PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

評価版のお申し込み

OEMについて詳しくはこちら

AH Formatter 機能紹介:特長

多言語サポート

『AH Formatter V6』は、ラテン文字、キリル文字、ギリシャ文字、日本文字、中国簡体字、中国繁體字、ハングル、アラビア文字、ヘブライ文字、デヴァナガリ文字、タイ文字など、Unicode で扱えるほとんどの文字を扱うことができ、70以上の言語に対応しています。これらを混在させた文書も容易に作成できます。ラテン文字を使う 40言語以上のハイフネーション処理も可能です。右から左に書くアラビア語や、縦書きなどの混植も可能です。もちろんサロゲートペアにも対応しています。
『AH Formatter』の多言語組版については次の資料の 14ページでもう少し具体的に解説しています。是非、ご覧ください。
「AH Formatter V6.2 発表会」資料(PDF)

XSL 1.1 / CSS に対応

『AH Formatter V6』は、XSL-FO 仕様である XSL 1.1 に対応しており、XSL 仕様のほとんどの要素・プロパティを忠実に実装しています。 また、CSS2.1 および CSS3 にも対応し、CSS2.1 仕様には完全対応しています。CSS3 のページモデルにも対応しているため、高品質なページ組版が実現できます。HTML/XHTML については、フレームなどの一部 HTML を除き、組版できます。

MathML 3.0 に対応

『AH Formatter V6』の「MathML 描画エンジン」は、『AH Formatter V6.2』で完全に書き換えられ、数式の組版がより一層強化されました。このとき、MathML の対応バージョンも『AH Formatter V6.1』までの MathML 2.0 から 3.0(「Mathematical Markup Language (MathML) Version 3.0」)へ更新しました。
『AH Formatter』の数式組版については次の資料でもう少し具体的に解説しています。ご関心がございましたら、是非、ご覧ください。
「AH Formatter V6.2 発表会」資料(PDF)

多くの拡張仕様

『AH Formatter V6』は、W3C の仕様だけでは表現できない多くの拡張仕様を用意しています。柔軟な禁則処理や約物詰め処理、表の自動レイアウトなどが可能です。
『AH Formatter V6』の拡張仕様についての詳細は以下のリンク(オンラインマニュアル)をご覧ください。
XSL/CSS拡張(オンラインマニュアル)

豊富な組込みインターフェイス

『AH Formatter V6』は、組込みインターフェイスとして、 コマンドラインインターフェイス、 .NETインターフェイス、 COMインターフェイス、 Javaインターフェイス、 C/C++インターフェイスを用意しています (.NETインターフェイス、COMインターフェイス は Windows版のみ)。 いずれもストリーム処理が可能です。これらを利用して アプリケーションへの組み込みが簡単に行えます。

オンラインマニュアル

その他の 『AH Formatter V6』の機能詳細につきましては、オンラインマニュアルをご覧ください。これは製品に同梱されるものと同じものです。

その他の資料

スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.