

約物を除きます。

symbols

シンボルを除きます。

narrow

幅広文字以外(いわゆる半角文字など)を除きます。

axf:text-emphasis-font-family / CSS -ah-text-emphasis-font-family

圏点のフォントファミリを指定します。

Value: [ <family-name> | <generic-family> ]#
Initial: empty string
Applies to: emphasis elements
Inherited: yes
Percentages: N/A

指定されなかったときは、font-family と同じになります。

axf:text-emphasis-font-size / CSS -ah-text-emphasis-font-size

圏点のフォントサイズを指定します。

Value: <number> | <absolute-size> | <relative-size> | <length> | <percentage>
Initial: 0.5
Applies to: emphasis elements
Inherited: yes
Percentages: refer to the font size

<number> の指定では、font-size と掛け合わせたものとなります。

axf:text-emphasis-font-style / CSS -ah-text-emphasis-font-style

圏点を斜体にするかどうかを指定します。

Value: normal | italic
Initial: empty
Applies to: emphasis elements
Inherited: yes
Percentages: N/A

指定されなかったときは、font-style と同じになります。

axf:text-emphasis-font-weight / CSS -ah-text-emphasis-font-weight

圏点のフォントの太さを指定します。

Value: normal | bold | bolder | lighter | 100 | 200 | 300 | 400 | 500 | 600 | 700 | 800 | 900
Initial: empty
Applies to: emphasis elements
Inherited: yes
Percentages: N/A

指定されなかったときは、font-weight と同じになります。

axf:text-emphasis-font-stretch / CSS -ah-text-emphasis-font-stretch

圏点のフォントの伸縮を指定します。

Value: normal | wider | narrower | ultra-condensed | extra-condensed | condensed | semi-condensed | semi-expanded | expanded | extra-expanded | ultra-expanded | <percentage> | <number>
Initial: empty
Applies to: emphasis elements
Inherited: yes
Percentages: refer to the text-emphasis-font-size

指定されなかったときは、font-stretch と同じになります。

axf:text-emphasis-color / CSS (-ah-)text-emphasis-color

圏点の色を指定します。 [CSS3-TextDecor] Emphasis Mark Color: the ‘text-emphasis-color’ property

Value: <color>
Initial: currentColor
Applies to: emphasis elements
Inherited: yes
Percentages: N/A

指定されなかったときは、color と同じになります。

テキストシャドウ

text-shadow / CSS (-ah-)text-shadow

テキストシャドウを指定します。 [CSS3-TextDecor] Text Shadows: the ‘text-shadow’ property

Value: none | [ <length>{2,3} && <color>? ]#
Initial: none
Applies to: all elements which can have borders
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

none

影を付けません。

<length> と <color> の意味は次のとおりです。

  • 最初の <length> は、水平方向の影のオフセットです。正の値のとき領域の右側に、負の値のとき左側の影となります。
  • 2番目の <length> は、垂直方向の影のオフセットです。正の値のとき領域の下側に、負の値のとき上側の影となります。
  • 3番目の <length> は、非負の値でなければならず、ぼかし半径を指定します。0ならぼかしはありません。0より大きい値が指定されるとラスタ画像形式でテキストシャドウを描写します。 V6.4
    描写する画像の解像度設定は textshadow-resolution-minimum-dpi, textshadow-resolution-pixel-per-em で行います。なお、ぼかし半径をpx単位の長さで与えた場合、ぼかし半径はこれら解像度設定ではなく pxpi によって決まります。
  • <color> で影の色を指定します。

この組は複数指定でき、幾重にも影を付けることができます。

注意: XSL仕様ではこのプロパティは継承せずごく限られたFOにしか適用できませんが、AH Formatter V6.4 ではCSS仕様に合わせて拡張されています。 [XSL1.1] text-shadow
注意: テキストシャドウでは、文字を何重にも複製して描くため、タグ付きPDFではアクセシビリティ上の問題が発生します。
注意: 文字色が透明やα値を含むとき、その色は正しく表示されません。
注意:

ぼかし処理を行う場合、以下の点にご注意ください。 V6.4

  • GUI及びPDF出力のみで有効です。他の出力では、ぼかしは無視されます。
  • PDF/X のように透過を出力できないデバイスでは、ぼかしは無視されます。
  • フォントのグリフをラスタ画像に変換、加工します。フォントによっては画像化、加工しての頒布を禁止などしています。フォントの提供元が定めるライセンス的に問題ないか十分にご確認ください。
  • フォントを埋め込まずにぼかし処理を行った場合、そのフォントがインストールされていない環境で出力物を開いた時にテキストシャドウと本文のエリアで字の形状が一致しません。ぼかし処理を行う場合フォントを埋め込むことをお勧めします。また、埋め込み禁止フォントに対してぼかし処理を行うかどうかは textshadow-blur-cannot-embed-font にて設定できます。
  • 装飾線や圏点等の文字修飾には描写されません。
  • PDF出力における圧縮設定は、本機能で作成される画像に対しても適応されます。
  • transparent-image を false に設定した場合、ぼかしは無視されます。


文字列変換

axf:normalize / CSS -ah-normalize

文字列の正規化を指定します。

Value: auto | none | nfc | nfkc | nfd | nfkd
Initial: auto
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

auto
オプション設定ファイルの normalize の値に依存します。
none
正規化を行いません。
nfc
NFCを行います。
nfkc
NFKCを行います。
nfd
NFDを行います。
nfkd
NFKDを行います。

UAX#15: Unicode Normalization Forms にある正規化処理を行うかどうかを指定します。 正規化は、テキスト領域に記述されている文字列に対して行われます。始めから正規化済みのコードのみを用いるのなら、指定する必要はありません。そうでないならば、実用的にはNFCによる正規化がよいでしょう。

これらの変換では、axf:normalize-exclude="full-composition-exclusion" のときは合成除外文字(Composition Exclusion)のすべてが正規化処理から除外されます。

注意: 例えば、NFKCでの正規化では、U+00A0がU+0020に変化するなど、FOとして意味のあるコードが変換されてしまうので注意してください。

axf:normalize-exclude / CSS -ah-normalize-exclude

文字列の正規化(axf:normalize)のときに、合成除外文字(Composition Exclusion)を除外するかどうかを指定します。

Value: full-composition-exclusion | none
Initial: full-composition-exclusion
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

full-composition-exclusion
合成除外文字に指定されている文字すべてを除外します。
none
除外しません。

axf:text-replace / CSS (-ah-)text-replace

文字列の置換をします。 [CSS3-GCPM] Character substitution

Value: none | [ <string> <string> ]+
Initial: none
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

none

何もしません。

<string> <string>

対の最初の文字列を後の文字列にすべて置換します。 文字列は対で指定しなければなりません。奇数個だったり、最初の文字列が空の場合は置換されません。 空白文字は、white-space-treatmentなどで処理された後で、置換が行われます。

text-transform や axf:number-transform と同時に指定した場合、axf:text-replace が最後に評価されます。

axf:number-transform / CSS -ah-number-transform

文字列中の数字列の変換をします。

Value: none | kansuji | kansuji-if-vertical | <list-style-type> | <string>
Initial: none
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

none

何もしません。

kansuji

含まれる数字列を漢数字に変換します。 漢数字の形式の詳細は、axf:kansuji-styleaxf:kansuji-letteraxf:kansuji-grouping-letter で指定します。

kansuji-if-vertical

writing-mode="tb-rl" などで、縦書きのときのみ axf:number-transform="kansuji" を適用します。そうでないときは何も変換しません。

<list-style-type>

list-style-typeと同じ値を指定できます。スタイルによって変換できる数値の範囲が異なります。

<string>

文字列を指定した場合は、含まれる数字列に対してformatでその文字列を指定したときのように振舞います。

ここでの数字列(number)は、次の形式の文字列です。

number ::= '-'? digits
digits ::= [0-9]+

text-transform や axf:text-replace と同時に指定した場合、axf:number-transform の方が先に評価されます。 axf:counter-style または symbols() で指定されたカウンタスタイルが採用されたとき、prefix/suffix は付加されません。

CSS (-ah-)list-style-type

リストスタイルを指定します。 [CSS3-Lists] 3 Default Marker Contents

Value: none | <name> | <string>
Initial: disc
Applies to: all elements with 'display: list-item'
Inherited: yes
Percentages: N/A

以下の <list-style-type> に対応しています。 axf:number-transform, format, axf:counter-style

カウンタスタイルが見つからない場合は decimal とみなされます。

注意: AH Formatter V6.2 との組版上の相違 を参照してください。

漢数字

AH Formatter V6.4 では、数字を漢数字に変換することができます。これは、axf:number-transform を利用して行います。

axf:kansuji-style / CSS -ah-kansuji-style

漢数字の形式を指定します。

Value: simple | grouping | readable
Initial: simple
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

simple

一〇方式の変換を行います。すなわち、数字列を一対一対応で漢数字に変換します。

12340   ⇒ 一二三四〇
6700000 ⇒ 六七〇〇〇〇〇

grouping

一〇方式の変換に加え、万億兆京垓𥝱穣溝澗正載極 の位取りを挿入します。

  • ある位取りより下がすべてゼロのとき、それらは捨てられます。

12340   ⇒ 一万二三四〇
6700000 ⇒ 六七〇万

readable

十方式の変換を行います。すなわち、万億兆… の位取りを挿入し、さらに 十百千 を使用して可読な文字列に変換します。

  • 先行するゼロは捨てられます。
  • 極の次の位取りが必要な巨大な数値では、極より上の桁は一〇方式で変換されます。

12340   ⇒ 一万二千三百四十
6700000 ⇒ 六百七十万
1000000 ⇒ 百万
000015  ⇒ 十五
0       ⇒ 〇

axf:kansuji-letter / CSS -ah-kansuji-letter

漢数字に使用する文字を指定します。

Value: kanji | latin | <string>
Initial: kanji
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

kanji

数字に漢数字を利用します。 axf:kansuji-letter="〇一二三四五六七八九" と指定したのと等価です。

〇 : U+3007
一 : U+4E00
二 : U+4E8C
三 : U+4E09
四 : U+56DB
五 : U+4E94
六 : U+516D
七 : U+4E03
八 : U+516B
九 : U+4E5D

latin

数字に全角洋数字を利用します。 axf:kansuji-letter="0123456789" と指定したのと等価です。

0 : U+FF10
1 : U+FF11
2 : U+FF12
3 : U+FF13
4 : U+FF14
5 : U+FF15
6 : U+FF16
7 : U+FF17
8 : U+FF18
9 : U+FF19

<string>

使用する数字に任意の文字を指定できます。例えば、大字を使いたいときには、 axf:kansuji-letter="零壱弐参肆伍陸柒捌玖" のように指定することができます。 "一二三" だけを大字にしたければ、axf:kansuji-letter="〇壱弐参四五六七八九" とします。 axf:kansuji-letter="〇壱弐参" のように先頭の一部だけを指定した場合は、axf:kansuji-letter="〇壱弐参四五六七八九" と補われます。

零 : U+96F6
壱 : U+58F1
弐 : U+5F10
参 : U+53C2
肆 : U+8086
伍 : U+4F0D
陸 : U+9678
柒 : U+67D2
捌 : U+634C
玖 : U+7396

axf:kansuji-grouping-letter / CSS -ah-kansuji-grouping-letter

漢数字に使用する位取り文字を指定します。

Value: <string>
Initial: empty string
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

空文字列は、"十百千万億兆京垓𥝱穣溝澗正載極" とみなされます。 万を萬にしたいときなど、対応する文字だけを変更して指定してください。 "拾佰阡萬" のように先頭の一部だけを指定した場合は、"拾佰阡萬億兆京垓𥝱穣溝澗正載極" と補われます。

十 : U+5341     : 10
百 : U+767E     : 100
千 : U+5343     : 1000
万 : U+4E07     : 104
億 : U+5104     : 108
兆 : U+5146     : 1012
京 : U+4EAC     : 1016
垓 : U+5793     : 1020
𥝱 : U+25771     : 1024
穣 : U+7A63     : 1028
溝 : U+6E9D     : 1032
澗 : U+6F97     : 1036
正 : U+6B63     : 1040
載 : U+8F09     : 1044
極 : U+6975     : 1048

拾 : U+62FE     : 10
佰 : U+4F70     : 100
阡 : U+9621     : 1000
萬 : U+842C     : 104

<axf:counter-style> / CSS @counter-style

AH Formatter V6.4 は、独自のカウンタスタイルを定義することができます。 CSS仕様については CSS Counter Styles Level 3 を参照してください。

Common Usage:

カウンタスタイルを定義します。この要素はエリアを生成しません。

Areas:

なし。

Constraints:
<!ELEMENT axf:counter-style EMPTY>
<!ATTLIST axf:counter-style name             CDATA #REQUIRED>
<!ATTLIST axf:counter-style system           CDATA "symbolic">
<!ATTLIST axf:counter-style negative         CDATA "-">
<!ATTLIST axf:counter-style prefix           CDATA "">
<!ATTLIST axf:counter-style suffix           CDATA ", ">
<!ATTLIST axf:counter-style range            CDATA "auto">
<!ATTLIST axf:counter-style pad              CDATA "0 ''">
<!ATTLIST axf:counter-style fallback         CDATA "decimal">
<!ATTLIST axf:counter-style symbols          CDATA #IMPLIED>
<!ATTLIST axf:counter-style additive-symbols CDATA #IMPLIED>

<axf:counter-style> 拡張要素は、<fo:declarations> の直下に置くことができます。

Contents:

EMPTY

Examples:
<fo:declarations>
  <axf:counter-style name="trinary"
                     system="numeric"
                     symbols="'0' '1' '2'"
                     suffix="') '"/>
</fo:declarations>

<axf:counter-style> / @counter-style には、以下のプロパティを指定することができます。

注意: <symbol> には、文字列のみが指定できます。url() 指定はできません。

name

カウンタスタイルの名前を指定します。

Value: <name>
Initial: N/A
Inherited: no
Percentages: N/A

この名前は list-style-typeaxf:number-transform などで利用することができます。default、decimal および none は指定できません。 以下のカウンタスタイルは定義済みです。 Predefined Counter Styles および 7. Complex Predefined Counter Styles を参照してください。

system="cyclic" で生成される文字列は、オプション設定ファイルの <list-style-type> で設定されているものになります。 * 印は、古い list-style-type との互換のために追加されています。 ** 印の kansuji は、axf:kansuji-style に従った変換を行います。 complex に分類されるカウンタスタイルは、<axf:counter-style> / @counter-style で定義することはできませんが、extends による拡張は可能です。

<axf:counter-style> / @counter-style で定義するカウンタスタイル名は大文字小文字区別されますが、これらの既定義の名前は区別されません。

CSS にはこのプロパティはありません。CSS では、@counter-style に直接名前を指定します。

system

カウンタシステムの種類を指定します。

Value: cyclic | numeric | alphabetic | symbolic | additive | [fixed <integer>?] | [ extends <counter-style-name> ]
Initial: symbolic
Inherited: no
Percentages: N/A

