ルビ拡張

AH Formatter V6.2 では、ルビを表現できます。

ルビに関しては以下を参照してください。

ルビは、次の3つの要素で表現されます。

XSL-FOHTMLCSS意味
<axf:ruby><ruby>display: rubyルビ構造を示します。
<axf:ruby-base><rb>display: ruby-baseルビの親文字を示します。
<axf:ruby-text><rt>display: ruby-textルビを示します。

ひとつの <axf:ruby-base> にはひとつの <axf:ruby-text> が対応します。ここで、ひとつの <axf:ruby-base><axf:ruby-text> の組をルビコンテナと呼ぶことにします。ひとつのルビコンテナ内では行分割することはできませんが、ルビコンテナとルビコンテナの間では行分割が可能です。

ルビには、3つの形態があり、次のように分類されます。(以下、例示中では <ruby> <rb> <rt> を用います)

ルビが親文字より長いとき、ルビを隣の文字に掛ける処理が行われます。次のような場合はルビを掛けることはできません。

ルビと圏点を併用することができます。ルビと圏点を同じ側へ付けるとき、圏点はルビの外側に付きます。ルビのない文字への圏点とルビへの圏点を揃えるには、axf:text-emphasis-offsetを指定してください。

... text-emphasis-offset="0.5em">ルビと<ruby><rb>圏点</rb><rt>けんてん</rt></ruby>

グループルビでは、ルビを両側へ付けたり、ルビを何重にも入れ子にすることができます。このとき、隣の文字へ掛かることができるのは、最も外側で指定されているルビのみです。

<ruby ruby-position="after"><rb><ruby ruby-position="before"><rb>東南</rb><rt>とうなん</rt></ruby></rb><rt>たつみ</rt></ruby>の方向

AH Formatter V6.2 のルビには、以下のような制限があります。

ルビ拡張要素

<axf:ruby> / CSS display: ruby

Common Usage:

ルビ構造を指定します。

Areas:

ルビ領域を生成して返す。

Constraints:
<!ELEMENT axf:ruby (axf:ruby-base, axf:ruby-text)+>
<!ATTLIST axf:ruby axf:ruby-align             CDATA   "auto">
<!ATTLIST axf:ruby axf:ruby-position          CDATA   "before">
<!ATTLIST axf:ruby axf:ruby-offset            CDATA   "0pt">
<!ATTLIST axf:ruby axf:ruby-overhang          CDATA   "auto">
<!ATTLIST axf:ruby axf:ruby-limit-overhang    CDATA   "1.0">
<!ATTLIST axf:ruby axf:ruby-limit-space       CDATA   "1.0">
<!ATTLIST axf:ruby axf:ruby-small-kana        CDATA   "auto">
<!ATTLIST axf:ruby axf:ruby-font-family       CDATA   #IMPLIED>
<!ATTLIST axf:ruby axf:ruby-font-size         CDATA   "0.5">
<!ATTLIST axf:ruby axf:ruby-minimum-font-size CDATA   #IMPLIED>
<!ATTLIST axf:ruby axf:ruby-font-style        CDATA   #IMPLIED>
<!ATTLIST axf:ruby axf:ruby-font-weight       CDATA   #IMPLIED>
<!ATTLIST axf:ruby axf:ruby-font-stretch      CDATA   #IMPLIED>
<!ATTLIST axf:ruby axf:ruby-condense          CDATA   "none">
<!ATTLIST axf:ruby axf:ruby-color             CDATA   #IMPLIED>

CSSでは、display: ruby を指定します。

<axf:ruby-base> / CSS display: ruby-base

Common Usage:

ルビの親文字を指定します。

Areas:

テキスト領域を生成して返す。

Constraints:
<!ELEMENT axf:ruby-base (#PCDATA | axf:ruby)>

CSSでは、display: ruby-base を指定します。

<axf:ruby-text> / CSS display: ruby-text

Common Usage:

ルビを指定します。

Areas:

テキスト領域を生成して返す。このテキスト領域は、行領域のブロック進行寸法に影響しない。

Constraints:
<!ELEMENT axf:ruby-text #PCDATA>

axf:ruby要素内で、N番目のaxf:ruby-text要素はN番目のaxf:ruby-base要素に対応します。N番目のaxf:ruby-text要素はN番目のaxf:ruby-base要素より後になければなりません。