注意: numeric alphabetic symbolic additive で、桁数が 999 を超えるような数値は変換できません。

negative

負の値に対する前置後置文字列を指定します。

Value: <symbol> <symbol>?
Initial: "-"
Inherited: no
Percentages: N/A

prefix

前置文字列を指定します。

Value: <symbol>
Initial: ""
Inherited: no
Percentages: N/A

suffix

後置文字列を指定します。

Value: <symbol>
Initial: ", "
Inherited: no
Percentages: N/A

range

スタイル適用範囲を指定します。

Value: [ [ <integer> | infinite ]{2} ]# | auto
Initial: auto
Inherited: no
Percentages: N/A

pad

短い桁に対するパディングを指定します。

Value: <integer> && <symbol>
Initial: 0 ""
Inherited: no
Percentages: N/A

fallback

範囲外などでスタイルを適用できなかったときのフォールバックスタイルを指定します。

Value: <counter-style-name>
Initial: decimal
Inherited: no
Percentages: N/A

symbols

カウンタシンボルを指定します。

Value: <symbol>+
Initial: N/A
Inherited: no
Percentages: N/A

additive-symbols

重み付きカウンタシンボルを指定します。

Value: [ <integer> && <symbol> ]#
Initial: N/A
Inherited: no
Percentages: N/A


リガチャ

axf:ligature-mode / CSS -ah-ligature-mode

リガチャ(合字処理)を行うかどうかを指定します。

Value: none | [ latin || kana ] | all | auto
Initial: auto
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

none

リガチャを処理しません。

latin

欧文でのリガチャを処理します。処理されるのは、次のスクリプトのときです。

  • Latn
  • Grek
  • Cyrl

kana

JIS X 0213:2004 での かな+半濁点 のリガチャを処理します。 それは、以下のとおりです。

  • U+304B + U+309A
  • U+304D + U+309A
  • U+304F + U+309A
  • U+3051 + U+309A
  • U+3053 + U+309A
  • U+30AB + U+309A
  • U+30AD + U+309A
  • U+30AF + U+309A
  • U+30B1 + U+309A
  • U+30B3 + U+309A
  • U+30BB + U+309A
  • U+30C4 + U+309A
  • U+30C8 + U+309A
  • U+31F7 + U+309A

JIS X 0213:2004 には、欧文リガチャと記号のリガチャも含まれていますが、それらは、 ligature-mode="latin" で処理されます。

all

latin と kana が指定されているとみなされます。

auto

かなリガチャを行います。 欧文リガチャを行うかどうかは、オプション設定ファイルの latin-ligature によります。これは、GUIの 組版オプション設定ダイアログ でも設定することができます。

ここで行うリガチャは、フォント自身に定義されているリガチャです。Unicodeで定義されているリガチャ(正規合成と言います)は処理しません。 Unicode の正規合成を行うには、axf:normalize="nfc" を指定してください。

axf:japanese-glyph / CSS -ah-japanese-glyph

日本語の漢字の字形を指定します。 これらは、特定のOpenTypeの置換機能を持つ日本語の漢字にのみ適用されます。

Value: none | jp78 | jp83 | jp90 | jp04
Initial: none
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

none

何もしません。

jp78

jp78 を適用します。フォントが jp78 を持たないときは何もしません。

jp83

jp83 を適用します。フォントが jp83 を持たないときは何もしません。

jp90

jp90 を適用します。フォントが jp90 を持たないときは何もしません。

jp04

jp04 を適用します。フォントが jp04 を持たないときは何もしません。

日本語の字形は、制定されているJISによって、少なからず変更されています。 OpenTypeフォントの中には、それぞれのJISに対応した字形を持っているものがあります。 そのようなフォントでは、japanese-glyphプロパティによって、字形を特定することができます。

注意: AH Formatter V6.4 は、Unicode の異体字選択(Variation Sequence)に対応しています。漢字の異体字については、なるべく、異体字選択機能を使う方がよいでしょう。
注意: AH Formatter V6.4 では、このプロパティは推奨されません。font-variant を使用してください。

axf:alt-glyph / CSS -ah-alt-glyph

文字の代替字形を指定します。

Value: <number> | <string> <number>?
Initial: 0
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

<number>

何番目の代替字形を採用するかを指定します。 0は標準の字形です。フォントに含まれている選択可能な字形の数を超えた指定のときは、0または1とみなされます。

<string>

OpenType の GSUB feature のタグを指定します。省略時は aalt とみなされます。 <number> は、タグによって必要だったり不要だったりします。必要なときに <number> を省略したときは 1とみなされます。 以下のタグを指定できます。

  • aalt
  • nalt

注意: AH Formatter V6.4 では、<string> の指定は推奨されません。nalt に対しては、font-variant="annotation(<number>)" を使用してください。

OpenTypeフォントの中には、あるグリフに対して、代替字形をいくつか持っているものがあります。 そのようなフォントでは、alt-glyphプロパティによって、その字形を選択することができます。 AH Formatter V6.4 では、どういう字形が何個含まれているのかを調べる手段は提供していません。 漢字、ひらがな、カタカナ、Latin、Greek、Cyrillic、数字の各スクリプトにのみ適用されます。


URIとリンク

axf:base-uri / CSS -ah-base-uri

相対指定のURIのベースとなる位置を指定します。

Value: <uri-specification>
Initial: empty string
Applies to: all formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

axf:base-uri は、ドキュメント内のすべての相対URIに適用されます。例えば、fo:basic-link を記述してリンクを作成するときに相対URIを指定した場合、axf:base-uri で指定された位置をベースURIとして解釈します。 このプロパティが省略された場合や空文字列の場合、対象となっているXMLファイルの位置がベースとみなされます。

xml:base

次の例の場合、 "http://www.antennahouse.co.jp/xsl-info/Thai/THAI-BangKokNationalMuseum.pdf" がリンク先となります。

<fo:root xmlns:fo="http://www.w3.org/1999/XSL/Format"
         xmlns:axf="http://www.antennahouse.com/names/XSL/Extensions"
         axf:base-uri="http://www.antennahouse.co.jp/xsl-info/">
                  :
                  :
<fo:basic-link external-destination="Thai/THAI-BangKokNationalMuseum.pdf">
    ...
</fo:basic-link>

ハイパーリンクを生成します。

Value: <uri-specification> | none
Initial: N/A
Applies to: all inline elements
Inherited: no
Percentages: N/A

☞ [XSL1.1] 7.23.6 external-destination, 7.23.8 internal-destination, xlink:href


ページ番号

ページ番号を制御するために、AH Formatter V6.4 は拡張プロパティを用意しています。

axf:suppress-duplicate-page-number / CSS -ah-suppress-duplicate-page-number

重複ページ番号参照の除去を指定します。

注意: XSL1.1 には同様の機能が備わっています。merge-*-index-key-reference を利用してください。
Value: true | false
Initial: false
Applies to: all formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

一般的な索引の組版をする場合、ひとつの索引項目には複数の fo:page-number-citation が連続します。このような場合に、標準のプロパティでは fo:page-number-citation が同じページ番号を参照していると、ページ番号が重複して出力されてしまいます。 true を指定すると、前の fo:page-number-citation と同じページ番号を参照しているとき、間の要素(カンマなど)と共にそのページ番号は非表示になります。

例を示します。

axf:suppress-duplicate-page-number を使用しない場合。

<fo:block text-align-last="justify">
 <fo:block>bcd
  <fo:leader leader-pattern="dots"/>
  <fo:basic-link internal-destination="ID1">
   <fo:page-number-citation ref-id="ID1"/>
  </fo:basic-link>
 </fo:block>
 <fo:block>index
  <fo:leader leader-pattern="dots"/>
  <fo:basic-link internal-destination="ID2">
   <fo:page-number-citation ref-id="ID2"/>,
  </fo:basic-link>
  <fo:basic-link internal-destination="ID3">
   <fo:page-number-citation ref-id="ID3"/>,
  </fo:basic-link>
  <fo:basic-link internal-destination="ID4">
   <fo:page-number-citation ref-id="ID4"/>,
  </fo:basic-link>
  <fo:basic-link internal-destination="ID5">
   <fo:page-number-citation ref-id="ID5"/>,
  </fo:basic-link>
  <fo:basic-link internal-destination="ID6">
   <fo:page-number-citation ref-id="ID6"/>,
  </fo:basic-link>
  <fo:basic-link internal-destination="ID7">
   <fo:page-number-citation ref-id="ID7"/>,
  </fo:basic-link>
 </fo:block>
</fo:block>

フォーマットの結果。

Formatted result

axf:suppress-duplicate-page-number を使用した場合。

<fo:block text-align-last="justify" axf:suppress-duplicate-page-number="true">
 <fo:block>bcd
  <fo:leader leader-pattern="dots"/>
  <fo:basic-link internal-destination="ID1">
   <fo:page-number-citation ref-id="ID1"/>
  </fo:basic-link>
 </fo:block>
 <fo:block>index
  <fo:leader leader-pattern="dots"/>
  <fo:basic-link internal-destination="ID2">
   <fo:page-number-citation ref-id="ID2"/>,
  </fo:basic-link>
  <fo:basic-link internal-destination="ID3">
   <fo:page-number-citation ref-id="ID3"/>,
  </fo:basic-link>
  <fo:basic-link internal-destination="ID4">
   <fo:page-number-citation ref-id="ID4"/>,
  </fo:basic-link>
  <fo:basic-link internal-destination="ID5">
   <fo:page-number-citation ref-id="ID5"/>,
  </fo:basic-link>
  <fo:basic-link internal-destination="ID6">
   <fo:page-number-citation ref-id="ID6"/>,
  </fo:basic-link>
  <fo:basic-link internal-destination="ID7">
   <fo:page-number-citation ref-id="ID7"/>,
  </fo:basic-link>
 </fo:block>
</fo:block>

フォーマットの結果。

Formatted result

axf:suppress-duplicate-page-number は、同一行内の同じページ番号を削除しますが、行分割が起きた場合は削除しません。

axf:page-number-prefix

ページ番号の前置文字列を指定します。

注意: XSL1.1 には同様の機能が備わっています。fo:folio-prefix を利用してください。
Value: <string>
Initial: empty string
Applies to: fo:page-sequence
Inherited: no
Percentages: N/A

指定した文字列が fo:page-number、fo:page-number-citation でページ番号の前に出力されます。 また、この文字列はPDFでのページラベルにも利用されます。

<fo:page-sequence axf:page-number-prefix="A-" format="i" initial-page-number="10">
  <fo:static-content ...>
   ...<fo:page-number/>...
  </fo:static-content>
  ...
</fo:page-sequence>

axf:page-number-prefix の値に、アラビア語やヘブライ語などを指定することはできません。

axf:physical-page-number

物理的なページ番号を得ます。

Value: true | false
Initial: false
Applies to: fo:page-number, fo:page-number-citation, fo:page-number-citation-last
Inherited: no
Percentages: N/A

initial-page-number の値を無視して、page-sequence にもよらない物理的なページ番号を得ます。総ページ数を得るには、最後のページにIDを付け、次のようにします。

<fo:page-number-citation ref-id="lastpage" axf:physical-page-number="true"/>

CSS でこの機能を利用するには、counter() を参照してください。

XSL1.1 の fo:page-number-citation-last も参照してください。

axf:reverse-page-number

ページ番号を逆順に振ります。

Value: true | false
Initial: false
Applies to: fo:page-number, fo:page-number-citation, fo:page-number-citation-last
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

true

ページ番号を逆順に振ります。

false

ページ番号を正順に振ります。

axf:reverse-page-number="true" を指定すると、その fo:page-sequence 内のページ番号参照を fo:page-sequence の最後のページから降順に数えたものにします。axf:reverse-page="true" と組み合わせて、PDF出力時の通しノンブルとして機能させることができます。 CSS でこの機能を利用するには、counter() を参照してください。

axf:origin-id

ページ番号の基点を指定します。

Value: <idref>
Initial: none
Applies to: fo:page-number, fo:page-number-citation, fo:page-number-citation-last
Inherited: no
Percentages: N/A

fo:page-number や fo:page-number-citation で、ページ番号の基点となるIDを指定します。出力されるページ番号は、

[ref-id のページ] - [origin-id のページ] + 1

です。ref-id よりも後のページが指定されたときは 0 となります。 fo:page-number のとき、ref-id は fo:page-number 自身の位置とみなされます。

axf:assumed-page-number / CSS -ah-assumed-page-number

ページ番号の予想値を指定します。

Value: <number>
Initial: N/A
Applies to: all formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

<fo:page-number-citation> が出現したときに、その参照先が未解決のことがあります。そのとき、<fo:page-number-citation> の評価では、最初に仮の領域を確保しておき、ページ番号が確定したときに正しい内容に調整されます。このとき、領域のサイズが変化することがあるため、組版結果が望ましくないことがあります。 例えば、領域が狭くなると不要な改行があるように見え、領域が広くなると文字がはみ出す、というような症状が現れます。 axf:assumed-page-number では、そのときの予想ページ番号を与えます。

AH Formatter V6.4 は、少なくとも3桁のページ番号の領域を見込んで仮組版を行います。 明らかにそれよりも少ない場合は、axf:assumed-page-number="99" などを指定すればよいでしょう。

axf:number-type

ページ番号を出力するのか段番号を出力するのかを指定します。

Value: page | column | page-and-column
Initial: page
Applies to: fo:page-number, fo:page-number-citation, fo:page-number-citation-last
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

page

ページ番号を出力します。

column

段番号を出力します。

page-and-column

ページ番号と段番号を出力します。

fo:page-number などに指定し、ページ番号の代わりに段番号を出力することができます。 ページ番号の書式には、formatプロパティ が適用されますが、段番号の書式には、axf:column-number-formatプロパティが適用されます。 column-count="1" や span="all" で段組でないとき、段番号は出力されません。

axf:column-number-format

段番号のための書式を指定します。

Value: <string>
Initial: A
Applies to: fo:page-sequence
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:number-typeプロパティで段番号を出力するとき、その書式として採用されます。指定の方法は formatプロパティ と同様です。

axf:suppress-folio-prefix

ページ番号の前置文字列を無効にします。

Value: true | false
Initial: false
Applies to: fo:page-number, fo:page-number-citation, fo:page-number-citation-last
Inherited: no
Percentages: N/A

fo:folio-prefix で指定された前置文字列を無効にするかどうかを指定します。

値の意味は以下のとおりです。

true

前置文字列を無効にします。

false

前置文字列を有効にします。

axf:suppress-folio-suffix

ページ番号の後置文字列を無効にします。

Value: true | false
Initial: false
Applies to: fo:page-number, fo:page-number-citation, fo:page-number-citation-last
Inherited: no
Percentages: N/A

fo:folio-suffix で指定された後置文字列を無効にするかどうかを指定します。

値の意味は以下のとおりです。

true

後置文字列を無効にします。

false

後置文字列を有効にします。


行番号

文章の一部に行番号を振ることができます。 行番号は、行領域に対して振られます。見た目が空であっても、そこに行領域があれば振られます。マージンやスペースに対しては振られません。 また、fo:float や fo:footnote 内では無効です。

注意: fo:block-containerやfo:tableなどで複雑に組まれたページに対して行番号を振ろうとしても、意図しない結果になることがあります。行番号は、なるべく単純な構造の文書へ応用してください。

axf:line-number / CSS -ah-line-number

行番号を表示するかどうかを指定します。

Value: none | show | hide
Initial: none
Applies to: all block-level formatting objects which are descendants of fo:flow, fo:table-column
Inherited: yes (except for fo:table-column)
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

none

行番号を振りません。

show

行番号を振ります。

hide

行番号を振りません。しかし、行数だけはカウントされます。

行番号は、axf:line-number="show" または axf:line-number="hide" が指定されたブロック内の行に対してカウントされます。

fo:table-column に axf:line-number を指定すると、その table のその段に独立の行番号が割り当てられます。このとき、fo:page-sequence に指定できるものと同じ指定ができます。fo:table-column には axf:line-number-initial="#xxx" としてid参照を指定できます。そのidは、既出のfo:table-columnに指定されているものでなければなりません。また、行番号情報の初期値としてその段のものが採用されます。後方参照は無効です。

axf:line-number-background-color / CSS -ah-line-number-background-color

行番号の背景色を指定します。

Value: <color> | transparent
Initial: transparent
Applies to: all block-level formatting objects which are descendants of fo:flow, fo:table-column
Inherited: yes
Percentages: N/A

axf:line-number-color / CSS -ah-line-number-color

行番号の文字列の色を指定します。

Value: <color>
Initial: the value of the 'color' property
Applies to: all block-level formatting objects which are descendants of fo:flow, fo:table-column
Inherited: yes
Percentages: N/A

axf:line-number-display-align / CSS -ah-line-number-display-align

行番号のブロック進行方向の配置を指定します。

Value: auto | before | center | after
Initial: auto
Applies to: all block-level formatting objects which are descendants of fo:flow, fo:table-column
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

before

行領域の上端に行番号を揃えます。

center

行領域の中心に行番号を揃えます。

after

行領域の下端に行番号を揃えます。

auto

横書きでは after と、縦書きでは center とみなされます。

axf:line-number-font-family / CSS -ah-line-number-font-family

行番号のフォントファミリを指定します。

Value: [ <family-name> | <generic-family> ]#
Initial: depends on UA
Applies to: all block-level formatting objects which are descendants of fo:flow, fo:table-column
Inherited: yes
Percentages: N/A

axf:line-number-font-size / CSS -ah-line-number-font-size

行番号のフォントサイズを指定します。

Value: <absolute-size> | <relative-size> | <length> | <percentage>
Initial: medium
Applies to: all block-level formatting objects which are descendants of fo:flow, fo:table-column
Inherited: yes
Percentages: refer to the font size

axf:line-number-font-style / CSS -ah-line-number-font-style

行番号を斜体にするかどうかを指定します。

Value: normal | italic
Initial: normal
Applies to: all block-level formatting objects which are descendants of fo:flow, fo:table-column
Inherited: yes
Percentages: N/A

axf:line-number-font-weight / CSS -ah-line-number-font-weight

行番号のフォントの太さを指定します。

Value: normal | bold | bolder | lighter | 100 | 200 | 300 | 400 | 500 | 600 | 700 | 800 | 900
Initial: normal
Applies to: all block-level formatting objects which are descendants of fo:flow, fo:table-column
Inherited: yes
Percentages: N/A

axf:line-number-format / CSS -ah-line-number-format

行番号のための書式を指定します。

Value: <string>
Initial: 1
Applies to: fo:page-sequence
Inherited: no
Percentages: N/A

行番号を出力するとき、その書式として採用されます。 指定の方法は formatプロパティ と同様です。

axf:line-number-initial / CSS -ah-line-number-initial

最初の行の行番号を指定します。

Value: auto | <number>
Initial: auto
Applies to: fo:page-sequence
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

auto

行番号を初期化せず、前の fo:page-sequence から引き継がれます。前の fo:page-sequence が存在しないときは 1 となります。

<number>

行番号を指定した値で初期化します。値は 1以上でなければなりません。 実際の初期化は、axf:line-number-reset で指定されたタイミングで起こります。

axf:line-number-interval / CSS -ah-line-number-interval

出力する行番号の間隔を指定します。

Value: <number> | auto
Initial: auto
Applies to: fo:page-sequence
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

auto

前の fo:page-sequence の指定が引き継がれます。前の fo:page-sequence が存在しないときは 1 となります。

<number>

行番号の間隔を指定された値に設定します。

例えば、5、10、15 というように行番号を出力したいときに指定します。この場合、 axf:line-number-initial="1" axf:line-number-start="5" axf:line-number-interval="5" という指定をします。

axf:line-number-offset / CSS -ah-line-number-offset

行番号の表示オフセットを指定します。

Value: <length>
Initial: 0pt
Applies to: all block-level formatting objects which are descendants of fo:flow, fo:table-column
Inherited: yes
Percentages: N/A

axf:line-number-orientation / CSS -ah-line-number-orientation

行番号を回転させます。

Value: 0 | 90 | 180 | 270 | -90 | -180 | -270
Initial: 0
Applies to: fo:page-sequence
Inherited: no
Percentages: N/A

行番号を指定された角度だけ回転させます。

axf:line-number-position / CSS -ah-line-number-position

行番号の表示位置を指定します。

Value: start | end | inside | outside | alternate
Initial: start
Applies to: all block-level formatting objects which are descendants of fo:flow, fo:table-column
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

start

行番号を start 側に配置します。

end

行番号を end 側に配置します。

inside

奇数ページでは start 側に、偶数ページでは end 側に配置します。

outside

奇数ページでは end 側に、偶数ページでは start 側に配置します。

alternate

段組のとき、最終段では行番号を end 側に、それ以外では start 側に配置します。段組でないときは start 側に配置します。

axf:line-number-prefix / CSS -ah-line-number-prefix

行番号の前置文字列を指定します。

Value: <string>
Initial: empty string
Applies to: fo:page-sequence
Inherited: no
Percentages: N/A

指定した文字列が axf:line-number での行番号の前に出力されます。

axf:line-number-reset / CSS -ah-line-number-reset

行番号のリセットを指示します。

Value: auto | none | page | column | force
Initial: auto
Applies to: fo:page-sequence, fo:block
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

auto

前の fo:page-sequence の指定が引き継がれます。前の fo:page-sequence が存在しないときは none となります。

none

行番号をリセットしません。

page

改ページが起こったときに行番号をリセットします。

column

改段が起こったときも行番号をリセットします。

force

fo:block に指定でき、行番号を強制的にリセットします。

行番号は、axf:line-number-initial で指定されている値にリセットされます。

注意: force は、fo:block にのみ指定できます。逆に、fo:block では他の値は指定できません。

axf:line-number-start / CSS -ah-line-number-start

出力を開始する行番号を指定します。

Value: <number> | auto
Initial: auto
Applies to: fo:page-sequence
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

auto

前の fo:page-sequence の指定が引き継がれます。前の fo:page-sequence が存在しないときは 1 となります。

<number>

出力を開始する行番号を指定された値に設定します。

行番号がここで指定された値以上のときに行番号が出力されます。 axf:line-number-initial="1" axf:line-number-start="5" という指定だと、最初の4行は出力されず、5行目から出力されます。 axf:line-number-initial="5" axf:line-number-start="6" という指定だと、最初の行は出力されず、その次の行が6として出力されます。

axf:line-number-text-align / CSS -ah-line-number-text-align

行番号の配置を指定します。

Value: auto | start | center | end | inside | outside | left | right
Initial: auto
Applies to: all block-level formatting objects which are descendants of fo:flow, fo:table-column
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

start
center
end
inside
outside
left
right

text-align と同じです。

auto

表示される行番号の位置が start側のときは end と、end側のときは start とみなされます。 行番号の位置は、axf:line-number-position で指定されます。

axf:line-number-width が指定されていないときは、常に auto とみなされます。

axf:line-number-text-decoration / CSS -ah-line-number-text-decoration

行番号の文字列の修飾を指定します。

Value: same as text-decoration
Initial: none
Applies to: all block-level formatting objects which are descendants of fo:flow, fo:table-column
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は text-decoration と同じです。

axf:line-number-width / CSS -ah-line-number-width

行番号の幅を指定します。

Value: auto | <length>
Initial: auto
Applies to: all block-level formatting objects which are descendants of fo:flow, fo:table-column
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

auto

幅は、行番号のテキストの幅となります。

axf:line-number-text-align によって、行番号の配置を指定するときは、auto 以外の幅が指定されていなければなりません。


行継続マーク

長い行が折り返されたとき、行末に行継続マークを付けることができます。 fo:float や fo:footnote 内では無効です。

axf:line-continued-mark / CSS -ah-line-continued-mark

行継続マークを表示するかどうかを指定します。

Value: <string>
Initial: empty string
Applies to: all block-level formatting objects which are descendants of fo:flow
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

<string>

指定された文字列の行継続マークを表示します。 空文字列の場合は、行継続マークを表示しません。

注意: 複数のスクリプトで構成されるような複雑な文字列や、アラビア語やタイ語などの複雑なスクリプトには対応していません。

axf:line-continued-mark-background-color / CSS -ah-line-continued-mark-background-color

行継続マークの背景色を指定します。

Value: <color> | transparent
Initial: transparent
Applies to: all block-level formatting objects which are descendants of fo:flow
Inherited: yes
Percentages: N/A

axf:line-continued-mark-color / CSS -ah-line-continued-mark-color

行継続マークの文字列の色を指定します。

Value: <color>
Initial: depends on the current line area
Applies to: all block-level formatting objects which are descendants of fo:flow
Inherited: yes
Percentages: N/A

axf:line-continued-mark-font-family / CSS -ah-line-continued-mark-font-family

行継続マークのフォントファミリを指定します。

Value: [ <family-name> | <generic-family> ]#
Initial: depends on the current line area
Applies to: all block-level formatting objects which are descendants of fo:flow
Inherited: yes
Percentages: N/A

axf:line-continued-mark-font-size / CSS -ah-line-continued-mark-font-size

行継続マークのフォントサイズを指定します。

Value: <absolute-size> | <relative-size> | <length> | <percentage>
Initial: depends on the current line area
Applies to: all block-level formatting objects which are descendants of fo:flow
Inherited: yes
Percentages: refer to the font size

axf:line-continued-mark-font-style / CSS -ah-line-continued-mark-font-style

行継続マークを斜体にするかどうかを指定します。

Value: normal | italic
Initial: depends on the current line area
Applies to: all block-level formatting objects which are descendants of fo:flow
Inherited: yes
Percentages: N/A

axf:line-continued-mark-font-weight / CSS -ah-line-continued-mark-font-weight

行継続マークのフォントの太さを指定します。

Value: normal | bold | bolder | lighter | 100 | 200 | 300 | 400 | 500 | 600 | 700 | 800 | 900
Initial: depends on the current line area
Applies to: all block-level formatting objects which are descendants of fo:flow
Inherited: yes
Percentages: N/A

axf:line-continued-mark-offset / CSS -ah-line-continued-mark-offset

行継続マークの表示オフセットを指定します。

Value: <length>
Initial: 0pt
Applies to: all block-level formatting objects which are descendants of fo:flow
Inherited: yes
Percentages: N/A

改訂バー

文書の一部に改訂バーを付けることができます。 改訂バーは、ボーダーや段間罫よりも上に表示されます。 改訂バー(fo:change-bar^* も)は、fo:float 内では無効です。

注意: XSL1.1 には同様の機能が備わっています。fo:change-bar-begin、fo:change-bar-end を利用してください。

Revision Bar Model

axf:revision-bar-color / CSS -ah-revision-bar-color

改訂バーの色を指定します。

Value: <color>
Initial: the value of the 'color' property
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects which are descendants of fo:flow
Inherited: yes
Percentages: N/A

axf:revision-bar-offset / CSS -ah-revision-bar-offset

改訂バーの表示オフセットを指定します。

Value: <length>
Initial: 0pt
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects which are descendants of fo:flow
Inherited: yes
Percentages: N/A

axf:revision-bar-position / CSS -ah-revision-bar-position

改訂バーの表示位置を指定します。

Value: start | end | inside | outside | alternate | both
Initial: start
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects which are descendants of fo:flow
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

start

改訂バーを start 側に配置します。

end

改訂バーを end 側に配置します。

inside

奇数ページでは start 側に、偶数ページでは end 側に配置します。

outside

奇数ページでは end 側に、偶数ページでは start 側に配置します。

alternate

段組のとき、最終段では改訂バーを end 側に、それ以外では start 側に配置します。

both

改訂バーを start 側と end 側に配置します。

axf:revision-bar-style / CSS -ah-revision-bar-style

改訂バーのスタイルを指定します。

Value: <border-style>
Initial: none
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects which are descendants of fo:flow
Inherited: yes
Percentages: N/A

axf:revision-bar-width / CSS -ah-revision-bar-width

改訂バーの幅を指定します。

Value: <border-width>
Initial: medium
Applies to: all block-level and inline-level formatting objects which are descendants of fo:flow
Inherited: yes
Percentages: N/A

CSS (-ah-)change-bar-class

[CSS3-GCPM] Change bars

Value: <name>
Initial: N/A
Applies to: all elements
Inherited: no
Percentages: N/A

[XSL1.1] change-bar-class

CSS (-ah-)change-bar-color

[CSS3-GCPM] Change bars

Value: <color>
Initial: the value of the 'color' property
Applies to: all elements
Inherited: no
Percentages: N/A

[XSL1.1] change-bar-color

CSS (-ah-)change-bar-offset

[CSS3-GCPM] Change bars

Value: <length>
Initial: 6pt
Applies to: all elements
Inherited: no
Percentages: N/A

[XSL1.1] change-bar-offset

CSS (-ah-)change-bar-side

[CSS3-GCPM] Change bars

Value: start | end | left | right | inside | outside | alternate
Initial: start
Applies to: all elements
Inherited: no
Percentages: N/A

[XSL1.1] change-bar-placement

CSS (-ah-)change-bar-style

[CSS3-GCPM] Change bars

Value: <border-style>
Initial: none
Applies to: all elements
Inherited: no
Percentages: N/A

[XSL1.1] change-bar-style

CSS (-ah-)change-bar-width

[CSS3-GCPM] Change bars

Value: <border-width>
Initial: medium
Applies to: all elements
Inherited: no
Percentages: N/A

[XSL1.1] change-bar-width


脚注

CSSによる脚注・傍注は、(-ah-)float を利用します。「CSSによる脚注・傍注」を参照してください。

脚注の配置

AH Formatter V6.4 では、脚注を段ごとに配置したり、同一ページ中の重複した脚注を削除したりすることができます。 また、傍注を作成することもできます。

axf:footnote-align

脚注の配置を指定します。

Value: auto | before | after
Initial: auto
Applies to: fo:region-body, fo:footnote
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

auto

自動で配置。脚注は通常の配置。傍注は本文が一段組の場合、アンカー位置に揃えて配置、二段組以上の場合、before側に寄せて配置。

before

傍注を before 側に寄せて配置。 傍注ではない通常の脚注のときは、ページ内文字列の直後に配置。

after

傍注を after 側に寄せて配置。 傍注ではない通常の脚注のときは、ページの最後に配置。

脚注または傍注の配置の方法を指定します。傍注(axf:footnote-position により region-start あるいは region-end 内への配置が指定されている脚注)の場合、自動で配置するか、before側に寄せるか、after側に寄せるかを指定することができます。

axf:footnote-stacking

脚注の配置の方法を指定します。

Value: block | inline
Initial: block
Applies to: fo:region-body, fo:footnote
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

block

脚注をblock方向に並べて配置します。

inline

脚注をinline方向に並べて配置します。

axf:footnote-position

脚注を配置する場所を指定します。

Value: page | odd-page | even-page | start | end | inside | outside | column | start-column | end-column | inside-column | outside-column
Initial: page
Applies to: fo:region-body, fo:footnote
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

page

各ページの region-body 内の after 側に配置。XSL仕様の標準的な脚注。

odd-page

奇数ページの region-body 内の after 側に配置。縦書きでの標準的な傍注(奇数ページの小口寄り)。

even-page

偶数ページの region-body 内の after 側に配置。

start

各ページの region-start 内に配置。縦書きでの頭注。横書きでの左側の傍注。

end

各ページの region-end 内に配置。縦書きでの脚注。横書きでの右側の傍注。

inside

偶数ページの region-end 内、奇数ページの region-start 内に配置。横書きでのノド寄りの傍注。

outside

偶数ページの region-start 内、奇数ページの region-end 内に配置。横書きでの標準的な傍注(左右両ページの小口寄り)。

column

各段の after 側に配置。横書きでの標準的な脚注。段組でないときは page と同じ。

start-column

最初の段の after 側に配置。段組でないときは start と同じ。

end-column

最後の段の after 側に配置。 段組でないときは end と同じ。

inside-column

偶数ページではend-column、奇数ページではstart-columnと同じです。横書きでのノド寄りの段にまとめた脚注。

outside-column

偶数ページではstart-column、奇数ページではend-columnと同じです。横書きでの小口寄りの段にまとめた脚注。

region-start あるいは region-end 内に脚注を配置することが可能です(この注を傍注と呼びます)。 fo:region-body に指定する他、個別の fo:footnote への指定も有効です。これにより何種類かの注を混在させることが可能です。