CSSでは、display: ruby-text を指定します。

ルビ拡張プロパティ

axf:ruby-align / CSS (-ah-)ruby-align

ルビの配置を指定します。 [CSS3-Ruby] Ruby alignment: the 'ruby-align' property

Value: auto | [[distribute-space | distribute-letter] || [center | start | end | start-if-vertical]]
Initial: auto
Applies to: axf:ruby
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

auto

オプション設定ファイルの ruby-align の値が採用されます。

distribute-space

distribute-space center と同じです。

distribute-space center

ルビ前後を空けて均等割り付けします。ルビが1文字の場合は中付きとなります。

distribute-space start

ルビ前後を空けて均等割り付けします。ルビが1文字の場合は肩付きとなります。

distribute-letter

distribute-letter center と同じです。

distribute-letter center

ルビ前後を空けずに均等割り付けします。ルビが1文字の場合は中付きとなります。

distribute-letter start

ルビ前後を空けずに均等割り付けします。ルビが1文字の場合は肩付きとなります。

center

ルビを中央にベタ組にします。

start

ルビをstart側にベタ組にします。

end

ルビをend側にベタ組にします。

start-if-vertical

縦書きではstartと、横書きではcenterと同じです。

axf:ruby-align は、ルビの配置を決定します。もともと、中付き、肩付きは、モノルビの概念ですが、ここでは親文字が2文字以上であるグループルビの場合も同様です。ルビが親文字より長い場合は、ルビはベタ組になります。

モノルビの中付きは次のように指定します。

<ruby ruby-align="center"><rb>地</rb><rt>ち</rt></ruby>

モノルビの肩付きは次のように指定します。

<ruby ruby-align="start"><rb>地</rb><rt>ち</rt></ruby>

グループルビのルビ前後を空けるには次のように指定します。前後のアキは文字間の半分となります。

<ruby ruby-align="distribute-space"><rb>紫陽花</rb><rt>あじさい</rt></ruby>

グループルビのルビ前後を空けないときは次のように指定します。

<ruby ruby-align="distribute-letter"><rb>紫陽花</rb><rt>あじさい</rt></ruby>

axf:ruby-position / CSS (-ah-)ruby-position

ルビを親文字のどちら側に付けるか指定します。 [CSS3-Ruby] Ruby positioning: the 'ruby-position' property

Value: before | after
Initial: before
Applies to: axf:ruby
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

before

before側へルビを付けます。

after

after側へルビを付けます。

axf:ruby-offset / CSS -ah-ruby-offset

ルビと親文字の間隔を指定します。

Value: <number> | <length> | <percentage>
Initial: 0pt
Applies to: axf:ruby
Inherited: yes
Percentages: refer to the font size

値の意味は以下のとおりです。

<number>

axf:ruby-text要素でのルビのフォントサイズ(axf:ruby-font-size)と掛け合わせた値となります。

<length>

長さを指定します。

<percentage>

フォントサイズ(ルビのフォントサイズではありません)と掛け合わせた値となります。

axf:ruby-overhang / CSS (-ah-)ruby-overhang

ルビを隣の文字に掛ける方法を指定します。 [CSS3-Ruby] Ruby overhanging: the 'ruby-overhang' property

Value: none | auto | [start || end || except-kanji || except-katakana || except-start-open-parenthesis || except-end-close-parenthesis]
Initial: auto
Applies to: axf:ruby
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

none

隣の文字に掛けません。

auto

start end except-kanji と同じです。

start

start側の隣の文字に掛けます(可能ならば)。

end

end側の隣の文字に掛けます(可能ならば)。

except-kanji

隣の文字が漢字のときは掛けません。

except-katakana

隣の文字が片仮名のときは掛けません。

except-start-open-parenthesis

start側が開き括弧類のときは掛けません。

except-end-close-parenthesis

end側が閉じ括弧類のときは掛けません。

except-* だけが指定されていて、start も end も指定されていないときは、start と end が指定されているとみなされます。

axf:ruby-limit-overhang / CSS -ah-ruby-limit-overhang

ルビが親文字より長い場合の隣の親文字に掛ける量の限界を指定します。

Value: <number> | <length> | <percentage>
Initial: 1.0
Applies to: axf:ruby
Inherited: yes
Percentages: refer to the font size

値の意味は以下のとおりです。

<number>

axf:ruby-text要素でのルビのフォントサイズ(axf:ruby-font-size)と掛け合わせた値となります。非負でなければなりません。

<length>

長さを指定します。非負でなければなりません。

<percentage>

フォントサイズ(ルビのフォントサイズではありません)と掛け合わせた値となります。非負でなければなりません。

この値は、隣の親文字に掛ける量を表します(はみ出る量ではありません)。

axf:ruby-limit-space / CSS -ah-ruby-limit-space

ルビが親文字より短い場合の前後のアキ量の限界を指定します。

Value: <number> | <length> | <percentage> | none
Initial: 1.0
Applies to: axf:ruby
Inherited: yes
Percentages: refer to the font size