横書きでの傍注(縦書きでの頭注、脚注)には次の制約があります。

  • 指定された領域に収まらない場合は、領域をオーバーフローします。
  • xsl-footnote-separator は無効です。

start-column、end-column、inside-column、outside-column には次の制約があります。

  • fo:footnote へは指定できません。region-body へのみ指定できます。
  • region-body にこれらが指定してあるときは、fo:footnote に column を指定できません。
  • 強制改段(break-before="column" など)と組み合わせられません。脚注が1段に収まらないほど高いものには対応していません。

odd-page、even-page には次の制約があります。

  • fo:footnote へは指定できません。region-body へのみ指定できます。

axf:footnote-keep

脚注とアンカーを同一ページ内または段内に配置するようにします。

Value: auto | always
Initial: auto
Applies to: fo:region-body, fo:footnote
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

auto

脚注が段内に入らなくなったとき、次のページまたは段に送ります。

always

脚注が段内に入らなくなったとき、そのアンカーの行以降を次のページに送り、脚注とアンカーが同一ページ内に配置されるようにします。 axf:footnote-position="column" の場合は、脚注とアンカーを同一段内に配置します。

axf:footnote-max-height

脚注の最大高さを指定します。

Value: auto | <length> | <percentage>
Initial: auto
Applies to: fo:region-body
Inherited: no
Percentages: refer to the height of the page

脚注の最大高さを指定します。auto のときの動作は、オプション設定ファイルの auto-break-footnote の値に依存します。

  • axf:footnote-max-height="auto" で auto-break-footnote が false のとき

    AH Formatter V6.1 までは、footnote-body内でページ分割(段分割)することはありませんでした。この指定では、このような旧来の動作をします。ページ高さを超えるような大きな脚注の場合はオーバフローが起こりますが、小さな脚注だけの場合に、脚注を分割せずに組むことができます。

  • axf:footnote-max-height="auto" で auto-break-footnote が true のとき

    axf:footnote-max-height にページ高さが指定されたとみなされ、footnote-body内でページ(段)分割します。

  • axf:footnote-max-height="<length>" または "<percentage>" のとき

    値は、正の値でなければなりません。auto-break-footnote は参照されません。このとき、footnote-body内でページ(段)分割が起こることがあります。脚注は、アンカー位置以降に入るだけ入り、入らなかった分が分割されて次のページ(段)に送られます。

axf:suppress-duplicate-footnote

同一ページ内の同一の脚注を削除するかどうかを指定します。

Value: true | false
Initial: false
Applies to: fo:footnote
Inherited: yes
Percentages: N/A

同一ページ内の複数の場所に同一の脚注を割り当てたとき、同一脚注領域にそれらが重複して表示されるのを抑止します。axf:footnote-position="column" 指定があるときは同一段内での脚注に対してのみ効果があります。

脚注番号

<axf:footnote-number>

Common Usage:

脚注番号を生成します。

Areas:

正規行内領域を生成して返す。

Constraints:

<axf:footnote-number>は、アンカー領域、すなわち<fo:footnote>の子の<fo:inline>の子孫としてのみ指定できます。

Contents:

EMPTY

<axf:footnote-number-citation>

Common Usage:

脚注番号を引用します。

Areas:

正規行内領域を生成して返す。

Constraints:

<axf:footnote-number-citation> は、<fo:footnote-body>の子孫としてのみ指定できます。 ref-idプロパティが必要で、参照されるidは、同一のfo:footnote内のアンカー領域にある<axf:footnote-number>のものでなければなりません。

Contents:

EMPTY

axf:footnote-number-format

脚注番号のための書式を指定します。

Value: <string>
Initial: 1
Applies to: fo:page-sequence
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:footnote-numberの書式として採用されます。指定の方法は formatプロパティ と同様です。

axf:footnote-number-initial

脚注番号の初期値を指定します。

Value: auto | <number>
Initial: auto
Applies to: fo:page-sequence
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

auto

脚注番号を初期化せず、前の fo:page-sequence から引き継がれます。前の fo:page-sequence が存在しないときは 1 となります。

<number>

脚注番号を指定した値で初期化します。値は 1以上でなければなりません。 実際の初期化は、axf:footnote-number-reset で指定されたタイミングで起こります。

axf:footnote-number-reset

脚注番号のリセットを指示します。

Value: auto | none | page | odd-page | even-page | column
Initial: auto
Applies to: fo:page-sequence
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

auto

前の fo:page-sequence の指定が引き継がれます。前の fo:page-sequence が存在しないときは none となります。

none

脚注番号をリセットしません。

page

改ページが起こったときに脚注番号をリセットします。

odd-page

奇数ページへ改ページが起こったときに脚注番号をリセットします。

even-page

偶数ページへ改ページが起こったときに脚注番号をリセットします。

column

改段が起こったときに脚注番号をリセットします。

脚注番号は、axf:footnote-number-initial で指定されている値にリセットされます。


段組

FOでは、各拡張プロパティは fo:region-body、fo:block-container に指定できます。

CSS (-ah-)columns

[CSS3-Multicol] ‘columns’

Value: [ [ <integer> | auto] || [ <length> | auto] ]
Initial: see individual properties
Applies to: block-level elements
Inherited: no
Percentages: N/A

column-count / CSS (-ah-)column-count

[CSS3-Multicol] ‘column-count’

Value: <number> (XSL) / <number> | auto (CSS)
Initial: 1 (XSL) / auto (CSS)
Applies to: fo:region-body, fo:block-container
Inherited: no
Percentages: N/A

column-gap / CSS (-ah-)column-gap

[CSS3-Multicol] ‘column-gap’

Value: <length> | <percentage> (XSL) / <length> | normal (CSS)
Initial: 12pt (XSL) / normal (CSS)
Applies to: fo:region-body, fo:block-container
Inherited: refer to width of the fo:block-container
Percentages: N/A

CSS (-ah-)column-span

[CSS3-Multicol] ‘column-span’

Value: none | all
Initial: none
Applies to: static, non-floating elements
Inherited: no
Percentages: N/A

CSS (-ah-)column-width

[CSS3-Multicol] ‘column-width’

Value: <length> | auto
Initial: auto
Applies to: block-level elements
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:column-fill / CSS (-ah-)column-fill

段の高さをバランスさせるかどうかを指定します。 [CSS3-Multicol] ‘column-fill’

Value: auto | balance
Initial: balance
Applies to: multi-column elements
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

auto

バランスさせません。ただし、span="all" のときは、段抜きの前でバランスさせます。

balance

バランスさせます。

段間罫

段間に罫線を引きます。 段間罫は、ボーダーの上、改訂バーの下に表示されます。

注意: 下図は、FOでの各幅を示しています。CSSでの column-gap では、column-rule の幅は考慮されません。

Column Model

CSS (-ah-)column-rule

[CSS3-Multicol] ‘column-rule’

Value: <border-width> || <border-style> || [ <color> | transparent ]
Initial: see individual properties
Applies to: multi-column elements
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:column-rule-align / CSS -ah-column-rule-align

段間罫の配置を指定します。

Value: before | center | after
Initial: center
Applies to: fo:region-body, fo:block-container
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:column-rule-color / CSS (-ah-)column-rule-color

段間罫の色を指定します。 [CSS3-Multicol] ‘column-rule-color’

Value: <color>
Initial: the value of the 'color' property
Applies to: fo:region-body, fo:block-container
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:column-rule-display / CSS -ah-column-rule-display

Formatted result

段間のないところにも段間罫を引くかどうか指定します。

Value: gap | end | all
Initial: gap
Applies to: fo:region-body, fo:block-container
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

gap

存在する段と段の間にだけ段間罫を引きます。

end

存在する段のend側に段間罫を引きます。ただし、もっともend側の段を除きます。

all

ページ末などで、存在しない段の間にもすべて段間罫を引きます。

例えば、3段組で右図のように左の段にしか内容がなかったとします。このとき、段間はひとつもありません。gap の指定では段間罫は引かれません。end の指定では (1) に段間罫が引かれ、all の指定では (1) と (2) に段間罫が引かれます。

axf:column-rule-length / CSS -ah-column-rule-length

段間罫の長さを指定します。

Value: <length> | <percentage>
Initial: 100%
Applies to: fo:region-body, fo:block-container
Inherited: no
Percentages: refer to the height of the column

FOで span="all" によって段が短くなっている場合や、CSSでのブロックの段組などでは、その段の高さが 100%です。

axf:column-rule-style / CSS (-ah-)column-rule-style

段間罫のスタイルを指定します。 [CSS3-Multicol] ‘column-rule-style’

Value: <border-style>
Initial: none
Applies to: fo:region-body, fo:block-container
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:column-rule-width / CSS (-ah-)column-rule-width

段間罫の幅を指定します。 [CSS3-Multicol] ‘column-rule-width’

Value: <border-width>
Initial: medium
Applies to: fo:region-body, fo:block-container
Inherited: no
Percentages: N/A

ボーダー

CSS -ah-border-after

after側のボーダーを指定します。

Value: <border-width> || <border-style> || <color>
Initial: see individual properties
Applies to: same as ‘border’
Inherited: no
Percentages: see individual properties

これはafter側のボーダーの幅・スタイル・色を指定するショートハンドです。

CSS -ah-border-before

before側のボーダーを指定します。

Value: <border-width> || <border-style> || <color>
Initial: see individual properties
Applies to: same as ‘border’
Inherited: no
Percentages: see individual properties

これはbefore側のボーダーの幅・スタイル・色を指定するショートハンドです。

CSS -ah-border-end

end側のボーダーを指定します。

Value: <border-width> || <border-style> || <color>
Initial: see individual properties
Applies to: same as ‘border’
Inherited: no
Percentages: see individual properties

これはend側のボーダーの幅・スタイル・色を指定するショートハンドです。

CSS -ah-border-start

start側のボーダーを指定します。

Value: <border-width> || <border-style> || <color>
Initial: see individual properties
Applies to: same as ‘border’
Inherited: no
Percentages: see individual properties

これはstart側のボーダーの幅・スタイル・色を指定するショートハンドです。

CSS -ah-border-after-color

after側のボーダー色を指定します。

Value: <color>
Initial: currentColor
Applies to: same as ‘border-color’
Inherited: no
Percentages: N/A

[XSL1.1] border-after-color

CSS -ah-border-before-color

before側のボーダー色を指定します。

Value: <color>
Initial: currentColor
Applies to: same as ‘border-color’
Inherited: no
Percentages: N/A

[XSL1.1] border-before-color

CSS -ah-border-end-color

end側のボーダー色を指定します。

Value: <color>
Initial: currentColor
Applies to: same as ‘border-color’
Inherited: no
Percentages: N/A

[XSL1.1] border-end-color

CSS -ah-border-start-color

start側のボーダー色を指定します。

Value: <color>
Initial: currentColor
Applies to: same as ‘border-color’
Inherited: no
Percentages: N/A

[XSL1.1] border-start-color

CSS -ah-border-after-style

after側のボーダースタイルを指定します。

Value: <border-style>
Initial: none
Applies to: same as ‘border-style’
Inherited: no
Percentages: N/A

[XSL1.1] border-after-style

CSS -ah-border-before-style

before側のボーダースタイルを指定します。

Value: <border-style>
Initial: none
Applies to: same as ‘border-style’
Inherited: no
Percentages: N/A

[XSL1.1] border-before-style

CSS -ah-border-end-style

end側のボーダースタイルを指定します。

Value: <border-style>
Initial: none
Applies to: same as ‘border-style’
Inherited: no
Percentages: N/A

[XSL1.1] border-end-style

CSS -ah-border-start-style

start側のボーダースタイルを指定します。

Value: <border-style>
Initial: none
Applies to: same as ‘border-style’
Inherited: no
Percentages: N/A

[XSL1.1] border-start-style

CSS -ah-border-after-width

after側のボーダー幅を指定します。

Value: <border-width>
Initial: none
Applies to: same as ‘border-width’
Inherited: no
Percentages: refer to the logical width of the containing block

[XSL1.1] border-after-width

CSS -ah-border-before-width

before側のボーダー幅を指定します。

Value: <border-width>
Initial: none
Applies to: same as ‘border-width’
Inherited: no
Percentages: refer to the logical width of the containing block

[XSL1.1] border-before-width

CSS -ah-border-end-width

end側のボーダー幅を指定します。

Value: <border-width>
Initial: none
Applies to: same as ‘border-width’
Inherited: no
Percentages: refer to the logical width of the containing block

[XSL1.1] border-end-width

CSS -ah-border-start-width

start側のボーダー幅を指定します。

Value: <border-width>
Initial: none
Applies to: same as ‘border-width’
Inherited: no
Percentages: refer to the logical width of the containing block

[XSL1.1] border-start-width

CSS (-ah-)border-length

[CSS3-GCPM] The ‘border-length’ property

Value: <length> | auto
Initial: auto
Applies to: all elements
Inherited: no
Percentages: refer to width of element

axf:border-double-thickness / CSS -ah-border-double-thickness

border-style="double" の線の太さを指定します。

Value: <value> [ <value> [ <value> ]]
Initial: 1
Applies to: all elements
Inherited: yes
Percentages: N/A

<value> は、<number> または <length> を指定できます。 値は、順に 外側の線幅、間隔、内側の線幅 となります。値が省略されたときは、直前の値と等しい値とみなされます。負値は指定できません。 <length> は線幅の直接指定です。<length> の合計がボーダー幅を超えた場合の動作は保障されません。 <number> は合計されて、実際のボーダー幅から <length> の合計を減じた幅に対して比例配分されます。 例えば、ボーダー幅(border-width)が 10pt のとき、axf:border-double-thickness="4pt 2 1" という指定では、

  • 外側の線幅 = 4pt
  • 間隔 = (10pt-4pt)/(2+1)*2 = 4pt
  • 内側の線幅 = (10pt-4pt)/(2+1)*1 = 2pt

となります。

axf:border-wave-form / CSS -ah-border-wave-form

border-style="wave" の形状を指定します。

Value: <value> [ <value> ]
Initial: auto
Applies to: all elements
Inherited: yes
Percentages: N/A

<value> は、<number> または <length> または auto を指定できます。 値は、順に 波長、線幅 となります。値が省略されたときまたはautoのときは、それぞれ 6、0.125 とみなされます。負値は指定できません。 <length> は、波長または線幅の直接指定です。<number> は、ボーダー幅(border-width)に対する比率となります。

対角罫

テーブルセルなど、ボーダーを指定できる領域に斜めに対角罫を引きます。 axf:diagonal-border-* による対角罫は、領域の before-start側頂点と after-end側頂点を結ぶ線、 axf:reverse-diagonal-border-* による対角罫は、領域の before-end側頂点と after-start側頂点を結ぶ線となります。 writing-mode="lr-tb" の場合、対角罫は次のようになります。writing-mode="rl-tb" や "tb-rl" では逆になります。

Diagonal Border

axf:diagonal-border-color / CSS -ah-diagonal-border-color

対角罫の色を指定します。

Value: <color>
Initial: the value of the 'color' property
Applies to: all elements which can have borders
Inherited: yes
Percentages: N/A

axf:diagonal-border-style / CSS -ah-diagonal-border-style

対角罫のスタイルを指定します。

Value: <border-style>
Initial: none
Applies to: all elements which can have borders
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:diagonal-border-width / CSS -ah-diagonal-border-width

対角罫の幅を指定します。

Value: <border-width>
Initial: medium
Applies to: all elements which can have borders
Inherited: yes
Percentages: N/A

axf:reverse-diagonal-border-color / CSS -ah-reverse-diagonal-border-color

逆対角罫の色を指定します。

Value: <color>
Initial: the value of the 'color' property
Applies to: all elements which can have borders
Inherited: yes
Percentages: N/A

axf:reverse-diagonal-border-style / CSS -ah-reverse-diagonal-border-style

逆対角罫のスタイルを指定します。

Value: <border-style>
Initial: none
Applies to: all elements which can have borders
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:reverse-diagonal-border-width / CSS -ah-reverse-diagonal-border-width

逆対角罫の幅を指定します。

Value: <border-width>
Initial: medium
Applies to: all elements which can have borders
Inherited: yes
Percentages: N/A

丸め罫

axf:border-radius
axf:border-top-left-radius / CSS (-ah-)border-top-left-radius
axf:border-top-right-radius / CSS (-ah-)border-top-right-radius
axf:border-bottom-left-radius / CSS (-ah-)border-bottom-left-radius
axf:border-bottom-right-radius / CSS (-ah-)border-bottom-right-radius

丸め罫の径を指定します。 [CSS3-Background] Curve Radii: the ‘border-radius’ properties

Border Radius

Value: [<length>|<percentage>] [<length>|<percentage>]?
Initial: 0
Applies to: all elements which can have borders
Inherited: no
Percentages: border box

最初の値は、水平方向の径(writing-modeがverticalのときは垂直方向)となります。 二番目の値は、もう一方の径となります。省略されたときは最初の値と同じとみなされます。 どちらかの径がゼロ以下のときは丸められません。表に丸め罫を指定する場合、border-collapse="collapse" のときは、fo:table での指定のみが有効です。

CSS (-ah-)border-radius

[CSS3-Background] Curve Radii: the ‘border-radius’ properties

Value: [<length>|<percentage>]{1,4} [ / [<length>|<percentage>]{1,4}]?
Initial: 0
Applies to: all elements which can have borders
Inherited: no
Percentages: border box

ボックスシャドウ

axf:box-shadow / CSS (-ah-)box-shadow

ボックスシャドウを指定します。 [CSS3-Background] Drop Shadows: the ‘box-shadow’ property

Value: none | inset? && [ <length>{2,4} && <color>? ]#
Initial: none
Applies to: all elements which can have borders
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

none

影を付けません。

inset

影を内側に付けます。

<length>と<color>の意味は次のとおりです。

  • 最初の<length>は、水平方向の影のオフセットです。正の値のとき領域の右側に、負の値のとき左側の影となります。
  • 2番目の<length>は、垂直方向の影のオフセットです。正の値のとき領域の下側に、負の値のとき上側の影となります。
  • 3番目の<length>は、非負の値でなければならず、ぼかし半径を指定します。0ならぼかしはありません。
  • 4番目の<length>は、影を広げます。正の値のとき領域は拡大され、負の値のとき領域は縮小されます。
  • <color>で影の色を指定します。

この組は複数指定でき、幾重にも影を付けることができます。

注意:

指定できる<length>の最小単位は 1/96in=0.265mm です。値はこの倍数に丸められます。

注意:

ぼかし処理を行う場合、以下の点にご注意ください。

  • PDF/X のように透過を出力できないデバイスでは、ぼかしは無視されます。
  • transparent-image を false に設定した場合、ぼかしは無視されます。


<axf:table-cell-repeated-marker>

Common Usage:

分割されたセルでの表示内容を指定します。

Areas:

この要素は、直接は領域を生成しません。

Constraints:

fo:table-cell の(マーカを除く)最初の子としてひとつだけ指定することができます。

Contents:

(#PCDATA|%inline;|%block;)*

axf:repeat-cell-content-at-break="true" が指定されているとき、セルに <axf:table-cell-repeated-marker> が含まれているときは、セルの内容の代わりに <axf:table-cell-repeated-marker> の内容が使われます。

axf:repeat-cell-content-at-break / CSS -ah-repeat-cell-content-at-break

セルの分割時にセル内容をコピーするかどうかを指定します。

Value: true | false
Initial: false
Applies to: fo:table-cell
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

true

これを指定した table-cell の内容が分割されずにひとつの table-cell-area に収まっていて、同じ row の他の table-cell の分割、あるいは number-rows-spanned によりまたがっている複数の row の間での分割に伴って、table-cell-area が分割される場合に、通常であれば内容が空の table-cell-area となるところを、分割前のセルの内容をコピーして繰り返します。

false

セルの内容をコピーしません。

table-omit-footer-at-break="false" によって繰り返された fo:table-footer 中の fo:footnote も繰り返すか指定します。

Value: true | false
Initial: true
Applies to: fo:table-footer
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

true

fo:footnote を繰り返し評価します。

false

fo:footnote は繰り返されません。

axf:repeat-footnote-in-table-header / CSS -ah-repeat-footnote-in-table-header

table-omit-header-at-break="false" によって繰り返された fo:table-header 中の fo:footnote も繰り返すか指定します。

Value: true | false
Initial: true
Applies to: fo:table-header
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

true

fo:footnote を繰り返し評価します。

false

fo:footnote は繰り返されません。

axf:table-summary / CSS -ah-table-summary

テーブルの要約を記述します。

Value: <string>
Initial: empty
Applies to: fo:table
Inherited: no
Percentages: N/A

これは、HTMLの <table summary> に相当します。組版には影響しません。タグ付きPDFのとき、出力されます。

axf:scope

あるセルが見出し用のセルであるとき、そのセルがどちらの方向に対する見出しであるかを指定します。 V6.4

Value: auto | row | col | rowgroup | colgroup | both
Initial: auto
Applies to: fo:table-cell
Inherited: no
Percentages: N/A

HTML の scope属性と同じです。

axf:headers

あるセルがどの見出しに対応する内容であるのかを指定します。 V6.4

Value: <idrefs>
Initial: empty
Applies to: fo:table-cell
Inherited: no
Percentages: N/A

HTML の headers属性と同じです。

CSS (-ah-)table-column-span

[CSS3-Tables] table-column-span and table-row-span properties

Value: <number> | attr(...)
Initial: 1
Applies to: table cells
Inherited: no
Percentages: N/A

[XSL1.1] number-columns-spanned

CSS (-ah-)table-row-span

[CSS3-Tables] table-column-span and table-row-span properties

Value: <number> | attr(...)
Initial: 1
Applies to: table cells
Inherited: no
Percentages: N/A

[XSL1.1] number-rows-spanned


画像・マルチメディア

axf:multimedia-treatment / CSS -ah-multimedia-treatment

マルチメディアをPDFに埋め込むかどうかを指定します。 V6.3MR1

Value: auto | embed | absolute-link | relative-link
Initial: auto
Applies to: fo:external-graphic / multimedia objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

auto

オプション設定ファイル multimedia-treatment の値が採用されます。

embed

マルチメディアをPDFに埋め込みます。

absolute-link

マルチメディアをPDFに埋め込まず、リンクします。その際、絶対パスで参照されます。

relative-link

マルチメディアをPDFに埋め込まず、リンクします。その際、XMLまたはFOからの相対パスで参照されます。

axf:alttext / CSS -ah-alttext / HTML alt

画像の代替テキストを指定します。

Value: <string>
Initial: empty string
Applies to: fo:external-graphic, fo:instream-foreign-object, fo:basic-link
Inherited: no
Percentages: N/A

タグ付きPDFの出力で有効です。 axf:alttext の指定がないときは、代わりに role プロパティの値を代替テキストとして使用しますが、これは role プロパティの本来の使い方ではないので推奨しません。 role プロパティが指定されていないときは、ひとつの空白文字(U+0020)が使われます。

axf:image-resolution / CSS (-ah-)image-resolution

画像の解像度を指定します。 [CSS3-GCPM] Image resolution

Value: normal | [ from-image || <dpi> ]
Initial: from-image (XSL) / normal (CSS)
Applies to: fo:external-graphic, fo:instream-foreign-object
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

normal

システム既定値に依存します。これは、オプション設定ファイルの pxpi で指定されている値です。 実際に画像の持っている解像度は無視されます。

from-image

実際に画像の持っている解像度を使用します。画像が解像度を持っていない場合は、<dpi> 指定があればそれに従います。なければ normal と同じです。

<dpi>

解像度(dpi)を指定します。 実際に画像の持っている解像度は無視されます。

背景画像の解像度は、axf:background-image-resolution で指定します。 SVGなどのベクタ画像の場合は、単位なし数値に対して適用されます。from-image は無視されます。

axf:image-smoothing / CSS -ah-image-smoothing

画面上で画像のアンチエイリアス処理をするかどうか指定します。

Value: auto | true | false
Initial: auto
Applies to: fo:external-graphic fo:instream-foreign-object
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

auto

GUIのスムージングの設定に依存します。

true

画像のアンチエイリアス処理をします。

false

画像のアンチエイリアス処理をしません。

axf:background-content-width / CSS -ah-background-content-width
axf:background-content-height / CSS -ah-background-content-height
axf:background-content-type / CSS -ah-background-content-type
axf:background-scaling / CSS -ah-background-scaling

fo:external-graphic に対する content-width、content-height、content-type、scaling と同じで、background-image が対象となります。

axf:background-image-resolution / CSS -ah-background-image-resolution

背景の画像の解像度を指定します。

Value: normal | [ from-image || <dpi> ]
Initial: from-image (XSL) / normal (CSS)
Applies to: fo:external-graphic, fo:instream-foreign-object
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

normal

システム既定値に依存します。これは、オプション設定ファイルの pxpi で指定されている値です。 実際に画像の持っている解像度は無視されます。

from-image

実際に画像の持っている解像度を使用します。画像が解像度を持っていない場合は、<dpi> 指定があればそれに従います。なければ normal と同じです。

<dpi>

解像度(dpi)を指定します。 実際に画像の持っている解像度は無視されます。

背景以外の画像の解像度は、axf:image-resolution で指定します。 SVGなどのベクタ画像の場合は、単位なし数値に対して適用されます。from-image は無視されます。

CSS (-ah-)background-clip

[CSS3-Background] The ‘background-clip’ property

Value: [border-box | padding-box | content-box | no-clip] [ , [border-box | padding-box | content-box | no-clip] ]*
Initial: border-box
Applies to: all elements
Inherited: no
Percentages: N/A

CSS (-ah-)background-origin

[CSS3-Background] The ‘background-origin’ property

Value: [border-box | padding-box | content-box] [, [border-box | padding-box | content-box]]*
Initial: padding-box
Applies to: all elements
Inherited: no
Percentages: N/A

CSS (-ah-)background-size

[CSS3-Background] The ‘background-size’ property

Value: [ [ <length> | <percentage> | auto ]{1,2} | cover | contain ] [ , [ <length> | <percentage> | auto ]{1,2} | cover | contain ]*
Initial: auto
Applies to: all elements
Inherited: no
Percentages: see text

axf:poster-image / CSS -ah-poster-image

マルチメディア埋め込みのポスター画像を指定します。

Value: <uri-specification> | none | auto
Initial: auto
Applies to: fo:external-graphic / multimedia objects
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

<uri-specification>

ポスター画像のURLを指定します。ビデオやオーディオなどのマルチメディアは指定できません。

none

ポスター画像をなしにします。

auto

ポスター画像に簡単なフォールバック画像を使用します。

マルチメディアを参照してください。

axf:poster-content-type / CSS -ah-poster-content-type

マルチメディア埋め込みのポスター画像のコンテントタイプを指定します。

Value: <string> | auto
Initial: auto
Applies to: fo:external-graphic / multimedia objects
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

<string>

ポスター画像のコンテントタイプを指定します。

auto

ポスター画像からコンテントタイプを判断します。

マルチメディアを参照してください。

axf:show-controls / CSS -ah-show-controls

マルチメディアの再生コントロールバーを表示するかどうかを指定します。

Value: true | false
Initial: false
Applies to: fo:external-graphic / multimedia objects
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

true

再生コントロールバーを表示します。

false

再生コントロールバーを表示しません。

コントロールバーは再生中のマルチメディアの下側に表示されます。コントロールバーと他の要素とが重ならないようにするにはマルチメディア要素の下側に充分なスペースの確保が必要です。

注意: コントロールバーが表示されるか否かは、マルチメディアデータ、ビューア、プレイヤに依存します。

マルチメディアを参照してください。

axf:media-volume / CSS (-ah-)media-volume

マルチメディアの再生時の音量を指定します。

Value: <percentage>
Initial: 100%
Applies to: fo:external-graphic / multimedia objects
Inherited: no
Percentages: N/A

注意: 指定が有効となるか否かは、マルチメディアデータ、ビューア、プレイヤに依存します。

axf:media-play-mode / CSS (-ah-)media-play-mode

マルチメディアの再生回数を指定します。

Value: once | continuously | <number>
Initial: once
Applies to: fo:external-graphic / multimedia objects
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

once

一度だけ再生します。

continuously

繰返し再生します。

<number>

指定された回数だけ再生します。

注意: 指定が有効となるか否かは、マルチメディアデータ、ビューア、プレイヤに依存します。

axf:media-duration / CSS (-ah-)media-duration

マルチメディアの再生時間を指定します。

Value: intrinsic | infinity | <number>
Initial: intrinsic
Applies to: fo:external-graphic / multimedia objects
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

intrinsic

リソースの持つ時間だけ再生します。

infinity

無期限に再生します。

<number>

指定された時間だけ再生します。値は秒数です。

この指定は、axf:media-play-mode="once" のときは無効です。

注意: 指定が有効となるか否かは、マルチメディアデータ、ビューア、プレイヤに依存します。

axf:media-extraction-policy / CSS (-ah-)media-extraction-policy

マルチメディアの再生時に一時ファイルを作成しても良いかどうかを指定します。

Value: tempnever | tempextract | tempaccess | tempalways
Initial: tempaccess
Applies to: fo:external-graphic / multimedia objects
Inherited: no
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

tempnever

一時ファイルの作成を許可しません。

tempextract

PDF のユーザアクセス権に、「内容のコピー」が与えられているときのみ一時ファイルの作成を許可します。

tempaccess

PDF のユーザアクセス権に、「アクセシビリティのための内容の抽出」が与えられているときのみ一時ファイルの作成を許可します。

tempalways

一時ファイルの作成を常に許可します。

注意: 指定が有効となるか否かは、マルチメディアデータ、ビューア、プレイヤに依存します。


オーバーフローの拡張

AH Formatter V6.4 では、overflowプロパティの値を拡張しており、その値の動作を規定するための拡張プロパティを用意しています。

axf:overflow-align / CSS -ah-overflow-align

オーバーフローしたブロックの位置揃えを指定します。

Value: normal | start | end | center
Initial: normal
Applies to: block-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

normal

text-align の設定に合わせます。

start

start側に揃えます。

end

end側に揃えます。

center

center揃えにします。

overflow="condense" が指定されているときは無効です。

axf:overflow-condense / CSS -ah-overflow-condense

オーバフローしたテキストを領域内にどのように詰め込むかを指定します。

Value: letter-spacing | font-stretch | font-size | line-height | auto | none
Initial: auto
Applies to: all block-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

letter-spacing

文字間を調整して詰めます。

font-stretch

フォントの幅を調整して詰めます。

font-size

フォントサイズを調整して詰めます。

line-height

行の高さを調整して詰めます。

auto

システムの既定値に依存します。

none

詰め込み除外を指定します。これは、インライン要素にも指定でき、継承しません。

overflow="condense" のとき、このプロパティで指定されている方法で領域内への詰め込みを行います。 詰め込むための調整に、文字の進行方向に関するものと、行の進行方向に関するものが混在しています。システムは、指定された方法に関して適当と思われる方法を組み合わせて処理を行うでしょう。

詰め込み処理は、インラインでの詰め込みと、ブロックでの詰め込みで処理に違いがあります。インラインでの詰め込みは、<fo:inline-container> や、<fo:block-container keep-together.within-line="always"> などで1行しかない場合に起こり、それ以外ではブロックでの詰め込みが起こります。

ブロック内部で指定された絶対値の長さは調整されません。例えば、次のような場合です。

<fo:block font-size="16pt" font-family="Arial">text outside of condensed block
 <fo:block-container width="4.5in" height="0.5in" overflow="condense" axf:overflow-condense="font-size" border="solid 1pt red" text-align-last="left">
  <fo:block color="blue">this text will be condensed</fo:block>
  <fo:block font-size="24pt" color="green">this text will not be condensed</fo:block>
 </fo:block-container>
</fo:block>