値の意味は以下のとおりです。

<number>

axf:ruby-text要素でのルビのフォントサイズ(axf:ruby-font-size)と掛け合わせた値となります。非負でなければなりません。

<length>

長さを指定します。非負でなければなりません。

<percentage>

フォントサイズ(ルビのフォントサイズではありません)と掛け合わせた値となります。非負でなければなりません。

none

アキ量の制限をしません。

axf:ruby-align="distribute-space" のとき、ルビが親文字より極端に短く、ルビの先頭と末尾が空きすぎるのを防ぐことができます。アキの量は指定された値に制限されます。

<ruby ruby-limit-space="none"><rb>なげきの聖母像</rb><rt>ピエタ</rt></ruby>

<ruby ruby-limit-space="1.0"><rb>なげきの聖母像</rb><rt>ピエタ</rt></ruby>

axf:ruby-small-kana / CSS -ah-ruby-small-kana

ルビに小書きのかなを許すかどうかを指定します。

Value: auto | convert
Initial: auto
Applies to: axf:ruby
Inherited: yes
Percentages: N/A

値の意味は以下のとおりです。

auto

何もしません。

convert

小書きのかなは普通のかなに変換されます。変換されるのは全角文字のみです。半角文字は変換されません。

ルビに小書きのかなを使わないようにすることができます。小書きのかなでルビが指定してあっても、普通のかなに変換されます。

<ruby ruby-small-kana="convert"><rb>一寸</rb><rt>ちょっと</rt></ruby>

ruby-small-kana="auto" の場合は、何も特別なことはしないので、text-transform="fullsize-kana" が指定されていなければ、小書きのかなのままのルビとなります。

<ruby ruby-small-kana="auto"><rb>一寸</rb><rt>ちょっと</rt></ruby>

axf:ruby-font-family / CSS -ah-ruby-font-family

ルビのフォントファミリを指定します。

Value: [ <family-name> | <generic-family> ]#
Initial: empty string
Applies to: axf:ruby
Inherited: yes
Percentages: N/A

指定されなかったときは、font-family と同じになります。

axf:ruby-font-size / CSS -ah-ruby-font-size

ルビのフォントサイズを指定します。

Value: <number> | <absolute-size> | <relative-size> | <length> | <percentage>
Initial: 0.5
Applies to: axf:ruby
Inherited: yes
Percentages: refer to the font size

<number> の指定では、font-size と掛け合わせたものとなります。

axf:ruby-minimum-font-size / CSS -ah-ruby-minimum-font-size

ルビの最小フォントサイズを指定します。

Value: none | <absolute-size> | <relative-size> | <length> | <percentage>
Initial: none
Applies to: axf:ruby
Inherited: yes
Percentages: refer to the font size

axf:ruby-font-style / CSS -ah-ruby-font-style

ルビを斜体にするかどうかを指定します。

Value: normal | italic
Initial: empty
Applies to: axf:ruby
Inherited: yes
Percentages: N/A

指定されなかったときは、font-style と同じになります。

axf:ruby-font-weight / CSS -ah-ruby-font-weight

ルビのフォントの太さを指定します。

Value: normal | bold | bolder | lighter | 100 | 200 | 300 | 400 | 500 | 600 | 700 | 800 | 900
Initial: empty
Applies to: axf:ruby
Inherited: yes
Percentages: N/A

指定されなかったときは、font-weight と同じになります。

axf:ruby-font-stretch / CSS -ah-ruby-font-stretch

ルビのフォントの伸縮を指定します。

Value: normal | wider | narrower | ultra-condensed | extra-condensed | condensed | semi-condensed | semi-expanded | expanded | extra-expanded | ultra-expanded | <percentage> | <number>
Initial: empty
Applies to: axf:ruby
Inherited: yes
Percentages: refer to the ruby-font-size

指定されなかったときは、font-stretch と同じになります。

axf:ruby-condense / CSS -ah-ruby-condense

ルビが長いときのフォントの伸縮を指定します。

Value: none | <percentage> | <number>
Initial: none
Applies to: axf:ruby
Inherited: yes
Percentages: refer to the ruby-font-size

ルビが親文字よりも長いときに、ルビが親文字と同じ幅になるように、stretchによってルビを伸縮します。数値はそのときの縮める限界を示します。noneのときは伸縮は行われません。

axf:ruby-color / CSS -ah-ruby-color

ルビの色を指定します。

Value: <color>
Initial: empty
Applies to: axf:ruby
Inherited: yes
Percentages: N/A

指定されなかったときは、color と同じになります。