また、ブロックでの font-size または font-stretch による調整が起こったとき、暗黙に text-align-last="justify" が設定されます。justifyが不要なときは、text-align-last="left" などを明示してください。

axf:overflow-condense-limit-font-size / CSS -ah-overflow-condense-limit-font-size

axf:overflow-condense="font-size" の下限のフォントサイズを指定します。

Value: <length> [ visible | hidden | scroll | error-if-overflow | repeat ]
Initial: 0pt
Applies to: all block-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

<length>

下限のフォントサイズを指定します。これ以上フォントを小さくしません。0以下を指定したときは無効です。

<length> で示される限界を超えたとき、領域はまだオーバーフローしています。 そのときの対処方法を次のように指定することができます。

axf:overflow-condense-limit-font-size="4pt hidden"

axf:overflow-condense-limit-font-stretch / CSS -ah-overflow-condense-limit-font-stretch

axf:overflow-condense="font-stretch" の下限の値を指定します。

Value: [ <number> | <percentage> ] [ visible | hidden | scroll | error-if-overflow | repeat ]
Initial: 0
Applies to: all block-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: refer to the font size

値の意味は以下のとおりです。

<percentage>

下限のフォントの幅に対する割合を指定します。これ以上フォントを小さくしません。0以下を指定したときは無効です。

<number>

<percentage> / 100 と等価です。

<percentage> や <number> で示される限界を超えたとき、領域はまだオーバーフローしています。 そのときの対処方法を次のように指定することができます。

axf:overflow-condense-limit-font-stretch="30% hidden"

axf:overflow-replace / CSS -ah-overflow-replace

オーバーフローしたテキストに対する代替文字列を指定します。

Value: <string>
Initial: システムの既定値に依存
Applies to: all block-level formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

overflow="replace" のとき、オーバーフローしたテキストをこのプロパティで指定されている文字列の繰り返しで置き換えます。複雑な文字列を指定することはできません。

axf:overflow-limit / CSS -ah-overflow-limit

オーバーフロー制限値を指定します。

Value: <length>{1,2}
Initial: システムの既定値に依存
Applies to: all formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

オーバーフロー制限値を<length>で指定します。ひとつの<length>値が指定されたらその値がインライン方向およびブロック方向のオーバーフロー制限値になります。ふたつの<length>値が指定されたら最初の値がインライン方向、2番目の値がブロック方向のオーバーフロー制限値になります。負の値は無効です。

overflow="error-if-overflow" の指定があるとき、オーバーフロー制限値を超えるオーバーフローはエラーレベル2(警告)に、それ以下のオーバーフローはエラーレベル1(情報)になります。

オーバーフロー制限値の初期値は、オプション設定ファイルのoverflow-limit-inlineおよびoverflow-limit-blockで指定可能です。

このプロパティはaxf:overflow-limit-inlineおよびaxf:overflow-limit-blockをセットするショートハンドプロパティです。

axf:overflow-limit-inline / CSS -ah-overflow-limit-inline

インライン方向オーバーフロー制限値を指定します。

Value: <length>
Initial: システムの既定値に依存
Applies to: all formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

インライン方向オーバーフロー制限値を<length>で指定します。負の値は無効です。

詳しくはaxf:overflow-limit を参照してください。

axf:overflow-limit-block / CSS -ah-overflow-limit-block

ブロック方向オーバーフロー制限値を指定します。

Value: <length>
Initial: システムの既定値に依存
Applies to: all formatting objects
Inherited: yes
Percentages: N/A

ブロック方向オーバーフロー制限値を<length>で指定します。負の値は無効です。

詳しくはaxf:overflow-limit を参照してください。


適用対象の拡張

AH Formatter V6.4 には、適用対象が拡張された要素やプロパティがあります。

<fo:page-sequence>

入れ子の <fo:page-sequence>

<fo:flow> 直下に <fo:page-sequence> を記述して入れ子にできるように拡張されています。

例えば、

<fo:page-sequence A>
 <elements B>
 <fo:flow F>
  <elements C>
  <fo:page-sequence P>
  ...
  </fo:page-sequence>
  <elements D>
 </fo:flow>
</fo:page-sequence>

という構造は次のように処理されます。

<fo:page-sequence A>
 <elements B>
 <fo:flow F>
  <elements C>
 </fo:flow>
</fo:page-sequence>
<fo:page-sequence P>
 ...
</fo:page-sequence>
<fo:page-sequence A-cloned>
 <elements B-cloned>
 <fo:flow F-cloned>
  <elements D>
 </fo:flow>
</fo:page-sequence>

以下に注意してください。

  • <elements D> が存在しないとき、<fo:page-sequence A-cloned> は生成されませんが、<elements C> が存在しなくても <fo:page-sequence A> は生成されます。
  • id が含まれる要素が複製された場合、その id は捨てられます。
  • <fo:page-sequence-wrapper> に応用することはできません。
  • 入れ子になった <fo:page-sequence> は、FOツリーをすべて読み込もうとします。そのため巨大な <fo:page-sequence> を入れ子にした場合は、メモリ限界などに達するかも知れません。

空の <fo:page-sequence>

<fo:flow> が省略可能です。つまり、空の <fo-page-sequence> が許容されます。

Contents
(title?,folio-prefix?,folio-suffix?,static-content*,flow*)

<fo:page-sequence> で force-page-count が "no-force" 以外であれば、<fo:flow> を省略することができます。これは、任意の位置でページ数の調整を可能にします。例えば、最後の fo:page-sequence が不定で文書全体のページ数を偶数にしたいとき、ブランクページを用いて、

<fo:page-sequence
  master-reference="blank"
  force-page-count="document 2"
/>

のような <fo:page-sequence> を文書の最後に挿入します。

<fo:change-bar-begin>

子要素に<fo:float>を記述できるように拡張されています。これにより、任意の文字をサイドマークに付けることができます。

<fo:change-bar-begin change-bar-class="xxx">
<fo:float float="start">
<fo:block-container width="2.5em" absolute-position="absolute" left="-4em">
<fo:block font-size="12pt">This is a change log.</fo:block>
</fo:block-container>
</fo:float>
</fo:change-bar-begin>

ページへの背景画像

ページに対する背景を指定できます。各拡張プロパティは fo:simple-page-master または fo:page-sequence に指定できます。 fo:simple-page-master に background-* がどれかひとつでも指定してあれば、fo:simple-page-master への背景の指定が有効で、fo:page-sequence への背景の指定は無視されます。

background-color

Value: <color> | transparent
Initial: transparent
Applies to: fo:simple-page-master, fo:page-sequence, all formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

background-image

Value: <uri-specification> | none
Initial: none
Applies to: fo:simple-page-master, fo:page-sequence, all formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

background-position-horizontal

Value: <percentage> | <length> | left | center | right
Initial: 0%
Applies to: fo:simple-page-master, fo:page-sequence, all formatting objects
Inherited: no
Percentages: refer to the size of the padding-rectangle

background-position-vertical

Value: <percentage> | <length> | top | center | bottom
Initial: 0%
Applies to: fo:simple-page-master, fo:page-sequence, all formatting objects
Inherited: no
Percentages: refer to the size of the padding-rectangle

background-repeat

以下の太字の値が拡張されます。

Value: repeat | repeat-x | repeat-y | no-repeat | paginate
Initial: repeat
Applies to: fo:simple-page-master, fo:page-sequence, all formatting objects
Inherited: no
Percentages: N/A

拡張された値の意味は以下のとおりです。

paginate

背景画像にPDFを埋め込むとき有効で、そのPDFの複数ページを埋め込むことを指示します。 詳細は、PDFの埋め込みを参照してください。PDF以外では no-repeat とみなされます。
CSSでは、@page に指定したときに効果があります。


値の拡張

AH Formatter V6.4 では、いくつかのFOプロパティの値を拡張しています。 これらの値を利用するためには、正確には、

axf:overflow="condense"

のように、しなければなりません。しかし、AH Formatter V6.4 では、axf: を付けていなくても同様に機能するように作られています。 また、FO標準のプロパティと拡張プロパティを次のように同時に指定することができます。

overflow="hidden" axf:overflow="condense"

このとき、標準プロパティは拡張プロパティに上書きされてしまい、axf:overflow="condense" だけが有効となります。つまり、overflow="condense" だけを指定したのと同じです。 ただし、混乱を避けるためにもこのような指定はしないようにしてください。

display-align / CSS -ah-display-align

以下の太字の値が拡張されます。

Value: auto | before | center | after | justify

値の意味は以下のとおりです。

justify

テキストをブロック進行方向に、行間を調整して均等割り付けします。

font-size-adjust / CSS (-ah-)font-size-adjust

以下の太字の値が拡張されます。 [CSS3-Fonts] Relative sizing: the font-size-adjust property

Value: none | <number> | <string>

値の意味は以下のとおりです。

<string>

文字列をフォント名とみなして、そのフォントのx-height値を得ます。 フォントが存在しなかったり、x-height情報を持っていない場合は、noneとみなされます。

font-stretch / CSS (-ah-)font-stretch

以下の太字の値が拡張されます。 [CSS3-Fonts] Font width: the font-stretch property

Value: normal | wider | narrower | ultra-condensed | extra-condensed | condensed | semi-condensed | semi-expanded | expanded | extra-expanded | ultra-expanded | <percentage> | <number>

値の意味は以下のとおりです。

<percentage>

フォントの幅に対する割合を指定します。

<number>

<percentage> / 100 と等価です。

font-variant / CSS (-ah-)font-variant

以下の太字の値が拡張されます。 [CSS3-Fonts] Overall shorthand for font rendering: the font-variant property

Value: normal | none | [ <font-variant-caps> || <font-variant-numeric> || <font-variant-alternates> || <font-variant-ligatures> || <font-variant-position> || <font-variant-east-asian> ]

<font-variant-caps> = small-caps | all-small-caps | petite-caps | all-petite-caps | titling-caps | unicase
<font-variant-numeric> = <numeric-figure-values> || <numeric-spacing-values> || <numeric-fraction-values> || ordinal || slashed-zero
<numeric-figure-values> = lining-nums | oldstyle-nums
<numeric-spacing-values> = proportional-nums | tabular-nums
<numeric-fraction-values> = diagonal-fractions | stacked-fractions
<font-variant-alternates> = historical-forms | stylistic(<number>) | swash(<number>) | ornament(<number>) | annotation(<number>) | styleset(<number>#) | character-variant(<number>#)
<font-variant-ligatures> = <common-lig-values> || <discretionary-lig-values> || <historical-lig-values> || <contextual-alt-values>
<common-lig-values> = common-ligatures | no-common-ligatures
<discretionary-lig-values> = discretionary-ligatures | no-discretionary-ligatures
<historical-lig-values> = historical-ligatures | no-historical-ligatures
<contextual-alt-values> = contextual | no-contextual
<font-variant-position> = sub | super
<font-variant-east-asian> = <east-asian-variant-values> || <east-asian-width-values> || ruby
<east-asian-variant-values> = jis78 | jis83 | jis90 | jis04 | hojo-kanji | nlckanji | simplified | traditional
<east-asian-width-values> = full-width | half-width | third-width | quarter-width | proportional-width

これらは、OpenTypeフォントが持つGSUBの機能を使って実現されます。これらの機能を持っていないフォントでは、small-caps と all-small-caps がエミュレートされます。他は無視されます。

注意: CSS仕様では、font-variantはショートハンドですが、AH Formatter V6.4 では個々のプロパティ(font-variant-capsやfont-variant-ligaturesなど)による指定はできません。

force-page-count / CSS -ah-force-page-count

以下の太字の値が拡張されます。

Value: auto | even | odd | doubly-even | end-on-even | end-on-odd | end-on-doubly-even | even-document | odd-document | doubly-even-document | [ end-on | document ] <number> [ <number> ] | no-force

値の意味は以下のとおりです。

doubly-even

指定されたpage-sequenceのページ数を強制的に4の倍数にします。

end-on-doubly-even

指定されたpage-sequenceの最後のページ番号を強制的に4の倍数にします。

even-document

文書先頭から数えたページ数を強制的に偶数にします。

odd-document

文書先頭から数えたページ数を強制的に奇数にします。

doubly-even-document

文書先頭から数えたページ数を強制的に4の倍数にします。

[ end-on | document ] <number> [ <number> ]

最初の<number>をA、次の<number>をBとしたとき、指定されたpage-sequenceのページ数を Aの倍数+B にします。 Aは1以上の整数、Bは0以上A未満の整数でなければなりません。Bが省略されたときは0とみなされます。 end-onが指定されたときは指定されたpage-sequenceの最後のページ番号が、documentが指定されたときは文書先頭から数えたページ数が対象となります。 例を示します(5ページの内容があると仮定)。

  • force-page-count="even"
    force-page-count="2" と等価です。
  • force-page-count="odd"
    force-page-count="2 1" と等価です。
  • force-page-count="doubly-even"
    force-page-count="4" と等価です。
  • force-page-count="end-on-doubly-even"
    force-page-count="end-on 4" と等価です。
  • force-page-count="end-on 2"
    総ページ数6ページとなります。最後の1ページはブランクページです。
  • force-page-count="end-on 4"
    総ページ数8ページとなります。最後の3ページはブランクページです。
  • force-page-count="end-on 4 1"
    総ページ数5ページとなります。ブランクページはありません。
  • force-page-count="end-on 4 3"
    総ページ数7ページとなります。最後の2ページはブランクページです。
  • force-page-count="end-on 6 5"
    総ページ数5ページとなります。ブランクページはありません。
  • force-page-count="end-on 6 4"
    総ページ数10ページとなります。最後の5ページはブランクページです。

CSS へは、ページセレクタのない @page に指定されたもののみが評価されます。すなわち、文書全体のページ数の調整のみができます。

format

formatプロパティでのフォーマットトークンは、XSLT 1.0で規定されるものといくつかの拡張をサポートします。 axf:column-number-format も同様です。

  • list-style-type で指定できるスタイルを指定することができます。

  • 数字

    通常の十進数表現を生成します。 "01"、 "001" などとして最低文字数を指定することができます。フォーマットトークンには、以下の数字を指定することができます。

    フォーマット​トークン 数字 説明
    10
    U+0031U+0030 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 DIGIT
    U+00B9U+2070 ⁰ ¹ ² ³ ⁴ ⁵ ⁶ ⁷ ⁸ ⁹ SUPERSCRIPT DIGIT
    U+0661U+0660 ‭٠ ١ ٢ ٣ ٤ ٥ ٦ ٧ ٨ ٩ ARABIC-INDIC DIGIT
    U+06F1U+06F0 ‭۰ ۱ ۲ ۳ ۴ ۵ ۶ ۷ ۸ ۹ EXTENDED ARABIC-INDIC DIGIT
    U+0967U+0966 ० १ २ ३ ४ ५ ६ ७ ८ ९ DEVANAGARI DIGIT
    U+09E7U+09E6 ০ ১ ২ ৩ ৪ ৫ ৬ ৭ ৮ ৯ BENGALI DIGIT
    U+0A67U+0A66 ੦ ੧ ੨ ੩ ੪ ੫ ੬ ੭ ੮ ੯ GURMUKHI DIGIT
    U+0AE7U+0AE6 ૦ ૧ ૨ ૩ ૪ ૫ ૬ ૭ ૮ ૯ GUJARATI DIGIT
    U+0B67U+0B66 ୦ ୧ ୨ ୩ ୪ ୫ ୬ ୭ ୮ ୯ ORIYA DIGIT
    U+0BE7U+0BE6 ௦ ௧ ௨ ௩ ௪ ௫ ௬ ௭ ௮ ௯ TAMIL DIGIT
    U+0C67U+0C66 ౦ ౧ ౨ ౩ ౪ ౫ ౬ ౭ ౮ ౯ TELUGU DIGIT
    U+0CE7U+0CE6 ೦ ೧ ೨ ೩ ೪ ೫ ೬ ೭ ೮ ೯ KANNADA DIGIT
    U+0D67U+0D66 ൦ ൧ ൨ ൩ ൪ ൫ ൬ ൭ ൮ ൯ MALAYALAM DIGIT
    U+0E51U+0E50 ๐ ๑ ๒ ๓ ๔ ๕ ๖ ๗ ๘ ๙ THAI DIGIT
    U+0ED1U+0ED0 ໐ ໑ ໒ ໓ ໔ ໕ ໖ ໗ ໘ ໙ LAO DIGIT
    U+1041U+1040 ၀ ၁ ၂ ၃ ၄ ၅ ၆ ၇ ၈ ၉ MYANMAR DIGIT
    U+17E1U+17E0 ០ ១ ២ ៣ ៤ ៥ ៦ ៧ ៨ ៩ KHMER DIGIT
    U+4E00U+3007 〇 一 二 三 四 五 六 七 八 九 CJK 漢数字
    U+C77CU+C601 영 일 이 삼 사 오 육 칠 팔 구 HANGUL DIGIT
    U+FF11U+FF10 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 FULLWIDTH DIGIT

  • ローマ数字

    I II III IV V VI VII VIII IX X ... のような規則的表現を生成します。

    フォーマット​トークン 数字 説明
    U+0049 (I) I V X L C D M ↁ ↂ LATIN CAPITAL LETTER I
    U+0069 (i) i v x l c d m LATIN SMALL LETTER I
    U+2160 () Ⅰ Ⅴ Ⅹ Ⅼ Ⅽ Ⅾ Ⅿ ↁ ↂ ROMAN NUMERAL ONE
    U+2170 () ⅰ ⅴ ⅹ ⅼ ⅽ ⅾ ⅿ SMALL ROMAN NUMERAL ONE
    U+FF29 () I V X L C D M ↁ ↂ FULLWIDTH LATIN CAPITAL LETTER I
    U+FF49 () i v x l c d m FULLWIDTH LATIN SMALL LETTER I

    大文字は 39999までの数値を、小文字は 3999までの数値を表現できます。

  • ヘブライ数字

    ‭ א ב ג ד ה ... י אי בי גי די וט ... のような規則的表現を生成します。

    フォーマット​トークン 数字 説明
    U+05D0 (א) ‭ א ב ג ד ה ו ז ח ט י כ ל מ נ ס ע פ צ ק ר ש ת ך ם ן ף ץ HEBREW LETTER ALEF

    grouping-separatorとgrouping-sizeプロパティの指定は無視され、常に grouping-separator=" " grouping-size="3" とみなされます。

  • アルメニア数字

    アルメニア数字を生成します。99999999まで表現できます。

    フォーマット​トークン 数字 説明
    U+0531 (Ա) Ա Բ Գ Դ Ե Զ Է Ը Թ Ժ Ի Լ Խ Ծ Կ Հ Ձ Ղ Ճ Մ Յ Ն Շ Ո Չ Պ Ջ Ռ Ս Վ Տ Ր Ց Ւ Փ Ք ARMENIAN CAPITAL LETTER AYB
    U+0561 (ա) ա բ գ դ ե զ է ը թ ժ ի լ խ ծ կ հ ձ ղ ճ մ յ ն շ ո չ պ ջ ռ ս վ տ ր ց ւ փ ք ARMENIAN SMALL LETTER AYB

  • ジョージア数字

    ジョージア数字を生成します。19999まで表現できます。

    フォーマット​トークン 数字 説明
    U+10D0 () ა ბ გ დ ე ვ ზ ჱ თ ი კ ლ მ ნ ჲ ო პ ჟ რ ს ტ უ ფ ქ ღ ყ შ ჩ ც ძ წ ჭ ხ ჴ ჯ ჰ ჵ GEORGIAN LETTER AN

  • アルファベット

    A B C ... Z AA AB AC ... のような規則的表現を生成します。

    フォーマット​トークン アルファベット 説明
    U+0041 (A) A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z LATIN CAPITAL LETTER A
    U+0061 (a) a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z LATIN SMALL LETTER A
    U+00C5 (Å) A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z Æ Ø Å LATIN CAPITAL LETTER A WITH RING ABOVE
    U+00E5 (å) a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z æ ø å LATIN SMALL LETTER A WITH RING ABOVE
    U+0391 (Α) Α Β Γ Δ Ε Ζ Η Θ Ι Κ Λ Μ Ν Ξ Ο Π Ρ Σ Τ Υ Φ Χ Ψ Ω GREEK CAPITAL LETTER ALPHA
    U+03B1 (α) α β γ δ ε ζ η θ ι κ λ μ ν ξ ο π ρ σ τ υ φ χ ψ ω GREEK SMALL LETTER ALPHA
    U+0410 (А) А Б В Г Д Е Ж З И К Л М Н О П Р С Т У Ф Х Ц Ч Ш Щ Ы Э Ю Я CYRILLIC CAPITAL LETTER A
    U+0430 (а) а б в г д е ж з и к л м н о п р с т у ф х ц ч ш щ ы э ю я CYRILLIC SMALL LETTER A
    U+0623 (أ) ‭ أ ب ت ث ج ح خ د ذ ر ز س ش ص ض ط ظ ع غ ف ق ك ل م ن ه و ي ARABIC LETTER ALEF WITH HAMZA ABOVE
    U+3042 () あ い う え お か き く け こ さ し す せ そ た ち つ て と な に ぬ ね の は ひ ふ へ ほ ま み む め も や ゆ よ ら り る れ ろ わ を ん あいうえお
    U+3044 () い ろ は に ほ へ と ち り ぬ る を わ か よ た れ そ つ ね な ら む う ゐ の お く や ま け ふ こ え て あ さ き ゆ め み し ゑ ひ も せ す いろは
    U+30A2 () ア イ ウ エ オ カ キ ク ケ コ サ シ ス セ ソ タ チ ツ テ ト ナ ニ ヌ ネ ノ ハ ヒ フ ヘ ホ マ ミ ム メ モ ヤ ユ ヨ ラ リ ル レ ロ ワ ヲ ン アイウエオ
    U+30A4 () イ ロ ハ ニ ホ ヘ ト チ リ ヌ ル ヲ ワ カ ヨ タ レ ソ ツ ネ ナ ラ ム ウ ヰ ノ オ ク ヤ マ ケ フ コ エ テ ア サ キ ユ メ ミ シ ヱ ヒ モ セ ス イロハ
    U+3131 () ㄱ ㄴ ㄷ ㄹ ㅁ ㅂ ㅅ ㅇ ㅈ ㅊ ㅋ ㅌ ㅍ ㅎ HANGUL CHOSUNG
    U+5B50 () 子 丑 寅 卯 辰 巳 午 未 申 酉 戍 亥 十二支
    U+7532 () 甲 乙 丙 丁 戊 己 庚 辛 壬 癸 十干
    U+AC00 () 가 나 다 라 마 바 사 아 자 차 카 타 파 하 HANGUL GANADA
    U+FF21 () A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z FULLWIDTH LATIN CAPITAL LETTER A
    U+FF41 () a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z FULLWIDTH LATIN SMALL LETTER A
    U+FF71 () ア イ ウ エ オ カ キ ク ケ コ サ シ ス セ ソ タ チ ツ テ ト ナ ニ ヌ ネ ノ ハ ヒ フ ヘ ホ マ ミ ム メ モ ヤ ユ ヨ ラ リ ル レ ロ ワ ヲ ン 半角アイウエオ
    U+FF72 () イ ロ ハ ニ ホ ヘ ト チ リ ヌ ル ヲ ワ カ ヨ タ レ ソ ツ ネ ナ ラ ム ウ ノ オ ク ヤ マ ケ フ コ エ テ ア サ キ ユ メ ミ シ ヒ モ セ ス 半角イロハ

  • 非繰り返し
    フォーマット​トークン 文字 説明
    U+2460 () ⓪ ① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧ ⑨ ⑩ ⑪ ⑫ ⑬ ⑭ ⑮ ⑯ ⑰ ⑱ ⑲ ⑳ CIRCLED DIGIT ONE
    0~20 を表現できます。
    U+2474 () ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑸ ⑹ ⑺ ⑻ ⑼ ⑽ ⑾ ⑿ ⒀ ⒁ ⒂ ⒃ ⒄ ⒅ ⒆ ⒇ PARENTHESIZED DIGIT ONE
    1~20 を表現できます。
    U+2488 () ⒈ ⒉ ⒊ ⒋ ⒌ ⒍ ⒎ ⒏ ⒐ ⒑ ⒒ ⒓ ⒔ ⒕ ⒖ ⒗ ⒘ ⒙ ⒚ ⒛ DIGIT ONE FULL STOP
    1~20 を表現できます。
    U+249C () ⒜ ⒝ ⒞ ⒟ ⒠ ⒡ ⒢ ⒣ ⒤ ⒥ ⒦ ⒧ ⒨ ⒩ ⒪ ⒫ ⒬ ⒭ ⒮ ⒯ ⒰ ⒱ ⒲ ⒳ ⒴ ⒵ PARENTHESIZED LATIN SMALL LETTER A
    1~26 を表現できます。
    U+24B6 () Ⓐ Ⓑ Ⓒ Ⓓ Ⓔ Ⓕ Ⓖ Ⓗ Ⓘ Ⓙ Ⓚ Ⓛ Ⓜ Ⓝ Ⓞ Ⓟ Ⓠ Ⓡ Ⓢ Ⓣ Ⓤ Ⓥ Ⓦ Ⓧ Ⓨ Ⓩ CIRCLED LATIN CAPITAL LETTER A
    1~26 を表現できます。
    U+24D0 () ⓐ ⓑ ⓒ ⓓ ⓔ ⓕ ⓖ ⓗ ⓘ ⓙ ⓚ ⓛ ⓜ ⓝ ⓞ ⓟ ⓠ ⓡ ⓢ ⓣ ⓤ ⓥ ⓦ ⓧ ⓨ ⓩ CIRCLED LATIN SMALL LETTER A
    1~26 を表現できます。
    U+24EB () ⓫ ⓬ ⓭ ⓮ ⓯ ⓰ ⓱ ⓲ ⓳ ⓴ NEGATIVE CIRCLED NUMBER ELEVEN
    11~20 を表現できます。
    U+24F5 () ⓵ ⓶ ⓷ ⓸ ⓹ ⓺ ⓻ ⓼ ⓽ ⓾ DOUBLE CIRCLED DIGIT ONE
    1~10 を表現できます。
    U+7532 U+5B50 (甲子) 甲子 乙丑 丙寅 丁卯 戊辰 己巳 庚午 辛未 壬申 癸酉 甲戍 乙亥 丙子 丁丑 戊寅 己卯 庚辰 辛巳 壬午 癸未 甲申 乙酉 丙戍 丁亥 戊子 己丑 庚寅 辛卯 壬辰 癸巳 甲午 乙未 丙申 丁酉 戊戍 己亥 庚子 辛丑 壬寅 癸卯 甲辰 乙巳 丙午 丁未 戊申 己酉 庚戍 辛亥 壬子 癸丑 甲寅 乙卯 丙辰 丁巳 戊午 己未 庚申 辛酉 壬戍 癸亥 干支
    1~60 を表現できます。

  • 2文字以上のすべて同じ文字から成る文字列

    例えば、format="**" と指定すると、数値の数だけ * を繰り返します。999まで表現できます。

  • 2文字以上のすべて異なる記号

    例えば、format="*†‡" と指定すると、 "*" "†" "‡" "**" "††" "‡‡" "***" "†††" "‡‡‡"... という規則的表現を生成します。 999まで表現できます。

  • 2文字以上のすべて異なる、記号類を含まない文字列

    例えば、 "上中下" という文字列は、 "上" "中" "下" "上上" "上中" "上下"... という規則的表現を生成します。

internal-destination

以下の太字の値が拡張されます。

Value: empty string | <idref> | <number-with-fragment>

値の意味は以下のとおりです。

<number-with-fragment>

PDFへの内部リンクのとき有効で、ページ番号を示します。 この文字列は、単純な数字列(<number>)または、数字列とフラグメントを#で繋げた次のような文字列です。 フラグメントに関しては、リンクの作成を参照してください。

123#zoom=50

ページ番号をフラグメント中へ指定することもできます。

#page=123&zoom=50

ページ番号が指定されていないとき、通常は1ページ目とみなされます。ただし、topの位置が指定されているときは、internal-destinationの含まれるブロックのページの先頭とみなされます。例えば、次のように指定します。

#view=fit
#view=fith
#zoom=,,0

leader-alignment

以下の太字の値が拡張されます。

Value: none | reference-area | page | start | center | end
Initial: none
Applies to: fo:leader
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

start

leader-pattern="dots" または leader-pattern="use-content" で内容がテキストだけのとき、リーダをstart側に寄せます。

center

leader-pattern="dots" または leader-pattern="use-content" で内容がテキストだけのとき、リーダを中央に寄せます。

end

leader-pattern="dots" または leader-pattern="use-content" で内容がテキストだけのとき、リーダをend側に寄せます。

overflow

以下の太字の値が拡張されます。

Value: visible | hidden | error-if-overflow | repeat | replace | condense | auto

値の意味は以下のとおりです。

replace

axf:overflow-replace で指定されている文字列を、領域いっぱいに繰り返して埋めます。指定されている文字列が空なら空文字列に置き換えられます。元の文字列は捨てられます。

condense

あふれた文字列を領域内に詰め込みます。詰め込む方法は、axf:overflow-condense で指定されます。

これらの値は、fo:block-container または fo:inline-container にのみ適用されます。

注意: scroll には対応していません。

size / CSS (-ah-)size

以下の太字の値が拡張されます。 [CSS3-Page] Page size: the ‘size’ property

Value: <length>{1,2} | auto | [ <paper-size> || [ portrait | landscape] ]

値の意味は以下のとおりです。

<paper-size>

用紙サイズを指定します。 以下が指定できます。大文字小文字は区別されません。

<paper-size> 横×縦
A3297×420mmISO 216
A4210×297mmISO 216
A5148×210mmISO 216
A6105×148mmISO 216
B4250×353mmISO 216
ISO-B4250×353mmISO 216
JIS-B4257×364mmJIS P 0138
B5176×250mmISO 216
ISO-B5176×250mmISO 216
JIS-B5182×257mmJIS P 0138
B6125×176mmISO 216
ISO-B6125×176mmISO 216
JIS-B6128×182mmJIS P 0138
Letter8.5×11inNorth American Paper Sizes
Government-Letter8×10.5inNorth American Paper Sizes
Legal8.5×14inNorth American Paper Sizes
Ledger17×11inNorth American Paper Sizes
Tabloid11×17inNorth American Paper Sizes
Statement5.5×8.5in
Executive7.25×10.5in
Folio210×330mm
C 17×22inANSI Paper Sizes
D 22×34inANSI Paper Sizes
E 34×44inANSI Paper Sizes
ISO-DL 110×220mmISO 269
ISO-C3 324×458mmISO 269
ISO-C4 229×324mmISO 269
ISO-C5 162×229mmISO 269
ISO-C6 114×162mmISO 269
Hagaki 100×148mm日本郵便

以下の太字の値が拡張されます。

Value: true | false | column

値の意味は以下のとおりです。

column

ページ分割のときはフッタを省略せず、段分割のときはフッタを省略します。

HTML では、<tbody> の後に <tfoot> を置くことができますが、そのときは -ah-table-omit-footer-at-break: true; が強制されます。

table-omit-header-at-break / CSS -ah-table-omit-header-at-break

以下の太字の値が拡張されます。

Value: true | false | column

値の意味は以下のとおりです。

column

ページ分割のときはヘッダを省略せず、段分割のときはヘッダを省略します。

text-transform / CSS (-ah-)text-transform

以下の太字の値が拡張されます。 [CSS3-Text] Transforming Text: the ‘text-transform’ property

Value: none | [ [ capitalize | uppercase | lowercase | capitalize-lowercase ] || [ fullwidth | fullwidth-if-vertical ] || fullsize-kana ] ]

値の意味は以下のとおりです。

capitalize-lowercase

頭文字を大文字にし、残りを小文字にします。 XSL Formatter V4 との組版上の相違を参照してください。

fullwidth

U+0021~U+007E の文字を全角に変換します。

fullwidth-if-vertical

writing-mode="tb-rl" などで、縦書きのときのみ text-transform="fullwidth" を適用します。そうでないときは何も変換しません。

fullsize-kana

小書きのかなを普通のかなに変換します。変換されるのは全角文字のみです。半角文字は変換されません。


関数の拡張

AH Formatter V6.4 では、いくつかのFO関数、CSS関数を拡張しています。

rgb-icc()

rgb-icc関数が受け付ける引数の書式は以下のとおりです。#から始まる識別名の大文字小文字は無視されます。これら#から始まる識別子を使った書式は、AH Formatter V6.4 の拡張仕様です。 指定されるRGBは代替色です。CMYKやセパレーションカラーを直接表示できないデバイス(ディスプレイなど)のときに利用されます。

  • rgb-icc(#Grayscale,<Scale>)

    グレイスケールを指定します。<Scale> で濃さを指定します。

  • rgb-icc(<R>,<G>,<B>,#CMYK,<C>,<M>,<Y>,<K>)
  • rgb-icc(#CMYK,<C>,<M>,<Y>,<K>)

    CMYKを指定します。 RGBを省略したときは、CMYKから計算されます。

  • rgb-icc(<R>,<G>,<B>,#Separation,<Name>,<Tint>,<C>,<M>,<Y>,<K>)
  • rgb-icc(<R>,<G>,<B>,#Separation,<Name>,<Tint>)
  • rgb-icc(<R>,<G>,<B>,#Separation,<Name>)
  • rgb-icc(#Separation,<Name>,<Tint>,<C>,<M>,<Y>,<K>)

    セパレーションカラースポットカラー)を指定します。 <Name> には使用するインクの名前を指定します。例えば "PANTONE 131 PC" のように指定します。 <Tint> には色調を指定します。<Tint> を省略したときは 1.0とみなされます。 RGBまたはCMYKの指定が必要です。RGBを省略したときは、CMYKから計算されます。

  • rgb-icc(#Separation,<Name>,<Tint>)
  • rgb-icc(#Separation,<Name>)

    AH Formatter PANTONE® オプションをご購入いただけば、1,000以上のPANTONE®カラーの色名に対して、自動的にRGBやCMYKへの変換を行うことができるようになります。 例えば、FO中へは、

    rgb-icc(#Separation, 'PANTONE 131 PC')

    のように指定するだけです。

  • rgb-icc(#Registration,<Tint>)
  • rgb-icc(#Registration)

    レジストレーションカラーを指定します。 <Tint> には色調を指定します。<Tint> を省略したときは 1.0とみなされます。 レジストレーションカラーは、すべての色版に出力される登録商標などに利用します。 レジストレーションカラーは、#Separation の <Name> に "All" を指定することでも表現できます。

引数はそれぞれ次の値をとります。

  • <R>,<G>,<B> = %値、または 0~255
  • <C>,<M>,<Y>,<K> = %値、または 0.0~1.0
  • <Scale> = %値、または 0.0(黒)~1.0(白)
  • <Tint> = %値、または 0.0(明)~1.0(暗)

linear-gradient()

線形グラデーションを表現します。 background-imageの値として指定できます。

linear-gradient( [ [ <angle> | to <side-or-corner> ], ]? <color-stop>#{2,} )
<side-or-corner> = [ left | right ] || [ top | bottom ]
<color-stop> = <color> [ <percentage> | <length> ]?

引数の意味は以下のとおりです。

<angle>

グラデーションの向きを指定します。0deg が上、90deg が右です。

<side-or-corner>

グラデーションの向きをキーワードで指定します。 to top、to right、to bottom、to left は、それぞれ 0deg、90deg、180deg、270deg です。

<color-stop>

グラデーションする色と、割合、長さを指定します。

[CSS3-Images] Linear Gradients: the ‘linear-gradient()’ notation

radial-gradient()

円形グラデーションを表現します。 background-imageの値として指定できます。

radial-gradient( [ [ <shape> || <size> ] [ at <position> ]? , | at <position>, ]? <color-stop>#{2,} )
<shape> = circle | ellipse
<size> = closest-side | farthest-side | closest-corner | farthest-corner | [ <length> | [ <length> | <percentage> ]{2} ]
<color-stop> = <color> [ <percentage> | <length> ]?

引数の意味は以下のとおりです。

<shape>

グラデーションの形状を指定します。

<size>

グラデーションの大きさを指定します。

<position>

円または楕円の中心位置を指定します。CSS2.1 の background-position と同じ値をとります。

<color-stop>

グラデーションする色と、割合、長さを指定します。

[CSS3-Images] Radial Gradients: the ‘radial-gradient()’ notation

repeating-linear-gradient()

繰返し線形グラデーションを表現します。 background-imageの値として指定できます。 構文は linear-gradient() と同じです。

[CSS3-Images] Repeating Gradients: the ‘repeating-linear-gradient()’ and ‘repeating-radial-gradient()’ notations

repeating-radial-gradient()

繰返し円形グラデーションを表現します。 background-imageの値として指定できます。 構文は radial-gradient() と同じです。

[CSS3-Images] Repeating Gradients: the ‘repeating-linear-gradient()’ and ‘repeating-radial-gradient()’ notations

CSS counter()

CSS の counter() 関数は、次のように最初の引数が拡張されています。

counter( <ident> [physical || reverse]?, <list-style-type>? )

<ident> に任意のカウンタ名を指定できますが、あらかじめ定義されているカウンタ名があります。これらと同じ名前のカウンタを定義することはできません。

physical と reverse は、<ident> が page のときに指定することができます。

<list-style-type> には、定義済みカウンタスタイルのみが指定できます。

CSS attr()

[CSS3-Values] Attribute References: ‘attr()’

attr( <attr-name> <type-or-unit>? [ , <fallback> ]? )

CSS -ah-attr-from()

attr関数の拡張です。最初の引数に attr() を適用する先祖の要素を指定します。

-ah-attr-from( <from-name> , <attr-name> <type-or-unit>? [ , <fallback> ]? )


CSS3プロパティ

ここでは、これまでに述べられていない AH Formatter V6.4 が対応しているCSS3仕様をベースにしたプロパティを列挙します。

CSS (-ah-)alignment-adjust

[CSS3-Line] Setting the alignment point: the 'alignment-adjust' property

Value: auto | baseline | before-edge | text-before-edge | middle | central | after-edge | text-after-edge | ideographic | alphabetic | hanging | mathematical | <percentage> | <length>
Initial: auto
Applies to: inline-level elements
Inherited: no
Percentages: refer to line-height of element

[XSL1.1] alignment-adjust

CSS (-ah-)alignment-baseline

[CSS3-Line] Aligning the alignment point of an element: the 'alignment-baseline' property

Value: auto | baseline | before-edge | text-before-edge | middle | central | after-edge | text-after-edge | ideographic | alphabetic | hanging | mathematical
Initial: auto
Applies to: inline-level elements
Inherited: no
Percentages: N/A

[XSL1.1] alignment-baseline

CSS (-ah-)baseline-shift

[CSS3-Line] Repositioning the dominant baseline: the 'baseline-shift' property

Value: baseline | sub | super | <percentage> | <length>
Initial: baseline
Applies to: inline-level elements
Inherited: no
Percentages: refer to line-height of parent element

[XSL1.1] baseline-shift

CSS (-ah-)bookmark-label

[CSS3-GCPM] Bookmarks

Value: content | <attr> | <string>
Initial: content
Applies to: all elements
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:outline-title

CSS (-ah-)bookmark-level

[CSS3-GCPM] Bookmarks

Value: none | <integer>
Initial: none
Applies to: all elements
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:outline-level

CSS (-ah-)bookmark-state

[CSS3-GCPM] Bookmarks

Value: open | closed
Initial: open
Applies to: block-level elements
Inherited: no
Percentages: N/A

axf:outline-expand

CSS (-ah-)box-decoration-break

[CSS3-Background] The ‘box-decoration-break’ property

Value: slice | clone
Initial: slice
Applies to: all elements
Inherited: no
Percentages: N/A

CSS (-ah-)box-sizing

[CSS3-UI] 'box-sizing' property

Value: content-box | border-box
Initial: content-box
Applies to: all elements that accept width or height
Inherited: no
Percentages: N/A

CSS (-ah-)break-after

[CSS3-Multicol] ‘break-before’, ‘break-after’, ‘break-inside’

Value: auto | always | page | column | avoid | avoid-page | avoid-column | left | right
Initial: auto
Applies to: block-level elements
Inherited: no
Percentages: N/A

[XSL1.1] break-after

CSS (-ah-)break-before

[CSS3-Multicol] ‘break-before’, ‘break-after’, ‘break-inside’

Value: auto | always | page | column | avoid | avoid-page | avoid-column | left | right
Initial: auto
Applies to: block-level elements
Inherited: no
Percentages: N/A

[XSL1.1] break-before

CSS (-ah-)break-inside

[CSS3-Multicol] ‘break-before’, ‘break-after’, ‘break-inside’

Value: auto | avoid | avoid-page | avoid-column
Initial: auto
Applies to: block-level elements
Inherited: no
Percentages: N/A

[XSL1.1] keep-together

CSS (-ah-)crop

[CSS3-Content] The 'crop' property

Value: <shape> | auto
Initial: auto
Applies to: replaced elements
Inherited: no
Percentages: relative to intrinsic size

CSS (-ah-)dominant-baseline

[CSS3-Line] Dominant baseline: the 'dominant-baseline' property

Value: auto | use-script | no-change | reset-size | ideographic | alphabetic | hanging | mathematical | central | middle | text-after-edge | text-before-edge
Initial: auto
Applies to: inline-level elements
Inherited: no
Percentages: N/A

[XSL1.1] dominant-baseline

CSS -ah-logical-height

ブロック進行方向の寸法を指定します。

Value: <length> | <percentage> | auto
Initial: auto
Applies to: same as ‘height’
Inherited: no
Percentages: refer to the logical height of the containing block

[XSL1.1] block-progression-dimension

CSS -ah-logical-width

インライン進行方向の寸法を指定します。

Value: <length> | <percentage> | auto
Initial: auto
Applies to: same as ‘width’
Inherited: no
Percentages: refer to the logical width of the containing block

[XSL1.1] inline-progression-dimension

CSS -ah-margin-after

after側のマージンを指定します。

Value: <length> | <percentage>
Initial: 0
Applies to: same as ‘margin’
Inherited: no
Percentages: refer to the logical width of the containing block

[XSL1.1] space-after

CSS -ah-margin-before

before側のマージンを指定します。

Value: <length> | <percentage>
Initial: 0
Applies to: same as ‘margin’
Inherited: no
Percentages: refer to the logical width of the containing block

[XSL1.1] space-before

CSS -ah-margin-end

end側のマージンを指定します。

Value: <length> | <percentage>
Initial: 0
Applies to: same as ‘margin’
Inherited: no
Percentages: refer to the logical width of the containing block

[XSL1.1] space-end, [XSL1.1] end-indent

CSS -ah-margin-start

start側のマージンを指定します。

Value: <length> | <percentage>
Initial: 0
Applies to: same as ‘margin’
Inherited: no
Percentages: refer to the logical width of the containing block

[XSL1.1] space-start, [XSL1.1] start-indent

CSS -ah-max-logical-height

ブロック進行方向の最大の寸法を指定します。

Value: <length> | <percentage> | none
Initial: none
Applies to: same as ‘max-height’
Inherited: no
Percentages: refer to the logical height of the containing block

[XSL1.1] block-progression-dimension

CSS -ah-max-logical-width

インライン進行方向の最大の寸法を指定します。

Value: <length> | <percentage> | none
Initial: none
Applies to: same as ‘max-width’
Inherited: no
Percentages: refer to the logical width of the containing block

[XSL1.1] inline-progression-dimension

CSS -ah-min-logical-height

ブロック進行方向の最小の寸法を指定します。

Value: <length> | <percentage>
Initial: 0
Applies to: same as ‘min-height’
Inherited: no
Percentages: refer to the logical height of the containing block

[XSL1.1] block-progression-dimension

CSS -ah-min-logical-width

インライン進行方向の最小の寸法を指定します。

Value: <length> | <percentage>
Initial: 0
Applies to: same as ‘min-width’
Inherited: no
Percentages: refer to the logical width of the containing block

[XSL1.1] inline-progression-dimension

CSS (-ah-)outline-offset

[CSS3-UI] 'outline-offset' property

Value: <length>
Initial: 0
Applies to: all elements
Inherited: no
Percentages: N/A

CSS -ah-padding-after

after側のパディングを指定します。

Value: <length> | <percentage>
Initial: 0
Applies to: same as ‘padding’
Inherited: no
Percentages: refer to the logical width of the containing block

[XSL1.1] padding-after

CSS -ah-padding-before

before側のパディングを指定します。

Value: <length> | <percentage>
Initial: 0
Applies to: same as ‘padding’
Inherited: no
Percentages: refer to the logical width of the containing block

[XSL1.1] padding-before

CSS -ah-padding-end

end側のパディングを指定します。

Value: <length> | <percentage>
Initial: 0
Applies to: same as ‘padding’
Inherited: no
Percentages: refer to the logical width of the containing block

[XSL1.1] padding-end

CSS -ah-padding-start

start側のパディングを指定します。

Value: <length> | <percentage>
Initial: 0
Applies to: same as ‘padding’
Inherited: no
Percentages: refer to the logical width of the containing block

[XSL1.1] padding-start

CSS (-ah-)page

[CSS3-Page] Using named pages: ‘page’
[CSS3-GCPM] Named page lists

Value: auto | <identifier>+ auto?
Initial: auto
Applies to: block-level elements
Inherited: no
Percentages: N/A

CSS (-ah-)string-set

[CSS3-GCPM] Setting named strings: the ‘string-set’ property

Value: [ <identifier> <content-list> ]# | none
Initial: none
Applies to: all elements
Inherited: no
Percentages: N/A

env() は未サポートです。

'string-set' は欄外見出し(running headers)のための名前付き文字列(named strings)をセットします。

[CSS3-GCPM] Named strings

テキストだけではなく構造を持つ要素を欄外見出しにするには、running elements を使用します。

[CSS3-GCPM] Running elements

CSS (-ah-)text-align

[CSS2.1] 16.2 Alignment
[CSS3-Text] Text Alignment: the ‘text-align’ property

Value: start | end | left | right | inside | outside | center | justify | <string>
Initial: start
Applies to: all elements
Inherited: yes
Percentages: N/A

[XSL1.1] text-align

CSS (-ah-)text-align-last

[CSS3-Text] Last Line Alignment: the ‘text-align-last’ property

Value: auto | start | end | left | right | inside | outside | center | justify
Initial: auto
Applies to: block elements
Inherited: yes
Percentages: N/A

[XSL1.1] text-align-last

CSS (-ah-)text-combine

[CSS3-WritingModes] Glyph Composition: the ‘text-combine’ property

Value: none | horizontal
Initial: none
Applies to: non-replaced inline elements
Inherited: no
Percentages: N/A

CSS (-ah-)vertical-align

[CSS3-Line] Vertical alignment: the 'vertical-align' shorthand baseline alignment property

Value: baseline | sub | super | top | text-top | middle | central | bottom | text-bottom | <percentage> | <length>
Initial: baseline
Applies to: inline-level and table-cell elements
Inherited: no
Percentages: refer to the line-height

[XSL1.1] vertical-align

CSS (-ah-)writing-mode

[CSS3-WritingModes] Block Flow Direction: the ‘writing-mode’ property

Value: horizontal-tb | vertical-rl | lr-tb | rl-tb | tb-rl
Initial: horizontal-tb
Applies to: all elements except table row groups, table column groups, table rows, and table columns
Inherited: yes
Percentages: N/A

[XSL1.1] writing-mode